啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2014-09-29

[] 大逆事件に鋭く反応した啄木の帰趨

f:id:takuboku_no_iki:20140929164020j:image:w640

[カヤツリグサ]


◎本よみうり堂 書評

 評・松山巖(評論家・作家)

『絵のように 明治文学と美術』 前田恭二著

 群衆劇を読む面白さ

  • 各分野で日本近代の再考がなされているが、著者はユニークな視点で文学と美術の近代を解読した。一言でいえば明治の作家たちが美術をどう捉え、考えたか、そこにこだわり、詳細に調べた。明治であれ、美術は既に芸術として社会的な位置を獲得していたからだ。
  • 第一章は山田美妙作『蝴蝶』の口絵に若い女のヌードが描かれ、新聞雑誌で論争となった騒ぎを追う。まず新聞が春画と批判し、美妙が反論。すると新聞の投稿欄で批判が続き、鴎外も茶化して投稿し、自然主義を目指す内田魯庵は批判、尾崎紅葉は擁護、と双方とも譲らない。
  • 日清日露戦争を経て、国策として古寺社や宝物の調査や美校設置などの動きも重ね、文学者と美術家がナショナリズムに反応した意識も調べ、終章は大逆事件に最も鋭く反応した啄木の帰趨で締める。

  まえだ・きょうじ=読売新聞文化部次長。

(2014-09-29 読売新聞)

────────────────────────────────────

2014-09-28

[] 立原道造は、啄木に酔い、賢治に醒め… 盛岡ノート

f:id:takuboku_no_iki:20140928174218j:image:w640

[ハス]


生誕100年 「盛岡ノート」いまむかし4

 まぶたの父は慈文 紅子を想い、「帰郷」の夢 賢治文学には深く反発

  • 立原道造は、啄木に酔いながら、賢治には醒めていた。中央大准教授の名木橋忠大氏著「立原道造詩学」によると、立原は盛岡滞在中の1938(昭和13)年、深沢紅子に次のような手紙を宛てている。
  • 「今の僕はもっとちがった歌を歌いたいとおもひます。宮沢賢治をよんでいたら、宮沢賢治もかなしいうそつきです。僕がいま欲しいのはあんないつはりの花ではありません。(略)もとは宮沢賢治にはあのイメージの氾濫でだけで反発した。しかし今はもっとふかく反発します。大切な大切なもののために」。(鎌田大介)

    =月1回掲載=

(2014-09-28 盛岡タイムス)

────────────────────────────────────

2014-09-26

[] 第1部 啄木、義経、政宗、心平ら  -ミュージカル/長野

f:id:takuboku_no_iki:20140926164330j:image:w640

[シソ]


東日本大震災>ミュージカルで復興支援 市民ら900人参加、3時間大作

 「わが想いとどけよ彼方の空に」

  • 東北の豊かな文化に目を向け東日本大震災復興に息の長い支援をする思いを新たにしようと、出演・スタッフ総勢900人が参加するミュージカル「わが想(おも)いとどけよ彼方(かなた)の空に」が28日、松本市のまつもと市民芸術館で公演される。
  • 全3部構成で、3時間にもわたる大作。第1部は石川啄木奥州藤原氏源義経(岩手)、伊達政宗(宮城)、草野心平(福島)らをナビゲーターに、歌と踊りで東北の歴史、文化、風土を描き出す。第2部は松本出身のピアニスト、猿田泰寛さんが被災者が癒やされたというショパンの協奏曲第1番を演奏。第3部では、7景構成で宮沢賢治銀河鉄道の夜」を演じる。
  • 出演するのは、オーディションで選ばれた市民400人や合唱、民踊、邦楽やマジックなど市内と周辺地域の20芸術団体のメンバーらで、年齢も5歳から91歳までと幅広い。【近藤隆志】

(2014-09-26 gooニュース>毎日新聞)

=*=*=*=*=*=*=

◎松本市芸術文化祭55周年記念特別公演

 東日本大震災復興支援「わが想いとどけよ彼方の空に」

  • 日時 2014年9月28日(日)

    昼の部 13:00開演  夜の部 18:00開演

    長野県松本市深志3-10-1  0263-33-3800

────────────────────────────────────

2014-09-24

[] 啄木短歌の曲を披露 花の早慶戦

f:id:takuboku_no_iki:20140924165458j:image:w640

[ニラ]


花の早慶戦 in 岩手

  • 東日本大震災」の復興支援で早稲田大学と慶応義塾大学の合唱クラブのOBが、盛岡市でコンサートを開いた。
  • 両校各60人計120人が石川啄木の短歌を曲にのせた歌やそれぞれの校歌などを披露した。

(2014-09-21 テレビ岩手)

────────────────────────────────────

[] 明窓 :  結核予防週間

  • ショパン、高杉晋作沖田総司正岡子規石川啄木竹久夢二ビビアン・リー。みんな、結核で亡くなった人たちだ。最近の有名人は思い浮かばないから、結核は過去の病気と思いがちだが、いったん収まった後に再び流行する「再興感染症」として世界が対策に取り組む。
  • 2012年に世界では860万人が発病し、130万人が亡くなっているという。日本では戦後、患者が急速に減ったが、現在は横ばい状態で、年間2万人以上が発病する。
  • きょう24日から1週間は「結核予防週間」。週間の趣旨は、一人一人の関心を高めること。(輔)

(2014-09-24 山陰中央新聞)

────────────────────────────────────

2014-09-23

[] 啄木しのぶ座談会で白蓮が…… 根室

f:id:takuboku_no_iki:20140923164746j:image:w640

[サギソウ]


白蓮、北方領土詠む 北海道・根室の民家に直筆色紙

  • 放映中のNHKの連続テレビ小説花子とアン」で登場人物のモデルとなった歌人柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)が、北方領土について詠んだ短歌を記した直筆の色紙が根室市内の民家で見つかった。白蓮が1952年、講演で根室を訪れた際に詠んだものとみられ、後年発表した歌集に掲載される短歌の原形になっているという。
  • 白蓮は太平洋戦争で長男を亡くし、戦後は平和運動に身を投じて全国各地で講演するようになった。根室市文化協会発行の「根室市百年記念文化誌」によると根室へは52年、石川啄木をしのぶ座談会に出席するため、歌人・宮崎郁雨(いくう)と共に足を延ばした。 (根室支局 丸山格史)

   「歯舞を追われてかへる親の国みしや泣き志や根室燈台」

(2014-09-21 北海道新聞

────────────────────────────────────

2014-09-21

[][] ―啄木と明治の文学者たち―「第31回啄木資料展」岩手 10/3~11/24

f:id:takuboku_no_iki:20140921170002j:image:w640

[ボタンヅル]


岩手県立図書館

 企画展「第31回啄木資料展」

読書週間に合わせ、過去2年間で当館が新たに収集した石川啄木関連資料を一堂に集め展示します。
あわせて、啄木の小説を取り上げ、同時代に活躍した文学者達の作品とともに紹介するテーマ展示を行ないます。


  • テーマ ―啄木と明治の文学者たち―
  • 開催期間 平成26年10月3日(金)〜11月24日(月・振休)
  • 会場 アイーナ4階 岩手県立図書館 企画展示コーナー

=企画展ギャラリートーク=

  • 企画展「第31回啄木資料展」を担当者が解説します(申込不要)。
  • 10月26日(日)14:40頃〜(映画会終了後,15分程度)
  • 当日、時間までに4階展示コーナーにお集まりください。


=図書館映画会=

  • 日時 平成26年10月26日(日)、10月27日(月)(再上映) 13時30分開場/14時00分開演
  • 会場 アイーナ4階 岩手県立図書館 ミニシアター
  • 上映作品 『石川啄木〜負けん気強がり〜』カラー 40分

石川啄木の後半生は、貧乏、借金の連続と病気との闘いだったが、明るさとのびやかな精神を失うことはなかった。
“負けん気”で“強がり”の“自称天才”啄木少年が、人から天才詩人と呼ばれるまでの過程を啄木の短歌・評論・小説・日記などを引用しながら紹介。


────────────────────────────────────

2014-09-20

[] 「啄木の娘」の写真 函館・遺愛学院のDVDに

f:id:takuboku_no_iki:20140920165946j:image:w640

[ヤブマメ]


創基140周年、刻んだ歴史DVDに 函館・遺愛学院

  • 函館市杉並町の遺愛学院は創基140周年を記念し、同学院の歩みなどをまとめて収録したDVDを作成した。同学院は、1874年(明治7年)に創立者の米国人宣教師ハリス夫妻が函館を訪れ、同学院の前身である私塾「日日学校」を設立したのが始まり。
  • DVDの制作は、遺愛女子高を1964、65年に卒業したK16回生とK17回生から、昨年、提案があったことをきっかけに、同窓会本部と東京支部が協賛し、約半年かけて学院が制作した。
  • 完成したDVDは3部構成で45分。第1部(10分)のプロローグ。第2部(5分)。第3部(30分)は、同学院の創立から現在まで、140年の歩みを貴重な写真とBGMで紹介。写真の中には石川啄木の娘石川京さんが写っている集合写真もある。
  • 一般向けには同学院事務室で1枚2千円で販売する。(押野友美)

(2014-09-19 北海道新聞

─────────────

遺愛学院エピソード 学校法人遺愛学院HPより

 啄木の娘が通う遺愛女学校

石川啄木は函館にゆかりの深い詩人です。その啄木の娘である京子は遺愛女学校の生徒でした。

京子は体が弱く、残念ながら卒業することは出来ませんでしたが、在学中にたくさんの小文や詩歌をしたためました。遺愛学院の大正期の校史資料は昭和20年の日本陸軍の校舎接収のおりに大半が散逸してしまいましたが、写真や書類、いくつかの小文が今でも大切に保管されています。

────────────────────────────────────

2014-09-19

[][] 企画展「啄木の秋」 石川啄木記念館 10/5〜12/28

f:id:takuboku_no_iki:20140919170421j:image:w640

[ムラサキツユクサ 白花種]


石川啄木記念館

 ◎企画展「啄木の秋」

  • 開催期間 平成26年10月5日(日)〜12月28日(日)
  • 入館料・料金 一般300円 高校生200円 (詳細は下記リンク)
  • 場所 石川啄木記念館 展示室

啄木は盛岡中学時代に文学に目覚め、その頃から好んで作品の中で秋を取り上げています。また、盛岡中学を退学して上京した時や、妻の節子の家出を経験したのも秋であったように、季節が巡るたびに啄木は人生の節目を迎え、その時々の心の内を詩や書簡に表しています。それらの作品をとおして啄木の文学と人生を紹介します。


○ 記念のお茶席

企画展の開催を記念して、お茶席を催します。啄木が代用教員時代に暮らした旧斉藤家で、秋のひと時を過ごしませんか。

  • 開催日 平成26年10月5日(日)
  • 時間 10:00〜14:00
  • 場所 旧斉藤家
  • 料金 入館料で参加していただけます
  • 定員 展示室を見学された方、先着50名様まで

○ 企画展関連館長講演会「啄木の好きだった”秋”」

企画展に関連して「啄木の好きだった”秋”」と題して当館館長が講演します。

  • 開催日 平成26年10月11日(土)
  • 時間 15:00〜16:30
  • 場所 渋民公民館 会議室
  • 講師 石川啄木記念館館長 森義真
  • 料金 無料
  • 定員 200名
  • 対象 小学生以上
  • お申込み・受付方法 当日、直接会場にお越しください。

────────────────────────────────────

2014-09-18

[] 啄木歌碑拓本なども -「みちのくの仏像展」1/14〜

f:id:takuboku_no_iki:20140918172643j:image:w640

[ムラサキツユクサ]


東京国立博物館で「みちのくの仏像展」−仏像通じ東北の魅力伝える

  • 来年1月14日から、東京国立博物館(台東区上野公園)で特別展「みちのくの仏像」が開催される。9月16日、その概要が明らかになった。
  • 東北の三大薬師と称される岩手県・黒石寺、福島県・勝常寺、宮城県・双林寺の薬師如来像をはじめ、東北各県を代表する仏像20点以上が出品される。
  • 同展に並行して特別展「3.11大津波と文化財の再生」(会期 2015年1月14日〜3月15日)も開催される。同館では被災した陸前高田市博物館や岩手県立博物館などと協力しながら津波にのみ込まれた被災文化財の再生を行ってきたことから、その成果と現状を紹介。修復された石川啄木歌碑拓本、高田歌舞伎の衣装など岩手県に関連した文化財を展示する。
  • 「みちのくの仏像」の開催期間は2015年1月14日〜4月5日。

(2014-09-18 上野経済新聞)

────────────────────────────────────

2014-09-17

[] 〈京橋の滝山町の新聞社… =石川啄木

f:id:takuboku_no_iki:20140917171541j:image:w640

[ホトトギス]


素粒子 朝日新聞

  • 爪楊枝(つまようじ)ほどの矢でも事実の土台が揺らげば害になる。吉田調書に関する小欄の過剰な表現を撤回しおわびします。
  •  〈京橋の滝山町の新聞社/灯ともる頃のいそがしさかな=石川啄木〉輪転機はきょうもまわる。原点は忘れまい。

(2014-09-13 朝日新聞)

────────────────────────────────────

2014-09-12

[] 「積みあげる洗濯物のにおいには…」函館高校初入賞

f:id:takuboku_no_iki:20140912171008j:image:w640

[キンエノコログサ]


短歌甲子園、市立函館高が初入賞

  • 盛岡市で開かれた第9回全国高校生短歌大会「短歌甲子園2014」の団体戦で、市立函館高が3位に輝いた。
  • 市立函館高は3校による予選リーグを首位で通過。決勝トーナメントでは示された題を詠み込み、20分以内に短歌を作って対戦した。2回戦の相手は昨年優勝の旭川商業高。「積」の題を与えられ、1人暮らしをしている冨坂君は「積みあげる洗濯物のにおいには母のやさしい香りはなくて」、土肥さんは「渦巻いた本音を一つ口に出す崩れる音が積み木のようで」と詠み、勝利した。
  • 全試合終了後、団体・個人戦で発表された全作品の中から、春菜君の「これからは父の背中が遠くへと寝巻き姿も忘れてゆくか」が「話題作品賞」に選ばれた。帰宅後もパソコンに向かって仕事をする父の後ろ姿と、いずれ親元を離れる自分の心情を詠んだ1首だ。
  • 文芸部では、与えられた題で短歌1首、俳句1句を15分の間に作る「短詩型マラソン」に取り組み、大会前には啄木の歌集も読み込んで言葉を磨いてきた。(高橋澄恵)

(2014-09-09 北海道新聞

────────────────────────────────────

2014-09-10

[] 「たはむれに母を背負ひて…」 9/9は重陽の節句

f:id:takuboku_no_iki:20140910171116j:image:w640

[アザミ]


忙人寸語 千葉日報

  • 〽柱のきずはおととしの五月五日のせいくらべ−。男の子の成長と健康を祈る端午の節句の様子を描いた童謡「背くらべ」。「きず」が昨年のものでなく「おととし」なのは、なかなか帰省できない兄を待ちわびる弟の気持ちを表現したという。
  • 昭和ひと桁生まれ。頑固者だが、猛烈サラリーマンとして高度成長を支えた父。毎夜遅い帰宅を待って皆で夕食をとるのが暗黙のルールだった。
  • 孫も中学生になり、いよいよ背の丈が父に並んだ。得意顔の少年に「おれも縮んだからなあ」と目を細める。<戯れに母を背負いてそのあまり軽(かろ)きに泣きて三歩歩まず>(石川啄木)。子や孫の成長はうれしい半面、親が老いていく様は寂しいもの。
  • きょう9月9日は重陽の節句。不老長寿を祈る五節句の締めくくり。朝夕の涼しさが際立つ季節だけに健康管理には気を配りたい。

(2014-09-09 千葉日報>忙人寸語)

────────────────────────────────────

2014-09-09

[] W受賞「短歌甲子園」茨城県立下妻一高

f:id:takuboku_no_iki:20140909063631j:image:w640

[ツリガネニンジン]


4年ぶり出場 県立下妻一高文芸部 喜びのW受賞「短歌甲子園

  • 盛岡市で今夏開かれた第九回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2014)に茨城県立下妻一高の文芸部が四年ぶりに出場、団体戦は目標の決勝トーナメント進出こそ逃したが、話題賞に選ばれた。個人部門では、三年生坂入菜月さんが最高の栄誉の石川啄木賞に。ダブル受賞に部員たちは、「チームワークの結果」と声を弾ませた。
  • 坂入さんが輝いた石川啄木賞は、団体戦、個人戦で詠まれた全ての短歌が審査対象。大会全体の中から選考だけに、特別審査員小島ゆかり賞と並び、最大の価値がある。
  • 受賞作は「祖父だつた祖父だつた このただの灰 祖父だつたのだ驚くことに」で、かわいがってくれた祖父の葬儀を詠んだ。「一人の人間が灰になって、無機質になっていく姿。自信を持ってつくった」と坂入さんは説明する。(原田拓哉)

(2014-09-06 東京新聞

────────────────────────────────────

2014-09-07

[][] 「花子とアン」に登場の柳原白蓮が記した「啄木のこと」

f:id:takuboku_no_iki:20140907160259j:image:w640

[コアカソ]


「啄木のこと」  宮崎白蓮

  「文藝」昭和30年3月臨時増刊 石川啄木讀本

  • いつか何かに書いてあつた、真実立派な芸術品を創作する人は、適当な身の不遇さと、貧しさがなければいけないとーー。啄木を考える時、この人の不遇さ、貧しさは芸術の神の恩寵であつたのかしらとも思う。

  はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢつと手を見る

  • この歌などは、文学愛好者でない、ほんとうにうたのうの字も関心をもつていない人が知つているのだからびつくりする。そういう人はこの歌を、まるで呪文見たいに口ずさんでせめては自分よりももつと早くこの世に生きて、そうした人生の道を通つた人があつたのだと思うだけでも有難いことだと、宗教的にまで高く仰ぎ見ている姿を私は幾度か見たことがあつた。

  

  燈影なき室に我あり父と母壁の中より杖つきて出づ

  たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず

  たゞひとりのをとこの子なる我はかく育てり父母も悲しかるらむ

  • 斯うした親をうたつた歌、これを或る人は啄木の孝行歌というのだそうなが、この人のこれらの歌には四角張つた道徳的な言葉で批評したくないと思う、よしんばそれが最高の讃辭であろうとも。私はこの人の歌をただ黙つてかみしめているだけで何か味いが出てくる。

  • この人の恋歌は又一種特別のもの、

  頬につたふなみだのごはず一握の砂を示しし人を忘れず

  あはれなる恋かなとひとり呟きて夜半の火桶に炭添へにけり

  • これが美しい言葉をならべたのより、もつと辛らく身にこたえるのはどういうわけだろうか。

  • そしてこの人は世の中というものを呪い、社会というものに対して烈しい怒りをもつていたという話。そこに我々は云いしれぬなつかしさと尊敬とをもつ。

ーーーーーーーーーー

    < 柳原 白蓮(やなぎわら びゃくれん)。 本名は宮崎 燁子(みやざきあきこ)>

────────────────────────────────────

2014-09-05

[][] 湯川秀樹石川啄木 石川啄木讀本

f:id:takuboku_no_iki:20140905170356j:image:w640

[ヤブラン]


「文藝」昭和30年3月臨時増刊 石川啄木讀本

  • 巻末アンケートより

 湯川秀樹

1 あなたは啄木の文學をお好きですか?

 1A 歌が特に好きです。

2 あなたの好きな啄木の歌は?

 2A 「命なき砂の悲しさよ……」「さいはての驛に下り立ち……」

3 あなたはいつ頃、啄木がお好きでしたか?

 3A 中学校か高等学校の頃から今日までずつと好きです。

4 あなたは啄木の作品をどう思いますか?

 4A 彼の歌はだれにもわかる天才。しかも何人も否定することのできない天才の作品だと思います。


─────

  • 湯川秀樹
    • 理論物理学者
    • 1907年(明治40)-1981年(昭和56)
    • 1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞(ノーベル物理学賞)受賞。

────────────────────────────────────

2014-09-03

[][] 「花子とアン」で注目の“柳原白蓮”と石川啄木

f:id:takuboku_no_iki:20140903170956j:image:w640

[キンミズヒキ]


「文藝」昭和30年3月臨時増刊 石川啄木讀本

  • 巻末アンケートより

 柳原白蓮

1 あなたは啄木の文學をお好きですか?

 1A 好きです。

2 あなたの好きな啄木の歌は?

 2A 働らけど働らけどなほわがくらし楽にならざりじつと手を見る。

3 あなたはいつ頃、啄木がお好きでしたか?

 3A 啄木が世に出た頃から。

4 あなたは啄木の作品をどう思いますか?

 4A 大したものだと思つてます。人の通らぬ道を初めて通つた人ですから。


─────

  • 柳原白蓮
    • 花子とアン」の葉山蓮子のモデル
    • 1885年(明治18)−1967年(昭和42)
    • 配役 仲間由紀恵
    • 登場人物紹介(NHK公式サイトより)
      • ヒロイン花子(吉高由里子)より8歳上の伯爵家の娘。女学校で花子と出会う。蓮子は年下の青年と駆け落ち(白蓮事件)、スキャンダルの渦中にあるとき、花子が励まし、二人は生涯かけがえのない友となる。

────────────────────────────────────

2014-09-02

[] 啄木顕彰のみずみずしい短歌 短歌甲子園

f:id:takuboku_no_iki:20140902165752j:image:w640

[フジバカマ]


【編集日記】(9月2日付)福島民友新聞

  • まさにあっぱれだ。準決勝が延長五十回の末決着した全国高校軟式野球選手権大会。両チームの選手たちは心身ともに限界に達していただろう。心から健闘をたたえ拍手を送りたい。
  • 歴史を誇るこの大会は「もう一つの甲子園」と呼ばれてきた。それにしても、高校の硬式野球以外の全国大会を、その名前を付けて「○○甲子園」と呼ぶケースが増えているようだ。
  • 短歌甲子園」もその一つ。ゆかりの歌人石川啄木を顕彰しようと、盛岡市が毎年開いている。今年もみずみずしい短歌が生まれた。初出場のザベリオ(会津若松市)が準優勝するニュースも届いた。
  • ザベリオの生徒が詠んだ「今までの私が歩んだこの道を 振りむき思う『泣いていいよ』と」が共感を呼ぶ。

(2014-09-02 福島民友新聞

────────────────────────────────────

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1254607