ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊26年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-11-01 傾奇者(かぶきもの)戦略

傾奇者(かぶきもの)戦略


この言葉は『これからは歴史で稼ぎなさい!』(ビジネス社刊)に出てきた言葉です。

著者は歴史マーケッターの渡辺康一さん。

渡辺さんは次のように書いています。


私の会社の名前、一夢庵は、戦国時代に傾奇者(かぶきもの)として知られた

前田慶次を描いた小説に一夢庵風流記というのがあり、その一部から名づけました。

傾奇者とは、異風を好み、派手な身なりをし、常識を逸脱した行動に走る者のことです。

ここから、常識から離れて、全く新しい発想をして、新たな市場を作ってしまおうという戦略を

「傾奇者戦略」と呼びたいと思います。

この傾奇者戦略は、マーケティング用語では「ブルーオーシャン戦略」に非常に近いものです。


競合だらけの中で、競争しなくてもやっていく方法として、歴史ブランディングは非常に有効です。

たとえば、三河武士ブランド。

これは愛知県の三河地方にある食品卸問屋「大岡屋」が作った三河産商品のブランドです。

かりんとうやサイダー、こんにゃくなど、さまざまなものを三河武士ブランドの統一した

パッケージで揃えています。


ただのかりんとう、ただのサイダーでしかないものを三河武士というブランドにするだけで、

まず特徴ある商品として認知度が高まります。

そして、歴史好きの人たちをターゲットにしたら、彼らは他のものは選びません。

そのために価格競争にならず、利益の出る金額で売れるのです。

競合とは全く競合しないものになるのです。



「傾奇者戦略」

見習いたいものですね。

この本は月刊トークス2009年10月号でご紹介しました。

 http://www.talksnet.jp/backnumber_2009.html#200910