tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2006-12-12 読書感想文 『核兵器の仕組み』現代人に必要な知識

※本日のメイン 読書感想文『核兵器の仕組み』現代人に必要な知識


どんよりと曇っています。関東の冬って感じではありません。もう少し寒くなっても低気圧がこのコースを取るようだと関東で頻繁に雪が降るパターンになるなぁ。

今日も読書感想文がメイン。


難しすぎるクイズ

| 17:50 | 難しすぎるクイズを含むブックマーク 難しすぎるクイズのブックマークコメント

Quizzical Days.

フラッシュでクイズが楽しめます。こういうの苦手…頭悪いのかなぁ…。一問目の川渡りクイズで挫折中。メイドさんと犬の扱いポイントだと思うんだけど。

なんとかクリア。何度殺してしまったことか(笑)。

なんとか全部クリア。もう一度やれと言われても同じ時間かかるかも…。


キャラ萌え

| 21:23 | キャラ萌えを含むブックマーク キャラ萌えのブックマークコメント

うっかりビール飲んでしまったので酔っぱらった勢いで…。

Something Orange - 「キャラ」を見ずに「作品」を語るひとたち。

タイトルはkaien様が付けた物ではなくはてブの物ですけれど便宜的に…。

私自身、「キャラ萌え」ってのがなかなかできないんですけれど、よくよく考えてみると子供の頃シャーロック・ホームズが出てくると言うだけでその作品を読んだりしていたんだからこの感覚はもっているはずなんですよねぇ。

ホームズシリーズで言うと、実はあのキャラを使った別の人が書いた小説があったりするんです。今で言えばたぶん二次創作に分類されるんでしょう。

中学入ったかどうかのころにこの本一連のシリーズの一冊だと思って買ったんですが、実はホームズの女性遍歴を描くみたいな作品でちょいと面食らった覚えがあります(笑)。誰かが創造したキャラを使って違う物語を使うってのは別に現代の日本で初めて生まれた文化では無いという一例としてあげてみました。

にしても、この本、一度読んだだけなのにタイトルはっきり覚えていた。当時の私にはインパクトあったんだなぁ。


私は「物語として」などというご託を並べて漫画の感想を書いているわけですが、それはあくまでも方便。自分がその本を読んでどう思ったかっていうのを書く時にそういっておくのが一番わかりやすいのかななどと思っているだけです。

本の読み方は人それぞれです。こういう事を書くと、作品を提供する側はがっくり来ると思いますけれど、書いた人の意図を100%くみ取るなんてまず無理なんですよ。ある部分については読みが足りないだろうし、ある部分については読み過ぎているかもしれない。

もしかすると作者はキャラを前面に押し出したくないのにキャラ萌えする読者がいて困惑しているかもしれない。逆にキャラを前面に押し出したはいいけれど、読者の中でそのキャラが一人歩きしているのを見てなんともいえぬ寂しさを感じている作者もいるかもしれない。作者は苦労が絶えないんじゃないですかね(笑)。


作者は「こういう読み方をして欲しい」と言ってもいいと思います。でも、人の内面までコントロールすることは非常に難しい。いったん世の中に出てしまった以上、どう読むかは読者にゆだねられていると思います。

一般的に言って読者がいろいろな読み方、楽しみ方をできる作品こそが良い作品なんじゃないかなぁと私は何となく思っています。


なんか思いっきりずれた事を書いているような気がする…。こうやって信用を失うのね。失うほど信用はないだろうけどさ(笑)。


ベアーズ@セントルイス

| 19:45 | ベアーズ@セントルイスを含むブックマーク ベアーズ@セントルイスのブックマークコメント

トライフォーポイント失敗って初めて見たかも。しかもキックミスではなくスナップミス…。

キックオフリターンタッチダウンを一試合で2回見るのも初めてだったかも。QB不調といわれながらベアーズ強いな。


コアラサンタのネーミング。

| 17:34 | コアラサンタのネーミング。を含むブックマーク コアラサンタのネーミング。のブックマークコメント

松戸駅西口に鎮座しているコアラサンタのネーミングが決まった模様。

命名「マックス」

ほんとか?これ??ちらっと見ただけだから間違ってたら恥ずかしいな。「マ」が松戸とつながっているんですか?


信頼できるブロガーとは?

| 11:12 | 信頼できるブロガーとは?を含むブックマーク 信頼できるブロガーとは?のブックマークコメント

やじうまWatch

■ 信頼できるブロガーから、Wiiリモコンのひもが切れたとの報告

という記事がありました。

YappoLogs Wiiのリモコンコントローラが飛んだ件

自分でこうやって書く前だったらたぶん「ふむふむ」と思っていたんですが…


「信頼できるブロガー」ってどう判別して良いかわからん(笑)。この記事では

長年ブログを続けている

ことを論拠にしているのですが、それをもって「信頼できる」と断じるのは乱暴かと。

私は「誰が書いているか」ということは関係なく「何が書いてあるか」でその記事を信頼するかどうかの判定をしているように思えます。

だって、実際にお会いしたこともないひとに対して「あなたは信用できない」と言い切るのと同様「あなたは信用できる」と言い切ることも失礼だと思うんです。「あなたは」じゃなくて「あの記事は」ならまだましかなと思います。

私自身、まだ日記を公開し始めてちょっとしか経っていないので期間判定でも「信頼できる」人にはなっていないと思いますが、それ以前に「嘘を書くこともある」とはっきり書いていますので一生手放しで信頼できる記事を書くことは無いと思います(笑)。書いてあることを信用するか否かの判断は読者の皆様にゆだねています。

もし私が書いた記事がどっかから金もらって書いているんじゃねーかと疑われたりしたらそれはそれで面白いんで投票企画をはじめようとか思っちゃうでしょうね…。


おれみたいに自分の書いた物を信用してもらいたくないという願望を持っている人は少ないのかなぁ。信用してもらうほうが信用されないよりよっぽど怖いと思うんだけど…。


『核兵器の仕組み』現代人に必要な知識

| 16:13 | 『核兵器の仕組み』現代人に必要な知識を含むブックマーク 『核兵器の仕組み』現代人に必要な知識のブックマークコメント

核兵器のしくみ (講談社現代新書)

核兵器のしくみ (講談社現代新書)

出版社のあおりみたいな言葉になっちまいますが「現代人必読の書」っていうキャッチコピーがしっくり来る本です。

この本では、まず核がなぜ爆弾に成りうるのかというところから逆にそれをコントロールしながら利用する原子炉の話、核燃料の「燃えかす」の話、そして水素爆弾の話まで網羅しています。非常にわかりやすくて面白い本です。で、知識も無しに核について語ると恥ずかしいことを書いてしまうこともわかりました。

先日某国の核実験の際に「失敗して予想以上の爆発をしてしまわないか心配」と書いたのですが、核爆弾に限って言うとそんなことはどうもあり得ないようです。予想しうる最大の爆発をすることを狙って開発しているので、予想以上の爆発は原理的に起こりえない。うーん。恥ずかしい。

核兵器の開発史では、いかにして最小の物質で最大の効果を得るかと言うことを狙っていたようです。ようですと書いたけれど当然です。最小限のコストで最大限の人を殺したり建物を破壊したりするのが優れた兵器なのですから。


原子炉についても詳細な解説があります。特に原発事故についての記述はとても勉強になります。専門家ではない私が抜粋をすると、この本を読まずにこの日記だけを読んだ方に誤解を与えてしまう可能性があるので避けます。抜粋場所の選択だって編集なんですよね。筆者の元々の意図とは離れたところを抜粋して引用しまったらそれは筆者ではなく編集した人間の責任になってしまう。だから引用は著作権法上も認められているんじゃないかななどとふと思いました。現実には原典の筆者に責任を求めてしまう人の方が多いですけれど…。


最後の章で水爆に触れています。水爆の製造には電池でおなじみのリチウムを使っているらしいですよ。ということを書くと「リチウムは危険」などと思ってしまう人もいるかもしれませんが、リチウムに核反応を起こさせているので電池としての利用とは全く違う利用法です。


ざっとさわりだけを書きましたが、本当に面白い本です。文中には参考になるブルーバックスのタイトルも記述されているので、核物理学に雑学的な興味を持った人にはお薦めできます。


カテゴリ 読書感想文

tanabeebanatのAmazonストア


人気ブログランキング

HGHG 2006/12/14 01:15 お久しぶりです。「信頼できるブロガー」の件、
元記事は、「書くことを全て信頼できる」という意味ではなく、「企業の提灯持ちブロガーではないと信頼できる」の意味だと私は取りました。それなら過去記事を全て分析しなくても、大体の傾向で掴めると思うのですが。

tanabeebanattanabeebanat 2006/12/14 22:09 HG様
そうですね。そう読めばいいのか。この人は他の誰かの意図に惑わされて書くような人ではないという意味合いですかね。読解力が…orz
なんというか、私的には「信頼できる」「信頼できない」っていう判断をメディアがするってのにまず抵抗があります。それは読者が判断すべき事じゃないかなと。それに、もし仮にここが「信頼できるサイト」とか言われちゃう状況を想像すると怖いです。メディアが書く「信頼できる」という言葉を信頼しちゃって、ここに書いていることを全面的に信じちゃったらどうしようとか…。
後ろ向きですけれど、私は眉につばをつけて読んでくれた方が気楽です。こいつは誰かに頼まれてこういうのかいているんだぞぐらいのことを気楽に妄想してもらったらたまらなくうれしいですね(笑)。意味ありげなことを書いて自分から火に油を注いじゃうかも…
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン