銀座のマチ弁から勝どきの宅弁へ(弁護士遠藤きみのブログ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年09月25日

[][][]9月25日(報告書の作成と送信,豊海埠頭のまぐろ丼のお店に) 11:43

午前3時半頃,出来上がった「報告書」という標題にした説明書を依頼者宛に送信

4時頃就寝

6時に起床

朝刊を読んでから,メールの確認。

朝食を済ませてから,もう一度メールの確認をしたら,先に報告書を送った依頼者から,お礼のほかに,自宅では添付書類も含めての書類の印刷が困難なので,ご主人の会社で印刷することにしたが,自宅のパソコンの状態が良くなく,送信が難しくなっしまったので,申し訳ないが,各文書のファイルを直接会社のアドレス宛に送信していただけないでしょうかという内容のメールが届いていた。

 そこで,連絡してこられたご主人の会社のメールアドレスを登録してから,全文書を4つのメールに分散添付して送信。


 本日のこれからの予定は,12時頃,上記依頼者が,私が昨晩遅く送っていただいた文書の写しのほかに併合された事件の訴状などもあるのではないかと思われるので,その写しも送っていただきたいとお願いした該当文書の写しを届けてくださるとの連絡をいただいたので,ご到着を待っているところ。

 12時には,生協配達もあるので,依頼者が先に見えた場合は,生協の品物は,箱ごと玄関の前に置いて行ってもらうことになるが,生協が先になれば,中身だけ受け取って,すぐ冷蔵庫に入れることができる。

 午後は,別の事件の書面の起案など,急ぎの仕事から。


(追記)

正午に,依頼者ご夫妻が見えて,お願いしていた書面の写しを受領。

その後,「先生のご存知のお店で昼食を」と言われ,豊海水産埠頭のまぐろ丼のお店にご案内。

 日陰の椅子に腰掛けて,ご主人と私はマグロ,イクラ,ウニの三色丼,奥様は,マグロだけの丼,とそれぞれ味噌汁。

http://rocketnews24.com/2016/07/19/773755/

 高齢者3名ということで,お店の方が,席まで運んでくださった。

 ご夫妻は,勿論,初めて。「良い所を教えていただいた」と大喜び。

 今日は,お客さんが少ないこともあって,帰りは,お店のスタッフ全員から,次々,「ありがとうございました。どうぞまたお越しください。」と丁寧な挨拶をされた。

 帰りは,自宅マンションの前を通って,西隣の民営駐車場までご一緒に。

 今日は,奥様の自動車で見えたとのことで,その車の前へ。

 素敵な形の新しい金色の電気自動車。「どうぞ乗ってみてください」と言われ,マンションの前まで乗せていただいた。エンジンの音がしないので,とても静か。

 門の前で降ろしていただいて,お見送り。

 まだ残りの書面があって,そのコピーをとってから,夕方,ご主人がもう一度届けに見えるそう。

 帰宅したら,生協の配達員さんが見えて,品物の受取り。


(追記)20:17

午後6時半頃,これから向かいます。書類は,広間教えていただいた方法で郵便受けに入れさせていただきますというメール。

6時40分頃,下に降りて,門の前で車の到着を待つことに。

マンションの玄関を出たところで,シニアサロンの◎◎さんにお目にかかり,町会のバス旅行に参加してくださるそう。これで,私が纏めて申込手続きするする方は5名に。申込ご希望の方は,28日までにご連絡をとお願いしてあるので,もう3名位増えそう。管理組合理事さん達も参加してくださるはずなので,今回の5号車は,私たちのマンションの居住者だけで20名を超すのではないかと,とても楽しみ(昨年は,町会からの案内書を何の断りもなく,当時の管理組合の理事長の意向で,ゴミ置場の掲示板に貼られてしまい,シニアサロンのメンバーは,私も含めて,そんな所にハス旅行の案内書が貼られていようとは誰も考えず,気付かないまま,申込みの締切りギリギリになって,申込受付場所の文房具店に私が駆け込んで,何とか申し込めたシニアサロンの3名だけが当マンションからの参加者という寂しいことになってしまった。

 そのことについて,今年2月の総会で,私が当時の理事長に文句を言い,その後も,「町会のバス旅行の案内書は,1階の掲示版に貼って欲しい」ということを繰り返し言い続けてきた甲斐あって,今回は,町会のバス旅行の案内書は,1階の掲示板と地下1階エレベータホールの各掲示板に貼っていただくことができたので,一般の居住者の方々の参加もかなり期待できそう。

 7時近くに,依頼者の車が到着して,2つの袋に入った書類を受け取った。

 今朝こちらから4通のメールに添付して送信したファイルは,全部印刷して,訴訟代理人の先生に届けていただいたそう。

 帰宅してから,2袋の書類全部に目を通した。

  

  


 

 

 

2017年09月24日

[][][][]9月24日(通教生からの質問,管理組合理事会の傍聴,法律相談) 04:49

午前4時起床

まず,昨夕メールで送信されて来た通教生からの質問に対する助言の準備

朝刊を読んでから,メールの確認

リビングルームの片付けなど(午後の法律相談の準備)

本日のこれからの予定は,

 午前8時半から,中二階ラウンジで,中大通教在学生(当マンションにお住まいの方)の質問に対する助言

 午前9時半から2階の集会室で,管理組合の理事会の傍聴

 午後2時から,高校の後輩ご夫妻からの法律相談

その後は,書面の起案など

(追記)12:46

午前8時25分にラウンジへ。

間もなく,○○さんがお見えに。

9時20分まで,質疑応答。

持参した大審院判決全文の写しやその解説など参考資料を全部お渡しした。

ついでに,町会のバス旅行へのお誘いも。

参加してくださるそう。

9時半から零時15分まで,シニアサロンの◇◇さんと一緒に,管理組合の理事会の傍聴。

防災担当理事から,次年度の防災連絡員の編成作業中のところ,16階の輪番の方からの回 答がなく,困っているという説明があったので,私でよければと申し上げ,やらせていただくことに(但し,初会合の日は,司法研修所卒業45周年祝賀会に出席するため,名古屋に行かなければならないので,出席は不可能。

 帰宅してから,勝どきザタワーにお住まいのシニアサロンのメンバーの方に,電話で,町会の日帰りバスツアーのことをお知らせし,同マンションでの申込みの案内が掲示されていれば,その方法で申し込んでいただけば結構だが,もしまだ掲示されていないようであれば,私の方で当マンションにお住まいのシニアサロンのメンバーの方々と一緒に申し込むことは可能なので,どうぞご連絡くださいとご案内。

 (どちらで申し込んでも,乗車するバスは,勝どき五丁目の居住者として,一緒になるはず)

(追記)

午後2時に,法律相談のご夫妻。

4時半頃まで,持参された書類を見せていただきながら,これからの対処のしかたについての意見を述べさせていただいた。

 目前に迫っている期日の準備として,取りあえず,今晩私が説明書を作成して明朝ご自宅に送信させていただくので,その書面に,既にお送りしてある法令の規定の写しと2件の裁判例の写しを添付して,訴訟代理人の先生にお渡しして読んでいただくようお願いをということに。

 夕食後,約束した説明書の起案。

 途中で,訴訟事件の主要な書面の写しを送っていただくようお願い。

 12時少し前に,送れるのはこれまでと趣旨のご連絡。

 FAXしていただいた書面に一通り目を通してから,説明書の起案の続き。

  

2017年09月23日

[][][][]9月23日(お墓参り) 19:06

午前5時半起床

朝刊を読んでから,メールの確認

午前8時15分に家を出て,大江戸線で勝どきから代々木へ,JRに乗り換えて,池袋へ。

お寺の入口で義弟の到着を待っていたら,義弟は私より先に到着していて,お墓の掃除を済ませて,お花とお線香も供えてから,出てきたので,ビックリ。

 一緒にお墓に戻って,お参り。

その後,JRで池袋から鶯谷へ。

お寺の手前の八百屋さんで,お墓にお供えするお花を2対購入(700円×4=2800円)。

(お寺の花屋さんで買うと,1対2500円で,2対だと5000円)

お寺に着いたのは,10時半頃。

護法会館でお茶をいただきながら,10時50分まで過ごし,私だけ門前に出て,下の弟夫婦の到着を待った。

11時少し前に,弟夫婦が到着。

本堂の前でお参りしてから,墓地へ。

まず実家のお墓参り。

今回もお線香を持参(お寺の花屋さんの点火済みのお線香は1対500円,2対で1000円)

昨日マルエツで買って来たお線香のライターを使って,点火。

次は,我が家のお墓参り。

お墓参りを済ませてから,鶯谷まで歩き,JRで上野へ。

藍屋上野店に着いたのは,12時前。

予約は,12時半からだったが,12時の開店と同時に店内へ。

6人掛け位の個室に案内されて,まず生ビールで乾杯。

料理は,1皿に4人分ずつ盛られたものが順次運ばれ,飲み物は飲み放題。

最後に,お誕生日のプレゼントのデザートプレート。

2時頃お開きに。

(会計は,14,000円)

義妹がこれから買物があるとのことで,弟夫婦と別かれ,私と義弟は,御徒町の駅へ。

反対方向の電車に乗るので,改札口を入った所でお別れ。

皆さん,お疲れ様でした。


明日の予定は,

1 午前8時半から,ラウンジで,当マンションにお住まいの中大通教在学生の方からの民法のレポートの問題の疑問点についての質問と助言

2 午前9時半から,集会室で,管理組合の理事会の傍聴

3 午後2時から,先日弁護士会館で法律相談を受けたご夫妻からの再度の法律相談

4 その後は,書面の起案など。

 

2017年09月22日

[][][][]9月22日(本日は,いくつもの仕事,勝どき西町会のバス旅行の案内書が管理組合に届いた) 07:04

午前5時半起床

朝刊を読んでから,メールの確認

テレビ番組欄の確認をしたら,ほとんど毎朝見ていたテレビ東京の連続ドラマが新しいものに変わっていた。昨日が最後だったのだ(昨日は,その時間,忙しくて,見る時間がなかった。)。

本日は,終日,自宅で,いくつもの仕事

  1 相続関係の案件で,調査の結果判明した相続人の方々への説明と照会の書面の作成

  2 訴状の起案は済ませた申立準備中の事件の相手方の現住所確認のための住民票の写しの請求手続き及び依頼者に郵送して署名押印していただく訴訟委任状と委任契約書案の作成

  3 9月29日に依頼者との打合せ予定の訴訟事件の本人尋問の内容についての検討

  4 10月5日提出期限の主張書面の起案

  5 2とは別の申立準備事件の訴状の起案

明日は,朝からお墓参り

  1 午前8時頃家を出て,まず,東池袋のお寺で,義弟と一緒に,昨年12月に他界した義母のお墓参り。

  2 午前11時から根岸三丁目のお寺で,下の弟夫婦と義弟と一緒に,実家と我が家のお墓参り。

  3 零時半から,上野駅前の「茜屋」で,下の弟夫婦と義弟との4人で,昼食会(予約済み)


(追記)

夕方,管理組合の町会担当の理事さんから,勝どき西町会から10月29日の日帰りバス旅行の案内書が届いたので,掲示板に掲載するよう指示したということと,シニアサロンの分は,一括申し込んでもらえれば,その時点で,この理事さんが町会の方へ申込書と参加費用を届けてくださるという内容のメールをいただいた。

 お礼のメールを返信した後,シニアサロンのメンバー宛の案内書を作成して,各戸の新聞受けに投函(郵便受けへの投函だと,全く見ない方がおられるということを前回の定例会で知ったので)。

 今年の日帰りバス旅行の内容は,次のとおり。

日時 10月29日(日) 午前7時15分集合 7時30分出発

旅行先 山梨県勝沼,石和温泉方面

集合場所 勝どき三丁目の大むらそば店前

参加費用 大人3500円 小学生1500円

定員 180名(先着順,申込の最終期限は10月19日(木))

旅程

 勝どき(7:30出発)→談合坂S.A.(休憩)→勝沼「見晴らし園」(ブドウとリンゴ刈り,10:00から11:15)→石和温泉「慶山」(昼食・入浴,11;40 から14:10)→モンデワイン(ワイン工場見学・試飲,14:20から15:00)→談合坂S.A.(休憩,15:30 から15:50)→勝どき(17:50頃)  

2017年09月21日

[][][][][][]9月21日(原稿の発送完了,東京弁護士会の先進会員感謝慰労の会に出席) 14:47

午前6時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

原稿の執筆作業の残りを8時半までに終了

その作業の途中で,入浴と髪のカット。

8時50分に,封入した原稿を入れた鞄ととハンドバッグを持って家を出,バスで銀座四丁目へ。

地下鉄に乗る前に原稿の発送をと銀座四丁目の郵便局に行ったが,業務開始は午前10時とのことで,まだシャッターが開いてなかった。

日比谷線で霞ヶ関へ。

裁判所の地下の郵便局で,原稿の発送(ゆうバック)。

その後,反対側の出口から弁護士会館へ。

9時40分頃,クレオに到着。

受付で,氏名を書いてから,本日の資料を受領。

開始は10時半とのことで,ロビーのソファーに座って,資料読み。

講演会場の準備ができたとのことで,中へ。

引き続き資料読み。

東京弁護士会の来年の3月31日までに70歳以上となる会員の数は,1232名

そのうち本日の出席予定者は145名

「返信から・・・」という欄に,返信葉書に書かれた個々の会員の近況などが印刷されているが,その中に,女性の方の次のようなご意見。全く同感。

「当事者を騙したり,一方的な処置・処分を拙速に行うなど,この2,3年来の東京高等裁判所のあり方に呆れております。定着させたかの様な(通常)一回主義を含め,弁護士としては,それらに協力せず,法曹一元等を真に実現するべく,裁判所改革を直ぐにでも始めるべきだと存じます。(以下省略)」

 10時半に開会

 会長さんのご挨拶の後,東京弁護士会役員の紹介。

 講演会は,

  「将棋の世界と勝負勘」題して,日本将棋連名会長・棋士九段の佐藤康光氏

 正午から「慰労の小宴」

 講演会場から宴会場に移動する際,亡夫の同級生で,元裁判官の○○先生にお会いしたので,ご挨拶。昨年もご出席だったが,今年は,視力を完全に失われてしまったよう。白い杖をお持ちで,付添いの方がいろいろとお世話されていた。

 常議員会議長の青木先生のご発声で乾杯の後, 

  おいしいご馳走と飲物をいただきながら,お隣のご夫妻と楽しいお話。

  ご主人が18期で,奥様は付き添いで見えたよう。

  フルマラソンを大変な回数完走されたご経験がおありで,最近は10キロマラソンや奥様との外国航路の船旅を楽しんでおいでだそう。

  途中で,同期という90歳の方がお話に見えたが,とてもそんな年齢には見えない若々しいお姿の方。趣味で社交ダンスをされておいでとのこと。お話しているうちに,その奥様が私の高校の大先輩(女学校の卒業生)と判明。

 お開きの後,出口で,「塩瀬」の紅白のお饅頭が入った紙袋をいただいた。

 1時40分頃帰宅。

 紅白のお饅頭は,まず,亡夫の遺影の前にお供え。

 3時になったら,一ついただいて,残りの一つは,冷蔵庫へ。

(追記)20:38

 6時半頃,郵便受けの確認

  夕刊のほかに,管理会社からの各種ハウスクリーニングの案内書と第一生命の担当者からの「重要」と表示された封書。

  リビングルームの天井に設置されている埋込み型のエアコンの室内機のクリーニングを頼もうかと考えているが,料金は,27,500円。申込期限は,10月2日。

施行実施期間は,10月20日(金)から11月9日(木)まで。

 第一生命からの連絡は,昨日届いた生命保険契約(払込済み終身1口)の契約内容の報告書の末尾に綴じられている確認書の返送をお願いしますというもの(何も変更を要する事項がないので,返送不要かと考えていたが,変更の必要のない方も必ずお送りくださいと記載されていて,担当者の手書きのご挨拶の添書きも)。

 早速,確認書を作成して,報告書に同封されて来た封筒に(明朝投函の予定)。