Hatena::ブログ(Diary)

Tamのいい加減日記

0000 | 00 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006-3-12-Sun パソコンの買い替え(その3)データの引越し

 昨年末からパソコンが不調に陥りましたので、バックアップデータとして主としてマイドキュメントのデータを定期的に外付けHDDに保存してきました。ですからこのデータを新しいパソコンコピーしようと思いましたが、バックアップに2時間以上かかっていまして且つ、最新のバックアップにまた2時間以上必要とするのでやり方を変えることにしました。

 機器構成は光IP電話を使用しているので、ルーターを使用しています。ルーターを使用すれば、複数のパソコンインターネットに同時に接続できると共に、各パソコン間にデータの転送ができるLANとしての設定ができます。この設定はファイルフォルダの共有設定といわれます。

 新パソコンは有線LAN(ルーターインターネット接続が終わると、調整なしで接続できます)として、共有設定を行いました。この設定を行うと再起動が必要ですが、説明書や本にはそのようなことは記載されえいません。兎に角共有設定ができたので、マイドキュメントのデータを古いパソコンから新しいSOTECに転送しました。転送速度は1.26GB(1,26GB=10.1Mbps)の転送に39分かかりましたので、4.3Mbps/秒ですのでそんなに早くはありませんが放置すればよいので簡単でした。

 WIN−XPにはファイルと設定のウィザードというプログラムが搭載されています。これを使用すれば、マイドキュメント、メールアドレス帳、お気に入りの引越しができると記載されています。昔のバックアッププログラムのように自分の思惑と異なる動作をするので、今回も使用せずに共有LANで必要なものだけドラッグで移動(コピー)しました。一応このようにデータを写しましたが、バックアップ用の外付けHDDは必要ですので今後も使用します。

 メールアドレス帳はどうしても必要ですので、普通の本にあるように一旦テキストデータでエクスポートして、新しいパソコンではそのテキストデータをインポートするという方式をとりました。でもお気に入りは「Favorite」というフォルダテキストファイルとして保存されているので、そのまま新パソコンの「Favorite」フォルダコピーしています。

 一般にバックアップの必要なデータはマイドキュメント内のデータにメール、お気に入りにユーザー辞書と本には書かれていますが、最後のユーザー辞書は使用している人だけが行えばよいと思います。

 データの引越し後、念のため回線速度を測定しました。以前測定の3倍以上になっていました。特に有線LANでの測定では60Mbpsと大変な高速です。回線速度はパソコンの性能に大いに関係があることがわかりました。ADSLではパソコンチューニングがいわれていました。このようなパケット通信に対するチューニングはWin−XPは十分に対応しています。やはりパソコン性能(CPU速度やメモリー容量など)が大きく関係するようです。回線速度が遅いのは、NTTのような回線業者の責任とは必ずしもいえないということがよく分かりました。

 次は無線LANの設定ですが、セキュリティとしての暗号化(WEPという暗号を使用しています)を少し学習してから行います。しかし早く設定しないと冷蔵庫のような部屋で作業するのは大変です。