銀座のマチ弁から勝どきの宅弁へ(弁護士遠藤きみのブログ) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017年02月26日

[][][]2月26日(信窓会東京支部の総会,講演会,懇親会) 10:33

午前5時半起床

朝刊を読んでから,メールの確認。

残っていた本日の総会の準備。

議長になっていただく予定の○○さん宛に,議案関係の資料をメールで送信

本日出席者に着けていただく名札の印刷をしてくださることになっていた□□さんとのメールの連絡がつかない(返信が全くない)ので,電話(自宅と携帯)してみたが,応答なし。

 取りあえず,名札の印刷は私がしておくことにして,タックシールと普通紙の両方に印刷。

 8時半頃,幹事長から,式次第の案の送信が遅れて申しないというメールと式次第の案のファイル。

 必要な修正事項を記載して,返信。

 その後,コンビニへ行って,郵便貯金口座から5万円払戻し(本日の諸支出の準備)。

 郵便受けに7通の郵便が届いていた(昨晩遅く配達されたよう)

  右團次さんの事務所から歌舞伎座四月公演のご案内(昼の部の醍醐の花見に石田光成役でご出演。

  法曹会から年会費7200円の請求書と払込み用紙

  信窓会本部から5月の総会の後の講演会の講師に中央大学法学部長の中島康予先生という連絡の葉書

  昔親しくさせていただいていた信窓会の方から,転居のお知らせと,事情があって会費の支払いや行事への参加は無理だが,会報を送って欲しいという葉書

  あとは,不動産会社からの自宅マンションを売って欲しいという手紙など

 帰宅して朝食をとっていたら,◎◎さんから,電話。

 「行かれなくなった」という連絡。講演会のみの申込みの方。


本日の予定は,

 午後零時半に東京支部の幹事長が来宅

 一緒に,荷物を持って,豊海区民館へ。

 午後1時から,会議室での準備開始。

 1時半から受付開始

 2時から総会

 3時から私の講演

 4時58分のバスとタクシーに分乗して,日本橋二丁目のアリスアクアガーデン日本橋へ

 5時半から7時半まで懇親会

 二次会の予約はしていないが,賑やかな場所なので,どこかの店に入って二次会という話になってしまうでしょう。

 帰宅してから,明日の依頼者との打合せの準備(質問事項書の作成と送信)と別件の準備書面案の作成作業の続き

(追記)11:32

 メールの確認をしたら,□□さんからのメール。

 名札の印刷は完了しており,12時40分頃区民館に到着予定とのこと。お礼の返信。

2017年02月25日

[][][][][]2月25日(はてなの有料プラン終了のお知らせ,管理組合の総会,東京支部の総会行事の準備,準備書面の起案) 05:15

 午前4時20分起床

 朝刊を読んでから,メールの確認

 「はてな」からポイントの自動引落し完了のお知らせ

 表示の箇所をクリックしたら,ログインをという表示。

 ログインしてから,現れた画面を見ていた中で,

「はてなブックマークプラス(有料プラン)の提供を終了します」という表示が目に入り,クリックしてみたら,昨年弁護士会の常議員選挙に立候補した際,選挙用ホームページブログ形式でと考えて,申し込んだこのプランが,今年の4月17日で終了することになったという記事。

 ということは,また,このプログを読む人のパソコン画面にうっとうしい広告が表示されるようになってしまうということ。

(追記)8:02

事前の申込みなしの学生さんも見えるかもしれず,レジュメが不足してもいけないと考え,5部追加印刷してから,校歌と惜別の歌の歌詞カードと東京支部の規約を各30部印刷。

朝食の後,1階に降りて,エレベータホールの立て看板を確認。昨日午後3時現在の出席者147という表示のまま。

 規約改正に必要な議決権総数は163以上で,おそらく反対の方もおられるでしょうから,出席者(委任状も含む)が170名でも危ないと考えられたのでしょうか,フロントの前の立て看板の上には,目標80%(174)という大きな赤い文字。 

 

(追記)12:50

管理組合の総会は,結局,委任状を含めて,出席者180名,管理規約改訂の議案については,178名の賛成ということになって,可決。

 いろいろな機会に質問と意見を述べて,

 全員が一旦町会を辞めて,入りたい人だけ新たに町会に加入し,めいめい町会費を納めるというやり方はとらず,これまでどおりこのマンションの居住者は町会員で,辞めたい人だけ辞められるようにし,町会費は,一括納付の方法で検討したいという回答を担当理事(今期と来期)からいただくことに成功。理事長も異論は述べず。

(そういうことなら,早々と管理規約から町会費の一括納付の定めを削除する必要はなかったはずなのだが・・・)

 

 ひとまず,ホっ。

(追記)20:22

昼食後,銀座の伊東屋へ。

明日の行事の出席者に着けていただく名札のケースとして調度良いもの(20年くらい前に高校の同期会で使用したもの)が自宅に保管してあるはずなのだが,見つからないので,購入するため。

最初に銀座中央通りの新しいお店に入って,全フロア探してみたが,そういう物はなさそう。

次に裏の通りの別館へ。

文房具売場でようやく見付かり,一番シンプルな,ケースに安全ピンだけ付いているものを35個購入(1個税抜きで60円)。

 帰りに,前の事務所の部屋にテナントが入ったかどうか見に行ったが,現在も空室。

 勿体無いナー。

 4時少し前に帰宅。

 依頼者3人から,それぞれメール。

 

 お二人に返信(もうお一人は,私からの朝のメールに対する返信)。

 その後,明日の準備。皆さんに配布する資料の作成と印刷。各30部。

 おそらく電話すれば,来ていただけるのではと考えられた◎◎さんに電話。

 各行事に出席してくださるそう。

  これで,出席者の数は,総会26,講演会29,懇親会27に。

  懇親会場の店長さんに1名増加の連絡(メール)。

  あと1時間位で,持参する資料の準備は完了しそう。

  その後は,準備書面の起案。

 

 

 

2017年02月24日

[][][][]2月24日(講演会レジュメの作成作業,裁判所への提出書面の起案など) 07:45

 午前4時半に起床(寝たのは2時)。

 朝刊を読んでから,メールの確認。

 26日の総会の後の講演会のレジュメ本文3ページの起案を一応済ませてから,参考資料62ページ,両面コピー,30部(合計1860ページ,930枚)の印刷(本文は,更に加筆などしてから,明日印刷の予定)。

 7時過ぎにメールの確認をしたら,東京支部幹事長から,当日会場までの荷物運びのお手伝いをしましょうかという有難いメールが届いていたので,他に議案書関係の印刷物と名札用のカバーなどもあって,相当な重量になるので,お願いすることに(小まわり君に載せれば運べるのだが,帰りの荷物になってしまうので,やめにすることに)。

 本日のこれからの予定は,できれば本日提出しておきたい家事事件の主張書面などと依頼者に送信しておきたい民事訴訟事件の準備書面案の各起案。

 そのほかに,まだ連絡いただいていない方々への26日の各行事へのお誘い。

(追記)15:54

家事事件の書証と証拠説明書の提出を午前中に済ませた後,主張書面の作成も,なんとか済んで,3時過ぎに提出(FAX送信)と依頼者への報告とPDFの送信。

 一昨日から,3回にわたる各種書面のFAX送信をしたのだが,どういうわけか不明なのだが,相手の代理人からの受領書の送信が全く無い。

 事務所におられないのだろうか。いつもすぐ受領書を送ってこられる先生なので,心配。

 おそらま,そのうち,裁判所の方から,受領書の送信をという連絡をしていただけることでしょうから,それまでお待ちすることに。

 ここで,お茶とお菓子をいただいてから,別件の準備書面の起案。

 既に結審した事件なので,準備書面は読んでいただくだけ。

 

 

明日の予定は,午前9時20分から豊海区民館の大きな会議室で,管理会社による重要事項の説明の後,9時半開場,10時から正午までの予定で,管理組合の総会。

午後は,翌日の同じ会議室での東京支部の総会・講演会と日本橋での懇親会の準備。

只今(午後4時6分),受領書3枚のFAXが届いた。

(追記)20:14

午後7時半頃,郵便受けを覗きに行ったら,封書が1通届いていた。

晴海郵便局なのだが,1日たった1回の通常郵便物の配達が,どうしてこんな遅い時刻になってしまうのだろう。

 昼間配達してもらえば,返事その他すぐに次の対応ができるのに,夜遅く配達されたのでは,対応が1日遅れになってしまう。

 昨年,判例秘書のLICから先着順で外国の舞踊団のバレエにご招待という案内を受け取ったが,案内の手紙が配達されたのが夜遅くであったことから,翌朝,投函した申込みの書類が先方に届いたのは,投函した翌日になってしまったとのことで,「申し訳ありませんが,先着順で,ご招待できなくなってしまいました。」というお詫びの手紙が届いたということがあった。郵便の配達が昼間だったら,その日のうちに申込書を投函して,集荷され,翌日港区内のLICに配達されて,バレエのチケットもいただけたはず。

 京橋郵便局の配達区域だった当時は,午前中と午後の二回配達してくれていた。

 郵政民有化の結果は,サービスの低下だった。

 エレベータ前の立て看板に記載された数字は議決権数147,未提出70という表示も(規約改正には議決権数163以上の賛成が必要)


 

 

 

2017年02月23日

[][][]2月23日(支部総会行事への案内書のFAX送信09:15

 午前5時半起床

 朝刊を読んでから,メールの確認

 

 東京支部の総会行事の出欠の連絡を受けていない常連の方々7名宛に,案内書をFAX送信。

 役員の○○さんへは,まず電話させていたたいたところ,「メール届かなかったでしょうか」とのお尋ね。お名前が記載されていなかったメール1通の送信者と判明(出席の回答)。

 FAXがエラーになったのは,2名

 そのうち1名からは,FAX番号の連絡があり,再送信

 もう1名は,FAXでの連絡は無理なのかも。

早速,◎◎さんから,電話で「両方とも出席します」という連絡。

 ◇◇さんからは,役員の□□さんに出席との伝言を頼んでおいたのだがということと,全部出席というメール。□□さんからの伝言では,別の姓で,お名前は不明という内容だったので,出席者一覧には別の姓で登録しておいたもの。すぐ訂正。

ということで,出席者の数は,

 総会24名,講演会25名,懇親会24名に

これから,更に出席してくださりそうな方々への連絡。

まずそのリストの作成と連絡方法の検討から。

本日のこれからの予定は,

 午後は,2つの事件の書面の起案。

 夜は,講演会のレジュメの起案。

(追記)11:09

☆☆さんから,ご丁寧な手書きの文章で,全行事にご出席という嬉しいFAX。

これで,総会25名,講演会26名,懇親会25名に。

郵便受けを覗きに行ったら,フロントの前に理事長さん。

特別決議には程遠い出席票と委任状の集まり具合なのかも。

エレベータホールの立て看板の表示は,昨日掲示された当時のまま。

郵便受けの向こう側では,次々何かが投函される音。投函されているのは,未提出のお宅への管理組合からの催促の文書なのかも。

 ( 総会成立の定足数は,議決権総数の過半数の109名

  特別決議は,総組合員数の4分の3を超える数で且つ総議決権数の4分の3を超える数の賛成でなければならないので,議決権総数では,賛成が163以上にならなければならない。)

(追記)17:55

 午後3時過ぎに,勝どきおとしよりセンターに行って,1月分の見守り報告書を提出。

 その後,勝どき千歳会の役員さんのお宅に伺って,7名分の来年度の年会費8400円とお花見会の参加申込者4名分の申込書と参加費6000円をお渡し(このうちお金を同封してくださった方の2700円と私の分2700円以外の年会費5名分とお花見会の参加費2名分,合計9000円は,私の立替え)。

 帰りに,「ぱぱす」に寄って,雑貨(トイレットペーパとトイレの芳香剤)の買物。

 4時頃帰宅し,郵便受けを覗いたら,夕刊のほかに,ゆうメールで届いた封筒や雑誌類がいろいろ。

 5時40分頃,郵便受けを覗きに

 郵便の配達はまだ。

 エレベータホールの立て看板の数字は,92から133に変わっていた。

 

 信窓会東京支部の総会行事の出席申込みの方は,前支部長からの懇親会のみ出席というメールの送信をいただいて,

   総会 25名,講演会26名,懇親会26名 

ということに。

 今朝送信できたFAX6通のうちお返事がまだの方は2名。

 このお二人に出席していただければ,懇親会の出席者は28名に。

 追加のFAXを今晩送って,アリスへの予約のメールを送った際,記入した30名にはしたいと考えているところ(アリスの料金は,1名当たり税込みで3,758円なので,懇親会費として3500円をいただくことにした今回の懇親会は,出席者1名につき258円の赤字になり,出席者が多くなれば赤字の額が増える計算になるのであるが,その程度の赤字と豊海区民館の使用料程度は,当日の寄付金収入で賄えるはず。

 講演会場は着席で70名まで,懇親会場も着席(料理は立食式のパーティ料理)で40名までOKなので,信窓会の会員の方は,どうぞ明日中に遠藤までご連絡の上,ご出席ください。

 詳細は,信窓会のホームページの中の2月の行事予定の中及び東京支部のホームページの掲示板に掲載されています。

(26日は,東京マラソンとの関係で,午前9時半頃から午後2時40分ころまで,都04の都バスが,東京駅丸の内南口から銀座四丁目まで不通になって,築地から豊海水産埠頭までの運行になります。

 総会と懇親会にご出席の方は,日比谷線の築地駅で下車されて都バスに乗るか,大江戸線の勝どき駅で下車して,そこからバスに乗るか,又は勝どき駅から会場の区民館まで歩く(9分程度)かいずれかの方法でおいでくださるようお願いします。) 

  

 

 


 

 

 

2017年02月22日

[][][][][][]2月22日(文書提出命令の申立てに対する意見書への反論の書面提出,別件の準備書面の起案,民事訴訟問題特別委員会定例会,26日の懇親会場のアリススクエアガーデン日本橋店へ打合せに) 09:56

午前6時起床(寝たのは4時)

朝刊を読んでから,メールの確認

文書提出命令に対する反論の書面の読直しと補正

追加提出の書証の必要部数の写しの作成と付番

証拠説明書の作成と必要部数の印刷と押印

上記反論書に添付する別紙の印刷と反論書への添付

反論書の必要部数の印刷と押印

合計26枚の書面を裁判所と相手の代理人宛にFAX送信

以上の作業を済ませた後,依頼者にメールで報告

(提出書面のPDFは,依頼者宅のパソコンへメールで送信の予定ということも)

本日のこれからの予定は,

 別件の準備書面の起案

 午後3時から5時まで,弁護士会館5階会議室での東京弁護士会の民事訴訟問題特別委員会の2月定例会に出席

 その後,アリスアクアガーデン日本橋店に行って,26日の信窓会東京支部の懇親会の打合せ

(出席予定人数は,事前に電話で連絡しておく予定)

 そのほか,本日中にしてしまいたいことは,

  勝どきおとしよりセンターへの見守り報告書の提出と勝どき千歳会の役員さんのお宅への私たちの班の会員全員7名(4月からの新入会員1名を含む)分の来年度の年会費8400円の持参

  26日の講演会レジュメの起案も始めなければ・・・

 

(追記)20:30

午後2時に家を出て,バス停へ。

エレベータでシニアサロンの◎◎さんとご一緒に。

「遠藤さんはいいわね。お仕事があって。私は何もすることがないので,退屈で,困っているの」  などとお話されてから,豊海診療所までとのことで,交差点でお別れ。

 銀座四丁目から日比谷線で霞ヶ関へ。

 

 3時から委員会。

 本日の特別企画とのことで,遺産分割事件の調停について,東京家裁で調停委員のお仕事をされている3人の先生のお話。

 そのお話の中に,不動産の評価方法として,不動産業者の評価書を複数提出してもらって,一番高いのと一番低いのを外した残りの平均値を使用しているという説明があったので,不動産業者の評価と言うのは,売出価格を決める際の参考資料で,実際の売買価格はそれよりも低くなってしまうもので,かなり高めのもの,評価書の下の部分には,これを鑑定評価額として使用することはできない旨の断りが記載されているはず,私は,2件の遺留分減殺請求事件で,申立人側が不動産業者の評価書に基づいて主張した価格は適当でないという説明をして,最終的に相続税評価額で評価ということにさせたという話をさせていただいた。傍におられた長老の先生からも,不動産業者の評価書を遺産の評価資料として使用するのは違法というご指摘も。

 時間が無かったので,少ししか話せなかったが,東京家裁とは別の家裁で審判に移行した事件文書提出命令の申立てをする予定という話をしたら,家事審判官から,調停手続きでできたのに,これからその申立てというのはとんでもない,次回で結審と言われたが,納得できず,第一回審判期日に文書提出命令の申立てをしたという話も。

 5時に閉会後は,地下一階の「桂」で,懇親会(参加者は7名)。

 30分程で散会。

 丸の内線で東京まで行って,八重洲北口から徒歩で,日本橋の高島屋の近くの「アリスアクア日本橋」へ。

 地図を見ながらキョロキョロ。

 この辺りではと立ち止まったら,目の前に「アリス・・・」の看板。

 地下に降りる階段を下ったら,すぐ右側に「アリス」。

 扉を開いて,中に入り,「日曜日の晩に宴会を予約している者ですが」と言ったら,すぐ前におられた方が,「遠藤様ですね」とおっしゃったので,ビックリ。

 会場のお部屋の様子を拝見させていただいた後,名刺の交換。

 店長さんだった。

 現在の申込者は22名で,もう少し増やしたい考えていると説明したら,人数の変更は,前の日までOKだそう。

 帰宅したのは,8時少し前。

 

 

 

 

 

に今から