啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 

2017-12-15

[][] 啄木コンクール 作品募集 〆切 1/31

f:id:takuboku_no_iki:20171215151909j:image:w640

[紅葉]


2018年度「啄木コンクール」作品募集! 新日本歌人協会

  時代と暮らしを見据えた

  意欲的で

  清新な短歌を募集します

◎ 応募要項

  • 作品 短歌1人1編、20首
  • テーマ 主題、内容は自由
  • 表現形式 定型、口語・自由律を問いません
  • 応募資格 どなたでも
  • 応募〆切 2018年1月31日(当日消印有効)
  • 応募先 新日本歌人協会「啄木コンクール」係 

     〒170-0005   東京都豊島区南大塚3-40-8-3F


応募詳細



2017-12-11

[][] 啄木かるた大会 2/17

f:id:takuboku_no_iki:20171211160740j:image:w540


石川啄木記念館

  啄木生誕祭 第16回啄木かるた大会

  • 開催日 平成30年2月17日(土)
  • 場所 渋民文化会館(姫神ホール)
  • 料金 無料
  • 対象 小学生以上 3人1組でお申込みください。

いよいよ、啄木の誕生日2月20日が近づいてきましたね。

今年度も石川啄木の短歌100首をかるたにした啄木かるたの大会を開催します。啄木かるた大好きという方、日頃の練習成果を発揮したいという方など、ぜひご参加ください。

(#啄木かるたって何?という方や初心者向けに、かるた講座も行っています⇒ 1/7・8 啄木かるた講座)

 

  • お申込み・受付方法 平成30年1月4日(木)〜1月20日(土)の期間中に、申込用紙に記入の上、郵送またはFaxで石川啄木記念館(〒028‐4132盛岡市渋民字渋民9 fax019‐683‐3119)へお申込みください。

記事



 

[][] 「啄木かるた」のルールなど解説 1/7〜8

啄木かるた講座

  • 開催日・期間 平成30年1月7日(日)、8日(月・祝) ※ご希望の日をお選びください。
  • 時間 10:00〜12:00
  • 場所 渋民公民館 和室(7日)、都南公民館 和室(8日)
  • 講師 当館職員
  • 料金 無料
  • 定員 各24名(先着順)
  • 対象 小学生以上(啄木かるた初心者向け)

今度のお正月は「啄木かるた」に挑戦してみませんか。

啄木の短歌をかるたにした なので、今まで体験したことない方も、家族や友だちとぜひ、一緒にやってみましょう♪               

楽しく遊べるようになってきたら、2月17日(土)に行われる「啄木かるた大会」にも参加してみませんか。


  • お申込み・受付方法 平成29年12月17日(日)10:00から石川啄木記念館で電話にて受付。

記事



2017-12-04

[][] 与謝野夫妻には弟のような啄木への思い 〜1/8

f:id:takuboku_no_iki:20171204162316j:image:w640

[ピラカンサ]


「啄木と与謝野夫妻」企画展…石川啄木記念館

 居候時代の日記展示

  • 歌人の与謝野鉄幹(寛)(1873〜1935年)、晶子(1878〜1942年)夫妻が、石川啄木(1886〜1912年)の文学に与えた影響などを紹介する企画展が、盛岡市渋民の石川啄木記念館で開催されている。1月8日まで。
  • 企画展では、啄木の短歌が掲載された「明星」や、啄木が一時居候をしていた与謝野家の様子をつづった日記などを展示している。26歳で早世した啄木を惜しむ2人の短歌などもあり、夫妻にとって、友人であり弟のような存在だった啄木への思いがうかがえる。

(2017-12-03 読売新聞)


記事



2017-12-01

[][] 「石川啄木・今つながるまなざし」講演会 12/3

f:id:takuboku_no_iki:20171201165726j:image:w640

[紅葉]


〇東京・町田革新懇

 講演会「石川啄木・今つながるまなざし」(町田市)

  • 東京・町田革新懇 講演会「石川啄木・今つながるまなざし」
  • 日時:2017年12月3日(日)講演会13:30〜15:00
  • 場所:町田市民フォーラム4F学習室
  • 講師:碓田のぼるさん(歌人・啄木研究家)
  • お問い合わせ:042-728-9134

記事



2017-11-22

[][] 石川啄木が亡くなる年の友人宛てはがきなど 盛岡てがみ館 〜2/12

f:id:takuboku_no_iki:20171122155219j:image:w640

[カキ]


文面に往時しのぶ 盛岡で年賀状の歴史展 石川啄木など

  • 「年賀状の歴史」展が盛岡市の盛岡てがみ館で開かれている。大正デモクラシーの雰囲気を伝えるカラフルな年賀状、新年のあいさつが省かれた太平洋戦争中のはがきなど165点を展示した。2018年2月12日まで。
  • 歌人石川啄木が亡くなる年にしたためた友人宛てのはがきなど岩手ゆかりの文人や芸術家の賀状も多く並べた。

  連絡先 盛岡てがみ館 019(604)3302。

(2017-11-22 河北新報)


記事



2017-11-19

[][] 石川啄木、漱石、荷風、露伴などの文学の舞台巡り 12/9

f:id:takuboku_no_iki:20171119161407j:image:w640

[石川啄木顕彰室前の歌碑]


平成29年度第5回文の京ガイドツアー「小石川文学コース」

観光ガイドとともに、小石川を舞台に活躍した石川啄木、夏目漱石、永井荷風、幸田露伴などの文人の足跡や文学の舞台を巡ってみませんか?

  • 日時 平成29年12月9日(土)午前10時〜
  • 対象 徒歩で全行程(約3km)を歩ける方
  • 定員 40人(抽選)
  • 費用 無料

  • 申込方法 往復はがきに「文の京ガイドツアー(小石川)」と記入し、参加者全員(はがき1枚で2名まで)の住所・氏名・年齢・電話番号と返信用はがきにも代表者の宛先を明記し、下記の問い合わせ先へお申込みください。
  • 申込締切 11月24日(金)必着

予定コース

(集合)東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅春日通り側改札口ー石川啄木顕彰室ー播磨坂ー金剛寺坂ー傳通院ー小石川蝸牛庵跡ー善光寺坂ー礫川公園(解散)


  • 問い合わせ先 文京区観光インフォメーション(文京区観光協会)
    • 〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
    • 電話番号:03-5803-1941(午前10時〜午後6時)
    • FAX:03-3811-3459

記事



2017-11-15

[][] 啄木劇「はかなくも また、かなしくも」啄木の精神を遺したかった人々の物語

f:id:takuboku_no_iki:20171115150826j:image:w640

f:id:takuboku_no_iki:20171115151009j:image:w640


啄木劇第三弾 完結編の上演!

 「方の会」第61回公演「はかなくも また、かなしくも」

  • 場所:築地本願寺ブディストホール(東京都中央区3‐15‐1築地本願寺第一伝道会館2F)
    • 交通アクセス:東京メトロ日比谷線「築地駅」下車1分。ほかに徒歩5分の「新富町駅」「東銀座駅」「築地市場駅」もあり。
  • 当日のみの会場の電話 03−3546−6955
  • 上演期間:2017年11月30日(木)〜12月3日(日)
    • 昼、夜2回(14時と19時)の公演ですが初日は夜のみ。最終日は13時と17時になります。
  • チケット料金:4000円(日時指定:全席自由)
  • 予約・問い合わせ
    • Eメール: honokai04@yahoo.co.jp
    • 電話:03−3922−2589(FAXも同じ:狭間)

〇 協力:国際啄木学会東京支部 ほか



[][] 啄木の顔とお餅でお正月飾りを作ろう 石川啄木記念館

石川啄木記念館ワークショップ「わたしのお正月!」

  • 開催日 平成29年12月16日(土) ,12月17日(日)
  • 時間 午前10時 から 正午 まで
  • 場所 石川啄木記念館
  • 内容 啄木のかわいい顔とお餅をモチーフに糸でつるすお正月飾りを作ります。作り方のコツを丁寧に教えます。冬休みの工作にもおススメです!
  • 申し込み 平成29年11月18日(土)10時から電話(019-683-2315)で先着順にて受付
  • 費用 300円
  • 定員 各日10人

記事



2017-11-02

[][] 与謝野夫妻が啄木を偲ぶ原稿など展示 啄木記念館 〜2018/1/8

f:id:takuboku_no_iki:20171102154916j:image:w640

[ジュウガツザクラ]


石川啄木記念館

 企画展 啄木と与謝野寛・晶子との関わり

  • 歌人・石川啄木と与謝野晶子とその夫・寛との関わりを紹介する企画展が、盛岡市石川啄木記念館で開かれている。この企画展は、石川啄木の文学の出発点として大きな影響を与えたといわれる雑誌「明星」の主幹・与謝野寛と、雑誌の代表歌人である与謝野晶子と啄木の関わりを紹介するもの。
  • 会場には、啄木が明治35年・1902年に東京で与謝野夫妻と初めて出会った時の印象を綴った日記や手紙など約80点の貴重な資料が展示されている。与謝野夫妻が啄木を偲ぶ原稿では、啄木の話は事実か空想か分からないことがあったという記述があり、学芸員は「啄木の想像力が豊かであったことを示すものだ」と話していた。
  • 企画展は、来年1月8日まで開かれている。

(2017-10-31 テレビ岩手)


記事

石川啄木記念館 企画展



2017-10-17

[] 釧路の啄木像 マントを羽織り 腕を組み 凝視

f:id:takuboku_no_iki:20171017160711j:image:w640

[トリカブト]


(各駅停話:1039)JR花咲線:20 [朝日新聞]

 「釧路 啄木、終着駅に何思う」

  • インドネシアのバリ、フィリピンのマニラと並んで北海道釧路市は「世界三大夕日のまち」だという。
  • 川沿いに歌人・石川啄木の像(制作・本郷新〈しん〉)がある。マントを羽織り、腕を組んで凝視している。釧路新聞の記者として再出発するため、1908(明治41)年1月21日夜、釧路駅に降り立ったときもこんな表情だったのだろうか。
  • 「さいはての駅に下り立ち/雪あかり/さびしき町にあゆみ入りにき」と詠んだ。当時の釧路は終着駅。その先は原野が広がり、根室への鉄路はまだ敷かれていなかった。
  • 上司への不満と、東京での創作活動の憧れから啄木は同年4月5日、酒田川丸に乗り釧路を離れる。だが実質的な編集長として縦横に紙面を作り、コラムでは政治評論にも筆を振るうなど、釧路は啄木が記者として最も奔放に活躍した場所といわれている。(編集委員・小泉信一)

(2017-10-11 朝日新聞)


記事



[][] 啄木記念館でスタンプラリー 11/3

石川啄木記念館文化の日関連イベント「啄木スタンプラリー」

  • 開催日時 平成29年11月3日(金)午前9時 から 午後4時30分 まで
  • 開催場所 石川啄木記念館
  • 内容 記念館敷地内をめぐりながら啄木にちなんだスタンプラリーを行ないます。先着30名様には啄木グッズをプレゼントします。玉山のマスコットキャラクタ―・たま姫ちゃんも来ますよ。この日は,記念館を無料開放します。
  • 申し込み 不要

詳細



2017-10-15

[][] 「鉄幹は親切なやさ男」「晶子さまは気品の高い女」啄木書簡に 〜1/8

f:id:takuboku_no_iki:20171015155608j:image:w640

[ホトトギス]


啄木と与謝野夫妻の絆、交流を紹介 盛岡・記念館で企画展 [岩手日報]

  • 石川啄木記念館(森義真館長)の企画展「啄木と与謝野寛・晶子」は、盛岡市渋民の同館で開かれている。盛岡中学時代の石川啄木(1886〜1912年)に影響を与え、上京後は物心両面から支えた文芸雑誌「明星」の主幹与謝野寛と、その代表歌人だった妻晶子の活躍や啄木との交流を紹介。夫妻自筆の短歌の掛け軸など貴重な資料約80点を展示する。来年1月8日まで。
  • 明星は1900(明治33)年創刊。啄木は刺激を受け、仲間と出した回覧雑誌には、好きな本に晶子の歌集「みだれ髪」を指す「乱髪」を挙げていた。
  • 盛岡中学を中退して上京した啄木は1902年、夫妻と初めて対面。その感動を友人への書簡で「鉄幹は親切なやさ男」「晶子さまは気品の高い女」と記している。北海道から上京した1908年には、夫妻の住まいに居候。この年に100号で終刊を迎える明星の発送作業を手伝った。

(2017-10-14 岩手日報)


記事



[][] 講演「石川啄木が語りかけるもの」in 松山 11/11〜12

「四国近県集会in松山」 新日本歌人

日時 2017年11月11日(土)12:50 〜 11月12日(日)正午

会場 えひめ共済会館 愛媛県松山市3-5-13-1

  • 記念講演-1 「いい歌をつくるために」碓田のぼる氏
  • 見学-1 子規記念博物館
  • 見学-2 松山城本丸
  • 記念講演-2 「石川啄木が語りかけるもの」碓田のぼる氏

申込等 詳細



 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1274624