Hatena::ブログ(Diary)

takuya_nishiの日記

2012-07-24

問題解決プロフェッショナル 思考と技術 - 齋藤嘉則

思考編は、既存の枠組に左右された考え方ではなく、消費者の視点から幅広い考え方で問題を解決していくという<ゼロベース思考>と、限られた時間の少ない情報からでも仮説を立てて結論を出し、そこに至るまでのポイントを「SO WHAT?(だから何なの)」と考えて、より正確な結論に向けて修正していく<仮説思考>について書かれています。

技術編では、問題の原因に対して他の選択肢がなく、その選択肢がダブっていないという概念の<MECE(ミッシー)>を元に、解決策を広く深く具体化する技術の<ロジックツリー>を使って問題を解決していく手法が述べられています。

プロセス編では<ソリューション・システム>という、これまでの思考と技術を使った問題の分析と解決策を立案する問題解決方法を、3つのプロセス「課題の設定」「解決策の仮説」「解決策の検証・評価」に分けて説明がされています。

実践編では著者が新規ビジネスの立ち上げに対面した問題を、実際に現場でどう解決していったかが書かれています。

このように問題解決に向けた考え方とその方法を、ロジカルシンキングという言葉を聞きなれない自分にもわかりやすく解説してくれています。
しかし読んですぐに頭の中で実践していくというのは難しいので、まずはロジックツリーを使い書き出していけば徐々に思考力が身についていくのではないかと思いました。
ネットで情報を集めることも大事ですが、そちらを重視してしまい、思考の幅が狭くなってしまわないように心掛けたいです。

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術