ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

創刊27年目!ビジネス書の要約CD月刊トークス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-10-16

突発的なトラブルに左右されにくい体制を整え、計画倒れを防ぐ

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『計画力の鍛え方』(すばる舎リンケージ刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180704143855j:image

著者は人材育成研究所代表の中尾ゆうすけさん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。


スケジューリングまでできていれば、あとはこれに沿って進めていくだけです。

しかし、途中でさまざまなトラブルが起こることも想定されます。

たとえば、次のようなことはどんな仕事でも起こりうることです。


「急なクレーム対応でAの作業が予定通り進まなかった」

「Bに品質不良が出てやり直しを余儀なくされた」

「Cの作業をやるはずだった人が入院することになった」


ほかにもその仕事固有のトラブル、過去の経験上不安なこともリストアップします。

リスクの想定ができたら、あらかじめ回避方法も用意しておくと安心です。

たとえば、Bに品質不良が起きないように、「チェックする」という作業を追加しておくなど、あらかじめリスクをつぶしておくのです。

また、ふだんから、クレームが来た時の対応を決めておいたり、突然の入院などでも仕事が滞らないようにマニュアル化や情報の共有をしておいたりすれば、いざというときに代打を頼めます。

このようにして、突発的なトラブルに左右されにくい体制を整えておくことが、計画倒れを防ぐことにつながるのです。


月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆プロジェクトがうまくいくかどうかは、計画段階でほぼ見通しがつく

◆「面の計画」、「縦の計画」、「横の計画」

◆「面の計画」とは細分化されたさまざまな計画を包括した全体の計画

◆「面の計画」は上位の役職者が立てる

◆「縦の計画」は特定の目標を達成するための専用の計画

◆「横の計画」はすべての人が意識するべき時間管理

◆毎日、納期までの見通しを立て直し、必要な手を打っていくのが進捗管理

◆状況が変われば計画も変える

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/2FLlCT_-kuo

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201810issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/617417

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201810_4.html


この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

2018-09-10 『「3か月」の使い方で人生は変わる』(佐々木大輔著)

「やるべきこと」よりも、まず「やらないこと」を決める

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『「3か月」の使い方で人生は変わる』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180612142345j:image

著者はシェアNo.1クラウド会計ソフト「freee」を生み出したfreee株式会社創業者・代表取締役CEOの佐々木大輔さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。


「やるべきこと」よりも、まず「やらないこと」を決める。

向こう3か月の行動に優先順位をつけるとき、僕はこのことを大事にしています。


「やらないこと」を基準にフィルタリングしていくと、かなりの量の「今はやらなくてもいいこと」がそぎ落とされます。

すると、「すぐできること、かつ絶対にやらなきゃいけないこと」がおのずとあぶり出されます。

そういう優先度の高いものをスケジュールに組み込んでいくのです。


月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「3か月」で何かをつかめる、何かが変わる

◆「クラウド会計ソフト freee」の開発も3か月がポイント

◆1つのテーマに取り組んでいると、課題はだいたい3か月ごとに変わる

◆同時並行はせず、1つのテーマに集中して時間を使う

◆いったん決めたら、その計画には遅れない

◆「やるべきこと」よりも、まず「やらないこと」を決める

◆探究心は大切だけれど、細部に入り込み過ぎない

◆取り組んでいることに対して、なるべく早い段階で「ごほうび」を与える


ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/muNhSq2rP5U

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201809issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/615161

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201809_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

2018-07-17 『新装版 10人の法則』(西田文郎著)

別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおう

こんにちは。トークスの岡田です。

この言葉は『新装版 10人の法則』(現代書林刊)に出てきた言葉です。

f:id:talksnet:20180405140201j:image

著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。

月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。


「ありがとう」にもいろいろな「ありがとう」がありますが、

別れの「ありがとう」ほど人を喜ばせるものはありません。私も仕事などで人と会ったときは、別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおうと心がけています。


すると面白いことが起こるのです。

2人の意見が衝突し、感情的なしこりが残りそうなときも、最後に「ありがとう」を口にすると、とたんにイヤな気分がスーッと消えて、いい気持ちになれるのです。

気持ちがいいというのは、扁桃核の判断が肯定的に変わった証拠です。


しかし口先だけの「ありがとう」では、何も変わりません。

コンビニやファーストフード店でよく見かける、やる気のないアルバイト店員のそれのように、口先だけの感謝に扁桃核を変える力はありません。

ウソでもいいから、本気でいう必要があるのです。


月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。

CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆成功するためにいちばん必要なものは「感謝力」

◆扁桃核が「快・不快」を判断している

◆自分より他人を喜ばせようと努力するときのほうが喜びは大きくなる

◆別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおう

◆口先だけの感謝に扁桃核を変える力はなく、本気の言葉に感情脳が反応する

◆「ありがとう」は人を素直にする言葉

◆感謝すべき人、10人の名前をあげ、1年以内に全員に感謝を伝えなさい

◆理屈脳の感謝を感情脳に落とし込むのが「10人の法則」


ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック

 → https://youtu.be/CWSIq6hnUEc

月刊トークスCD版はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201807issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです

 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/610977

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック

 → https://www.talksnet.jp/201807_4.html


この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。

メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。

下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。

メール案内ご登録画面

いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。