Hatena::ブログ(Diary)

My Emaps

2011-03-01

ddskk 14.2 のインストール

概要

ddskk 14.2 をインストールしたのでメモ. 設定方法は割愛.

参考サイト

ddskk 14.2 での変更点

ddskk は 14.1 で apel に依存していたが, 14.2 から emacs 22 以降を用いる限りは apel をインストールする必要がなくなった.

(apel は emacs のバージョン間の移植性を高めるためのライブラリ)

ダウンロード

以下のコマンドを実行

  $ wget http://openlab.ring.gr.jp/skk/maintrunk/ddskk-14.2.tar.gz 
  $ tar xzvf ddskk-14.2.tar.gz

ddskk-14.2 というフォルダが生成される.

インストール

どこに何がインストールされるかを確認するには, make の what-where ルールを実行すればよい.

  $ make what-where

標準では以下のような場所にインストールされる.

  SKK modules:
    skk-viper, skk-jisx0213, skk-emacs, ccc, cdb, context-skk, queue-m, skk-abbrev, skk-act, skk-annotation, skk-auto, skk-autoloads, skk-azik, skk-cdb, skk-comp, skk-cursor, skk-cus, skk-dcomp, skk-develop, skk-gadget, skk-hint, skk-inline, skk-isearch, skk-jisx0201, skk-jisyo-edit-mode, skk-kakasi, skk-kcode, skk-leim, skk-look, skk-macs, skk-num, skk-server-completion, skk-server, skk-sticky, skk-tankan, skk-tut, skk-vars, skk-version, skk, skk-study
    -> /usr/local/share/emacs/23.1/site-lisp/skk

  SKK infos:
    skk.info
    -> /usr/share/info

  SKK tutorials:
    SKK.tut, SKK.tut.E, NICOLA-SKK.tut, skk.xpm
    -> /usr/share/skk

SKKインストールする場所を変更する場合には, 設定を SKK-CFG ファイルに記述する.

.emacs.d 以下にインストールする場合は例えば, 以下のような設定を SKK-CFG ファイルに記入する.

  (setq SKK_DATADIR (expand-file-name "~/.emacs.d/share/skk"))
  (setq SKK_INFODIR (expand-file-name "~/.emacs.d/info"))
  (setq SKK_LISPDIR (expand-file-name "~/.emacs.d/elisp/skk"))

設定した上で, 再度

  $ make what-where

とすればインストール先が変更されていることがわかる. あとは make install するだけ

  $ make install

初期化ファイルを削除

apt 等で古いバージョンの ddskk をインストールしていると, /etc/emacs/site-start.d/ に 50ddskk.el という初期化ファイルが存在する.

これがあると, 新しいバージョンの設定と競合するようなので, 移動するなり削除するなりするとよい.

  $ cd /etc/emacs/site-start.d/
  $ mv 50ddskk.el 50ddskk.el.org

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tama_sh/20110301/1298959088