啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2014-10-30

[] 寝転がった啄木が人形に 苫小牧市

f:id:takuboku_no_iki:20141030164519j:image:w640

[ブルーデイジー]


苫小牧市 中央図書館

 リンカーン、芥川龍之介、啄木も 図書館で人形展 偉人・文豪80体

  • 札幌市の人形作家、高山美香さんの「ちまちま人形展」が、苫小牧市立中央図書館で開かれている。人間性も含めて表現された国内外の偉人や文豪の人形約80体が、来館者の目を楽しませている。
  • 高山さんは作る人に関する資料をたくさん読み、人間性の現れたエピソードを元に人形を制作。暮らしぶりなどを伝える手書きパネルと併せて紹介している。
  • 作品はオーブンで焼くと固くなる粘土で作られ、いずれも身長10センチほど。よく横になって空想にふけっていた石川啄木は寝転がった姿で表現されている。
  • 読書週間の記念行事。11月27日まで。

(2014-10-28 苫小牧民報社)

────────────────────────────────────

2014-10-29

[] 啄木の歌を口ずさむ ゆるキャラ「たま姫ちゃん」!

f:id:takuboku_no_iki:20141029151752j:image:w640

[ヒメツルソバ]


「たま姫ちゃん」誕生 盛岡・玉山

  • 岩手県盛岡市玉山区の魅力を全国に発信しようと、姫神山や同区出身の歌人石川啄木をモチーフにしたゆるキャラ「たま姫ちゃん」が誕生した。
  • 姫神山から生まれた妖精の女の子という設定で、姫神山をかたどった三角帽をかぶり、玉山の「たま」姫神の「姫」を合わせて名付けた。啄木のような歌人になりたいと、バッグに歌集を入れ、啄木の歌を口ずさむ。
  • 盛岡商工会議所玉山地域運営協議会青年部が50周年を迎えた記念として企画した。

(2014-10-29 河北新報

────────────────────────────────────

2014-10-28

[][] 釧路「誰もが分かる啄木の話」

f:id:takuboku_no_iki:20141028171229j:image:w640

[スイレン]


第 4 回 「誰もが分かる啄木の話」

  • 2014年11月10日(月)午後1時〜2時
  • 会場 港文館(釧路市大町2-1-12)
  • 講師 北畠立朴氏(釧路啄木会会長)
  • 受講料 400円(飲み物・資料代)
  • 申込み・問合せ   港文館(電話 0154-42-5584)

────────────────────────────────────

2014-10-27

[] 啄木〈ふるさとの山に向ひて/言ふことなし…〉 50歳からの挑戦

f:id:takuboku_no_iki:20141027171707j:image:w640

[バラ]


<日報抄> 新潟日報

  • 石川啄木の短歌〈ふるさとの山に向ひて/言ふことなし/ふるさとの山はありがたきかな〉に、作曲家の平井康三郎が曲をつけた「ふるさとの」という歌曲がある。今年、上越教育大の大学院生が披露したこの曲のソプラノ独唱が、いまでも耳に残っている。
  • 歌ったのは北岡瑞枝(きたおかみずえ)さん(54)。30年間高知県の公立中学で音楽教諭を務めた。どうしても、もっと歌を勉強したいと2013年3月に退職。退路を断って上教大大学院を受験し、合格した
-50歳を過ぎてからの新たな挑戦である。将来を考えれば、たやすい決断ではなかったはずだ。
  • やりたかったバッハの研究に取り組む日々だ。講義の合間にバイトもこなした。慣れない雪国暮らしを嘆く暇もなかっただろう。来春、修了を迎える予定だ。その後の進路はまだ決まっていないが「学び」への意欲はますます高まっていると語る。

(2014-10-27 新潟日報

────────────────────────────────────

2014-10-26

[] <敵として憎みし友とやや長く手をば握りき…> 啄木

f:id:takuboku_no_iki:20121006155907j:image:w640

[会津「法用寺」の啄木歌碑]


「あぶくま抄」【福島民報

  • <敵として憎みし友とやや長く手をば握りきわかれといふに>。明治40(1907)年秋、北海道小樽市で新聞記者をしていた歌人の石川啄木は、勤務先の事務長・中野寅吉とけんか別れし退社した。翌年1月、中野の見送りを受け駅頭で詠んだ歌だという。
  • 中野は赤沢村(現会津美里町)に生まれた。地元の法用寺で住職を務め、大正時代から戦後にかけて衆院議員に8回当選した。
  • 豪放磊落[らいらく]な性格で、繊細な啄木とは気質が合わなかったのではないか。昭和22年4月、戦後初めての知事選にも立候補した。4人中、3位に終わった。啄木は既に亡くなっていたが、生きていたらどうしただろう。啄木研究家の岩城之徳氏は、先の歌を<一瞬憎悪の消えた「わかれ」の情景>と解釈した。

(2014-10-26 福島民報

─── ─── ─── ─── 

「法用寺」に「啄木歌碑」を訪ねて……啄木文学散歩

────────────────────────────────────

2014-10-20

[] 巴里と永井荷風高村光太郎、与謝野寛・晶子夫妻

f:id:takuboku_no_iki:20141020203359j:image:w640

[ナナカマド]


第8回 明星研究会 シンポジウム

 巴里との邂逅、そののち〜晶子・寛・荷風・光太郎

明治から昭和初期に至る近代と呼ばれた時代、日本はフランスから詩・小説、絵画・彫刻を中心に多くの刺戟を受けてきました。首都パリにはフランスに憧れる芸術家・文学者が集まり、ひとつのコミュニティを作ってもいます。

今回は、明治年間にパリを訪れたこうした人々のうち、小説「ふらんす物語」で知られる永井荷風、ロダンに私淑した高村光太郎、そして与謝野寛・晶子夫妻に焦点を当ててみます。


  • 日時 2014年11月22日(土)14時00分〜16時30分 (13時30分開場)
  • 場所 日比谷コンベンションホール(注・前年までと会場が変わりました)
  • 会費 2,000円(資料代含む) 学生1,000円(学生証提示)
  • 内容
    • 第1部 対談「寛と晶子の歩いたパリ」永岡健右(日本大学講師) 米川千嘉子(歌人)
    • 第2部 鼎談「パリの果実は甘かったか?〜晶子・荷風・光太郎」今橋映子東京大学教授) 内藤明(歌人・早稲田大学教授) 松平盟子(歌人)

  • 申し込み 「明星研究会」事務局あて。

<主催> 明星研究会

<世話人> 平出 洸

<後援> 文化学院・毎日新聞社・国際啄木学会・堺市

<協賛> 与謝野晶子倶楽部・与謝野晶子文芸館

────────────────────────────────────

2014-10-19

[] 啄木の姉がオルガンを弾いていた教会

f:id:takuboku_no_iki:20141019170505j:image:w640

[ヤブラン]


<サタデープラス>

“マッサン巡り”「北海道編」前に聖地巡礼

  • 視聴率も好調のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、注目されるのが北海道余市町と小樽市。主人公の「マッサン」と「エリー」のモデルでニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝さんとリタさん夫妻が亡くなるまで生活を営み、来年1月5日から放送が始まる「北海道編」の舞台となる。今回は、地元の小樽商科大に通う女子大生・荒谷沙織さんと“マッサン巡り”の旅に出かけた。(樋口 智城)
  • 「40年代、余市町に外国人はリタさん一人だけ。だから、(外国人が住んでいた)隣町の小樽や札幌に遊びによく行っていたんです」。こう話すのは、小樽商科大の高野宏康教授。放送をきっかけに、地元を盛り上げようと、竹鶴家の文献・資料をかき集めた。いまや屈指の「マッサン研究家」といってもいい。
  • 小樽行きは、イギリス国教会系の教会・小樽聖公会で祈りをささげるためでもあった。ちなみにこの聖公会、明治期には詩人・石川啄木の姉がオルガンを弾いていたのだという。リタさんが61年に亡くなったあと、マッサンも自らも死期が近づいた79年に洗礼を受けている。

(2014-10-18 スポーツ報知)

────────────────────────────────────

2014-10-17

[] 地図で見る石川啄木ゆかりの地 - 東京

f:id:takuboku_no_iki:20141017171153j:image:w640

[コムラサキシキブ]


Google マップ

 (東京都内 主に文京区、台東区など)

・上野駅構内歌碑・上野駅前通り商店街入口の歌碑

・理髪店「喜之床」・蓋平館跡・赤心館跡・金田一京助旧居跡

・終焉の地・相馬屋 ・・・


啄木ゆかりの地マップ

────────────────────────────────────

2014-10-14

[] 啄木の墓「死んだら函館に眠りたい」の言葉通り

f:id:takuboku_no_iki:20141014172314j:image:w640

[秋]


○土曜「考える」【北の文化】

「北の墓」を訪ねて 合田一道  ノンフィクション作家

  • 『日本人の死に際・幕末維新編』(小学館)を出版したのが20年前。その時、登場人物の最期の地を歩き、いずれお墓の本をまとめようと考えた。取材を重ねるうち、北海道に関わる人物の墓にも巡り合った。『北の墓』は最初に候補を500人ほど挙げ、絞り込んでいく方法を取った。
  • その人物の墓前に立つたびに、時代を生き抜いた人物の面影が甦(よみがえ)ってくる。
  • 函館市立待岬の墓地にある石川啄木の墓は「死んだら函館に眠りたい」との啄木の言葉に従い、妻が葬ったもので、観光客が絶えない。
  • アイヌ神謡集』を編んだ知里幸恵の墓は、初め東京・雑司ケ谷霊園の金田一家の墓所にあったが、妹のミサオさんが「姉の遺骨を肉親の眠る地に戻したい」と願い、やっとかなって1975年、墓石とともに登別市の富浦墓地に改葬された。隣の十字架墓は伯母金成マツの墓である。
  • NHKの朝ドラ「マッサン」の主人公、竹鶴政孝とリタの墓は余市町の美園墓地にある。妻が亡くなった時、自分の名を並べて刻み建立したもので、亡妻への思いがのぞく。
  • 数多くの墓をお参りして、墓にはそれぞれの人物の思想と足跡が凝縮しているように思えてならない。

(2014-10-11 朝日新聞>北海道)

────────────────────────────────────

2014-10-13

[] 見よ、今日も、かの蒼空に飛行機の高く飛べるを。  啄木

f:id:takuboku_no_iki:20141013153907j:image:w640

[ハクウンボク]


《コラム》 岩手日日新聞

  • 見よ、今日も、かの蒼空に飛行機の高く飛べるを。給仕づとめの少年が…。漂泊の詩人と称された石川啄木。彼が残した「飛行機」と題した詩の冒頭部分である。その昔、国語の教科書にあった。今も晴れた日に飛行機雲を見つけると、凡夫は口ずさむ
  • この作品を啄木が書いたのは、1911年6月27日。東京にいた時だった。なにせ詩題の次に期日と「TOKYO」という文字が記してある。
  • 日本で最初に動力飛行機が飛んだのは、彼が詩を書く半年前の10年12月だ。元号表記で明治43年。まだ頻繁に機影を目にするような時代ではない。飛行機の話題を新聞で知った啄木が、この夢の乗り物をモチーフにした作品を残したともいえる
  • 日本が世界に誇る新幹線の特長は安全性と定時制、高速性だ。その超特急は来春に北陸、再来年には北海道まで延伸。「見よ、今日も、新幹線が走るを」と仰ぎ見る人は増える。

(2014-10-08 岩手日日新聞)

────────────────────────────────────

2014-10-11

[] 啄木・鴎外・漱石「BUNGO(ぶんごう)マツリ」神楽坂

f:id:takuboku_no_iki:20141011192833j:image:w640

[イチイ]


文豪愛した街の風情を体験 神楽坂や本郷

夏目漱石森鴎外といった文豪が愛した街、神楽坂や本郷などの風情を体験するイベント「神楽坂・文京BUNGO(ぶんごう)マツリ」が12日から始まる。

新宿区の神楽坂や、文京区の根津、本郷などは、鴎外や漱石が住み、泉鏡花石川啄木などが作品を生みだした街だ。文具店「相馬屋」は、尾崎紅葉の助言で原稿用紙を作り、北原白秋石川啄木などが愛用した。

仮装パレードは12日、赤城神社(同赤城元町)を出発。森鴎外与謝野晶子、「坊っちゃん」「マドンナ」など、約40人が練り歩く。

(2014-10-10 朝日新聞)

────────

「〜文豪達が愛した街。神楽坂×文京〜 BUNGOマツリ」

  • 2014年10月12日〜19日
    • 「灯ろうイルミネーション」(12日〜19日、18時〜22時)
    • 「文豪仮装パレード」(12日、14時30分〜16時)
    • 「和スイーツ大試食会〜神楽坂・文京 茶会〜」(同、14時30分〜17時30分
    • 「文京神楽財宝伝〜文豪郷に隠された謎〜」(1日〜19日、10時〜18時)
    • ほか

────────────────────────────────────

2014-10-09

[] 三年ぶりの皆既月食


f:id:takuboku_no_iki:20141009155804j:image:w700


2014-10-08 18:34

欠け初めて20分くらいたった頃。







f:id:takuboku_no_iki:20141018060226j:image:w700


2014-10-08 19:41

皆既食に入って17分後。

赤銅色に変わった月。







f:id:takuboku_no_iki:20141018055915j:image:w700


2014-10-08 20:15

あと、9分で皆既食が終わる。

左上から少しずつ明るくなってきている。


国内で次の皆既月食が観測できるのは、2015年4月4日とのこと。

────────────────────────────────────

2014-10-07

[][] 国際啄木学会2014 南臺国際会議

f:id:takuboku_no_iki:20141007151338j:image:w640

[フヨウ]


国際啄木学会2014南臺国際会議

◎10月23日(木)

台日文学交流会 19:00〜21:00 「洪建全教育文化基金會」(台北市羅斯福路2段9号12F)

  • 開会挨拶 彭鏡禧(中華民國筆會理事長)

      簡靖慧(洪建全文教基金會)

      望月善次(國際啄木學會理事長)

  • 詩歌朗読會

  台湾側:陳義芝、 向陽、 陳育虹、 白靈、 焦桐

  日本側:結城文、平出洸、望月善次、高淑玲


◎10月25日(土)

南臺科技大学応用日語系創立20周年記念

国際啄木学会2014南臺国際会議

  主催:南臺科技大学応用日語系 共催:国際啄木学会 協力:台湾啄木学会

テ−マ:台日相互理解としての〈石川啄木

9:00〜 開会あいさつ 盧燈茂博士(南臺科技大學副校長) 望月善次国際啄木学会會長

    寄贈図書の贈呈 記念写真の撮影


第l部 記念講演会 9:30〜

講演1 太田 登(天理大学名誉教授)

    「啄木短歌の評釈への試み ―『一握の砂』の〈放たれし女〉をめぐって―」

    主持人 幼欣(南臺科技大學 應用日語系副教授)

講演2 梁 東国(韓国啄木学会会長、祥明大学校教授)

    「日本の国民国家形成の中における石川啄木

    主持人 望月 善次(国際啄木学会会長、岩手大学名誉教授)

10:30〜10:50 休憩

講演3 望月 善次(国際啄木学会会長、岩手大学名誉教授)

    「啄木「三行書き短歌」再考〜何故「三行書き」が過大評価されたのか〜」

    主持人 榊祐一(南臺科技大學 應用日語系助理教授)

講演4 池田 功(国際啄木学会副会長、明治大学教授)

    「石川啄木詩歌におけるオノマトペの考察」

    主持人 佐藤勝(湘南啄木文庫主宰)

11:50〜13:10  昼  食

第ll部 研究発表会

研究発表1 高 淑玲(景文科技大学副教授)

     「啄木短歌における音楽性についての一試論

       −主に『一握の砂』をめぐって−」

     主持人 森 義真(石川啄木記念館館長)

研究発表2 山田 武秋(桜出版編集主幹)

     「歌語からみた啄木短歌の傾向―『一握の砂』を中心に―」

     主持人 伊藤和則(国際啄木学会理事)

研究発表3   劉怡臻(台湾大學碩士)

     「王白淵における啄木文学の受容についての一考察

      ―『棘の道』の詩歌を中心に―」

      主持人 太田 登(天理大学名誉教授)

14:50〜15:00  休憩


第lll部 記念座談会

座談会「台日相互理解と文化交流をめぐって」

      梁 東国(祥明大学校教授)

      徐 興慶(台湾大學教授)

      楊 錦昌(輔仁大学副教授)

      平出 洸(平出修研究会主宰)

      櫻井健治(函館山ロープウェイ株式会社 代表取締役専務)

      主持人 若林敦(長岡技術科学大学准教授)

16:20〜16:40 閉会あいさつ 美華(南臺科技大學 應用日語系副教授兼系主任)


────────────────────────────────────

2014-10-04

[][] 「啄木と鴎外、そして平出修」石川啄木記念館 移動展示 10/11~11/5

f:id:takuboku_no_iki:20141004165827j:image:w640

[ダリア]


石川啄木記念館

 移動展示「石川啄木森鴎外、そして平出修」

石川啄木記念館では、平成26年11月22日に盛岡劇場で公演予定の二兎社「鴎外の怪談」とそのプレ・イベントである二兎社主宰の永井愛氏と当館館長森義真のトーク・イベントに向けて移動展示を行います。

石川啄木森鴎外、平出修のかかわりについて展示パネルで解説します。どうぞご覧ください。

  • 平成26年10月11日(土)〜11月5日(水)
  • 入館料・料金 無料
  • 場所 盛岡劇場 ロビー(盛岡市松尾町3-1)

────────────────────────────────────

[][] 〜お芝居を100倍楽しく観る方法〜 10/31

感激!観劇の極意〜お芝居を100倍楽しく観る方法〜《第2回》

「鴎外の怪談」に関連して、森鴎外を軸とした明治〜大正期の文学史・政治史についてお話いただきます。


  • 講師 永井愛
  • 聞き手 森義真(石川啄木記念館 館長)
    • 日時 2014年10月31日(金)
    • 会場 盛岡劇場・河南公民館 ミニホール
    • 入場無料(要整理券)※整理券の配布は終了しました。

────────────────────────────────────

[] 二兎社「鴎外の怪談」11/22

◎永井愛の書き下ろし意欲作 

二兎社「鴎外の怪談」

  • 開催日 2014年11月22日(土)
  • 時間 14:00開演(13:30開場)
  • 場所 メインホール

明治の文豪・森鴎外は文学者でありながら、軍医として最高ポストに上り詰めた政府高官でもありました。この二つの立場を生きる困難が極まったのは、1910年の「大逆事件」をはさむ時期だったのでは―。

大逆事件の被告人弁護を引き受けた文学者・平出修(ひらいでしゅう)は鴎外からレクチャーを受けるため、鴎外の住居「観喋楼」に通いました。その時期の鴎外と周囲の人々を描いて、鴎外の人間像の秘密に迫る、永井愛の書き下ろし意欲作です。

────────────────────────────────────

2014-10-02

[][] 啄木より姉崎正治へ 筆先にこめた想い 天理図書館 10/19〜11/9

f:id:takuboku_no_iki:20141002172329j:image:w640

[マルバフジバカマ]


天理図書館 開館84周年記念展

 手紙 ー筆先にこめた想いー

  • 開館八十四周年を記念して「手紙−筆先にこめた想い−」展を開催致します。 今回の展覧会は、数多ある所蔵品の中から内容の楽しめるもの、皆様のご関心に応えられるもの二十九点を精選し展示に供します。
  • 執筆年代の範囲は、鎌倉期から昭和期まで大きくひろげ、差出人も天皇、貴族、武家あるいは学者文人、作家ら、多彩な顔ぶれを心がけました。
  • 手紙には、送り手の相手への想いがこめられています。想いとは、相手を思いやる心と書きます。それぞれの手紙にはどのような想いがこめられ、綴られたのでしょう。

天理図書館 開館84周年記念展 手紙 ー筆先にこめた想いー

  • 会期 2014年10月19日(日)〜11月9日(日)
  • 時間 9:00〜15:30
  • 会場 天理図書館 展示室(奈良県天理市杣之内町1050)
  • 会期中無休・入場無料

 (・石川啄木 姉崎正治宛 〔明治37(1904)年〕1月13日

   藤原定家 松尾芭蕉 良寛 夏目漱石 他)

────────────────────────────────────

 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1275719