ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊26年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-24 『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』(井手直行著)

あの人たちにできるなら、僕にもできる

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。

著者はヤッホーブルーイング社長の井手直行さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。


大変、失礼なことを言うかもしれません。

僕は途中で気づいたのです。

星野も、三木谷さんも、神様なんかじゃない、ということに。

僕と同じように迷ったり、失敗したりして生きてきた等身大の人間でした。

結果としてはすごいことをやっているけれど、最初からすごかったわけではない。

続きを読む

ユーチューブで試聴する

2014-05-29 市場を創る逆算思考 | 木瀬照雄著

「こうありたい」という未来から逆算して、今やるべきことを考える


こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『市場を創る逆算思考』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。

著者はTOTO相談役の木瀬照雄さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。


新卒で入社してから社長、会長になるまで、私は約40年間の会社員生活を送ってきました。

その間にTOTOでは「ウォシュレット」が発売され、累計3000万台を超える主力商品に成長しました。

続きを読む


ユーチューブで試聴する


この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

2010-10-29 見たり 聞いたり 試したり

見たり 聞いたり 試したり


この言葉は『愚直に勝る天才なし!』(講談社刊)に出てきた言葉です。

著者は世界最高の技術力を誇り、取引先は超一流のハイテク企業ばかりという清田製作所社長の清田茂男さん。

清田さんは次のように書いています。


人間一人が、覚えられることには限界があります。

しかし、教わろうとすることには限界がありません。

だから私は、「見たり 聞いたり 試したり」を行動の基本としています。


私は10歳のときに「腕に技術をつけたい」と人生の目標を定め、そこから自転車工場での部品作り、

軍需工場での計器製造、ハーモニカ工場でのプレス工、独立してからはカメラの露出計の針、

ダイヤモンド・レコード針と、ものづくりを学び、やがてプローブと出会うことになります。


私の技術も知恵も知識も、すべてものづくりの現場を通して、

人に聞き、人の動きを見て、それを試すことで学んできました。

ものを作るだけでなく、人としての生き方も、故郷の祖母や、働いていた工場の人たちに教えてもらいました。

私はそれを、ただ愚直に守り、形に表してきたにすぎません。


「見たり 聞いたり 試したり」を繰り返していくと、その蓄積はすごいことになってきます。

一人では決して越えられないような山も越えることもできるようになります。

近道ではないかもしれませんが、たとえ遠回りでも、そこで感じたこと、体験したことは必ず生きてきます。


「見たり 聞いたり 試したり」あなたはいかがですか?

この本は月刊トークス2010年10月号でご紹介しました。

 http://www.talksnet.jp/backnumber_2010.html#201010