tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2006-12-27 ハヤテのごとく! 109話と『海の勇者ライフセイバーズ』感想

臨死体験をしてきたりいろいろあったわけですが、その話はまた後日。とりあえず無事に帰還しました。


昨日は久々に更新を休みました。携帯からでも行けるはずなのですけれど、打つのがめんどうだし、更新しなくてどのくらいの人が来訪するのかっていう興味もあったので放置。更新した日よりも来訪者が少なくてよかったです(笑)。もし多かったら毎日更新の意義に疑問を持ってしまいそう。


今日は読書感想文とハヤテの感想の予定。


ディープインパクト

| 17:32 | ディープインパクトを含むブックマーク ディープインパクトのブックマークコメント

殿下執務室2.0 β1 THE END OF EVANGELIST [まごころを、ディープに]

終わっちゃったんですね…。

ギャンブルとしての競馬について書こうとして実際書いてみたんですが、馬券を買わなくなってすでに10年以上経つ人間が書く事じゃないなとアップロードは思いとどまりました。

その記事で書こうとした結論は

「馬券が競馬産業を支えている以上、馬券を買う人、買う額がある程度の水準を維持しなければディープの様な名馬は登場しなくなってしまう」

です。

ねっ、馬券買ってない人間が書いても説得力無いでしょう??


畑健二郎著『海の勇者ライフセイバーズ』これはどう見てもプロトタイプ

| 13:38 | 畑健二郎著『海の勇者ライフセイバーズ』これはどう見てもプロトタイプを含むブックマーク 畑健二郎著『海の勇者ライフセイバーズ』これはどう見てもプロトタイプのブックマークコメント

おかげさまでようやく全話読むことが出来ました。感謝のこころは忘れずに…。


関連記事 2008/7/13 畑健二郎著『神様にRocket Punch!!』感想 ギャグセンスは変わっていない


畑健二郎さんは「ギャグ漫画家指向」が強いんじゃないですかね。『海の勇者ライフセイバーズ』は『ハヤテのごとく!』のギャグ漫画としての要素を盛り込んだプロトタイプに見えます。

構図も、ネタも、私は嫌いじゃないというかむしろ好きなんですが同じテンポです。

また、偶然ですけれど、後から見ると不謹慎な時事ネタにみえるやつがあったり。あの災害の直後だったら発表出来なかったのではと思います。当時から予言者の素質があったんだなぁ。


話の展開は当初の目的を見失っていく人々って感じです。毎回何となく読んでしまう漫画になっていたんでしょう。もし、この話が連載されていたら私はコミックスを買っていただろうか?微妙ですね。龍とハムスターみたいな個人的にツボに来るのが有れば買っていたんだろうな。嫌いか好きかと言われれば好きに分類される漫画です。


さて、この話、話の構成的にも『ハヤテのごとく!』のプロトタイプだと思います。最初っから何日分の話と決めておいたのではないかと。短期連載ですから当たり前でしょうけれど…。

作者の言葉によると、この作品に登場したキャラも『ハヤテのごとく!』で活躍するかもしれないとのことなので楽しみにしています。高2という設定も後付ではないのか…。ちょっとびっくり。登場はしているけれどまだ本格的に話には絡んでこないので…。ただ絡んでくるとさらに話がややこしくなるんだよなぁ。


今日はこのくらいにします。また書くかも。


人の特性は相対的に決まる物かと思った109話

| 15:16 | 人の特性は相対的に決まる物かと思った109話を含むブックマーク 人の特性は相対的に決まる物かと思った109話のブックマークコメント

…。

今年最後のハヤテのごとく!…。なのに感想を書くのが異様につらい物を持ってきました。

今週は一コマは無しにします。


ポイント

重大発表

既に規定事項の感がありますけれど一応触れておくか。感想サイトを持っている人間的には、濃いファンと、ライトだけど関心があるファンの比率が取れるかもしれないななどと思ってみたりしてます。

重大告知とは100%「アニメ化決定」でしょうね。

ここまでやって「打ち切り決定」だったら腰が砕けます…。


伊澄と咲夜

この二人一緒に行動しているのか。


13才グループの色気

ナギちゃん、伊澄ちゃん、咲夜ちゃんの3人にそれぞれ色っぽい格好をさせた。何か意図がある??たぶんファンサービスだろうなぁ。

人気投票結果を受けて、物語に影響が無い範囲で微妙にキャラの属性を変えてくるとかあるかもしれない。


家族

この漫画、登場人物それぞれの家族が出てくるところにちょいと違和感を感じているんですよ。とくにギャグ漫画の場合描写されない事が多いので。『ど根性ガエル』的というかなんというか。コブラツイストという技はあの漫画で覚えました。

畑健二郎さんは不必要なまでに詳細かつ緻密な設定を用意している。その過剰さがまた面白いところではあります。漫画に限らず足りなかったり過剰だったりする物の方が魅力的です。

鷺ノ宮家のご家族のボケっぷりはいい感じです。咲夜ちゃんがあの中にいたらつっこみづかれを起こすことでしょう。


夢邪鬼を思い出したのは俺だけではあるまい(笑)。『うる星やつら』ビューティフルドリーマーの方がメジャーでしょうが、原作3巻5話の筒井康隆的世界が俺は好き。

結局先週の話が西沢さんとハヤテ君二人の共通体験なのかはわからずじまいです。


伊澄の成長

示唆されてしまいました…。やっぱ主人公とヒロインだけじゃなくて全員が変わっていく物語なんだな。ややこしすぎる。


何を渡すつもりだったのか?

ナギちゃんが言付けた物が何なのか書いてなかったような気がするんですが…。


コナン君じゃなくて…

ホームズの真似だろう!


ストラップを付けていてもだめかも

ちょこちょこ書いてある言葉に慎重さを見いだしました(笑)。コントローラースラッシュは執事の必殺技でしょうか?



人間関係アップデート

ナギちゃんはハヤテ君を一人で伊澄ちゃんの所にいかせちゃっていいんだ。



まとめ

13才グループのお話。改めて『ハヤテのごとく!』という漫画は「何でもあり」なんだなぁと思いました。普通ならそれだけで連載を持たせるような設定がいくつも用意されている。それが魅力ではあると思うんですが、読者にとっては理解しづらいところでもあります。こういう話を続けていると学校はどうなったとか言う意見がでがち。

特にこの漫画の場合萌え要素があって、キャラそれぞれにファンがついているので舵取りが難しいでしょうね。

そんななか、新キャラとして登場した伊澄ちゃんのお母様が人気でそうな悪寒がするんですが(笑)。某メイドさんよりも若…とかいう話になっていそうで怖いです。

鷺ノ宮家は女系家族である理由も用意されているのかなぁ。

伊澄ちゃんにスポットが当たったこともこの話のトピックスですね。ラブコメ的に退場したとか言われてましたけれど、退場は終盤になるまでありえないと思っていたので安心しました。ナギちゃんと同じ年で同じ人に淡い思いを寄せる人ってのは絶対必要だと思います。

伊澄ちゃんは「最強」設定だったんですが、弱さを見せました。これが既定路線なのかどうかはわかりません。物語の本筋に戻るまでのつなぎかもしれません。しかし、これでずいぶん話は作りやすくなると思います。強い人には弱点がないとインフレ起こしますからねぇ。


水曜の記事しか読んでいない人も多いと思いますので最後にごあいさつ。


読んで下さっている皆様、お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を〜

f:id:tanabeebanat:20060917153219j:image:w150


といいつつ明日もたぶん感想二日目を書く私がいます…


ハヤテのごとく! (9) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (9) (少年サンデーコミックス)



ハヤテのごとく!主要関連記事

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2006/7/31 物語性についてのメモ(その1)2006/7/31版 1対1の作中人間関係

2006/10/5 第98話 伏線だらけの最終回 ヒナギク物語最終回

2006/12/25 ハヤテのごとく!結末予想とその根拠、まとめ(2006年版)

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく! マリアさんの設定推測記事と登場人物出没ポイント一覧をアップロードしました。



人気ブログランキング

jirojiro 2006/12/27 20:51 tanabeebanat様どうもです。

>足りなかったり過剰だったりする物の方が魅力的
そうですね。ミロのヴィーナスなんて典型的ですし。
それを敢えて詳細にすることで想像の余地すら
奪おうとしているのはエンターテインメントとしては
珍しい作品ですね。

>一人で伊澄ちゃんの所にいかせちゃっていいんだ。
過去の売った買った騒動で安心しきっているんでしょうか。
色々取りこぼしが多いヒロインのパワーは
結局1年間抑えられませんでしたね。

今年最後のサンデーへのトラックバックをさせていただきます。

tanabeebanattanabeebanat 2006/12/27 21:45 jiro様
作者は話のあらすじを先に公開しても読むに耐える物を作る自信があるのではないかと勘ぐってます。実際98話はそうでしたし。
今月読んだ過去の名作の中にはあらすじを知っていても感動したり引き込まれたりする作品が多かったです。いい作品ていうのはそういうものなのかなぁと…。
伊澄ちゃんは伊澄ちゃんで自分が主人公の世界に生きているのかもしれません。その物語ではナギちゃんは脇役。混乱してしまいかねない流れです。
コメントとトラックバックありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

mahalmahal 2006/12/28 00:03 まだだ、まだ、終わらんよ!(挨拶
ディープが引退しても、競馬は続きます。
時には錦糸町か浅草ででも場外で見てみるのも良いかも知れませんよ。なかなかなペーパードライバーズラック(何)があるかも。

tanabeebanattanabeebanat 2006/12/28 09:45 mahal様
かつては水道橋の黄色い建物に通ってました。初めてそのビルに行った時に隣にいたおっさんが「それみろ!30万!!!」と叫んだのを聞いてしまって夢を見ていました(笑)。3万ついたのを千円買ってたらしい。
一度行かなくなると行かなくなってしまう物で…。東スポ握りしめて場外に行くのもいい物なんですけれどね。
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン