啄木の息 <ブログ版>

─ いまもなお瑞々しく語りかけてくる啄木の魅力を追い その息づかいに触れてみたい ─

     「本家 啄木の息」のリンクは、このページの最下段にあります。

 

2018-08-20

[] 「この街のすべてが/灰になったこと…」高校生が啄木の故郷で詠む

f:id:takuboku_no_iki:20180820162019j:image:w640

[ブルーベリー]


下館一高、初の連覇 短歌甲子園 3人が秀作詠み快挙

  • 歌人石川啄木の故郷、岩手県盛岡市で19日、全国の高校生が短歌創作の腕前を競う「全国高校生短歌大会(短歌甲子園)」の決勝戦が行われ、団体戦で、本県の下館一高が2年連続3回目の優勝を果たした。連覇は大会初。
  • 決勝戦の題は「光」。下館一高は、敗者復活戦から勝ち上がった地元の盛岡三高を2対1で下した。
  • 同じく本県から出場した下妻一高は審査員特別賞を受賞した。決勝トーナメント進出は逃したものの、作品の出来を評価された。(大貫璃未)

(2018-08-20 茨城新聞)


記事




団体戦で盛岡三が準優勝 短歌甲子園2018 下館一(茨城)連覇

  • 第13回全国高校生短歌大会「短歌甲子園2018」は19日、盛岡市松尾町の盛岡劇場で団体戦の決勝トーナメント競技、個人戦公開決勝審査が行われた。団体戦の決勝には昨年優勝の下館一(茨城県)と敗者復活から勝ち上がった盛岡三が進出し、下館一が大会史上初の2連覇を果たした。盛岡三の鈴木陽君は、大会中最も先鋭的だった作品に贈られる個人賞・石川啄木賞を「転輪と火砲の砕く/中東の煉瓦を知らぬ/十三の我」で受賞した。
  • 決勝戦の題は「光」。先鋒、中堅の競技で互いに1ポイントずつを取り合い、勝敗の行方は大将戦に委ねられた。盛岡三の大将、西山綾乃さんは「水底に鱗(うろこ)が光る/錦鯉/私の歩幅くらい大きい」で、馴染みの場所にすむ鯉の大きさと自分の成長を重ねて表現。下館一の大将、大幡浅黄さんの作品「すれ違う肩それぞれの持っている/朝の光がまぶしくて/夏」の得票がわずかに上回り、下館一に軍配が上がった。
  • 特別審査員を12年にわたり務めている歌人・小島ゆかりさんは、今大会を総括して「作品を作り、発表するだけでもみんな少しずつ傷つく。涙ぐましく痛ましくもあるが、健気で健やかで人間的。傷つきながらも出会いがあり、その素晴らしさを毎年この大会で味わっている。感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

(2018-08-20 盛岡タイムス)


記事




下館第一が2連覇 石川啄木故郷で開催/短歌甲子園

  • 歌人石川啄木の故郷、盛岡市で19日、全国21校の高校生が短歌の腕前を競う「短歌甲子園」の決勝戦があり、団体戦で茨城県立下館第一高が2年連続優勝を果たした。団体はリーグ戦を勝ち抜いたチームがトーナメント方式で対戦した。
  • 決勝戦の題は「光」。「地下へゆくエレベーターの 電光に包まれるとき 孤独に気づく」と詠んだ下館第一高2年の林里美さんは「電気の無機質な光に当たった時に感じた孤独感を表した」とうれし涙を流した。
  • 個人戦は「この街のすべてが 灰になったこと 忘れたような朝顔の花」と詠んだ宮城県宮城第一高2年の鈴木そよかさんが最優秀作品賞に輝いた。

(2018-08-20 日刊スポーツ)


記事



2018-08-19

[] 「短歌甲子園」2日目 久慈東高校が初優勝狙う

f:id:takuboku_no_iki:20180819154535j:image:w640

[コブシ]


「短歌甲子園」団体戦始まる、久慈東高が決勝へ

  • 全国の高校生が短歌の表現を競う「短歌甲子園」が17日盛岡市で開幕し、2日目の18日は団体戦が始まった。
  • 岩手県からは、去年準優勝の久慈東高校と盛岡三高、盛岡四高の3校が試合に臨んだ。また3年前に団体優勝した盛岡四高の優勝メンバーのひとり、武田穂佳さんが、今回初めて審査員を務めている。最終日の19日は団体戦と個人戦の決勝が行われ、県勢で唯一1次リーグを全勝した久慈東高校が悲願の初優勝を狙う。

(2018-08-18 テレビ岩手)


記事



2018-08-18

[] 啄木〈ふるさとの/かの路傍のすて石よ…〉さあ、もう一踏ん張り

f:id:takuboku_no_iki:20180818155044j:image:w640

[コブシ]


「正平調」 神戸新聞

  • 石川啄木が故郷を詠んだ。〈かにかくに渋民村は恋しかり/おもひでの山/おもひでの川〉。また〈ふるさとの/かの路傍(みちばた)のすて石よ/今年も草に埋(うず)もれしらむ〉。その歌に、懐かしい風景と夏草のむんとした匂いを思い出す。
  • お盆が明けて、がらんとしていた街に働く人たちが戻ってきた。思い出の山川に遊んだのか、行楽地の混雑にもまれたのか、今も心地よいけだるさに浸っている…職場を見渡せば、そんな同輩もいるに違いない。
  • 朝晩のつかの間の涼に身を休め、さあ、もう一踏ん張りといくか。

(2018-08-18 神戸新聞)


記事


[] 啄木の生活の痕をたどり、作品のイメージを湧かせる 短歌甲子園

打ち鳴らせ、君の感性 盛岡で短歌甲子園開幕

  • 第13回全国高校生短歌大会短歌甲子園2018(実行委主催)は17日、盛岡市渋民の姫神ホールで開幕した。19日までの3日間、石川啄木の古里を舞台に感性を競う。
  • 第1日は開会式と組み合わせ抽選の後、題詠ツアーを実施。選手は旧渋民尋常小学校校舎など啄木ゆかりの地を見学しながら、作品の着想を膨らませた。
  • 盛岡三高2年の鈴木陽(よう)さんは「啄木の生活の痕跡をたどることで、作品のイメージが湧いてきた。全国からたくさんの仲間が集まっているので、大会を楽しみたい」と意欲を高めていた。

(2018-08-18 岩手日報)


記事



2018-08-17

[] 啄木らしき人 募集 

f:id:takuboku_no_iki:20180817145400j:image:w640

[ホタルブクロ]


GEKI-kisyuryuri 大村正泰演出30周年記念公演

「KENJI 春と修羅」出演者募集!


宮澤賢治彼の透明で明晰な宇宙観

たったひとりでも幸福でないのなら

ほんとうの幸いはない

   作・演出 大村正泰


募集

  看護士姿の女、TOSHI、若い男、銀河鉄道の車掌

  啄木らしき人(石川啄木 )30〜50代男性


  • 公演スケジュール 11/29(木)〜12/8(土)
  • 会場 KISYURYURI THEATER

     東京都足立区東綾瀬2-18-14 2F


応募方法等 詳細



2018-08-05

[] 甲子園入場曲は先輩・啄木の薫陶を受けた富田砕花が作詞

f:id:takuboku_no_iki:20180805154134j:image:w640

[セミ]


甲子園「行進曲」、作詞は県人 球児鼓舞、歌に願い

  • 第100回全国高校野球選手権大会は5日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。開会式の入場行進で流れる「全国中等野球大会行進曲」はファンの間でつとに名高いが、流れるのはメロディーだけのため、歌詞があることは、よく知られていない。実はこの歌詞を手掛けたのは、盛岡市出身の詩人富田砕花(さいか)=1890〜1984年=。鍛え抜いた精鋭が集うという意味の「百錬競えるこの壮美」で始まる幻の歌詞に込めた富田のエールが、時を超えてこの夏も球児たちを鼓舞する。
  • 大会開幕を告げる曲として親しまれているが、往時の新聞にも歌唱に関する記述はなく、なぜ「歌詞抜き」になったのかは不明だ。「羽搏(はばた)け 若鷹 雲裂きて」「烈烈 火燃ゆる この闘志」など球児への熱い思いとは裏腹に、いまだに多くの人は歌詞の存在を知らないまま。
  • 富田は盛岡市仁王小路の油問屋に生まれた。会計検査院に勤めながら日本大学殖民科を卒業した。文学に親しみ始めたのは10代の頃。1908(明治41)年には与謝野晶子らが主宰する新詩社へ参加し、同郷の先輩、石川啄木の薫陶を受けた。文献には病に伏し療養中の啄木を訪ねたエピソードも残る。

(2018-08-05 岩手日報)


記事



2018-08-03

[] 啄木の縁 盛岡市と東京文京区の市民交流 さんさ踊りパレード

f:id:takuboku_no_iki:20180803160650j:image:w640

[ホテイアオイ]


さんさの区民ツアーと交流 啄木縁の盛岡市と文京区

  • 石川啄木の生誕終焉の地の縁で交流をしている、東京都文京区の成澤廣修区長、名取顕一区議会議長が2日、来盛した。
  • 成澤区長は「こうして相互に交流が深まるのはありがたい。今回は区民も含めて盛岡の良さを満喫していきたい。きょうはさんさを、明日は啄木ゆかりの地を巡り、相互理解を深めるきっかけをつくっていきたい」と話した。
  • 名取議長は「きょうのさんさ踊りを非常に楽しみにしてきた。区民と一緒にお邪魔したが、区民、市民レベルでの交流が積み重なり、それがお互いの市区の交流につながっていけば。区議会としても今回の友好都市締結に向けてはしっかりと応援したい」と友好都市締結に向けた交流の広がりに期待した。
  • 盛岡さんさ踊り文京区民ツアーには、区民21人が参加。2日は盛岡さんさ踊りパレードを桟敷席で観覧する他、3日には石川啄木記念館や盛岡手づくり村の見学、わんこそば体験などを行う予定。
  • 谷藤裕明市長は「今回は区民ツアーで来盛いただき、歓迎したい。区民の皆さんには盛岡全体をご覧いただき、盛岡のまちを十分に知って、交流を深める参考にしてほしい」、天沼久純市議会議長は「議会としても歓迎する。(友好都市)締結の前にでも超党派で文京区にお伺いしたい」と歓迎した。

(2018-08-03 盛岡タイムス)


記事



2018-08-02

[] 大学入試問題に出題された石川啄木

全国大学入試問題正解 旺文社 2019

  宮崎大学


◎ 次の文章は、石川啄木『田園の思慕』の全文と歌集『一握の砂』所載の短歌である。これを読んで、問に答えよ。


  • 石川啄木『田園の思慕』全文(略)

  • 『一握の砂』所載短歌

 イ ふるさとの訛なつかし 停車場の人ごみの中に そを聴きにゆく

 ロ やまひある獣のごとき わがこころ ふるさとのこと聞けばおとなし

 ハ その昔 小学校の柾屋根に我が投げし鞠 いかにかなりけむ

 ニ それとなく 郷里のことなど語り出でて 秋の夜に焼く餅のにほひかな

 ホ あはれかの我の教へし 子等もまた やがてふるさとを棄てて出づるらむ

 ヘ ふるさとを出て来し子等の 相会ひて よろこぶにまさるかなしみはなし

 ト 馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に

 チ ふるさとの土をわが踏めば 何がなしに足軽くなり 心重れり

 リ ふるさとの停車場路の 川ばたの 胡桃の下に小石拾へり


◎ 問

/本文中(略)の傍線部を、文中の語とイとリの短歌中の語を使用して説明せよ。

/ロハニホヘの短歌をすべてふまえて、それらに表現された心情を二百字以内で説明せよ。

/トとチの短歌を比較して読み、それらに表現された「田園と都会」に対する心情について百字以内で説明せよ。

 など。



2018-08-01

[] わが庭の白き躑躅を……『一握の砂』の想像を絶する仕掛け

f:id:takuboku_no_iki:20180801152912j:image:w500

[ツツジ]


真生(SHINSEI)2018年 no.307

 「石川啄木と花」 近藤典彦

  第十一回 白い躑躅


  わが庭の白き躑躅を

  薄月の夜に

  折りゆきしことな忘れそ


作歌は1910年(明治43)10月。『一握の砂』(明治43年12月刊)所収。

さて、『一握の砂』は最初東雲堂から出版されました。この版は啄木が編集・割付をすべて自分でやりました。その際想像を絶する仕掛けを歌集全体に張りめぐらせました。最重要の仕掛けは「一ページ二首、見開き四首」という編集にありました。

掲出歌は東雲堂版『一握の砂』では126−127ページの見開きの第三首目におかれています。

その見開きの全体はつぎの四首です。

  わがために/なやめる魂をしづめよと/賛美歌うたふ人ありしかな

  あはれかの男のごときたましひよ/今は何処に/何を思ふや

  わが庭の白き躑躅を/薄月の夜に/折りゆきしことな忘れそ

  わが村に/初めてイエス・クリストの道を説きたる/若き女かな

一首目。悩める魂を穏やかにしてあげようと、わたしのために賛美歌を歌ってくれた人があった。(はじめてここを読む人には「人」が男女どちらであるか分からない。)

二首目。ああ、あの男のような魂よ、あの人は今どこに住み、何を思っているだろう。(ここではじめて「人」は女性であると分かる。しかも男優りな女性であると。)

三首目で「男のごときたましひ」の人のイメージが一変します。その人は花を愛でる女性でした。帰りがけに、あの白い躑躅を手折っていいか、持って帰って部屋に飾りたい、と。ほのかに光る月の下でのことだった。そして詩人は思う。あのときのことをあなたも忘れないでください、と。

四首目。以上三首を収束しつつ、その女性が当時の「わが村」には希有の「若き女」であったとうたいます。

見開き四首はみごとな起承転結の構成になっています。最後の歌の最後の行に「若い女かな」を持ってきた結句の妙。


「折りゆきし」人は上野(うわの)さめ子という女性です。


今回わかったことがあります。四首をつくったのは1910年(明治43)10月中旬ですが、二首目に「今は何処に/何を思ふや」とあります。上野さめ子は11月上旬に滝浦文弥というクリスチャンと結婚しました。その式場は本郷教会でした。啄木は本郷弓町二丁目に住んでいましたから、式場は目と鼻の先だったのです。お互いにこの偶然を生涯知らなかったと思われます。


<真生流機関誌「真生(SHINSEI)」2018年 no.307 季刊>(華道の流派)



2018-07-31

[] 小学生が啄木の短歌に親しむ 函館でかるた競技

函館で

f:id:takuboku_no_iki:20180731170357j:image:w640

[ギボウシ]


啄木の短歌、下の句は何かな?

  函館でかるた大会、盛岡からの参加者も

  • 漂泊の歌人・石川啄木にちなんだ「函館・盛岡啄木交流かるた大会」が、28日に函館市の函館アリーナで開かれた。盛岡市からの参加を含む小学生42人が白熱した競技を繰り広げ、啄木の短歌に親しんだ。
  • 「みぞれ降る 石狩の野の汽車に読みし……」などと上の句が読み上げられると、子どもたちは下の句を探し、素早く札を払った。
  • 優勝したのは函館市立柏野小の3・4年生でつくる「わんぱくYMT」。来年2月に啄木のふるさと・盛岡市で開催される「啄木かるた大会」へ派遣される。(阿部浩明)

(2018-07-30 朝日新聞)


記事



2018-07-30

[] 金田一や啄木など盛岡ゆかりの地から 世界へ俳句発信

f:id:takuboku_no_iki:20180730151103j:image:w640

[タケニグサ]


世界へ俳句発信 盛岡市で国際大会開催

  • 盛岡市は、海外でも人気が高まっている俳句を通して盛岡の魅力を国内外に発信するため、市制施行130年を迎える2019年秋に仮称盛岡国際俳句大会を開催する。同大会実行委員会(会長・谷藤裕明市長)の設立会議が27日、盛岡市役所で開かれ、大会の概要案などが説明された。
  • 同大会は、20年の東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムの一環と位置付け、少なくとも19年、20年の2年間の開催を見込む。
  • 大会は、1日目に石川啄木が短歌を詠んだ岩山や盛岡城跡公園など市内の観光地を巡りながら、参加者に短歌を詠んでもらうツアーを実施。2日目には、各部門の表彰、審査員による講演を予定する。
  • 設立会議で、谷藤市長は「本市は豊かな自然環境に培われた文学や舞台芸能、民俗芸能に代表される文化的土壌が脈々と市民生活の中に根付き、その歴史と風土が金田一京助や石川啄木などの文学者や新渡戸稲造など盛岡ゆかりの先人を育んだ。19年に市制施行130周年、20年に東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、盛岡の自然や風景、街並みを題材に、海外で三行詩として広く創作されている俳句を通じて、盛岡の魅力を再発見、魅力を国内外に発信し、盛岡出身の文学に造詣の深い先人を顕彰する大会にしたい」と話した。

(2018-07-27 盛岡タイムス)


記事



 
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

カテゴリー


「本家 啄木の息」は、下記のリンクでご覧になれます。

・石川啄木 年譜 ………… 26年と53日の生
・ローマ字日記………… 漢字と仮名では書けないことをローマ字で
・啄木文学散歩………… 息づかいの聞こえる ゆかりある場所を訪ねて
・啄木行事レポート …… イベントに参加しての私的レポート
・啄木の 女性たち ……… 啄木の人生を彩った「忘れな草」たち
・啄木と花 ……………… 歌に登場する花や木の資料

◉ 「本家 啄木の息」のトップページ ……………… アーカイブです。


ページビュー
1404770