啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 | 

2015-02-26

[] 石川啄木の縁で出版『明月(クリスタルムーン)』台湾のベストセラー

f:id:takuboku_no_iki:20150226155236j:image:w640

[『明月』]


台湾文化 知る小説 紫波町の桜出版

 ベストセラーを翻訳

  • 台湾のベストセラー小説を日本語に翻訳した『明月(クリスタルムーン)』は、このほど出版された。出版した桜出版(岩手県紫波郡紫波町)によると、台湾の現代小説を翻訳、出版するのは日本で初めて。
  • 『明月』は台湾で1994年に『塩田児女』の題名で単行本化され、10万部のベストセラーとなった。
  • 桜出版編集部主幹で国際啄木学会評議員の山田武秋さんは2011年に盛岡で開かれた同学会大会で、台湾啄木学会支部長の林さんに出会った。啄木の「一握の砂」も翻訳した林さんは、台湾の文学を日本に紹介しようと、山田さんに出版を持ち掛けた。
  • 山田さんは「小説を読めば、観光ガイドブックでは得られない台湾の文化や精神が分かり、さらに親しみが湧くと思う」と一読を勧める。

(2015-02-26 岩手日報)


『明月(クリスタルムーン)』

 蔡 素芬 【著】  /  黄 愛玲 【訳】  /  林 水福 【監修】  

  桜出版 2014年12月発行 2,160円(税込)

激動の台湾の時代を背景に展開される壮大な愛憎のドラマ。台湾の発展と地方の過疎化を背景に、運命に翻弄されながらも貫いた壮絶な真の愛と家族の絆。

桜出版 電話. 019-613-2349 FAX. 019-613-2369

────────────────────────────────────

リンク元
 | 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1385528