啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2013-12-29

[][] 啄木の誕生日に講演会 2/20

f:id:takuboku_no_iki:20131229191917j:image

[カリン]


特別講演会 石川啄木記念館

「啄木にとっての『2月20日』」

 生誕日にまつわるいくつかのエピソードを紹介

  • 2014年2月20日(木) 14:00〜16:00
  • 場所 渋民公民館 視聴覚研修室(岩手県盛岡市玉山区渋民字渋民9)
  • 講師 森義真(石川啄木記念館 副館長)
  • 料金 無料
  • 定員 36名(申し込み多数の場合は抽選)
  • お申込み・受付 2月14日(金)まで電話にて受付 019-683-2315

 

2013-12-27

[] ふるさとを呼び戻す“石川啄木の言葉” 1/5 テレビ

f:id:takuboku_no_iki:20131227170702j:image

[チリメンガシ]


テレビ BS朝日

「ふるさと」を探す心の旅 〜啄木と賢治の言葉〜

  • 2014年1月5日(日)22:00〜23:30

いま求められる石川啄木宮沢賢治の言葉は、混迷の現代を生きる全ての日本人へのメッセージ。日本人にとっての“ふるさと”を知る“心の旅”へ、出発する―。

あなたにとって“ふるさと”とは? 
2011年3月11日に起きた東日本大震災の多くの被災者たちが、ふるさとを失った。彼らが復興へとむかう中、ふるさとを呼び戻してくれるのが“石川啄木の言葉”なのだ。

“ふるさと”とは何だろう。単に生まれ育った場所ではない、言葉の中に広がる懐かしいイメージ。そのイメージを具体化したのが、岩手が生んだ天才歌人・石川啄木だ。


  ナビゲーター

   外岡秀俊 (ジャーナリスト・作家)、 近衛はな (女優・脚本家・詩人)

 

2013-12-26

[] 故郷いわてを味の記憶で辿る 12/30

f:id:takuboku_no_iki:20131226200552j:image

[ボダイジュ]


「おいしい景色 〜故郷いわてを味の記憶で辿る〜」

 めんこいテレビ(放送対象地域岩手県)

  • 2013年12月30日(月)16:15〜16:45

誰もが心の中に忘れられない郷愁の味をもっているはず・・・。故郷いわてを離れ、今は違う場所で生活をしている人の「想い出の味」から、今に至るまでを紐解く。

・エンディングに啄木の歌とナレーションが流れる。

 

[] 「啄木かるた」も展示 中野区歴史民俗資料館

  • 山崎記念中野区歴史民俗資料館(中野区江古田4、TEL 03-3319-9221)は現在、「家族が集うカルタ遊び」と題した「正月展」を開催している。
  • 展示しているカルタは「いろはかるた」「小倉百人一首」中国の「唐詩選加留多(かるた)」「啄木かるた」「花カルタ(花札)」のほか、約30種類。
  • 開催時間は9時〜17時(月曜・第3日曜と12月28日〜1月4日休館)。入館無料。1月18日まで。

(2013-12-26 中野経済新聞)

 

2013-12-25

[] テレビBS−TBS「ドナルド・キーン瀬戸内寂聴」啄木の日記についての話も 12/29

f:id:takuboku_no_iki:20131225170803j:image:w640

[ホワイトクリスマス]


テレビBS−TBS 

ドナルド・キーン瀬戸内寂聴 ニッポン不易流行」

  • 2013年12月29日(日)19:00〜22:54

ドナルド・キーン瀬戸内寂聴、初のBS放送での対談が実現!キーワードは「20年に1度」。

おふたりはともに1922年(大正11年)生まれの現在91歳。二人の対談が放送されるのはBS初となる。

「ニッポン不易流行」と題し、過去・現在・未来を繋ぐであろう20年をタームに、戦後日本は、そして日本人はどう変わったのか、その変化を「文学」を軸に語り合って頂く。

 ・啄木の日記についての話も登場。

 

2013-12-24

[] 石川啄木関連・大学入試問題 解答

f:id:takuboku_no_iki:20131224171710j:image

[ユリノキ]


神戸学院大入試問題

解答

  問1 B

  問2 B

  問3 A

 

2013-12-23

[] 大澤真幸『啄木を通した9.11以降ーー「時代閉塞」とは何か』---石川啄木関連・大学入試問題 2007年

f:id:takuboku_no_iki:20131223183007j:image

[スノウドロップ]


神戸学院大学 入試問題 2007年

◎ 次の文章は、大澤真幸『思想のケミストリー』<啄木を通した9.11以降ーー「時代閉塞」とは何か>の一部である。これを読んで、後の問に答えよ。

論文「時代閉塞の現状」に対しては、しばしば、大逆事件の影響が指摘される。だが、(ア)[啄木]が、それ以前にすでにネーションに対して強い違和感を覚えていたと思われるということを考慮に入れれば、われわれとしては、むしろ、こう見るべきであろう。大逆事件は、ネーションが桎梏として成立していたという事実をあぶりだすきっかけ(機会原因)となったのだ、と。大逆事件が、既に起きてしまっていること(ネーションの成立)を(イ)させる触媒となったのである。

だが、それにしても、(ウ)[ネーション]が「閉塞」として感じられたのはなぜなのか? 社会的紐帯が、あるいは他の客観的な条件が、個人の行動を拘束し、規定するということは一般的なことであって、ネーションに限った問題ではない。啄木が、ネーションを取り立てて大きな桎梏と見なしたのは、なぜなのか?

(後略)

問1 (ア)[啄木]の歌集を、次のA〜Eの中から一つ選べ。

   A みだれ髪  B 一握の砂  C 赤光  D 桐の花  E 鍼の如く

問2 (イ)に入る最も適切な語句をA〜Eの中から一つ選べ。

   A 象徴化  B 顕在化  C  絶対化  D 抽象化  E 相対化

問3 「(ウ)[ネーション]が「閉塞」として感じられたのはなぜなのか?」とあるが、その理由の説明として最も適切なものを、次のA〜Eの中から一つ選べ。

A ネーションは原理的には選択可能なものであるはずなのに、実質的には選択が既に終わってしまった選択不可能なものとして受け取られているから

B ネーションを成立させている客観的な条件が、個人の自由を保障するものとしてではなく、個人の行動を拘束し、規定するものとして認識されているから

C ネーションは実質的には選択に対して開かれていないものの、原理的には開かれているということを、そこに所属している人々が意識していないから

D ネーションは、メンバーがみな匿名のままで所属しており、主義や信条が所属の条件にならないという点で、独特の構造があるから

E ネーションは、愛国心を持っているわけではない無名の人々に対しても、命をかけてネーションのために戦うことを強制するものであるから



(答えは次回に

  問3については、長文の問題をカットしているため、推理して楽しんでください)

 

2013-12-18

[][] 「ぢつと」見つめる手の指は、きっと白くて繊細

f:id:takuboku_no_iki:20131218173834j:image

[メタセコイア]


《作品に登場する啄木》

  『貧乏するにも程がある 芸術とお金の“不幸"な関係』

    長山 靖生 著 光文社新書



第四章

 貧乏な上に破滅型 石川啄木


ここからは、作家タイプ別に「経済問題の傾向と対策」を考えてゆきたい。

貧乏な作家や詩人は数知れないが、さしあたって石川啄木は、その代表選手のひとりだろう。

もっとも啄木は、貧乏に耐えた人としてばかりでなく、巧みに借金を重ねては、詐欺同然にしばしば踏み倒した放蕩の人としても記憶されている。

ここで注意しなくてはならないのは、啄木が生まれながらの貧困層出身ではなかったという点である。少なくとも彼が十九歳の時までは、彼の家には人並みに暮らせる程度の収入があった。啄木は盛岡中学に通っていたが、当時の田舎では、これは特別なことだった。もっとも明治三十五年、彼は二度のカンニング事件を起こして、退学処分になってしまうのだが、これは経済問題とは別の話だ。

(中略)

  はたらけど

  はたらけど猶わが生活楽にならざり

  ぢつと手を見る

この歌は明治四十一年以降に作られ、『一握の砂』におさめられたものだ。ここには啄木の生活実感が込められているのだろう。とはいえ啄木の手はペンは握っても、鋤や鍬や、あるいは鶴嘴を握って生活費を稼ぎ出そうという労働者の手とは違っていたようにも思える。見つめる手の指は、きっと白くて繊細だったのではないだろうか。

(中略)

啄木は借金を残したまま、明治四十五年四月十三日、肺結核のために二十六歳の生涯を閉じた。彼の死後、金田一らの奔走によって大正二年に『啄木遺稿』が刊行された。さらに大正八年から九年にかけて『啄木全集』全三巻が出版されるに及んで、夭折の歌人・石川啄木は文学青年や文学少女たちに受け入れられ、国民詩人の地位に押し上げられていった。

 

2013-12-14

[][] 「啄木かるた」を使ったかるた大会 2/15

f:id:takuboku_no_iki:20131214170931j:image

[コウテイダリア]


啄木生誕祭第12回「啄木かるた」大会

  • 期日 2014年2月15日(土)
  • 場所 渋民文化会館(姫神ホール)(盛岡市玉山区渋民字鶴塚55番地)
  • 主催 啄木祭実行委員会
  • 内容 郷土の歌人石川啄木の短歌を用いた「啄木かるた」を使ったかるた大会です。
小学生(1〜3年),小学生(4〜6年),中学生,一般(高校生以上)の4部門に分かれ,3人で1チームを組んで対戦します。小学生(4年生から6年生)の部には函館市のチームも参加します。
使用するかるたは,啄木の短歌が100首用いられた新しい「啄木かるた」です。皆さんどうぞ奮ってご参加ください。

盛岡市

 

2013-12-13

[] 啄木顕彰のための記念事業 石川啄木記念館

f:id:takuboku_no_iki:20131213170743j:image

[ツタ]


盛岡市 市長定例記者会見(2013年12月4日)

 ◎ 啄木顕彰のための記念事業について


  • 記者:石川啄木記念館が12月1日から市直営になりました。没後百年を迎えた啄木をさらに顕彰していくため,記念館の事業として市が考えているものはありますか。
  • 市長:財団法人の解散に伴い,市は,公益財団法人盛岡市文化振興事業団を指定管理者として,去る12月1日から石川啄木記念館を運営しています。

運営方針(1)親しまれる記念館(2)石川啄木への興味関心を深める(3)地域に開かれた博物館

指定管理者には,様々な企画展を検討し,盛岡が誇る先人である石川啄木のさらなる顕彰を図ります。


  • 記者:展示内容などが新年度からリニューアルされるなどの見通しはありますか。
  • 教育部長:新たな企画として,漂泊の歌人といわれている啄木ですので,啄木と関係のある東京,仙台,函館,札幌などの地域との交流・連携を含めて想定しています。

(2013-12-12 盛岡市

 

2013-12-11

[] 2013年暮れの「石川啄木終焉の地」---<2>

啄木文学散歩・もくじ


f:id:takuboku_no_iki:20131211165015j:image

この緑の土地に高齢者の施設をつくり、その一角に「啄木終焉の地」を示す歌碑を建てることになっている。





f:id:takuboku_no_iki:20131211165039j:image

以前、「国有地」の表示だった。

現在は「区有地」になっている。






f:id:takuboku_no_iki:20131211165106j:image

土地の東側の塀に取り付けられている案内板。

工事が始まれば無くなってしまうことだろう。





f:id:takuboku_no_iki:20131211165131j:image:w640

小石川植物園のイロハモミジ並木。

石川啄木終焉の地」から徒歩5分ほどのところにある「東京大学理学部附属植物園」(小石川植物園)のイロハモミジ並木が燃えていた。


(おわり)

 

2013-12-10

[] 2013年暮れの「石川啄木終焉の地」---<1>

啄木文学散歩・もくじ



f:id:takuboku_no_iki:20131210161637j:image

終焉の地の通り。

地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩10分。春日通りを行き、小石川5丁目の信号を左に折れる。

この地、小石川区久堅町 74の46(現・文京区小石川 5-11)で、石川啄木は 1912 年(明45)4月13日、26年と53日の生涯を閉じた。




f:id:takuboku_no_iki:20131210161703j:image

東京都指定旧跡の標示と旧碑の場所。

白い自販機の場所に、以前は「石川啄木終焉の地」の碑が立っていた。

右にあるビルの壁には、東京都教育委員会の説明板が黒く写っている。

自販機の後ろ、黒い塀の向こうに「啄木歌碑」と「啄木顕彰コーナー」が出来る予定。




f:id:takuboku_no_iki:20131210161728j:image

石川啄木終焉の地」標示板 2008年(平成20)設置。

建物の壁が赤レンガ風から白に塗り替えられていた。この標示板もきれいに掃除されピッカピカになっていた。


(つづく)

 

2013-12-09

[] 晶子や啄木の存在が… 鉄幹の再評価を

f:id:takuboku_no_iki:20131209165320j:image

[ガマズミ]


生誕140年シンポ

「与謝野鉄幹の再評価を」

  • 明治中期から昭和初期の浪漫主義の代表的歌人で、与謝野晶子の夫でもある与謝野鉄幹の生誕140年を記念したシンポジウムが7日、鉄幹が創設にかかわった芸術系の専門学校「文化学院で開かれた。
  • シンポでは、近代短歌史を専門とする天理大学の太田登名誉教授が講演し、「晶子や石川啄木など、『明星』から育った歌人の存在が大きかったため、鉄幹の業績が見過ごされてきた。女性歌人の育成など、当時の文学界の先駆者として、再評価をしなければならない」と語った。

(2013年12月8日  読売新聞)

 

2013-12-08

[] 「ふるさと」を探す心の旅〜啄木と賢治の言葉 1/5

f:id:takuboku_no_iki:20131208172158j:image

[コトネアスター]


東日本大震災から3年

 …今を生きる全ての日本人へ「ふるさと」を探す心の旅

  〜啄木と賢治の言葉〜(仮)


BS朝日 2014年01月05日 (日) 22:00 〜 23:30

  • 石川啄木宮澤賢治の言葉から、日本人における「ふるさと」について考える。出演は、ジャーナリストで作家の外岡秀俊氏と、女優であり脚本家であり詩人でもある近衛はな氏。
  • まず、岩手・盛岡市で、啄木の足跡をたどりながら、彼がどのようにして「ふるさと」の詩を詠んだのかを探る。続いて、啄木が初めて海を見た陸前高田市三陸海岸へ。


(エンタ魂)

 

2013-12-07

[] 「啄木は甘えん坊だった」ドナルド・キーンさん

f:id:takuboku_no_iki:20131207170345j:image

[モミジバフウ]


ドナルド・キーンさん まるで雪のようなプリン

  • (「パティスリー・トロンコーニ」のなめらかプリン)夕食後のデザートはほぼ毎日いただきます。30年ほど前に店の前を偶然通りかかって以来、夕飯の買い物ついでによく立ち寄っています。
  • 洋菓子をよく食べます。あんこは嫌いではないですが、お菓子には人それぞれ趣味があるものです。現在、石川啄木の評伝を書いていますが、啄木が子供の頃、母親を夜中に起こしてゆべしまんじゅうを作ってもらった話が印象に残っています。啄木はきょうだいは姉と妹だけなので、甘えん坊だったのでしょう。

(2013-12-06 朝日新聞デジタル>オトコの別腹)

 

2013-12-05

[] 石川啄木記念館の管理運営について

f:id:takuboku_no_iki:20131205170433j:image

[紅葉]


盛岡市文化振興事業団

 石川啄木記念館についてのお知らせ

石川啄木記念館について、平成25年12月1日より、公益財団法人盛岡市文化振興事業団が指定管理者として、施設の管理運営を行うこととなりました。

記事

新webサイト 「石川啄木記念館」

 

2013-12-04

[] 石川啄木 著(P.96〜97)おどけたる手つきをかしと

f:id:takuboku_no_iki:20131204194144j:image

[サクラ]


煙 一


(P.96)


   おどけたる手つきをかしと

   我のみはいつも笑ひき

   博学の師を


   自が才に身をあやまちし人のこと

   かたりきかせし

   師もありしかな


<ルビ>自=し。才=さい。


(P.97)


   そのかみの学校一のなまけ者

   今は真面目に

   はたらきて居り


   田舎めく旅の姿を

   三日ばかり都に曝し

   かへる友かな


<ルビ>三日=みか。都=みやこ。曝し=さらし。

 

2013-12-03

[][] 国際啄木学会 東京支部会 明大 和泉校舎 1/11

f:id:takuboku_no_iki:20131203170027j:image

[オオイタビ]


国際啄木学会 東京支部会

   京王線/井の頭線 明大前駅 下車徒歩5分


○ 発表

  ・横山 強 「啄木の母(カツ)の系譜を検証する」

  ・逸見久美「与謝野寛・晶子と啄木」

 

○ 支部会

  ・次回の予定

  ・支部会報について


☆ 初めての方のご参加も歓迎 ☆

 

 

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254623