啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2009-07-30

[] You Tube・「北海道:北村牧場」

D

<動画 50秒>

「北海道岩見沢市・北村牧場の歌碑」

石川啄木「鹿子百合の碑」       

    石狩の空知郡の

    牧場のお嫁さんより送り来し

    バタかな 

          ー 悲しき玩具より ー

2009-07-24

[]「北海道:岩見沢〜」

【啄木も見た(?)「岩見沢炭礦鉄道会社工場」】


啄木の息・文学散歩

「北海道:岩見沢〜」

  • 1907年(明治40)、「石をもて追はるるごとく…」渋民を出た啄木は、北海道での新生活を決意した。
  • 1908年(明治41)1月19日、小樽駅を出発し岩見沢駅で下車、当時岩見沢駅長の山本千三郎(啄木の姉トラの夫)宅に一泊する。

*101年後の2009年、啄木の後を追って岩見沢-北村牧場-美唄-砂川-旭川を訪ねた。

つづきはこちら→〈北海道:岩見沢〜〉啄木文学散歩

2009-07-23

[] 「国際啄木学会・東京支部会」8/29

【ベニバナ】


第52回「国際啄木学会・東京支部会」

  • 2009年8月29日(土)14:00〜
  • 明治大学 和泉校舎研究棟・1F会議室

   京王線「明大前」徒歩3分

   明大和泉校舎へのアクセス

    • 研究発表 14:30〜17:00

1 私の好きな一首--『一握の砂』315番歌「函館の青柳町こそ」--

  亀谷中行

2 [問題提起のみ]「悲しきがんぐ」か「悲しきおもちゃ」か

  大室精一

3 モダニズム前夜の啄木

  西連寺成子

    • 懇親会17:30〜

2009-07-17

[] 啄木文学散歩「文京区 喜之床跡と石川啄木終焉の地」

【「石川啄木終焉の地の碑」があった場所】


啄木の息・文学散歩

「東京都:文京区 喜之床跡と石川啄木終焉の地」

  • 【喜多床:お客様のプロフィール】(喜多床から暖簾分けして喜之床ができた)

石川啄木という人も覚えております。後にあれ程有名になるとは思いませんでした。何しろ美少年という感じだけの方でございましたから……」(二代目景輝談)

  • かつての「石川啄木終焉の地の碑」は・・・。

つづきはこちら→文学散歩「文京区 喜之床跡と石川啄木終焉の地」

2009-07-13

[] レポート「啄木学級 文の京講座 2009」

シビックホールより啄木終焉の地をのぞむ】


「啄木学級 文の京講座 2009」(私的レポート)

  2009年7月1日 文京シビックホール

「ふるさとの山に向ひて」新井 満 氏

  • 全国のお坊さんが「お盆だというのに、みなさん墓参りに来ない。その理由はこの歌のせいだ」という。“私のお墓の前で泣かないでください そこに私はいません”「これは誰が作ったんだ。新井満だ」というわけ。
  • 啄木の墓は岩手ではなく函館にある。若いころ、啄木の墓を訪ねた。
  • 墓前で「こんにちは。はじめまして」と言った。すると、闇の奥から突然『どこのだれだ!』という若くて甲高い声が聞こえてきた。『年はいくつだ』「26になります」『じゃ、俺と一緒じゃないか』

つづきはこちら→啄木学級 文の京講座 2009 レポート

2009-07-12

[] 「啄木の妻・節子の歌碑建立へ」岩手県滝沢村

【チダケサシ】


「妻節子の歌碑建立へ」滝沢の住民有志

  • 岩手県滝沢村篠木地区の住民有志は、石川啄木の妻節子の歌碑を、節子が代用教員を務めた篠木小に建立する。「啄木の文学活動を献身的に支えた功績を知ってほしい」と、10月除幕を目指し募金を展開中。地域ゆかりの先人顕彰に意欲を燃やす。
  • 昨年12月、地元でも知られていない節子の足跡を見直そうと、住民有志による「啄木の妻・節子の歌碑を建てる会」(外山亜貴雄会長)を結成。歌碑は縦1.2m、横1.9mの大きさで校門脇に建立される。
  • 「今日も又 夢は追ひつと 人に云ひ かくれてききぬ 厨こほろぎ」という、将来の夢に思いをはせる節子の歌と夫婦の肖像画を刻む。
  • 募金は現在約120万円が寄せられており、31日まで受け付け中。

(2009-07-11 岩手日報) 

2009-07-08

[] 啄木の母ゆかり「直実のかすかな足跡」高知

【雨滴】


「支局長からの手紙:直実のかすかな足跡」高知

  • 「熊谷直実の伝説が、私の生れた三崎村(現・土佐清水市三崎)にあります」。元参院議員の平野貞夫さん=千葉県柏市=から手紙をいただきました。
  • 手紙には1935(昭和10)年に出版された「三崎村郷土研究」の一部のコピーも同封されています。
  • それによると、直実ゆかりの品が「誓願寺」に残されていると記されています。
  • 直実と言えば、その子孫が約400年間、土佐国音崎村で過ごし、その末えいが石川啄木の母とされる系譜が岩手に残っています。・・・・

 【高知支局長・大澤重人】

(2009-07-06 毎日新聞>地域ニュース>高知)

2009-07-07

[] 「啄木・一禎を語る会」高知で開催

 

ヤブガラシ


「啄木・一禎を語る会 啄木の魅力 高知で開催」 

  • 「啄木の父、石川一禎の終焉の地に歌碑を建てる会」主催の「啄木・一禎を語る会」が5日、高知市民図書館で開かれた。
  • 同会の高橋正会長がミニ講演を行い、四万十市出身の思想家、幸徳秋水が死刑になった大逆事件が啄木に大きな影響を与えたと指摘した。
  • 最年少の参加者の大学2年、福島路人さんは「啄木の父が地元で亡くなったことを知り、興味を持った。啄木の生活が歌に詠まれていることがよくわかった」と話した。

【高知支局長・大澤重人】

(2009-07-06 毎日新聞>地域ニュース>高知)

        • 歌碑建立費用募集

募金は、郵便振替(01610・8・84517 歌碑を建てる会)、四国銀行本店普通口座(1733670 高橋正)、高知銀行本店普通口座(3002386 高橋正)。

2009-07-05

[] 「募集 国際啄木学会青春短歌」函館市ゆかり 〜7/31

ヒルガオ


「国際啄木学会青春短歌」

<応募要領>

  1. 開催趣旨 国際啄木学会の創立20周年を記念。啄木とゆかりの深い大会開催地函館市の若い世代の短歌づくりを振興するため。
  2. 対象 原則として函館市内の中、高、高等専門学校に在籍する学生、また函館にゆかりのある20歳以下の人。
  3. テーマ 原則として自由。啄木にゆかりのある歌も歓迎。
  4. 選者 三枝昴之・今野寿美
  5. 応募締め切り 2009年7月31日(消印有効)
  6. 賞 最優秀賞1名 優秀賞5名 2009年9月5日(土)、ホテル函館ロイヤルで行われる表彰式に招待。(ただし交通費等の補助はありません)

      • 主催 国際啄木学会函館大会実行委員会

2009-07-04

[] 『蟹工船』本日 初日!

小林多喜二コーナー 小樽文学館


蟹工船』混迷の現代を生きるすべての人に!

  • 監督 SABU
  • 2009年7月4日公開 日本

カムチャッカ沖でカニを捕り、その場で缶詰を作る蟹工船。劣悪な労働により仲間が殺されていく労働者たちは、ある日、立ち上がる・・・。


小林多喜二の『蟹工船』は、1929年(昭和4)の発表だから、ちょうど80年前だ。それが今の世に新しく映画化された。観たときには、「おしゃれに現代風にまとめてしまって」と思った。音楽がとても快かったし・・。帰宅してから改めて原作を読んだ。SABU監督は、原作をていねいに描こうとしていたことに気づいた。その上で、どんな時代にも共感できるものとして映像化している。

労働者たちを監視する監督(西島秀俊)の演説に「蟹工船の事業は、…国際上の一大問題なのだ。…我カムサツカの漁業は蟹罐詰ばかりでなく、鮭、鱒と共に、…他の国とは比らべもならない優秀な地位を保っており」、「…始終我帝国の軍艦が我々を守っていてくれることになっているのだ。……」という言葉があった。

我々を守るはずの駆逐艦がやってきたのに、信じられないことが起きる。


「ストライキやったんだ」という言葉に対して、お笑いコンビTKOの木下隆行さんのセリフは、「ストキがどうしたって?」だった。お笑いだからこんな言い回しにしたのかと思ったが、本の通りだった。

かっこよいリーダー(松田龍平)の言葉。

「水夫と火夫がいなかったら、船は動かないんだ。労働者が働かねば、ビタ一文だって、金持の懐にゃ入らないんだ」


すっきり、バンザイの気持ちとは異なるが、「自分で考えて、自分で行動する」ことの大切さを噛みしめながらみるエンドロールだった。

2009-07-03

[] 「国際啄木学会 創立20周年記念 函館大会」9/5-7

ハマナス = ハマナシ】


「国際啄木学会 創立20周年記念 函館大会」


 ーー未来への架橋 啄木との対話ーー


2009年9月5日(土)

会場 ホテル函館ロイヤル

  • 開場 14:15
  • 14:30〜14:40 開会挨拶
  • 14:40〜15:20 国際啄木学会青春短歌優秀作品表彰式、選者講評
  • 15:30〜16:30 公開記念講演
  • 16:35〜16:40 閉会挨拶
  • 17:00〜19:00 記念祝賀パーティ

9月6日(日)

会場 函館市立中央図書館視聴覚ホール

  • 09:30〜09:35 開会挨拶
  • 09:40〜11:55 研究発表
        • 北村克夫「啄木と西堀秋潮の交流について〜江差・函館ゆかりの歌人秋潮の足跡を中心に〜」
        • 権藤愛順「木下杢太郎と石川啄木  —大逆事件を契機とする両者の再接近—」
        • P. A.ジョージ「『一握の砂』のマラヤラム語訳:異文化の観点から見た啄木和歌の難しさ」
  • 13:00〜13:45 対談

「国際啄木学会20年間の歩みを考えるー研究の現在とその課題」

        • 国際啄木学会会長 太田登 
        • 国際啄木学会前会長 近藤典彦
  • 14:00〜16:20 国際シンポジウム

「海外における『一握の砂』の受容をめぐって」

        • ウニタ・サチダナンド(インド デリー大学)
        • 孫順玉(韓国 中央大学校外国語大学)
        • 高淑玲(台湾 景文科技大学)
        • チャールズ・フォックス(立命館大学
        • 池田功(明治大学 コーディネーター)
  • 16:20〜16:30 閉会挨拶

9月7日(月)

  • 文学散歩「函館啄木ゆかりの跡を訪ねて」

2009-07-02

[] 『ディア・ドクター』命の恩人か、嘘つきか、


『ディア・ドクター』


医科大学を出たばかりの研修医が、真っ赤なスポーツカーに乗って山間の小さな診療所にやってきた。そこには経験豊かにみえる医師が働いていた。しかし、そのベテラン医師が突然いなくなる。警察が捜査に入りベテラン医師の過去や秘密がわかってくる。


ウソの似合う笑福亭鶴瓶さん、のびやかな瑛太さん、印象的なセリフの中村勘三郎さん、診療所を真実背負う余貴美子さん、なんといっても大曲者の香川照之さんなど、出演者の顔ぶれがピタリとはまっている。

緑緑緑……、圧倒的に画面を埋める緑の棚田に風が吹きわたり、日本の風景をたっぷりと見せてくれる。ある意味これだけでも満足する。


日本国の抱えている問題をえぐりながら、実はそれは「人関係なんだよ」と、監督が言っている気がした。

2009-07-01

[] 『百万円と苦虫女』探さなくてもここにいる

クジャクサボテン


『百万円と苦虫女』

主人公は、家にもバイト先にも居場所がないと感じている21歳の女性。百万円貯めたら、父・母・小学生の弟のいる家庭を離れると決めた。誰も知らない山あいの村で桃を…、海の家ではかき氷を…、小さな町ではホームセンターで……。

家を出て行くまでの事情や、ネコのことで犯罪者にもなってしまうが、納得のいく筋立てだ。

不器用な恋をしているうちに自分の居場所が・・・・。

蒼井優さんと森山未來さんのクリスタル・コンビ(!)の醸し出す空気が素晴らしい。弟が抱えている問題がリアルにからんでくる。映画という架空の場所に現実を見せてくれる。


手作りのカーテンを連れて、知る人のいない町で暮らす。どこへ行っても何をしても探さなくても自分はここにいる。切ないけれど暖かい。

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254885