銀座のマチ弁から勝どきの宅弁へ(弁護士遠藤きみのブログ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年07月21日

[][][][]7月21日(今日の仕事) 09:57

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

今日は,終日,家の中での仕事。

 仕事の中身は,

  年金記録事件の提出予定書面の起案

  申立準備中の事件2件(遺産分割と遺留分減殺請求)の検討と各種証明書の請求準備

  明日の午前11時からの昼食会の席に持参して依頼者にお返しする予定の預かり書類の取纏め

  明日の午後4時からの依頼者との打合せの準備

 そのほか,古い雑誌や年賀状などの不用品の整理と廃棄

  

  

  

  

2017年07月20日

[][][][][]7月20日(原稿のお礼,年金事件の打合せ) 07:05

 午前5時40分起床

 朝刊を読んでから,メールの確認。

 午前1時41分の時刻表示で,脳脊髄液減少症患者・家族支援協会の会長さんからの原稿のお礼のメールが届いていた。ゲラが出来たら送ってくださるそう。

 本日の予定は,午後1時から,年金記録不訂正決定処分取消請求事件の依頼者との打合せ。

 次回口頭弁論期日は8月29日なのだが,7月31日までに原告本人尋問の申出書と一緒に提出する約束になっている陳述書の原案を持って来ていただいて,まず,その内容についての説明を伺って,実際に提出する陳述書の内容を確定させてから,帰宅後浄書していただいたものに,署名・押印して,私宛に郵送していただき,31日の提出に間に合わせるという予定での打合せ。

 今回も,暑い熊谷から,弟さんと一緒に見える予定。

 次々回は,原告本人尋問の予定だが,被告国側からの証人尋問の申出の予定はないよう。

 いよいよ大詰め,「勝鬨」の時を目指して頑張りましょう。

 

(追記)18:07

午後1時5分前に,年金事件の依頼者と弟さんが見えて,まず,中二階ラウンジで,アイスコーヒーを飲んでいただきながら,15分程,お話。

 今日は,熊谷は,うちわ祭で,とても賑やかだそう。

 その後,我が家へ。

 お土産に,有楽町で買ってこられたというショートケーキを5個持って来ていただいたので,まず,3人でイチゴのショートケーキをいただいてから,作成して来ていただいた陳述書案の検討。

誤字の訂正などもしながら,最後の頁までの検討が済んだのが,午後5時20分頃。

 補正後の陳述書に署名押印して,28日までにこちらに届くよう,送っていただくことに。

 バス停でお見送り(有楽町で夕食をとお誘いしたが,各ご自宅で奥様がご夕食の支度をして待っておられるとのことで,またの機会にということになった。)。

 自宅に戻ってから,残りの2個のケーキのうちのアップルパイを今いただいたところ。

 もう1個のモンブランも,今晩のうちにいただいてしまう予定。

 

  

 

 

 

 

2017年07月19日

[][][]7月19日(判例紹介の原稿の執筆,名刺ができた,29年度後期高齢者医療保険料額の決定通知書,オレオレ詐欺の電話) 07:46

午前6時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

(昨晩,管理組合の会議から戻った後,昼間裁判所へFAX送信した書面一式をメールに添付して送信するとともに証拠が不足しているものがあるので,その有無等についての検討をお願いした依頼者から,午後9時40分半頃,返信のメールが添付資料付きで届いていたことが分かったので,直ちに返信するとともに,追加の書証提出の準備を整えてから,提出予定の書面のPDFを添付したメールを零時近くになって依頼者宛に送信させていただいた。)。

 午前7時14分に,裁判所と相手の代理人宛に追加の書証提出関係の書面7枚をFAX送信(次回期日は,来週の火曜日)。

 同じ時刻に,依頼者から,裁判所への書類の追加提出をよろしくお願いしますというメールが届いていた。

 本日の予定は,名古屋高裁の民事第4部(藤山雅行裁判長)で本年3月1日に言い渡された判決についての判例紹介の原稿の執筆の続き(制限字数は2000字,その範囲で説明したいことを要領良く書くのは,非常に難しい)。

 

 改めて,昨晩,裁判所のホームページの最近の判決の欄に,この判決が登載されているかどうか調べてみたが,登載されておらず,判例秘書で検索してみても,該当する判決の登載はないようであった。

(脳脊髄液減少症の発症を認めた判決は,患者側の代理人が積極的に公表する努力をしない限り,損保側の代理人が公表するはずはなく,裁判所(最高裁民事局)も知らん顔をしたまま,隠されてしまうようである。)。


(追記)14:00

お昼少し前に,弁護士会館地下一階の印刷屋さんから,「名刺ができました」という電話。

先週夏期合研に行った際,200枚注文してきたもの。料金は4100円。

 これから,弁護士会館へ行って,受け取って来ることに。

 判例紹介の原稿は,400字詰め原稿用紙5枚という制限枚数のところ,7枚になってしまったので,帰宅してから,800文字分の削除をして,明日の朝,メールに添付して,協会の会長様宛に送信の予定。

(追記)

印刷屋さんで,出来上がった名刺を受け取ってから,「桂」に寄って,抹茶クリーム小豆アイス(かき氷)

(700円)をいただいた。とてもおいしかった。

帰宅したら,郵便受けに沢山の郵便。

後期高齢者医療の保険料額の決定通知書も。

29年度の保険料の額は,

 所得割額が325,274円

均等割額が 42,400円で,

 算出額   367,674円

これから月割減額30,640円を差し引いて,

 保険料の額は,337,000円というもの。

 これを,7月31日までに37,800円

 8月から来年の4月2日までの8回に分けて,各納付期限までに37,400円ずつ

 納付しなければならないとのことで,9期分の納付書が同封されていた。

 手続きすれば,口座振替にしてもらうことも可能なよう。

 今月末が納付期限の第1期分は,納付書での支払いをするほかない。

たいした所得があるわけでもないのに,弁護士国民健康保険組合の保険料よりも随分高額の保険料になってしまった。


(追記)20:51

原稿の作成がなんとか終った午後8時40分頃,電話のベル。

「遠藤です。」と出たら,

「おばさん,今晩は。誰だか分かりますか」という男性の声。

「どちら様でしょうか」

「長男の甥ですよ。わかりませんか。」

 昨年の暮に亡くなった亡夫の亡長兄の長男なのかと考え,「玲さんですか」と言ったら,「そうです」 という返事。

 「声が違うようで,わかりませんでした」と言ったら,

 「急に用事が出来て,上京したので,明日おばさんの家に行かせてもらいます」ということを言われたので,

 「明日は,午後1時から4時頃まで,熊谷から二人来て,事件の打合せをすることになっているので,午後来ていただくのは,困るのですが・・・」と言ったら,

 「事件て,何か事件が起こったのですか」との質問。

 「受任している事件の依頼者との打合せです」と説明しても,よく分からないよう。

 ここで,おかしいと気付き,

「あなたは,私の甥ではないと思うので,電話を切らせていただきます」と言って受話器を置いた。

 仙台の甥であれば,私の仕事が弁護士ということはよく分かっているので,事件の打ち合わせと言われて,びっくりするはずはなく,また,話し方や声も,全く違っていた。

 明らかにオレオレ詐欺の予備の電話のよう。 

 

(追記)1:07

判例紹介の原稿をメールに添付して,脳脊髄液減少症患者・家族支援協会の会長宛に送信した。

 

 

 

2017年07月18日

[][][][][][]7月18日(万座温泉旅行の2日間,日野原先生が105歳でご逝去,管理向上委員会(今回で委員を辞任)) 10:49

16日と17日の2日間の万座旅行は,往きと帰りのバスが高速道路での渋滞の影響を受け,それぞれ1時間半程度の延着となってしまったが,そのほかは,予定どおりの楽しい温泉での2日間を過ごすことができた。

 1日目の夕食の後のフロアショーは,この旅館の「マスター市村」さんのサックスの演奏と東京から一緒のバスで来られた(帰りのバスでもご一緒に)タヒチアンダンスのグループの皆さんのダンス。

昨晩帰宅して旅館のホームページを見たら,7月16日の部分にその写真が掲載されていて,私達4人も最前列で鑑賞している様子が写っていた。

 https://www.manza.co.jp/show/brog/

 お風呂も,食事も,お部屋(湯房6階の和洋室)もとても良く,2日目には,初めての3人の方々に源泉の様子などを見ていただくこともできて,喜んでいただけたよう。

 昨晩は,新宿で午後9時40分頃,3人の方々とお別れしてから,大江戸線とバスで10時半頃帰宅。

 3人は,新宿から上野駅のアトレ2階のお寿司屋さんまで行って,打上会をしてから,それぞれ帰宅されたそう。

 帰宅後は,起案の続き。

 途中で眠くなったので,一旦眠ってから,今朝は午前5時に起床。

 朝刊はお休み。

 メールの確認をしてから,返信のメール。

 証拠説明書の作成と書証の原本からの写しの作成

 これから主張書面の読返しと必要な補正をしてから,送付書を添付して,裁判所と相手の代理人にFAX

送信の予定。

 その後は,遅れていた判例紹介の原稿の作成(20日の朝,送信予定)。

 インターネットのニュースを見たら,聖路加国際病院の日野原先生が105歳でお亡くなりになったそう。ご冥福を心からお祈り申し上げます。


(追記)15:50

銀座では,銀行から出たら物凄い雨,雷も。

幸い,傘を持っていたので,助かった。

 すずらん通りの「ハゲ天」に入って,小台盛天ぷら定食(880円)を注文。

おいしくいただいてから,バスに乗って,3時半頃帰宅。

玄関に入った途端,奥から電話の呼出音。

急ぎ,長い廊下を駆け足で,リビングルームへ。

「お待たせしました。遠藤です」と言ったら,○○家裁の担当書記官さんから。

「FAXしていただいた書類が,乙40の24枚目までで,その後が届いていないのですか・・・」というお話。

「すみせん。調べてから,もう一度FAXさせていただきます。」と返事。

 銀座へ出掛ける直前,相手の代理人からは,受領書が届いていて,送付文書に不足がある旨の記載はなかった。

 裁判所で受信した書類が不足というご説明なので,原因は不明(FAX送信の際,複合機に記録され多枚数が52枚と表示されていたことは自分の眼で確認済み)であるが,次の乙第41号証の1枚目以下の書類27枚を改めて,裁判所の担当書記官宛にFAX送信。

(追記)21:45

午後7時半から9時過ぎまで,集会室で管理向上委員会。

今回で,委員を辞任させていただくことにした。

家に戻って,メールの確認。

これから判例紹介の原稿の執筆作業の続き。


2017年07月16日

[][][][]7月16日(万座温泉へ) 06:01

午前4時30分起床

朝刊を読んでから,メールの確認

その後,旅行に出かける準備

起案は,出来た分をひとまず印刷して,これも旅行用のバッグの中へ。

(主張書面の完成と,証拠説明書の作成,書証の提出用のコピーは,帰宅後行うことに)

本日のこれからの予定は,

 午前7時に家を出て,駅前の東武ストアで朝食と昼食用の食料の買物をした後,大江戸線に乗って,都庁前まで。

 駐車場に午前8時45分集合。ホテルのバスに乗車。

 午前9時出発

 午後2時過ぎにホテル万座温泉日進館に到着

 入浴

 夕食

 ホテルのサービスのフロアショー鑑賞(本日はタヒチアンダンスとのこと)

入浴

(宿泊)

2日目は,

 入浴

 午前6時から7時までの早朝ウォーキングに参加(ホテルの方のご案内)

朝食

 

 午前10時までにチェックアウト

 その後は,バスの到着まで,別の控室に移動

 入浴

 昼食(ホテルのレストラン)

 

 午後3時にバスに乗って,ホテル出発

 午後7時頃,新宿西口に到着

 夕食後解散(帰宅は10時頃になりそう)