銀座のマチ弁から勝どきの宅弁へ(弁護士遠藤きみのブログ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年12月11日

[][][][]12月11日(シニアサロン,依頼者からのメールにびっくり) 13:25

午前6時半起床

朝刊を読んでから,メールの確認。

昨日の民法研究会で決まった次回定例会の会場の確保をしなければならないので,中央区公共施設予約システムで空室がないかどうか調べてみたが,区民館は全部満室。

別の公共施設の会議室で空いている所はないかどうか探してみたら,女性センターに3つ空きがあるよう。

 しかし,今もって入るカードで予約できるのはは,「集会室」だけなので,改めて,女性センターの一般利用者としての登録が必要であるとともに,一般の利用者としての予約が可能になるのは,今月16日以降ということも判明。

 16日の前に空室がなくなってしまった場合は,別宅の木場ハイツに来ていただくほかないかも(リビングルームの大きなテーブルの椅子は8脚)。

 8時から本日10時からのシニアサロンで配布する当日用の資料の作成と印刷。

 9時頃,19日に和解期日が指定されている事件の依頼者から電話。

 15日の午後1時30分においでいただいて,打合せということに。

 9時20分頃,集会室へ。

 机と椅子を部屋の真ん中に並べてから,お茶用のポットに水を入れて,お茶の準備。

 10時には,出席予定の7名全員が揃って,定例会の開始。

 入会希望の☆☆さんも見えて,そのご紹介から。

 異議なく入会が認められて,お仲間に。

 10時半頃お弁当9個が届き,そのうち2個をご欠席の□□さんご夫妻のお宅に届けに行ったが,応答はなく,ご不在のよう。

 11時から12時まで,お弁当をいただきながらの楽しい昼食会。

 新入会員の◎◎さんが,とてもお話がお好きなようて,いつもより,賑やかな会になった。

 次回の定例会は,1月29日(日)の同時刻ということに。

 集会室を出てから,再び□□さんのお宅へ。

 今度は奥様が出てこられて,無事お弁当をお渡しすることができた。

(追記)

午後,クロネコ宅急便配達

 品物は2つ。

 ひとつは,昨晩帰宅したら,郵便受けに入っていた不在連絡票に記載されていた品物の再配達。

 もう一つは,初めての配達品。

 前者は,先日電話での質問に対する回答をしたことの御礼として同期の弁護士さんが送ってくださった栗のお菓子(報酬金を支払いたいというお電話をいただいたが,お断りして,お菓子にしていただいたもの)。

 後者は,義理の叔母(亡夫の亡母の妹)からのお歳暮(ドライフリーズされた最中の吸物)。

 5時過ぎに,昨日打合せに見えた依頼者からのメールを読んでびっくり。

 昨年の5月に相談を受けた事案について調査の結果,まず,甲に対する告訴から始めましょうということになったが,間もなく依頼者からの連絡で,甲が死亡してしまったということが判明して,甲に対する告訴という方法はとれなくなってしまったため,その後の手続きについては,四十九日の法要が済んだ後,後日依頼者と相談させていただいてからということになり,昨日依頼者が見えたので,告訴事件について受け取っていた着手金は全額お返しして,改めて乙を被告として提起させていただくことにした事件の着手金をいただく内容の委任契約書を作成させていただいたことについて,昨日まで甲に対する告訴をしてくれるものとばかり考えていたのに,乙に対する訴えの提起をするという方針の変更をされてしまい,非常にがっかりしたということや何故告訴をしないことにされてしまったのか理解できないということなどが記載されていた。

 告訴しようと考えていた被疑者が死亡してしまったら,その人を被疑者とする告訴はできなくなるということも説明済みと考えていたが,ご本人は,全く理解されていなかったよう。

 改めてその点について詳しく説明させていただくとともに,来週もう一度こちらに来ていただいて,新しく手続きさせていただく予定の裁判手続きについて十分理解していただいてから,次の手続きをとらせていただくことにしたいということを記載して,返信。

 ご理解不十分なままの状態で手続きを進め,後日紛議調停ということにでもなってしまったら,お互いに大変なので,気をつけなければ・・・。

 

 



 

 

2016年12月09日

[][][][][]12月9日(弁護士会照会請求の回答義務,調停期日,11日のお弁当の手配,10日の区民館の使用料の支払い) 17:33

昨晩は,午前3時半頃まで,判例秘書から,弁護士会照会請求関係の裁判例の調査と主要なもののプリントアウトなどの作業をして(20日の民事訴訟問題等特別委員会の定例会で先日言い渡された最高裁判決の判旨についての説明も含めて,30分ほど報告する予定になっているので,その準備を開始)から就寝し,午前6時に起床。

 7時50分に家を出て,京浜東北線の各駅停車(桜木町で乗換え)で,関内へ。

 9時20分頃,横浜家裁に到着。

 依頼者の○○さんは,既にお見えになっていて,ロビーにおられた。

 今日は,本館の四階と言われていたので,四階に上がって,相手方控室へ。

 10時に女性の調停委員さんが見えて,「申立人から先に伺わせていただきます」と言って,帰られたが,間もなく,「相手方から伺わせていただくことになりました。」と言って,お迎えに見えたので,ご一緒に調停室へ。

 期日前にFAX送信させていただいた書面の概要について少し説明させていただいてから,当方が検討してきた調停案(代償金の額)について説明。

 申立人側と交代。

 暫くして,女性の調停委員さんが,「裁判官からお話がありますので」と言って,お迎えに。

 入室して,裁判官に初対面のご挨拶。

 裁判官から,「調停は不成立で,審判移行とすることになりますが,こちらの計算による代償金の額は,○○○万円になるのですが,その支払い能力の証明をしていただく必要があるので,その証明資料の提出をお願いします。」と言われた。

 裁判官は,上記資力の証明資料の提出がされ次第,代償金の額を○○○万円とする審判をされるおつもりのよう。

 それでは困るので,私から「こちらは,更に調査して提出させていただく予定のものがあり,主張書面の提出もする必要があるので,期日を指定していただきたい」とお願いし,申立人代理人も入室されて,審判事件の期日が2月10日の午前10時15分に指定された。

 裁判所を出てから,○○さんといつものように打合せ。

 裁判官からお話のあったことはどういうことなのかから始まって,期日の指定をとお願いした理由,次回までにしておきたいことなど,説明にかなりの時間を要した。

 「先生にお願いしていて良かった。私1人だったら,何も言えずに,即審判とされてしまっていた。家裁の裁判官は皆ああいうやり方なのですか。」と驚かれたよう。

 関内の駅で○○さんとお別れして,東京へ。

 まず,バスで銀座四丁目まで行って,三越の地下二階の「升本」で,お弁当(「隅田川」)を9つ購入して,11日の午前11時までに,マンションの集会室に配達していただくようお願い。

 その後,バスでトリトンスクエア前まで行って,トリトンの中にある晴海区民館の受付で10日の午後の会議室の使用料2100円の支払い。

 すべての用事を済ませたところで,オフィスタワー二階の喫茶店に寄って,モンブランとコーヒー(680円)をいただいて,一休み。

 吹き飛ばされそうな強風の中,晴海通りの反対側にあるバス停まで歩いて,東京駅丸の内南口行きのバスに乗って,勝どき橋南詰まで。 

 そして,今日もまた地下鉄駅の工事の関係で,停留所の位置が変わっていた勝どき駅前のバス停からバスに乗って,3時過ぎに帰宅。

(追記)

明日の予定は,

 午前10時から,新件の依頼者との打合せ。

 この依頼者とのお付合いは,弁護士登録後間もない時期から。

 (最初の事件は,和解の無効を理由とする期日指定の申立事件。)

 その後,午後2時から5時まで,晴海区民館で,民法研究会(いつも駿河台の中央大学記念館で開催しているのだが,明日は,記念館の会議室の使用ができないということで,中央区の公共施設予約システムを利用して予約した晴海区民館で行うことにしたもの。

 研究会の後は,銀座二丁目の「鮨勘」(銀座中央通りの松屋デパートの少し先)で,研究会出席者全員での忘年会。

「鮨勘」は,東日本大震災の晩,自宅マンションは,エレベータが停止しているはずなので,帰宅するのはやめにして,亡夫,事務員と私の3人で,事務所に泊まることにし,「夕食はどうしよう」という話になり,「もしかしたら,「鮨勘」が営業しているかも」と考えて,7時半頃,3人で行ってみたら,営業中だったので,畳の席に座らせていただいて,一人前3000円ちょっとの鮨定食を注文し,ビールなどもいただいて,お腹一杯になってから,9時過ぎに,事務所に戻ったという忘れることができない思い出のあるお寿司屋さん(本店は石巻)。

 私は,その前に,「裁判員制度はいらない!大運動」の定例会が弁護士会館の10階の会議室で午後6時から開催されることになっていたので,地震の後,銀座二丁目の事務所から歩いて弁護士会館へ行き,階段も歩いて10階まで昇って,会議室に入り,6時から10分程他のメンバーの方々が見えるのを待っていたが,どなたも見えなかったので,また階段を歩いて降り,大勢の人で混雑していた日比谷公園を抜けて,ビックカメラの店の前に積まれていた,懐中電灯の代わりになるというカメラの照明器具を3千円ちょっとで買った後,事務所まで歩いて戻ってから,上記夕食の話になった次第。

 その話をする度,よくあんな日に銀座の真ん中で,そんなご馳走が食べられたものと皆さんに驚かれる。

 

  

 

 

 

2016年12月08日

[][][][][]12月8日(亡夫の命日,新件の打合せ,おさかなミュージアム,和解期日) 06:21

午前5時半起床。

今日は,亡夫の命日。

朝刊を読んでから,メールの確認。

本日の予定は,

 午前11時から新件の打合せ(ご依頼者は,山一勤務当時,別の部署におられた方。)

午後は,4時から,東京地裁で,和解期日。

(追記)

午前11時に,○○さんからインターフォン

ラウンジで,コーヒーをいただきながら,10分程お話。

前に銀座の事務所に見えたことがあったが,こちらは初めて。

屋上からの景色を見ていただいてから,我が家へ。

1時間余り打合せした後,おさかなミュージアムの前のレストランで昼食を召し上がっていただいてから,お魚ミュージアムで海老とイワシのビデオをご覧いただいた。

 2時20分頃,豊海水産埠頭のバス停から一緒にバスに乗って,私は次の停留所で下車してお別れ。

 急ぎ自宅に戻って,出かける支度。

 郵便受けに弁護士会からの書留郵便の不在連絡票が入っていたので,大急ぎで再配達依頼の電話。

 2時半に家を出て,裁判所に3時10分に到着。

 依頼者の◇◇さんは,既に到着しておられ,1階のロビーの椅子に腰掛けておられた。

 

 期日が済んだら,横浜の中華街まで行かなければならないとのこと。

 

 4時から和解期日。

 裁判所から和解案の提示。

 ◇◇さんは,新橋から電車とのことなので,一階のロビーでお別れ。

 和解案についての検討は,後日ということに。

 5時15分頃,帰宅。

 7時半頃,生協の配達。

 9時5分頃,書留郵便の再配達。

 5日に成立した紛議調停の調停書と調停終了通知(紛議調停委員会会規第20条第1号)

明日の予定は,

  午前10時から横浜家庭裁判所で遺産分割事件の調停期日。

  東京に戻ってから,銀座三越の地下二階のお弁当屋さんで,11日のシニアサロンの昼食会の お弁当の配達を頼んだ後,晴海まで行って,晴海区民会館の受付で,10日の午後の会議室の使用料の支払いをして(支払期限が当日の午後1時までなので,午前10時からの打合せのお客様とお別れしてから区民館に駆けつけたのでは,使用料の支払期限に間に合わなくなって,キャンセルの扱いにされてしまう恐れがある。民法研究会は午後2時から5時まで)から,帰宅の予定。

  

2016年12月07日

[][][][]12月7日(主張書面,書証などの提出準備,常議員会,忘年会の会場探し) 08:53

午前2時起床(床に入ったのは11時半)

明日出かける前に起案と考えていた書面を,早目に作成してしまおうと考え,起案開始。

送付書も含めて,出来上がったのは,午前7時過ぎ。合計29枚。

急ぎPDFにして,依頼者の携帯電話と奥様のパソコンに送信(添付書面を開けるのは,奥様のパソコンだけのようなので。)。

 間もなく,依頼者から,今日中に検討してその結果を連絡する旨のメール。

 (追記)

午前10時頃,クロネコ宅急便

仙台の亡義兄の長男から,義兄の遺影が納められた小型の写真立て。

早速,仏壇の脇の亡夫の遺影の前に飾った。

玲さん,ありがとうございました。

(追記)

午前10時40分頃,家を出て,弁護士会館へ。

時間がかなりあったので,まず昼食をと考えて,大平食堂の前へ。

お店の中からお嬢様が出てこられて,「どうぞ」。

まだ先客は,1人だけ。

鰻丼(1100円)を注文。

12時半頃,クレオAへ。

速記の男性が1人だけ。

本日配布の資料を読み終わったところで,12時50分からの臨時の入退会審査調査会。

1時10分から常議員会。

4時頃終了。

銀座で地下鉄を降りてから,10日(土)の民法研究会の後の忘年会の会場探し。

皆さんいろいろな行事が続いて,出費が嵩んでいるので,なるべく廉いお店でと考え,まず,銀座一丁目の「がんこ」へ。

残念ながら,10日の晩は,満席とのこと。

次に二丁目の「鮨勘」へ。

「7,8名になると思うのですが,10日の土曜日の午後5時半から伺わせていただきたのですが」と言ったら,「大丈夫です」という嬉しいお返事。人数が確定次第,電話で連絡することに。

お料理は,お店に着いてから,注文させていただくことに。







 

2016年12月06日

[][][][]12月6日(年金記録不訂正決定取消請求事件第二回口頭弁論期日,協和のアガリクス) 08:54

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認。

昨晩シニアサロンのメンバーの○○さんから紹介していただいた◇◇さん宛のご案内書を作成して,◇◇さんのお宅の郵便受けへ。

今年は,2名亡くなられ,2名が転居で,メンバーが減ってしまったので,入会希望者大歓迎。

「ご都合がよろしければ,11日の午前10時に集会室においでください」と記載。

本日の予定は,午前10時40分から,東京地裁803号法廷で,年金記録不訂正決定取消請求事件の第二回口頭弁論期日。

9時半に家を出る予定(期日終了後,依頼者との打合せがあるので,帰宅は,午後2時過ぎになる見込み)

(追記)

午前9時半に,家を出て,バス停へ。

シニアサロンの☆☆さんとご一緒に。

これからお仕事(社協関係)だそう。

 私が新しいタワーマンションの中に介護付き有料シニア住宅ができるようという話をしたら,既にご承知で,入居の申込みもされたそう。

 有楽町でバスを降りて,日比谷公園の中を通って,裁判所へ。

 8階でエレベータを降りたら,廊下で依頼者と弟さんが待っていてくださった。

 10時半に法廷の中へ。

 原告は本人だけ,被告は特別区の事件の審理が始まり,裁判長が当事者双方にいろいろと質問。

 穏やかで,とても丁寧なお話のしかた。

 原告本人は,若い方だったが,一生懸命答えていた。

 その後,私たちの事件。

 被告側が準備書面の陳述と書証(すべて写し)の提出。

 次回までに,当方が準備書面と書証の提出準備(提出期限は,1月23日)。

 次回期日は,1月31日午前11時

 期日終了後,弁護士会館4階の面談室で12時半頃まで打合わせ。

 その後,日比谷グリーンサロンで一緒に昼食。

 コーヒーをいただきながら,2時ころまで,いろいろな話。

 次回の打合せは,12月23日(天皇誕生日)午後1時半から,私の自宅兼事務所でということに。

 黄色い銀杏の葉が舞い落ちる日比谷公園を抜けて,有楽町駅前でお別れ。

 私は,ビックカメラの前からバスに乗って3時15分頃帰宅。

 

 ご兄弟ともお元気そうで何より。

 私が熊谷に勤務していた当時,弟さんが職場の健康診断で胃がんと診断されて入院し,長いことはなさそうと奥様と悲しみに暮れておいでの時,アガリクスが癌に効くようだということを知って,協和の乾燥アガリクスを購入して,病室に持参し,奥様にこれをを煎じてご主人に毎日飲んでいただくようにしてくださいとお願いして,それを実行していただいたのが良かったようで,その後快方に向かわれ,退院後,職場に復帰されて,お元気で定年まで勤務され,その後も,再雇用の職員として,お元気でお仕事に励んでおられるそう。