tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-01-08 ハヤテのごとく! アニメ化に期待すること、心配なこと

成人の日らしいですね。まぁどうでもいいけれど(笑)。

昨日は大荒れの天気でいろいろな事件事故が起こっていた。リスクを負ってもスキーに行きたいと思った一日でした。


ネタがないので明日にしようとして書いておいたやつを挙げてみる。勘違い満載だったら突っ込んで欲しいっす。


『魍魎の匣』映画化

| 09:51 | 『魍魎の匣』映画化を含むブックマーク 『魍魎の匣』映画化のブックマークコメント

堤真一主演で京極堂続編!永瀬は降板

未だに『姑獲鳥の夏』を見ていない俺がいる。京極堂シリーズで一番はまっているのは「榎木津=阿部寛」だと思っているんですよね。空気読まないうさんくさい人を演じるのが上手っていうイメージがある(笑)。

『姑獲鳥の夏』は「どうやって映像化するの?」っていう興味があったけれど、『魍魎の匣』では「どこまで映像化するの?」っていう興味がある。

このご時世に少女の連続バラバラ殺人事件をえがけるのかって言うのもあるけれど、それ以上に「加奈子」をどうえがくのかが興味深い。「あちら側」に連れて行かれてしまう人が出てこないか心配。いや、その方が映画としては優れているんでしょうけれど。「加菜子」を誰がどんな風に演じるかというのにもよるのかな?最近の若いアイドル的女優さんってあまり知らないからなぁ。強烈に透明感がある美少女だったらかなりやばいだろうな。

黒木瞳さんはやっぱあれだろうな。「悪党、御用じゃ」っていうんだろうな。それも凶悪だけど想像できるだけまだましだ。怖いのはやっぱ「加奈子」。プロモーションだけであっちに行ってしまう人が出かねない。


京極夏彦作品の中で一番最初に読んで一番怖くて一番好きな作品です。

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)


アニメ化に期待すること、心配なこと

| 11:01 | アニメ化に期待すること、心配なことを含むブックマーク アニメ化に期待すること、心配なことのブックマークコメント

関連記事:2006/12/24 ハヤテのごとく!アニメ化情報まとめとプロモーション予想

よりにもよってアニメのことを全く知らない俺が書いてみる。

知名度が上がる

どの時間帯でどのキー局で放映されるかということと、どのくらいコストをかけて宣伝されるかという事に依存しますが、これは間違いない。

コミックス売り上げが上がる

これも間違いない。ただし程度の問題はある。私が予想した10巻1000万部というあり得ない数字には到達しないでしょうけれど(笑)。15巻で1500万部行ったらすごいだろうな。

感想サイトのアクセス数が増える

虫がいい話(笑)。これもたぶん間違いないと思います。具体的には1/10の発表時に1000人くらいの新規アクセスがあるのではないかと思ってます。放映が始まったら今より500人くらいは毎週のアクセスが増えるんじゃないかな?たぶん。アニメの方の感想書かないと増えないかもしれないけれど。

リング登録サイトが増える

これも虫がいい話(笑)。アニメの感想サイトを排除するつもりは全くないのでむしろ増えて欲しいという希望的観測(笑)。

パロディが再現されない

再現する方が異常かと(笑)。

もし徹底的にやるならパロディ解説コーナーを作ったりするのかも。

原作ファンがアニメの絵を好きになれない

個人的に一番心配(笑)。とってもありがち。

原作ファンがアニメの声を(ry

とってもありがち。

作者がアニメの声を(ry

この漫画の場合ありがち。しかもそれをネタにしそうで怖い(笑)。

アニメの品質が悪い

むしろ中途半端が良くないかも(笑)。あまりにも酷い物だったら逆にネタになるし。アニメ化された自作品をおちょくるネタってあんまり見たことがないから楽しみ。そういうのって大人の事情的に書けないのかな?

主要登場人物が出てくる前に放送終了してしまう

あり得ないとは言い切れない。でもそれはアニメのシリーズ構成する人は考えていると思いますよ。特に西沢歩さんとヒナギクさんは早いうちに出てくるように構成するのでは。

原作ファンとアニメファンの間で対立が生まれる

余りうれしくない話ですがありがち。どういう方向でアニメ化するかによると思います。

アニメが原作に影響を与える

これはあまり心配しなくてもいいかな。作者が読者の意見に心を痛めている節はありますが、それでも自分が考えているエンディングを変えるつもりは毛頭ないことが読みとれる。読者や視聴者のウケは気になっていて、それに合わせて微調整はしているんでしょうけれど目指すところは一つ。この漫画は作者にとってそういう「ゲーム」なんですよ。

畑健二郎さんの漫画家としての資質で一番すごいなと思うのは、自分の思い通りにならない状況を「面白がることができる」ことだと思っています。メインヒロインよりサブキャラが人気上位になる状況を面白いと感じてくれる作者は実は少ないんじゃないでしょうか。それでメインヒロインを変えるという選択肢があるのならともかく、そんな気はさらさら無いようですから。この漫画は作者にとっては「ゲーム」なのですよ。難しい方が大変だけどおもしろいんですよ。


原作付きアニメの方向性として

  • 原作の物語性を忠実に再現
  • 設定を使ったオリジナル脚本

の両方が考えられます。前者は『めぞん一刻パターン』、後者は『ルパン三世パターン』と言ってもいいかも。それぞれいい作品が出来る可能性もあれば駄作が出来る可能性もある。めぞん一刻パターンの場合は当たればでかいけれど物語が佳境に入ってからではないとかなり苦しい。まだまだ物語として認識していない読者の方が多いと思います。この漫画はめちゃめちゃ緻密に作られているので途中で終わらせるには触れない方がよいエピソードもあります。バックステージやインタビューを見る限り、漫画の方の長期連載は約束されている節があるので、それにつきあう覚悟を持たないと難しい。でも、アニメの方は視聴率やスポンサーの関係で作り手は作りたくても放映打ち切りになる可能性が高いです。テレビ局やスポンサーはそんな覚悟はできないはず。

意外に思うかもしれませんが、私はとりあえずルパン三世パターンの方がいいかなと思っていたりします。オリジナルの脚本を交えて4巻1話暫定最終回のエピソードで完結するような作りがベストかなと。それで人気が得られれば覚悟を持って原作ベースに移行できる道を残しておくという方法もある。


いずれにしろ、ファンの間での対立はある程度避けられないだろうと思いますね。この作者はおもしろがってそれを煽ったりしかねねぇ(笑)。



何度も書いているけれど、もし、憶測やソースがない怪情報のようにテレビアニメが今年の春から始まるのなら、私は早すぎると思っています。早くとも2007年の秋スタートがいい。そうしないとそれをきっかけにコミックスを読んだ人に原作が誤解される可能性が高い。この漫画の異常性に気づいて「はまる」人の割合が低いと思います。原作の中で進級イベントまで描かれてからアニメ化すればその心配は少し薄らぎます。

作中の時の進み方が早ければ今頃には進級しているかもと思ってましたが、やっぱり夏までは1年生みたいですね。もし、物語終了日が私が予想している3年後なら、たぶん漫画で一番おいしいはずの2年生になるといきなり進行が早くなると思いますよ。もし進行が遅いままだったら設定されている終了日が1年後で私の予想ははずれていたことになるんじゃないかな?

にしても…。進級するかどうかでこの漫画が私の思っているような漫画かどうか判断つくと思っていたんですが、バックステージで進級が予告されてしまってかなり驚いています…。そういう重要なことは作中の一大イベントとして読者をはらはらさせながら描くのが普通だろう!。


こういう、一話完結でありながら複雑な物語をテレビアニメというメディアでうまく表現することが出来れば、今後に影響を与えると思います。

原作を知らない人でも楽しめる物になれば一番いいんですけどねぇ。


追記:今年から他のサイトを見習ってトラックバック先を書いてみようかななんて思いました。三日坊主で終わるかもしれませんが…。

マンガのしっぽ☆アニメの背びれ

さくら日記

ヒナギク様をみてるっ!?

▽架空の杜△

明日はきっと。

現実、時々理想。

ここまでリークしておいて1/10に発表がなかったら感動する。発表したあげくぽしゃるパターンでも感動する。

シャニシャニ 2007/01/08 13:55 トラックバックありがとうございます。

>原作ファンがアニメの絵を好きになれない
それはあり得る話ですね。マンガとアニメの絵がまったく同じということはあり得ないでしょうし。心配です。

>パロディが再現されない
確かに再現するのは難しいでしょうね。
まぁ、僕もパロディ元ネタがほとんど理解出来ない話もあったりするので、パロディ再現するなら、解説コーナーを設けて頂いた方がありがたいです。

>主要登場人物が出てくる前に放送終了してしまう
これは元ネタが2chなのですが、ヒナギクについては1話から登場との噂もあるぐらいですから1クールの放送だとしても登場しないと言うことはないと思います。

あと、これに関しては確証を持って言えることではないのですが(さすがにないと思っていますが)、4クール(1年)での放送もあり得るみたいです。1クールよりは断然いいですね。1クールの十数回の放送では、「ハヤテのごとく!」というマンガのひとかけらしかわからないと思うので。まぁ仮に1年間の放送だとしても、不十分だとは思いますが。

ここまでしておいてアニメ化の情報がガセだったらどうしましょうか・・・なーんて。

では。

tanabeebanattanabeebanat 2007/01/08 15:32 シャニ様
絵について書くと自爆しそうなんですが、めぞん一刻アニメ版の絵がどうしても好きになれなかったので…。別物と割り切った方がいいんでしょうね。
パロディをどう扱うか、かなり注目しています。一般に広く見てもらう番組にするのなら、「秋葉系」文化の入り口にもできるかなと思っています。
ネタバレでも放送開始時期や期間などの情報はまだ無いみたいですね。もし1年間の放送を予定しているのなら相当の覚悟があるんだろうなぁと思いますね。その場合は高校1年の終わりで一区切りかな?
コメントありがとうございました!

gmaxgmax 2007/01/08 22:58 10日(いや1月はもちっと早かったかも)発売のアニメ雑誌ではもう情報が載っているそうですね。それだと4月スタートとはっきり書いてたようです(私は未確認ですが)。
最近のアニメだと2クール放送→人気があれば間を空けて第二期、三期……というパターンも多いので、原作にある程度忠実に行こうと思うならスタッフとしてはその方式でいくのが無難だとは思いますが。
パロディは……同じくパロディが持ち味の「ケロロ軍曹」の場合はアニメになった際に(スポンサーや制作会社の都合に合わせて)多少の改変(別のパロディに置き換える)がされているそうです。
声優さんは……少なくともナギの声優は畑さんの希望通りにはならないでしょうねぇ(笑)今子育て優先で新規のレギュラーをあまり増やさない方針のようですし。

tanabeebanattanabeebanat 2007/01/09 10:54 gmax様
アニメ雑誌って言うと「アニメージュ」とかですか?今でもあるのを知ってかなり懐かしくなりました。おぼろげな記憶の中ではやたらとカラーのページが多い雑誌だったなぁ。サンデーでの情報告知が最初になるように調整をするような気もしますけれど、既存のアニメファンを狙っているのならそちらを先にするかも。
#小学館発行のってあるのかな?
パロディは声優さんは蓋をあけてみないとわからないですね。声優さんは名前はさっぱりわからないので声を聞かないとイメージ通りかどうか判断つかない私がいます(笑)
コメントありがとうございました。

blogram投票ボタン