ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊25年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-12-06 迷ったら、一歩前に出る

迷ったら、一歩前に出る


この言葉は『断らない人は、なぜか仕事がうまくいく』(徳間書店刊)に出てきた言葉です。

著者は人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーの田中和彦さん。

田中さんは次のように書いています。


「やるか、やらないか」で迷う人がいます。

「やらないで後悔するくらいなら、やって後悔したほうが、圧倒的にいい」

これは僕が大事にしている行動指針の一つです。

「手を挙げることが、世界を変えること」

「迷ったら、一歩前に出る」

という言葉も好きで、よく使いますが、全く同じことを言っています。


「そんなに簡単にできるものでしょうか?」と聞いてくる人がいますが、単純なことです。

「どうしようかな?」と思ったら、理屈抜きに、無理やりにでも行動して、

「前に出る」ことを自分自身に義務付けるのです。

「迷ったら、一歩前に出る」という言葉を呪文のように、自分に言い聞かせていたら、

本当に迷ったときに、条件反射的に体が前に出るようになります。

「断らない力」を手に入れたいのなら、この行動指針は、何としても守ってもらわなければなりません。



「迷ったら、一歩前に出る」 いい言葉ですね。

この本は月刊トークス2010年11月号でご紹介しました。

 http://www.talksnet.jp/backnumber_2010.html#201011