ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊25年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-12-02 しくみとしかけ

しくみとしかけ


この言葉は『社長!儲けたいなら、モテ経営をやりなさい!』(中経出版刊)に出てきた言葉です。

著者は18期連続増収、高級輸入中古車販売業界でナンバーワン、株式会社ロペライオ社長の早水彰さん。

早水さんは次のように書いています。


社員からもモテたい、お客様からもモテたい、と思い、

私は「社員と夢や価値観を共有する」ためのしくみやしかけ、

社員全員が必ずお客様の名前を呼ぶためのしくみやしかけをつくってきました。


社員が自分では気づかないうちにそうせざるをえなくなるものを、私はしかけと呼んでいます。

しくみをつくるだけでは人は動かないし、組織も変わりません。

そこにしかけをつくってあげると、みんなが乗ってきます。


「たまたま」能力の高い社員がいることと、

チームとして「いつも」一定以上の成果を生み出すことには、

根本的な違いが横たわっています。

個々の能力にも、偶然にも頼らず、組織として存続し続ける。

そのためのしくみとしかけがモテ経営を支えているのです。



あなたはどんなしくみやしかけを考えていますか?

この本は月刊トークス2010年11月号でご紹介しました。

 http://www.talksnet.jp/backnumber_2010.html#201011