tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-02-14 ハヤテのごとく!115話感想 アニメは4月! 盛り上がって参りました!

全国的に春一番が吹くらしいですが、とりあえず今は雨。

今週の感想は書け次第アップロードです。当たり前ですね。でも今週は気を遣うなぁ。昨日の記事を紹介してくれたサイトを探しているとうっかり言及していたりしそうで…


注意力不足は強みにもなる

| 17:10 | 注意力不足は強みにもなるを含むブックマーク 注意力不足は強みにもなるのブックマークコメント

小学校の通信簿には必ず「落ち着きがない」と書かれていました。仕事でも「もっと落ち着いてやればいいのに」と自分で突っ込むことがよくあります。思い出したくないことを思い出してしまった。

しかし、ネットでの集客という点ではそれは強みにもなったりします(笑)。

SEOでね、誤入力を引っかけるためにわざとそういう言葉を入れ込んだりするじゃないですか。それを自然な文章に織り込むとペナルティ食らわないから業者とかはがんばっているらしいじゃないですか。

このサイトは天然でそれをやっている(笑)。天然だから文章は自然きわまりないです。

とあるキーワードを見て改めてそう思いました。古い記事だし夏休みまではその記事にはそれほど人も来ないだろうし、もういいや、直さなくて…。


2007/2/13分

| 12:59 | 2007/2/13分を含むブックマーク 2007/2/13分のブックマークコメント

長文を書く人のサイトの感想も長文・・・。

類は友を呼ぶのか、朱に交われば赤くなるのか、同病相憐れむのか(w


西沢さんは「七尾こずえ化」しないと読んでいます。

| 12:26 | 西沢さんは「七尾こずえ化」しないと読んでいます。を含むブックマーク 西沢さんは「七尾こずえ化」しないと読んでいます。のブックマークコメント

昨日書いた「西沢歩 「普通少女」の存在意義」という記事が予想外に各所で取り上げられて驚いている今日この頃です。

思いつきでその場で書いた物の方が読んでもらえるというこの事実。自分の限界を感じています(笑)。

それはともかく、どうも誤解があるようです。というか、うまいこと文章がまとまらなかったので誤解を招くような書き方をしてしまいました。なので、ちょいとフォローをしてみます。

必死に見えますか?

え え 、 も ち ろ ん 必 死 で す と も

  • 「七尾こずえ化」は無いと読んでいます。

これがね。まとめの言葉が駄目すぎた。駄目だなぁと思って書いたんですがやっぱり駄目。で、計算外だったのが多くの人に読まれてしまったこと。火曜だからいいや〜、って思っちゃったんですよねぇ。

日塔奈美化」も無いと行ってもいいんですけれど、「日塔奈美要素」は持ち続けるような気がします。でも「七尾こずえ化」は無い。絶対無いと確信している。その根拠は…。


人気投票結果発表でサンデー本誌に掲載された読者からのコメントです。前にも引用しましたが再度掲載します。

幸せになってほしい。でも最終回で適当に"普通の会社員と結婚して普通の過程で普通に幸せに暮らした"とか説明されそうで悲しい

これはまさに「七尾こずえ」。あの漫画を読んだ人なら誰もが妄想するエンディングです。でね、そのエンディングを用意しているのならこのコメントは掲載しないと思うのですよ。もしバラすのなら作者が自分の言葉で語るような気がするんですよ。

この漫画は作者が自分の作品に数多くの制約を課しています。バトル漫画にならないとかただのラブコメにはしないとか、終わりがあるとか日付が決まっているとか…。あのコメントを読んで、その制約に「西沢さんの七尾こずえ化は無い」が加わったと思いました。

念のため書いておきますけれど、こういうのは読解の話なので、人それぞれ同じ言葉から感じるところは違うと思います。私は作者がそう考えていると読みました。正解を知っているのは極端に言えば作者だけです。この漫画の場合、その正解が用意されているはずなので安心して読解ゲームを楽しめるわけです。読者の嗜好に合わせて物語の本筋を変えることは無いはずです。ああ、それも読解なんですよね。途中で別の道を選択してたらその後の選択が正しくても別の道を進むことになるんですよ。だから難しい。でも面白い。間違えた道を進んでも偶然たまたま正解にたどり着くことだってあるわけだから。

そういう背景があるので、「終わりの日付が決まっている」という予想が当たって力を得たんですよ。それが崩れたらその先は全て間違えってことになってしまいますので。


ひょうたんからコマじゃないですが、この記事を書いている途中にようやく作者が言う「1周目」「2周目」という言葉の意味がわかりました。たぶん。週末にアップロードする記事に追記してみます。


追記:サンデー読んでて思い出した。「普通の異常性」って言う話だとものすごくいいサンプルが連載中じゃないですか。『絶対可憐チルドレン』。普通の人はあの作中世界では異分子ですよ。しかも過激な…。


Wikipedia閉鎖騒動

| 12:37 | Wikipedia閉鎖騒動を含むブックマーク Wikipedia閉鎖騒動のブックマークコメント

Impress やじうまWatch

2ちゃんねるの閉鎖騒動にはすっかり慣れてしまっていますがこれには免疫がない。うーん…。困る。

でもなぁ、ネット経由のお金のやりとりにものすごく抵抗があるから…寄付かぁ…。という人も結構多いのかな?

どこかの巨大資本がぽんとお金を出すって言う解決法が良いことなのかどうかという問題もあるので難しい。広い意味での情報インフラは意外と脆弱な基盤で支えられている。


115話感想 アニメは4月から。さーて、盛り上がって参りました!

| 15:07 | 115話感想 アニメは4月から。さーて、盛り上がって参りました!を含むブックマーク 115話感想 アニメは4月から。さーて、盛り上がって参りました!のブックマークコメント

自分以外にはどうでもいいことなんですが、某所でスレタイが採用されるとすごくうれしい物です。


追記:自己ルール違反ですが需要はあると思うので…

サンデーCMが公式サイトにアップロードされています。

http://websunday.net/theater/index.html

ロングバージョン画質はいいけれど大きさ控えめです(笑)。録画したやつとは最後の締めがちがう。


今週の話、先にまとめを書いちゃいますね。一言で。

いくら何でも詰め込みすぎだろう!

先週もそう思ったけどさ、今週のはもっとひどい(笑)。16ページとは思えない。

今日はポイント→一コマの順にします。

ポイント

ポストカード

ファンとしてはうれしいのですが…。これも書き下ろしだよね。畑健二郎さんは大丈夫なのか?今回は表紙の口調が合ってる。

ナギちゃんが渡しているのでほのかにマ○レモンの香りが混ざっていたらどうしようと思ったのですがそれはなかった(笑)


アニメ放送開始時期確定

バレは出回ってますが真偽のほどを判定することができないので公式情報を追っ掛けています。コミックス宣伝ページに「4月からアニメ化」と明記されていました。なのにこの時期に局も時間も発表されていないのはなぜ?何か仕掛けているのかな?それともこれって普通のこと?


お風呂

温泉話なのだから当然お色気シーンを混ぜることは予想できます。しかしまぁこの二人とはね。この会話を見ると納豆事件のパロディにはならなさそうです。


新キャラ予告

紫子さんは伊澄ちゃんの伯母にあたる人物でしょうか?物語的重要な役割があるのかわからないけれどまた新キャラ予告。

姫神君は恐らく物語終盤まででてこないだろうし、アータンは早くても2年に進級してからだろうし…。いったいこの漫画を作者はどうしたいんだ?


プリクラ

ハヤテ君は一緒に撮ったことを覚えていたみたいですね。ここは説明不足かな?ああ、西沢さんの携帯からマリアさんに発信しているのはおかしいから二人は一緒にいると思ったのか。でもそれで危ないと即断するのもいかがな物かと。まぁ実際危ないわけですが(笑)。


大おばあさま

強い(笑)。もし伊澄ちゃんの話で出てこなかったらワタルくんが出てきてシスターがこの役目だったのかな?


マリアさんとヒナギク

うーん。マリアさんの言葉が謎。勘づいているのかいないのか。勘づいているんだろうなぁ。「真面目な人」とか言っているくらいだから。


ヒナの答え

これはちょっと読めない。ヒナギクファンの皆様の見解が楽しみ。「答えが出ているのかも」という書き方しているってことはどこかでこの答えがわかる仕掛けになっているような気がする。

龍とハムスター

ナギちゃんと西沢さんの話は盛りだくさん。今週の一コマで…。



今週の一コマ(嘘)

すいません。絞り切れませんでした。2コマです。しかも時系列狂います。

呼称変更

f:id:tanabeebanat:20070214141902j:image

読めなかったよ…。ハムはヒナとの関係作りで手一杯だと思っていたよ。「三千院ちゃん」の呼び名も好きだったですけどね。名前で呼び合う中にならないと物語に入り込めないっていうルールなのかな?かな?

でも、ナギちゃんは相変わらず「ハムスター」って呼ぶのね。

この2人の友人関係はカラオケで一応構築されていたのでこのイベントで友だちになったってわけじゃないとは思いますが、関係が深まった事には間違いない。しかも、2人がいずれ奪い合うことになるハヤテ君の目の前で構築されたというのは大きい。最後から二コマ目、西沢さんの目線が気になります。ハヤテ君を見ているようにも見える。そしてハヤテ君は笑っている。

これもこのコマとは関係ないのですが、この前のコマのハヤテ、ナギ、西沢さんの距離感が微妙。ハヤテ君と微妙な距離にナギちゃん。そこからさらに距離を置いて西沢さん。西沢さんの自転車をハヤテ君が押しているから余計に微妙。もしかして、西沢さんは服装と汗を気にして近寄らないようにしているのか?バックステージで言及がありそうとか勝手に思っているんですがどうでしょうか。

ナギちゃんと西沢さん、この二人は「宿敵」と書いて「とも」と呼ぶみたいな間柄になるんですかねぇ。

お母さん

f:id:tanabeebanat:20070214141836j:image

ついに来た!!!きたきたきたきたきたきたーーー!!!!!

この場面はナギちゃんが西沢さんの家に押しかけた時から想像していました。絶対こういう局面はやってくると!伊豆で来たか!

まずは本筋とは関係ないMTBについて。

意外と自転車って小道具は使い勝手がいいですね。最初のエピソードは自転車便とママチャリだし、西沢さんとハヤテ君との出会いは自転車の故障だし。畑健二郎さんは自転車マニアなのかな?俺はその趣味無いからわからんのですが。好きな人は好きだからねぇ。車が「こういう場合普通死にます」って感じで潰れたのに自転車の心配する人がいるくらいだからねぇ。

次にナギちゃんの悪態。これも関係ないな。ナギちゃんは西沢さんに対してツンデレって話がありましたがそんな感じですね。西沢さんはどうやらそんなナギちゃんが嫌いでは無いようです。むしろ守るべき対象と思い始めているかも。となると今度はマリアさんとバッティングするのか?ややこしいなぁ、もう。

さて、本題。

今週は事情を知らない人からの心を貫く言葉ってのがテーマなんでしょうか?マリアさんといい西沢さんといい…。

二人ともね、悪気があるわけではないのですよ。だから余計に始末が悪い。特に一コマで挙げた西沢さんの言葉は事情を知っているとどきっとしますよね。しかし、よく考えてみたら、ナギちゃんに両親がいないことはコミックスを読んでいる読者は知っているけれど登場人物のほとんどは知らないのですよ。情報格差です。ここでこのエピソードを持ってきたと言うことは、「伊豆での特別な用事」はお墓参りなんだろうなと思いますね。そこにハヤテ、ナギ、マリアさんの三人だけが絡むのかそうでないのかはまだわかりませんけれど。もしかしたらマリアさんの秘密は読者が拍子抜けするくらいあっさり明かされるかもしれません。

ハヤテ君はマリアさんの出生の秘密は知っています。しかしナギちゃんの話は知らない。この旅行でようやくこの3人は3人とも親がいないと言うことを認識するはずです。となると気になるのはヒナギクさん。彼女が義理の両親と一緒に旅行に来ているというのがまたなんともややこしい…。さらに伊澄ちゃんは母親と一緒ですが父親はいないと言うことを読者は知っているわけで…。そして圧倒的に幸せなのは「普通少女」の西沢さん。東京に帰れば両親と弟がいる普通の家庭が待っています。

来週以降おそろしくシリアスな展開になる可能性もありますが、そうとばかりも言い切れない。


まとめ

今週はこの漫画が扱うであろう「親に捨てられた子」「親を失った子」というテーマが顕在化しました。それだけが『ハヤテのごとく!』のテーマじゃなけれど、そのテーマも避けて通れないわけで…。普通に考えればシリアス展開が待っているはずなのですが、この漫画はギャグ漫画だったりもするのでどうなるかわからないです。他作品引き合いに出してすいませんが、このあたり「あいこら」の設定はうまいなぁと思うんですよね。どんなにシリアスな話でも全力で落とせる「お約束」がある。

それだけでも重いのに、ヒナギクさんの心の動きがそれとは別にあるわけで…。よく考えてみたらこの話今のところのメインは西沢さんだな。彼女を中心に回っている。ホワイトデーへのつながりなんだから当然なのか。しかし、彼女が入り込めない三千院家の事情というのもあるわけで。えーい、ややこしい!!


これで伊豆への旅は終了ですかね。あとは伊豆で何が起こるか。あと3週くらいは東京を離れているんだろうな。


今週末は『ハヤテのごとく!』10巻の発売があります。またありえない作者自身によるネタバレが読めるかもしれません。それがあるかないかはともかく、久しぶりに長文を用意してあるので読んでくれるとうれしいな。これでまとまった文章は最後になるかもしれないし、ただそう思って書いた文章は今までにもたくさんあるし…(笑)。自分自身では決定版かもしれないなと思っているんですがアップロードした翌日に「違った」とか「足りてねぇ」とか思っちゃうものなんですよね。


そうですね、今度の文章には自信がある、とだけは言っておきましょう。それだけではないけれどそれがなければ決してこの漫画にはまることはなかったはず。




ハヤテのごとく!主要関連記事

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2006/7/31 物語性についてのメモ(その1)2006/7/31版 1対1の作中人間関係

2006/10/5 第98話 伏線だらけの最終回 ヒナギク物語最終回

2006/12/25 ハヤテのごとく!結末予想とその根拠、まとめ(2006年版)

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく!

2007/2/6 ハヤテのごとく!リンク集のリンク集


トラックバック先(順不同)

くるくるばたばた …そっか〜。そうですよね。…。読めなかったよ…。たぶん正解。

Moon of Samurai つーか読めなかったのは俺だけ?

じろグ! うわー…。言葉無い…。

360度の方針転換 失礼ですが…。ちょっと安心した(笑)。

ヒナギクさんといっしょ♪ ヒナギクさんの心が気になるのは私も一緒

ひなぎくのなく頂に葱 最近ナギの笑顔に気合いが入っているような気がしてます。

明日はきっと。

ここの事情√3

萌えを得たオタのごとく!2

星の海へ行こう!

薄闇の蒼

ぷらずまだっしゅ!

ヘイルトゥ一休さんっ!!

さくら日記

現実、時々理想。

ヒナギク様をみてるっ!? 強烈なバレンタイン企画に目を奪われて今週の感想があるのを見逃しましてました…。

dolphin87の日記

マンガのしっぽ☆アニメの背びれ

▽架空の杜△

スピオキルト!

ガンぽに

福音を告げる場所

万事屋あんごるも

一方通行マンガway 更新再開です。

はるばーもんど

ライク・アライブ


い、いいわけするわけじゃないですけど、ちらっと思わないでもなかったのですよ。でもMoon of Samuraiにも書いてあった設定がね。それとむしろハヤテの方に何か裏設定がとおもっちまったし…。まぁ何を言ってもいいわけですよね…。たぶんそういうことのような気がします。

toroneitoronei 2007/02/14 14:48 いやもちろん、僕もそう思っていますし、tanabeebanatさんもそうは思っていないと考えていますよ、ただもしそうなるとしたらというif…話をつなげただけですので(笑)。

tanabeebanattanabeebanat 2007/02/14 15:10 toronei様
そちらのサイトではそうではなかったのですが一般的にという意味でです。すいません。誤解が誤解を生むなんてめぞん一刻みたいになっちゃってます(笑)。おそらくある程度以上の年齢の人は西沢さんとこずえちゃんを重ねて読んでいる様な気がしているので最後だけ読んだら誤解されるなと思って自己フォローしてみました。
コメントありがとうございました!

SGKDSGKD 2007/02/14 19:10 皆様のコメントも、長いようなので、安心して書きます。
今日のコメントはネガティブかも知れない。作品と直接関係の無い話です。ごめんなさい。Tanabeebanatさん以外は読まないで下さいm( _ _ )m(ってのは無理か、やっぱり)。

 Tanabeebanatさんもおっしゃっているように、今回は詰め込みすぎ。そして、展開を急ぎすぎ。これが、畑先生が読者の立場でスピードを速めていこうとしているのならまあ、しょうがないかと思うのですが、アニメ化のこのタイミングで物語の進行が加速しているのは非常に不安です。
アニメに関わる企業の力は、漫画に関わるそれと比べて非常に大きいものですから、なにか要請(圧力)でもかかっているのでは?と心配してしまいます。作品と関係ないことをコメントで書くのはどうかとも思ったのですが、アニメ化されるとホントに色々な「もの」が関わってきて、原作も無関係ではいられないということをファンの人は、強く認識した方がいいと思いまして、書かせて頂きました。
正直アニメ化は今でも大反対なんですよ、自分は・・・。アニメ化によって壊された作品(アニメに限らず)を幾つも見てきているから。その際に声をあげなかった自分への反省もあるのですけど・・・。

内容については、今回の話は定型を繋いだだけなので、特にはありません。逆に、定型を繋いだから詰め込めたのかも知れませんね。
ですが、来週の展開次第では「ごめんなさい」と言いに来ないと駄目かもしれません。その方がずっと良いのですけど。

では、失礼します。

tanabeebanattanabeebanat 2007/02/14 19:58 SGKD様
このエピソードを11巻に納めたいってのが急いでいる理由かもしれないなと思っていたりします。118話で終われば切りがいいです。バックステージを読むとこの漫画をプロモーションする上でクリアしておかなければならないイベントが伊豆の旅に用意されているように思えるのでアニメと同時に売り出す戦略的な意味もあるのかも知れません。
私もアニメ化は諸刃の剣だなぁと思っています。原作とは別物として楽しまないといけないのだろうなと…。今の悩みはアニメの感想も書くかどうかです(笑)。ハヤテ感想サイトとしては書きたいし読みに来てくれる方もそこそこいると思うのですが、アニメの感想ってどう書けばよいのかわからない…。
バレ情報では否定されてますけれど、公式発表が来るまではスポンサーの関係上NHK放映になるという予想を曲げないことにします。だってパ○ンコ業界は特に地方局にとってはいいお客じゃないですか…。それが原因で借金作るなんて話にはできないはず。民放ならその設定は変更でしょう。
コメントありがとうございました!

みきお茶みきお茶 2007/02/14 22:31 最近用があって、ハヤテのごとく!に出てくる男キャラを1巻から調べていました。それで思ったのですが、虎鉄の苗字が出てないのは気になりますよね。
・・・まぁ、いまさらなんですけど。

tanabeebanattanabeebanat 2007/02/14 23:06 みきお茶様
そうですね。バックステージで「今は明かせない」みたいなことも書いていたような記憶が…。ナギは虎鉄のことを知らなかったようなので三千院家ゆかりの人物では無さそうですけれど明かせない以上は既に出ている誰かとは関係があるはずで…。
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン