tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-01-17 ハヤテのごとく! 111話とショートアニメの感想

なんとなく水曜日になりました…。

今日は二つに記事を分けてみます。


全プレDVDには『ハヤテのごとく!』の魅力の一部がぎっしりつまっています!

| 13:03 | 全プレDVDには『ハヤテのごとく!』の魅力の一部がぎっしりつまっています!を含むブックマーク 全プレDVDには『ハヤテのごとく!』の魅力の一部がぎっしりつまっています!のブックマークコメント

既に見ている人も多いですが、内容紹介と私の感想、見解を水曜日なので書いておきます。

ショートアニメ

http://www.youtube.com/watch?v=ntBIHESZCiM

そこから切り出したCMロングバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=muX6uZSZPh0


私はずいぶん早い時期に本誌での告知ページをうっかり見てしまいました。で、目を疑いましたよ。声優さんのキャスティングとかではなく

畑先生監修のオリジナルストーリー

と書いてあったので…。

普通そういう物なんですかね?アニメにはほとんど興味を持っていないので他作品の例は全く知らないのですが…。

実際に上記リンクで内容を見ると、名前だけの監修ではないなということがわかりました。絵や声はともかく、シナリオは原作テイスト満載です。

逆に心配になってしまいます。テレビアニメの本放送ではどうするのだろうと。だいたい、ラスト近くのキャラクターほぼ総登場の絵はありえないだろう。この中には本放送に出てこない人がいるような気がしてなりませんね。長く続く番組になればいいですけれど…。

ファンは原作のテイストが色濃いこのアニメを見てしまいました。これを基準にして本放送をみるわけです。どんなにいい物ができても、原作ファンはかなり手厳しい評価を下すんじゃないかなぁ。杞憂に終わればいいんですけどね…。


さて、見ればわかるのですけれど、ショートアニメについての感想を書きます。

見出しにも書いたように『ハヤテのごとく!』という作品の魅力の一部が要領よくまとまっているシナリオです。当然です。原作者が絡んでいるんだから。でも「全部」ではない。「一部」です。

このショートアニメに盛り込まれているわかりやすい要素を列挙してみます。

  • ハヤテ君とナギちゃんとの出会い(誘拐)
  • バトル
  • 必殺技?
  • ギャグ
  • 多作品引用
  • ラブコメ要素

そんなところです。

伊澄ファンには残念なことに妖怪退治は描かれていません。また、ヒナギクファンの一部はがっかりするでしょうが、ヒナギクはその「強さ」が出てくるだけで「弱さ」の部分は割愛されています。また、私がこの漫画の特徴と思っている女の子の心理描写については、西沢さんが出てくるカット*1で示唆されるにとどまっています。借金返済、遺産相続については基本的に触れられていません。


カオスです。

このショートアニメから原作を読んでいない人は何をつかめばいいのでしょうか?(笑)。さらにここから切り出されたCMからは何をつかめばいいのでしょうか?(笑)。


個人的には、「全米No1」はマジで吹きました。これは畑健二郎さんのセンスを再現しているギャグだと思う。あの脈絡が無いけれどここしかないというタイミング。人によっては何が面白いのかわからないだろうし、私も面白い理由を説明できないこの感覚はまさに原作テイストです。もし、このショートアニメを原作を知らずに見たとしても「全米No1」はツボに来ていたと思います。私にとってはものすごく破壊力があった。ハムスター以来の破壊力だな。


話の流れは「どうでもいい人にとってはどうでもいいものを真剣に追いかける人たちの物語」という感じでこれも原作テイストです。作中の人たちはそういう価値観を持っているから必死になって奪い合うけれど、一般的には何で戦うのか理解できないという面白さ。しかも登場人物によってその元となる価値観も違うわけで…。


そして、衝撃の落ち。

前にも書きましたが、このネタがツボに来るのはR35です。私ももしそのオリジナル原稿だったらなんとしてでも手に入れたいと思うかもしれません(笑)。自社作品を引用するのは慎重で良いと思います。これも前に書いてますけれど、『ハヤテのごとく!』の商品価値の一つとして多作品引用が多いことってのが挙げられるんですよ。例えば、この落ちの後に本の宣伝をすることもできますから。自社が持っている作品を使うのは当たり前。他社の物を引用する時にも、作中広告と相殺することができるかもしれません。実際には大人の事情でいろいろと障害はあるとおもいますけれどね。やりようによっては、業界全体の活性化を図ることができるアニメなんですよ。


全般的に見て、畑健二郎さんのこだわりが感じられるストーリーです。あくまでも主人公はハヤテ君でヒロインはナギちゃんとマリアさんという主張が見て取れます。ほんとにくどいです。しかしくどいくらい言わないと誤解される構造なのでしょうがない。



絵についてはこんなもんかなぁと…。正直さっぱりわかりません。別に違和感はなかった。某所で評判がイマイチだったサクは私はむしろ気に入りましたが、原作でお気に入りの西沢さんはイマイチかなぁと思いました。このあたりはキャラに対する思い入れの強さも感想に反映されていそうです。とりあえず動く絵を見られたと言うことで満足しておかないといけないでしょう。


いわゆる「ダメ絶対音感」も持っていないし、そもそも声優さんは興味の範疇外ですが、声と登場人物があっているかという印象についても書いておきましょう。

ヒムロと雪路はこんなイメージです。ハヤテは男でもいいかなと思ったけれど最終兵器「ハーマイオニー」があるのでそうもいかないのでしょう(笑)。

ナギはアニメに描かれてるような流れでは違和感なし。もう少し声が低くてもいいかなとは思ったけれどこれはこれで仕掛けができるかも…*2。でも、ナギが逆上した時にどうなるのかのイメージがわかない。

ヒナギクも、このアニメで描かれている場面では合っている。ナギとは逆に、弱さを見せる場面でうまくはまるのかが若干心配。

そうそう、マリアさんがいた。忘れていたわけではないのですよ。忘れていませんよ。えーっと…全く違和感なし。実際より年上に見えるところまでもが恐ろしいまでに見事に再現されうわなにをするやめ


素朴な疑問なのですが、この声に慣らされてしまってもよいのでしょうか?本放送ではごっそり入れ替わるという可能性は無いのでしょうか?ちょいと業界筋に詳しい人に聞いてみようかななんて思ってみたり…。とはいえ、業界筋情報だって正しいとは限らないんですよ。中の人はどの業界でも大変なのですよ…。みんなぎりぎりで動いているのですよ…。本誌に出ている4人の名前くらいは覚えておかないと会話ができない。XXの声の人と言われてもわからんからなぁ。唯一わかるのはアナゴ君だけだ(笑)。見たのがちょうど日曜日だったので…。



正直、このアニメのテイストが本放送に生かされるとはどうしても思えないのですよ。畑健二郎さんのセンスと、『ハヤテのごとく!』という作品世界を漫画以上に制約が多いテレビアニメで再現することは無理なんじゃないかとさえ思っています。

テレビアニメは宣伝の一環だと思います。このコンテンツを売るためにはより多くの人に知ってもらわなければならない、そのためにテレビの力も使う。まるで先週のナギのような口ぶりですね(笑)。

もし仮にアニメがそこそこヒットするとそれはそれで難しい舵取りが必要になると言うのも前に書いたとおり。「オタク」と「オタクと言われることを拒むオタク」との間に対立が生まれセールスにも悪影響が出てくると思います。その問題も『ハヤテのごとく!』の場合はクリア可能だと思っているという話はいずれまた。放送時間とキー局が決まれば、そんなこと起こりえないという推測ができるかもしれないので。


いずれにしろ、ファンは応募した方がよいと思います。さすがにこのストーリーで重要なキーワードが公開されることはありませんでしたけれど、この作品がどういう作品なのかを再確認することができます。


最後に…。

いまさらだけど感想サイトをやっていてよかったですよ。テレビの力ってのをひしひしと感じることができました。なんのかんのいってもテレビってものすごく影響力が強いメディアなんですね。だって、コナンが終わった後の月曜20時台、こんなサイトにさえ100人くらい来訪しましたから。月曜なのにありえませんよ。普通は。もしかすると月曜よりも今日の方が来訪者数少ないかもなぁ。


ハヤテのごとく!ショートアニメ声優(本誌公開分のみ)

綾崎ハヤテ白石涼子
三千院ナギ釘宮理恵
マリアさん田中理恵
桂ヒナギク伊藤静

※マリアさん以外敬称略


プレゼントの応募方法:サンデー2007年7号本誌、270ページにある応募券を使わないともらえません。つまり2枚欲しければサンデーを2部買う必要があると言うこと。


どこか懐かしい場所に戻ってきたような111話

| 14:22 | どこか懐かしい場所に戻ってきたような111話を含むブックマーク どこか懐かしい場所に戻ってきたような111話のブックマークコメント

久しぶりに宣伝しようかな。

ハヤテのごとく!感想リング at はてなってのを作ってあります。サイト持っている人が自分で登録できるリンク集だと思っていただければいいです。私含め何人かはこれを使って感想サイトを見て回っています。このサイトより検索エンジンで上に表示されたりします(笑)。

登録も退会も自由なのでお気軽に。


本屋が好きです。女の子31人の漫画に出てくる本屋ではなく本物の本屋が好きです*3。最近は買う物がある文庫新書雑誌コーナーだけではなく漫画コーナーも見ることが多いです。実際この漫画が売れているのかというのは気になりますので…。

状況は…。深刻だと思います。厳しいです。

一般的な書店では玉切れを起こしています。ふと思いついて大人買いをしようとしても手に入りません。平積みしている書店でもある巻は切れていたりします。10巻発売時にアニメ化告知POPが立つらしいので改善するでしょうけれど…。

漫画みたいに大量に売れて気軽に買える値段の物は、飢餓感煽るより思いついた時に買ってもらった方がいいと思うんですよね。


そんなことはともかく、今週の感想を。また一つ新しい要素が付け加わりました。


今週の一コマ

f:id:tanabeebanat:20070117131607j:image

妖怪ババァ(w

もうね。今週の話読んでこう思った人は俺だけでは無いと思う。確信する。


らんまじゃねーか!


伊澄ちゃんの大おばあさまはどうみても八宝斎の立ち位置です。はじめて読むはずなのに懐かしい、不思議な感じ。おじさんたちのハートを鷲掴みですよ。



今週のポイント

サブタイトル

「」で囲まれている方がサブタイトルですよね。その後ろの煽りの方がむしろそれっぽい…。


扉絵

今週は鷺ノ宮家話のはずなのにマリアさんには意表をつかれた。


全員死にます

猫以外にも混ざっている。吹き出しの「ニー」が主に猫以外から出ているのが細かい配慮(w


可愛くない

本来可愛いはずの物を可愛くなく描くというのがいい。これもらんまやうる星のテイスト。


次号予告

またカラーですかそうですか。表紙もですかそうですか。キー局と時間帯の発表っぽいですね。2006/10/20の記事にあるこのサイトを読んでいるみなさまの希望と予想が当たるか!?ちなみに私ははずすことはありえません。なぜならこの投票では票を入れていないから。ずるい大人です(w


価値観のズレ

こういう自己中心的なギャグ、大好きなんですけど(w

軽く殺すとか(w


お尻

火田くんは本当にお尻が大好きなんだなぁ(w

なんか笑ってばっかりだな。



人間関係

主要登場人物間では何も変化無しですね。大おばあさまとマリアさんとの関係が今後もこんな感じなのかが気になるところ。



まとめ

この話は高橋留美子作品へのオマージュでしょう。そうとしか思えない。ショートアニメのネタに使わさせてもらったからですか?そのお礼ですか?

20年〜15年前にタイムスリップした気分です。これ褒め言葉ですよ。まさかこんなギャグ漫画をまた読めるとは思わなかった。犬夜叉が終わって高橋留美子さんが新連載を始めたらもしかしたら…と思っていたけれど。

畑健二郎さんというと、師匠の久米田康治さんの作風を受け継いでいると言われることがありますけれど、高橋留美子さんの作風も色濃く受け継いでいます。サンデーに連載していたという共通点があるだけで、全く接点がなさそうに見える二人のギャグ(コメディ)漫画家さんの雰囲気を併せ持つ漫画家さんなんですね。


今回の話、苦し紛れに新キャラを投入してきたように見えるかもしれません。でも、そうとは言い切れないんですよね。性格付けはこの話の直前に考えたのかもしれないけれど、存在することは伊澄ちゃんの家族構成に明記されていたことですから。

いずれサクの弟妹も出てくるんだろうなぁ。どういうキャラなんだろう。楽しみだ…。


とまぁ今回の感想はこんな感じなんですけれど、それだけではないところが、この作品、この作者の真の恐ろしさでして…。来週はたぶん全く違う雰囲気の話を持ってくるんじゃないかなぁ。

ホワイトデーでしょう?たぶん。お笑い要素がない切ない話を持ってくる気じゃないでしょうねぇ。怖いなぁ。


追記:

あーーーーーーーー!

次号予告見ないで書いちまった!某所で見て呆然としたよ。旅が先なのか!驚いた…。もしかしたら珍しく俺でも元ネタ解析に協力できるネタが出てくるかもね。電車だからねぇ(笑)。



ハヤテのごとく!主要関連記事

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2006/7/31 物語性についてのメモ(その1)2006/7/31版 1対1の作中人間関係

2006/10/5 第98話 伏線だらけの最終回 ヒナギク物語最終回

2006/12/25 ハヤテのごとく!結末予想とその根拠、まとめ(2006年版)

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく! マリアさんの設定推測記事と登場人物出没ポイント一覧をアップロードしました。



らんま1/2 (1) (少年サンデーコミックス)

らんま1/2 (1) (少年サンデーコミックス)


人気ブログランキング


トラックバック先(順不同)

Moon of Samurai

じろグ!

くるくるばたばた

ヒナギク様をみてるっ!?

ヒナギクさんといっしょ♪

360度の方針転換

意味不明な小部屋

萌えを得たオタのごとく!2

万事屋あんごるも

ガンぽに

さくら日記

▽架空の杜△

明日はきっと。

GブレイカーのSpecNote(一日一叫ぶログ)

ぷらずまだっしゅ!

ヘイルトゥ一休さんっ!!

マンガのしっぽ☆アニメの背びれ

スピオキルト!

ゲ〜ムやマンガのきゃらと〜く

星の海へ行こう!

dolphin87の日記

現実、時々理想。

ライク・アライブ

ちいさな創造

音がすき 画がすき 譜面がすき

*1:目が潤んでいる

*2:ははは。また妄想ですよ。妄想。もし作り手が仕掛けをしていても、何年も放送が続かなくては生きてきません(笑)

*3:このネタ何度も使っているよな…

gmaxgmax 2007/01/18 00:06 畑さんが監修、てのは見落としてました……
でもよく考えてみたら畑さんってもともとアニメーター志望だったんですよねぇ。ジブリの面接まで受けたそうですし。今回のショートアニメで夢の一部でも叶ったことになるんでしょうかね。

宮崎宮崎 2007/01/18 04:31 >ナギはアニメに描かれてるような流れでは違和感なし。もう少し声が低くてもいいかなとは思ったけれどこれはこれで仕掛けができるかも…
これを見て、「風のない海で抱きしめて」という曲と未来を結びつけても違和感なくなるな、と思いました。この曲の歌詞は時の流れ・昔募らせた想い・恋の成就への願いを歌っていて、物語の終局が近くなったときのナギの行動(トゥルーエンド?)を連想してしまうんですよ。眠る町を抜けて海で日の出を見に行くとかそんな歌詞が2巻の初日の出の話があるのでハヤテとナギについて言っているようにしか聞こえない・・・。歌詞のイメージと漫画のほうのナギのイメージにはズレがあったので、いろいろ偶然だとしても今回のことは凄いかもしれません。(曲名なんて、奇跡としかいいようが・・・)
あといろいろ連想できる曲つながりで「Always (倉木麻衣)」というのもあります。この曲のテーマは応援ということなのですが。なんか西沢さんをヒナギクが応援しているイメージがあります。なんとなく、歌詞に関係してる人達がヒナギクと西沢さんの性格や考え方そのままじゃないと自然と出てこない言葉のような気がして・・・。しかも、最初恋愛についての応援で、そのあと友人としての夢の応援になっているのもヒナギクと西沢さんらしいです。
ここまで矛盾する部分もなく限定的に「作中の登場人物の想いが歌われている歌」と取れるのは奇跡だと思います。
個人的にはなにか縁があるような気がしてならないのですが、そうだとしたら畑先生は本当に特異体質かなにかかもしれないですね。(笑)
(他にも私は「Time after time~花舞う街で~」で西沢さんについてが「風のららら」でヒナギクについてが歌われていると感じました)
コメントはこれらの曲を聴いてから思ったことをお願いします。

tanabeebanattanabeebanat 2007/01/18 11:36 gmax様
今日も書きますが、あの当たりの言葉には営業的な配慮もあると思うのでどこまで真に受けていいかわからないのですが、シナリオを作ってもらってそれをチェックするくらいのことはしていたと思えるような内容でした。もし、ある程度原作通りに話を進めて、その上でヒナギクさんや西沢さんを先に出すのだったら、原作者の考え方を聞いておかないと矛盾が起こりそこをファンに突っ込まれる可能性が高いので今後も原作者がある程度目を通す可能性も考えられます。ハルヒみたいな関係が構築できればいいんですけれど…。
宮崎様
試聴サイトを探したのですが見つからず…。歌詞はYahooとかにあったので読んでみました。「風のない海で抱きしめて」は「凪」ですねぇ…。極めて個人的な経験で「凪」が「死」のイメージと直結してしまっているので余計に来る。オープニングとエンディングは楽しみにしています。声優さんが歌うのか、人気がある歌手が歌うのか、あるいはこれを機会に売り出す歌手が歌うのか。そしてその歌詞は原作の世界を表現する物になるのか。正直破壊力がある歌詞は勘弁して欲しいと思っていたりします。はまりそうなので(笑)。
放送はじまって実際に歌を聴いてみたら適当なことを書いて音楽に詳しい方からの突っ込みをいただくことになるかもしれません。
お二人ともコメントありがとうございました!

blogram投票ボタン