ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊26年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-12 『最高品質の会議術』(前田鎌利著)

70点の意思決定を最速で行う

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『最高品質の会議術』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180316132945j:image

著者はソフトバンク勤務時代、孫正義社長のプレゼン資料を作成、プレゼンテーションクリエイターの前田鎌利さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。



小学館発行の国語辞典『大辞泉』によると、会議とは、「関係者が集まって相談をし、物事を決定すること」。

つまり、「物事を決定すること」=「意思決定」こそが会議の本質ということです。


本来、意思決定とは、その権限を持つマネジャーがひとりで行ってもいいものです。

にもかかわらず、関係者が集まって相談をするというコストをかけるのは、関係者の衆知を集めることによってよりよい意思決定ができるからです。


では、「よい意思決定」とは何か?

それは、速く、精度の高い意思決定ですが、ビジネスにおいて100%の成功が保証された意思決定などありえません。

しかし、勝率5割で決断するのは愚かな決断。

勝率9割で決断すると手遅れになる。

だから、スピードと意思決定の精度を両立した7割の勝率で決断。

つまり、70点の意思決定を最速で行うのです。


月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「物事を決定すること」=「意思決定」こそが会議の本質

◆定例会議以外の少人数ミーティングを活性化する

◆定例会議は30分(インプット・アウトプット各15分)を基本とする

◆インプットパートは簡素化する工夫をして、短縮化する

◆アウトプットのために事前の議題申請と資料提出をメンバーに義務づける

◆定例会議において「何を決めるのか」「何が決まったのか」を明確にする

◆紙ベースよりもデジタルベースの会議のほうが、圧倒的に効率的だ

◆マネジャーは指示ではなく質問を第一にし、コミュニケーションを深める


ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/yrnMaPIfLs0

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/608511

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

2018-06-05

社員の夢と会社の夢のベクトルを合わせる

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『日本一社員が辞めない会社』(ぱる出版刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180605094931j:image

著者は介護業界で社員の定着率96%、リハプライム株式会社代表取締役の小池修さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。



最後の第4ステップ、社員の支援の中でも特に重要なのが、社員の夢と会社の夢のベクトルを合わせることだと思っています。

なぜなら、方向性が同じ場合は、社員の夢を応援することが会社の成長にもつながることになるので、応援しやすくなるからです。


そのためには社員一人ひとりの夢を把握しなければなりませんが、私は社長面談を3ヶ月に1度のペースで実施し、社員の夢の把握に努めています。

そして同時にその場で、社員の夢と会社の夢のベクトルを合わせるようにしているのです。



月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆社員が辞める本当の理由:

 (1)有給休暇が取れない

 (2)嫌いな上司がいて、認めてもらえない

 (3)自分の将来が見えない

◆休暇の問題を何とかすることが、会社にとっては先決課題

◆規模の拡大で、社員の定着率アップ+利用者さんの増加

◆社員の定着率を100%に近づけるためには、待遇以外でも改善が必要

◆4つの重要ポイント:

 会社の理念を確立する

 社長が理念を体現する

 社員の味方となり、信頼関係を構築する

 社員の支援をする

◆チャンクを上げる手法で社員の夢と会社の夢のベクトルを合わせる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/hz63CvJB-4Q

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/608511

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

2018-05-29 『モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方』(佐藤勝人著)

店には「大義」が必要

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180223111344j:image

著者は栃木県内カメラ販売シェアナンバーワン、サトーカメラ代表取締役専務の佐藤勝人さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。



店には「大義」が必要です。

私はそう考えて、自社の写真・カメラ販売店という商売を通し、「地域の人たちの想い出をキレイに一生残そう。その力になろう」という大義を持つに至りました。


写真を撮る楽しみや喜び、写真を飾ったり、ギフトとして贈ったり、想い出を残す感動など、地域の圧倒的多数の人は、まだその素晴らしさを知りません。

マーケットはまだまだあるということです。


そこで決してお客様を絞ったり、区分けしたり、排除したりしてはいけません。

まずは、すべてのお客様を受け入れること。

そこに中小店舗型ビジネスにとっての「大義」があります。



月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆商売繁盛の基本は、商品を通して「文化」を地域に創造すること

◆文化は消費量。消費されたということは、それだけ支持されたということ

◆メインターゲット外の客層に広げる

◆店には「大義」が必要

◆中小店舗型ビジネスはすべてのお客様を受け入れること

◆自分で勝手に領域や限界を作ってはいけない

◆お客様に教え、お客様から教わることで繁盛を生み出す関係性づくり

◆お客様に、「そうだ!○○だ」と思い出してもらえる店に繁盛は生まれる


ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/pR9F_PeEP1E

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/608511

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201806_1.html


この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。