啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2011-04-30

[] 映像「ろくでなし啄木」エロティック・サスペンス 5/4

f:id:takuboku_no_iki:20110430200021j:image


番組宣伝映像あり(番組終了のため映像も終了)

  舞台「ろくでなし啄木」

  • 2011年5月4日(水)18:15〜 
  • 放映 WOWOW

2011-04-29

[] 「与謝野晶子石川啄木」文学講座 東京世田谷 5/12

f:id:takuboku_no_iki:20110430174127j:image

[シバザクラ]


文学講座「与謝野晶子石川啄木

  • 2011年5月12日(木)午後1時30分〜3時30分
  • 玉川台区民センター(東京都 世田谷区 玉川台1-6-15)
  • 講師 平出洸(与謝野晶子倶楽部運営委員)
  • 申し込み方法 玉川台区民センター運営協議会
  • 電話番号 03-3709-4161

[] 「石川啄木 × 寺山修司」公開講座 5/18

現代歌人協会

平成23年度 第25回 公開講座

日程


  • 会場 神田一ツ橋・学士会館(地下鉄神保町下車0分)

    東京都千代田区神田錦町3-28  

  • 日時 各回、午後6時〜8時  
  • 聴講料 6回通し=6000円、1回=1500円
  • 申し込み 現代歌人協会事務局 公開講座係 TEL 03-3942-1287

  ご注意 必ず3日前までにご連絡ください。

[] 啄木に親しむ講座 盛岡 5/25、6/1、6/8

石川啄木について学ぶ

「啄木に親しむ講座」

郷土の詩人・歌人の石川啄木について学び,作品に親しみます。また,6月8日には玉山区内の歌碑を訪ねます。

  • 開催日 2011年5月25日(水),2011年6月1日(水),2011年6月8日(水)
  • 開催時間 10時〜12時( 6月8日は13:30〜16:00頃まで)
  • 開催場所 松園地区公民館(盛岡市東松園二丁目5-3)
  • 定員 15人
  • 申し込み 2011年5月10日(火曜日)10時から
  • 松園地区公民館(電話:019-661-8111)
  • 参加費用 受講無料(ただし,保険料100円程度)

2011-04-28

[] 石川啄木の後藤寅之助宛書簡 オンラインで読める

f:id:takuboku_no_iki:20110428185446j:image

[いちめんのなのはな いちめんのなのはな]


国立国会図書館のデジタル化資料 - 石川啄木書簡

  • 石川啄木の後藤寅之助(宙外。1866-1938)宛書簡(明治41年6月15日付)。後藤宙外は小説家、評論家で、当時は春陽堂発行の雑誌『新小説』編集主任。
  • この書簡で啄木は、森鴎外の斡旋で春陽堂が買い取った小説「病院の窓」の掲載と原稿料支払いを嘆願している。

記事 (資料は六枚あり、200%まで拡大できる。封筒の消印なども読める)

2011-04-25

[][] 啄木の故郷 復興応援チャリティーナイト 5/18

f:id:takuboku_no_iki:20110425170052j:image

【アオキの雄花】


「3.11 災害をこえて希望へ 〜2011〜」

  新井満氏が呼びかける

  啄木の故郷岩手県復興応援チャリティーナイト


 ○講演「地震と津波に襲われた青春」新井満

 ○「啄木かるた大会」

 ○鼎談「石川啄木と災害」新井満氏・山本玲子氏・櫻井健治氏

 ○高校生の書道パフォーマンス

 ○函館野外劇「フラッグダンス」


  • 入場無料
  • 義援金 当日会場にて受付し『全額』を義援金として啄木の故郷岩手へ届ける
  • 問い合わせ 函館市文学館 TEL 0138-22-9014

2011-04-24

[] ブログ再開!『一握の砂』を朝日文庫版で読む

f:id:takuboku_no_iki:20110425055338j:image

[テイキンザクラ]


第1回「我を愛する歌」の研究

今年1月に中断の「『一握の砂』を朝日文庫版で読む」のブログが再開された。

第1回 「我を愛する歌」の研究 近藤典彦

  •  『一握の砂』に張りめぐらせた編集・割付の巧緻については、「みぞれ降る/石狩の野の汽車に読みし/ツルゲエネフの物語かな」1首の解読をきっかけに展開した。
  • 『一握の砂』全5章の中に読み取れる限りのものを読み取ったはずだった。
  • 「我を愛する歌」の章には、見開き4首毎に張りめぐらせた巧緻は認められなかった。
  • やがて「『心の姿』百態がランダムに配置される」箇所(11ページ)にさしかかった。それ以後の評釈は表面的には簡単そうだが、非常にむずかしかった 。

詳しくは…

『一握の砂』を朝日文庫版で読む 近藤典彦

2011-04-23

[] 市民とまなぶ啄木講座 釧路 5/9

f:id:takuboku_no_iki:20110423074255j:image

[ドウダンツツジ]


第1回 「市民とまなぶ啄木講座」

  • 2011年5月9日(月)13:00〜14:00
  • 会場・申込 港文館 0154-42-5584

   北海道釧路市大町2丁目1-12

  • 講師 北畠立朴氏 (釧路啄木会会長)
  • 受講料 400円(飲み物・資料代)

2011-04-22

[][] がんばろう!岩手

いわて銀河プラザ

f:id:takuboku_no_iki:20110422074300j:image:w640

[岩手めかぶ・さんりく弁当・みちのくせんべい・盛岡冷麺・岩手紅玉ジャム・岩手畜産ハム・小岩井チーズ……]


朝、岩手から運ばれた弁当は海の幸いっぱいで、とても美味しかった! 持ちきれないほどお土産にした。


f:id:takuboku_no_iki:20110422074310j:image

インフォメーションコーナーには、励ましのことば。売り手の声も賑やかで買い物をする人が大勢いた。

特産品はほかに、地酒、地ビール、地ワイン、南部鉄器、岩谷堂箪笥、など。イベントも多い。


いわて銀河プラザ<岩手県のアンテナショップ>

  • 東京都中央区銀座5丁目15-1
  • 電話 03-3524-8282
  • 地下鉄日比谷線「東銀座駅」6番出口前
  • 都営浅草線「東銀座駅」A1出口 徒歩1分岩手

 

[] 啄木学会の東京支部会 明治大学 4/23

国際啄木学会・第55回 東京支部会

期日 2011年4月23日(土)14:00~

場所 明治大学駿河台校舎 研究棟2階・第8会議室


  • 東京支部会会報 第19号の合評会
    • 「ろくでなし啄木」を観て  坂谷貞子
    • 『小樽のかたみ』所収「謡曲談」の種本探索記 吉崎哲男
  • 研究発表
    • 「啄木が読んだ英語資料のコーパス言語学」(仮題) 日景敏夫

◎質問受け付け 近藤先生の「「我を愛する歌」研究経過報告」への質問意見等は、今回、質問のみを受け付ける。次回、説明の機会を設定したい。


*初めての方のご参加も歓迎*

2011-04-21

[] <ふるさとの訛なつかし> 石川啄木

f:id:takuboku_no_iki:20110421170245j:image

[啄木歌碑 上野駅構内]


河北春秋

  • 東北線の上野―仙台間が結ばれたのは1887年12月のことだった。『仙台市史』によると、大雪に見舞われ、一番列車は仙台到着が3時間も遅れた。
  • JR東北線一ノ関―仙台間がきょう運転を再開する。大震災から約40日、東北を南北に貫く大動脈の復活だ。
  • 失って初めて気付くありがたさがある。鉄道もその一つだろう。生活に密着したローカル線であれば、なおさらだ。正確なダイヤと大量輸送力の回復は復興へ向けた力強いけん引車になる。
  • <ふるさとの訛(なまり)なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにいく>。盛岡市出身の石川啄木が詠んだ歌碑が上野駅のホームに残されている。訛も人ごみも乗せて、愛すべき日常が戻ってきた。

(2011-04-21 河北新報

2011-04-20

[] 「啄木忌に集う人々」石川啄木記念館 4/13〜7/31

f:id:takuboku_no_iki:20110421160454j:image


企画展「愛されて百年 第一部〜啄木忌に集う人々」

享年27歳という若さにもかかわらず、その生涯の中で多くの人と接し、多くの人に愛され、多くの人に影響を与えた啄木の魅力とは…。

「悲みこそ とはのちから」は、第一号歌碑を建立したときの金田一京助のことば。


 

 ○石川啄木記念館 TEL 019-683-2315

  岩手県盛岡市玉山区渋民9

 

[] <企画展講座> 5/7、6/18、7/16

石川啄木記念館 企画展関連行事

<企画展講座>

  • 5月7日(土)14:00〜
  • 6月18日(土)14:00〜
  • 7月16日(土)14:00〜

 

[] <啄木祭> 6/4

  • 2011年6月4日(土)13:00開場 13:30開演
  • 盛岡市渋民文化会館 姫神ホール
  • 講演と朗読と歌唱 新井満氏 演題「地震と津波の青春時代」
  • 対談 新井満氏 × 山本玲子 テーマ「啄木と災害〜その時、啄木は〜」

2011-04-19

[] 啄木の交友録(21-23)「街もりおか」

f:id:takuboku_no_iki:20110419195220j:image

[「啄木の交友録」コピーと4月号表紙]


月刊誌「街もりおか」

啄木の交友録【盛岡篇】執筆 森 義真 氏

  2011年2月号(No.518)〜4月号(No.520)

21. 大信田 落花(2011-2)

落花(本名・金治郎)は、東京の大倉商業学校時代に岩野泡鳴より文学的な刺激を強く受けた。盛岡に戻った落花は、啄木から文芸雑誌「小天地」発行の相談を受けて資金(「委託金」)を援助した。啄木はこの「委託金」を費消したという嫌疑で警察分署長から出頭命令を受け、事情聴取をされた。告発したのは落花ではなく、啄木の父・一禎の宝徳寺再住反対派であり、その陰謀だったと啄木も想定している。啄木の裁判所出頭には、落花も一緒に出頭し証言している。

22. 齊藤 佐蔵(2011-3)

<おちつかぬ我が弟の/このごろの/眼のうるみなどかなしかりけり> 啄木が「我が弟」と呼んだのは、5つ年下の齊藤佐蔵。渋民尋常高等小学校の代用教員時代に、啄木一家が暮らした齊藤家の跡取り息子であった。明治40年春、啄木が渋民小の生徒らを集めて「ストライキ事件」を起こしたが、当時盛岡中2年の佐蔵は学校側からの要請で仲裁をするために戻った。窓や机を壊す計画だったようだが、大事に至らなかったのは、佐蔵のおかげであったかもしれない。

23. 猪狩 見龍(2011-4)

見龍は、盛岡中時代啄木が中心となって発行した回覧雑誌「爾伎多麻」の同人として作品を掲載した。「嗜好」欄には流しの三味線の音が好きだと載せている。後に医師となり、沼宮内(現・岩手町)で開業。馬に乗り、トルコ帽をかぶって往診する姿から「沼宮内の赤ひげ先生」と呼ばれた。親友だった野村胡堂の追悼文によると、見龍は学生時代「龍丸さん」の愛称で呼ばれ、上品な美少年だったとのこと。

   タウン誌「街もりおか」に連載中

2011-04-18

[] 「石川啄木遺品展〜百回忌に寄せて〜」函館 4/17~10/12

f:id:takuboku_no_iki:20110418170140j:image

[桜の花びらが散って]


企画展「石川啄木遺品展〜百回忌に寄せて〜」

函館市中央図書館「啄木文庫」が所蔵する遺品を展示する。

現在見つかっている中で最も古い啄木の短歌が載った岩手県・盛岡中時代の回覧雑誌「爾藝多麻(にぎたま)」、啄木が選者を務めた「朝日歌壇」のスクラップノート、戸籍謄本、啄木が亡くなった翌日までの記載が残る節子夫人の「金銭出納簿」など。


  • 2011年4月17日(日)〜10月12日(水)
  • 函館市文学館  函館市末広町22-5
  • お問い合わせ 函館市文学館 TEL 0138-22-9014

2011-04-16

[] 啄木日記を最高と評価したキーン氏 日本に永住へ

f:id:takuboku_no_iki:20110416175656j:image

[ハナカイドウ]


ドナルド・キーン氏が日本国籍取得、永住へ

  • 日本文学者でコロンビア大学名誉教授のドナルド・キーンさん(88)は、今月末の講義を最後に大学を退職するのを前に、ニューヨークの自宅でNHKのインタビューに応じ、今回の東日本大震災について大きな衝撃を受けたと語りました。
  • 「外資系の会社が社員を日本から呼び戻したり、野球の外国人選手が辞めたり、『危ない』と言われたりしているが、そういうときにこそ、私の日本に対する信念を見せる意味がある」と述べました。
  • 「日本人は、大変優秀な国民だ。今は大きな打撃を受けているが、未来は、以前よりも立派になると信じている」と愛する日本へエールを送りました。

(2011-04-15 NHKニュース)

  ○ドナルド・キーンさんは、啄木の『ローマ字日記』を日本の近代文学の最高傑作と評価している。

2011-04-15

[] 「路傍に犬ながながとあくびしぬ」石川啄木

f:id:takuboku_no_iki:20110415172055j:image

[サクラ・ナノハナ]


天声人語 朝日新聞

  • 亡き主人を迎えに渋谷駅に通う秋田犬の悲話を、「いとしや老犬物語」と伝えたのは手前みそながら本紙だった。
  • 生前に銅像が建ったハチほどではないが、この震災でも「奇跡の犬」が生まれた。沖に流された屋根の上から、3週間ぶりに救われたバン。飼い主と再会し、ちぎれんばかりに尻尾を振る姿に、「家族の絆」を思った
  • やせこけ、放射能の中をさまよう犬や牛馬の姿に、啄木が詠んだ光景の貴さをかみしめる。〈路傍(みちばた)に犬ながながとあくびしぬわれも真似(まね)しぬうらやましさに〉。屈託のない犬と、あやかりたいと眺める歌人。今にしてみれば、夢のような退屈である
  • 絶望の闇を抜け……、その時あなたに寄り添うのは、一人ではなく一匹かもしれない。

(2011-04-15 朝日新聞>天声人語

2011-04-14

[] 啄木100回忌 故郷の宝徳寺で行われる

f:id:takuboku_no_iki:20110414054342j:image


石川啄木100回忌 震災を思う

  • 13日は歌人・石川啄木の命日、啄木忌です。100回忌という節目となった今年の法要ではふるさとを愛した啄木と今回の震災についても考えました。
  • 法要が行われたのは啄木が少年時代を過ごした盛岡市玉山区の宝徳寺です。啄木は明治45年のきょう、26歳という若さで亡くなりました。
  • はじめに、東日本大震災での犠牲者へ黙祷を捧げました。参列した人たちは今回の震災と故郷を愛した啄木への思いとを重ね合わせていました。
  • 講話では明治三陸大津波の4年後には啄木が沿岸を旅し、三陸海岸を歩いていたことなどが紹介されました。
  • 来年は、啄木の没後100年と、歌集「悲しき玩具」の発刊100年を迎えます。

(2011-04-13 IBC岩手放送

2011-04-13

[] きょうは啄木の命日

f:id:takuboku_no_iki:20110413164910j:image

[一本桜]


「啄木臨終の記」若山牧水   

  • 昨年の四月十三日の午前七時ごろ、私は車夫に起された。石川君の妻君から同君の危篤の迫ったことを知らしてよこしたものであった。
  • すぐ駆けつけて見ると、座に一人の若い男の人がゐた。あとでその人が故人の竹馬の友金田一京助氏であることを知った。 
  • その時、その場に居なかった細君が入つて来て、石川君の枕もとに口を寄せて大きな声で、「若山さんがいらっしゃいましたよ」と幾度も幾度も呼んだとき、彼は私の顔を見詰めて、かすかに笑った。あとで思へば、それが彼の最後の笑であったのだ。
  • 老父は私を見ると、かたちを改めて、「もうとても駄目です。臨終のやうです」と云った。そしてそばにあった置時計を手にとって、「九時半か」と眩くやうに云った。時計は正に九時三十分であつた。

啄木の息>啄木年譜

 

[] 「世の中の明るさのみを吸ふごとき」 啄木

近事片々:特別なシーズン 毎日新聞

  • 「見せましょう」の誓い通り見せた東北楽天・嶋、開幕試合の勝ち越しホームラン。有言実行。プロスポーツ選手がプロたる底力で連帯を発信する「特別なシーズン」が始まった。
  • <世の中の明るさのみを吸ふごとき/黒き瞳の/今も目にあり> 石川啄木

(2011-04-13 毎日新聞)

 

[] 「ふるさとの山に向ひて 言ふことなし」啄木

特集ワイド 東日本大震災 作家・新井満さんの祈り

  • 「千の風になって」などで知られる作家の新井満さんが、東日本大震災で被災した人々に向けて一編を書き、夕刊編集部に寄せた。「雲の上の青い空」。
  • 新井さんは高校3年生だった1964年、新潟地震に遭遇した。「一生分の恐怖を味わいました」。
  • 絶望しそうになったとき、新井さんは坂口安吾の碑がある新潟海岸に立ち、佐渡島の向こうに沈んでいく美しい夕日を眺めた。そして、石川啄木の「ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」という詩を繰り返し読んだ。
  • 「いちばん苦しい時に人の心を癒やすものは、大自然の美しさと芸術表現の感動ではないか」。
  • そして今。発生直後は一日一日を生きることに必死だったが、時とともに「自分だけが生き残ってしまった」「これから先、どう生きれば……」などと罪悪感や絶望にさいなまれる被災者は多い。「だからこそ、希望という心のパンが必要になる」
  • 詩は、精神の命を救う「心のパン」だから。

(2011-04-13 毎日新聞)

2011-04-12

[] 啄木忌法要 宝徳寺 4/13

f:id:takuboku_no_iki:20110412145320j:image

[春爛漫]


「啄木百回忌法要」

石川啄木の命日にあたる4月13日、啄木の父・一禎が住職を務めた宝徳寺で法要と焼香が行なわれる。今年は啄木の100回忌にあたり、盛大な法要が行われる。

  • 2011年4月13日(水)
  • 宝徳寺 岩手県盛岡市玉山区渋民
    • 10:00〜11:00 法要 コールすずらん献歌 玉山吟詠会献吟
    • 11:00〜12:00 講話「啄木・愛され続けて百年」山本玲子
    • 12:00〜13:30 昼食会(千円)

2011-04-11

[][] 啄木百回忌追悼会&特別講演会 函館 4/13

f:id:takuboku_no_iki:20110412143548j:image

[サクラと流れ]


啄木百回忌追悼会&特別講演会

今年は函館ゆかりの明治の歌人、石川啄木の百回忌に当たる。命日4月13日に「啄木忌」追悼会と特別講演会を開催する。

  • 2011年4月13日(水) 
  • 追悼会 函館市 東海山地蔵堂
  • 墓参 立待岬の「啄木一族の墓」
  • 特別講演会 函館市 東海山地蔵堂
    • 講師 山下多恵子さん (国際啄木学会理事、「啄木と郁雨」を出版)
    • 演題 「我ならぬ我−啄木の節子」
  • 連絡 函館啄木会・岡田さん 0138・23・3474

2011-04-09

[][] 啄木追慕短歌大会 函館 4/24

f:id:takuboku_no_iki:20110412135555j:image


啄木追慕短歌大会

  • 2010年4月24日(日)
  • 函館国際ホテル
  • 道南歌人協会主催

2011-04-08

[] 啄木函館を歌う 6/25

f:id:takuboku_no_iki:20110408172726j:image

[春色]


講座

「啄木函館を歌う ~初恋のいたみを遠く」~

函館中央図書館、函館市文学館の所蔵資料などをもとにした、最新の啄木研究

  • 講師 近藤典彦氏(国際啄木学会 元会長)
  • 2011年6月25日(土) 14:00〜
  • 函館市中央図書館 視聴覚ホール
  • 入場無料
  • 問い合わせ 函館市文学館 電話 0138-22-9014

  主催 視線の会、道南歌人協会、函館の文学と音楽の会

2011-04-06

[] 石川啄木百回忌の法要 予定通り実施

f:id:takuboku_no_iki:20110406164118j:image

[カエデの若葉]


チャグチャグ馬コ」「さんさ踊り」で元気発信 啄木忌実施

  • 盛岡市の谷藤裕明市長は、5日の記者会見で「イベントを通じ、復興に向けて元気に頑張っているところを発信していきたい」と述べた。
  • 4月中のイベントの多くは中止をすでに決めたが、石川啄木百回忌の法要は4月13日に予定通り実施する。(宝徳寺にて:岩手県盛岡市玉山区渋民)
  • 県内の代表的な祭りである「チャグチャグ馬コ」や「さんさ踊り」などを開催していく意向を示した。
  • 谷藤市長は、震災で自粛ムードが広がっていることについて、「東北すべてが壊滅したわけではない。復興に向けてがんばっていることをPRしていきたい」と語った。

(2011-04-06 読売新聞、岩手日報、スポニチ、ほか)

2011-04-05

[] 「愛されて百年 啄木」4/13〜7/31

f:id:takuboku_no_iki:20110405173744j:image

[ハクモクレン]


企画展「愛されて百年 第一部〜啄木忌に集う人々」

啄木100回忌にあたる今年度は、啄木がどのように愛されてきたのかを、写真・歌碑などの拓本・新聞記事・雑誌(啄木追悼号)等々で紹介する。

  「啄木/賢治 イベントカレンダー 2011-2012」

 

[] 第27回啄木祭短歌大会 5/1


  • 2011年5月1日(日)
  • 会場 姫神ホール(盛岡市玉山区)

全国から短歌を募集する。大会当日には選者による批評が行われ、最優秀作品には啄木祭賞が授与される。

  「啄木/賢治 イベントカレンダー 2011-2012」

2011-04-04

[] 「やはらかに柳あをめる…」どうか慈母の優しさで

f:id:takuboku_no_iki:20110404164632j:image

[芽吹き]


天声人語 朝日新聞

  • 東北を代表する川といえば日本海に注ぐ最上川と、岩手県を南流して宮城県石巻市で太平洋に出る北上川だろう。
  • こんな一首がある。〈川幅の太さのままに海となる北上川の長き圧力〉高橋みずほ
  • だが大津波は、その滔々たる「圧力」を押し戻して、川を50キロもさかのぼっていた。
  • 地震翌日の小欄で引いた寺田寅彦は、日本の自然には「慈母の愛」と「厳父の厳しさ」があると述べている。
  • 〈やはらかに柳あをめる/北上の岸辺目に見ゆ/泣けとごとくに〉啄木。被災地にはなお悲嘆と慟哭がやまない。いのち萌える春よ、どうか慈母の優しさでみちのくを包めよ。

(2011-04-04 朝日新聞>天声人語

2011-04-02

[] 啄木の小説「我等の一団と彼」の中で…

f:id:takuboku_no_iki:20110402195341j:image

[グミ]


化学工業日報

時間との闘いの震災復旧

  • 「田舎で暮らした老人を東京みたいな処へ連れて来るのは、ちょっと考えると幸福なようにも思われるが、そうじゃないね。むしろ悲惨だね」。石川啄木が明治43年に発表した小説「我等の一団と彼」で、啄木の分身ともいえる主人公の言葉である。
  • 震災から3週間を経過しても悲しい別れが続いている。あらゆる人が地元を離れたくないだろうし、幸福な生活が待っているとは信じていないだろう。
  • 震災からの復旧は遅々として進まない。しかし、現場の頑張りだけでは震災から立ち直れない。

(2011-03-31 化学工業日報)

2011-04-01

[][] テレビ放映:啄木の特別番組 4/3、4/30

f:id:takuboku_no_iki:20110401201118j:image

[レンギョウ]


特別番組

「『一握の砂』発刊100年記念〜啄木100年目の帰郷」

  4月3日(日)14:00〜14:30

  4月30日(土)13:00〜13:30

ふるさとを恋慕い,帰りたいという思いを抱きながら亡くなった石川啄木。作家の新井満氏が『一握の砂』をもとにCD化した「ふるさとの山に向ひて」を携え,啄木の思いとともに,その足跡をたどる特別番組。ナレーションは石川啄木記念館学芸員の山本玲子さん。

 

[] 啄木忌法要 4/13

第100回「啄木忌」

  • 2011年4月13日(水)
  • 宝徳寺 岩手県盛岡市玉山区渋民

石川啄木の命日にあたる4月13日、啄木の父・一禎が住職を務めた宝徳寺で法要と焼香が行なわれる。今年は啄木の100回忌にあたり、盛大な法要が行われる。

 

[] 中止のお知らせ

  • 「2011 啄木の集い」(4/16)中止
  • 「国際啄木学会 2011 春のセミナー」(4/17)中止

 

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254179