ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊25年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-10-06 わかって対応せよ

わかって対応せよ


この言葉は『後継者の鉄則』(日本経営合理化協会刊)に出てきた言葉です。

著者は後継社長の育成に取り組んで40年、ICOコンサルティング社長の井上和弘(いのうえ・かずひろ)さん。

井上さんは次のように書いています。


現在の利益を増やす方法は、次の5つしかありません。

「平均単価を上げる」

「販売数量を増やす」

「原価を下げる、または付加価値を上げて、粗利益を増やす」

「販売一般管理費を下げる」

「会社の資産を削り、金回りのスピードを上げる」


それぞれの会社をとりまく環境や商品特性によって、5つの原則の中からどれかを選んで、

重点志向で利益増を狙うことになるわけです。

たとえば下請け型や受注企業は、売値を自社で決めにくいから、コストダウン志向となります。

一方、売り手市場や買い回り品、企画重視の見込み事業では、売上拡大志向となります。


大事なことは、これから利益を伸ばしていくためには、「わかって対応せよ」ということです。

あなたの会社がどのような状況にあるのか、

それによって「増やす」を優先すべきか、逆に「減らす」を優先すべきか、

わかって対応することです。

売り上げてから経費を差し引いて、これだけ利益が出た、出なかったという

「成り行き経営」だけは断じて行ってはなりません。



あなたの会社はいかがでしょうか?

この本は月刊トークス2008年7月号でご紹介しました。

 http://www.talksnet.jp/backnumber_2008.html#200807