Hatena::ブログ(Diary)

tamahibikiの日記

2010-02-06

昇龍法(昇龍気力躍動強化法)の特別講義を2月12日に開催(SRS能力開発法の第176回定例会)

01:38

SRS研究所では、2009年2月12日(金曜日)の夜に、

昇龍法(昇龍気力躍動強化法)の特別講義を開催します。

事前に連絡しておけばどなたでも参加できます。

会場はお茶の水駅の近くです。

会場や、申し込みの詳細は、講座日程表のページを参照:

http://www.srs21.com/plan/index.htm

以下、基本概念を紹介しておきます。

■第176回 「昇龍法(昇龍気力躍動強化法)」 10年02月15日

             講師:栗田昌裕

「龍の概念は東西の精神文化に古代から大きな影響を与え続けてきた。

 龍は人類の精神世界の空間の中で進化を遂げて来たのである。

日本を含む東洋と西洋の龍の歴史と関連知識を整理し、

それをSRS能力開発法の観点からとらえ直し、

SRS能力開発法における龍の概念とその位置づけと

ユニークな訓練法とを紹介する」。

龍は紀元前1000年よりも以前から、

世界中の人々の精神世界の中に出現して、

多大な影響を与えて来た不思議な存在である。

それは中国にも、日本にも、インドにも、

南米の古代文化にも、メソポタミアにも、

エジプトにも、ヨーロッパにも繰り返し現れて、

それぞれの文化で重要な役割を担って来た。

現代になると、龍はますます大きな役割を持ち、

SF小説や、映画やアニメやさまざまなゲームにまで

その役割を広げている。

いったい龍とは何なのか。

龍にはどのような種類があるのか。

龍は人生の精神世界において、どのような進化の道筋を遂げて来たのか。

龍の力の本質は何なのか。

龍はどのような神格や精神世界の働きと関わっているのか。

龍はどのようにわれわれの運命に関わるのか。

なぜこのように時代を超え、空間を越えて、人々に影響力を持ち得たのか。

龍の本体は何なのか。

講義を通して、龍の本質に迫り、

それが人間の知的機能や、能力開発にどのように関わっているのかを

解説する。

その項目は100を越える。

そして、SRS能力開発法の独自の龍に関わる訓練を紹介する。 

注:

SRS=Super Reading Systemは、栗田式能力開発法の体系です。

Readingはここでは知的情報処理を示し、

Superはそれを、従来とは異なったものにすることを示し、

Systemはそれを成し遂げる訓練体系です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tamahibiki/20100206/1265474294