ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊25年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-12-15 定期購読のすすめ

定期購読のすすめ


この言葉は月刊トークス発行人の私が言った言葉ではありません。(苦笑)

デビュー作の『情報は1冊のノートにまとめなさい』は27万部のベストセラーになりました。

この本の詳細をアマゾンで見る⇒情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)


著者は業界紙記者の奥野宣之(おくの・のぶゆき)さんですが、

奥野さんの2作目『読書は1冊のノートにまとめなさい』の165ページ〜167ページに書いてあるのが、「定期購読のおすすめ」です。

この本の詳細をアマゾンで見る⇒読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング


奥野さんは次のように書いています。


定期購読をすすめるのは、特に意図せず、不意に新しい情報や知見に出合えるからです。

この「不意に」というのが大事なんですね。

読みたいものを読みたいときに読んでいると、どうしても、読書のインプットはパターン化されてきます。

疲れているときにはエッセー、頭がよく回転するときには評論、やる気を出したいときには自己啓発本、というように。

雑誌を定期購読しておくと、たまにこのような予定調和を破ってくれます。

食わず嫌いだった作家が意外と面白いことに気づかされたり、

これまで関心のなかったことに、瞬間でも目を向けさせられるのです。

定期購読は、いわば定期的に多角的な視点を呼び戻すための「仕組み」なのです。

(中略)


本や雑誌は生活に投入される思考の触媒と考えればいいのではないでしょうか。

そうなると、考えが凝り固まることを未然に防ぐための本や雑誌は、投入を自動化しておくのがいい。

歩けなくなってから、歩いてすぐの病院に行こうとしても遅いのです。



いかがですか。

月刊トークスも経営者の自伝、マネジメント、マーケティング、リーダーシップ、自己啓発・・・

いろんな分野の厳選ビジネス書を毎月4冊、それもエッセンスを1枚のCDに収録してお届けしています。

自分ひとりではなかなか選べない本も多いことと思います。

あなたにも定期購読をおすすめします。

思い立ったが吉日、トークスのサイトを見てみましょう。

 http://www.talksnet.jp/