tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-03-07 ハヤテのごとく!118話感想 「ナギの物語」&呆然…

だり〜。

さてさて、今週のハヤテは昨日書いたような展開になっているのでしょうか?あるいは全然考えてもいなかったような見開きなのでしょうか?

いろいろな意味で読むのが怖い。


何?この伊豆の旅?畑健二郎は俺を殺す気か??

椅子が来たのに開封する気になれない。そんなことしたら徹夜になっちまいそうだから。

今日のハヤテ感想記事は二部構成になります。はじめの記事は今週の話とはあんまり関係ないかもしれないけれど表題はぴったりです。

その前に…


2007/3/6分

| 21:19 | 2007/3/6分を含むブックマーク 2007/3/6分のブックマークコメント

ふるぱ-しゃる管理人の秋月らせんです。

貴サイトへリンクさせていただいのでご報告致します。

もしまずい様ならお手数ですがご指摘いただけますでしょうか?

ではなにとぞよろしくお願いいたします。ではでは。

リンクありがとうございます。個人的にWebでのリンクは否定的であろうが肯定的であろうが貼る人の自由だと思っているので喜ぶことはあっても怒ることはありえません。

ただ、最近思っているのは、mixiとか、誰もが見れるというわけではないところにリンク貼られるのはちょっと気分悪いなぁと(笑)。どういう意図で貼ったかわからないじゃないですか。むしろ2ちゃんに貼られた方がまだいい。がんばれば調べがつきますからね。

読める人が限られたサイトにリンク貼る時にはh抜きとかでお願いしたいなと思います。


ふるぱ-しゃるは他のサイトのリンク経由で来訪することが多かったのでハヤテリングのインポートと一緒にアンテナ追加いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。


118話感想 その1 「ナギの物語」

| 21:44 | 118話感想 その1 「ナギの物語」を含むブックマーク 118話感想 その1 「ナギの物語」のブックマークコメント

たぶんこのサイトを読んでいる方の8割が「ここの中の人は火田くんを過大評価している」と思ってるんじゃないかと思います。だから、ナギの母親にハヤテが似ているという話も連載前から決まっていたと言うに決まっていると思っているでしょう。

でも、私はそうは思いたくないです。この設定は後付だと思いたい。この設定が最初から決まっていたのなら伏線はいくらでも貼れたと思います。

そんなことを考えていて、ふと思いました。

この漫画の第1話「サンタの赤は血の色地獄」、漫画での第2話でアニメの第1話のサブタイトルになることが予告されている「運命は、英語で言うとデスティニー」、第3話「状況説明とメイド服の構造に関する考察」、第4話「三千院ナギと秘密の部屋」、そして第五話「たとえニュータイプになろうとも、口は災いの元」は最終回だったんですね。


98話で終わったヒナギクさんの物語、116話で終わった西沢歩さんの物語。それと同列にあるのが1話から5話なんだなぁ。

そう、この漫画が始まると同時にナギの物語が終わったんですよ。


幼くして両親を亡くし、日常的に命を狙われ、打算的な大人たちに囲まれた少女。どういう関係にあったかはまだ明かされていませんが、物語の終盤には執事との別れも経験しています。

そんな女の子がある少年と出会い、愛の告白を受けた(誤解だけど)。まだ描かれていないけれどそういう物語があったんですね。

「ご愛読ありがとうございました。でも物語はこれからだ!次回作にご期待下さい!」的な終わり方だけどそういう話もありそうでしょう?特に打ち切り漫画で。


そう考えると、ハヤテがナギの母親に似ているって言うのはあまりにできすぎているんですよ。まるでとってつけた設定みたいに見えます。で、実際とってつけたんじゃないかなと思っています。そうじゃなければ、マリアさんの言葉が…。いや、もし前々からその設定があったのなら、あのマリアさんの言葉も意味深だなぁ。なーんて読み始めると、ほーら、まーた深みにはまっていきます。

ちなみに引っかかっているマリアさんの言葉は1巻122ページです。


連載開始早々に終わったナギの物語ですが、それで終わったわけではありません。新しい物語がすぐに始まっています。ヒナ祭り祭り中盤と伊豆の旅。久しぶりにナギの物語が動き出しました。


118話感想 その2 呆然…

| 22:37 | 118話感想 その2 呆然…を含むブックマーク 118話感想 その2 呆然…のブックマークコメント

読みは当たってた。っていうか誰もがこの話が出てくることは想像していた。

まさか…、ギャグで流すとは…。まさか…、裸で落とすとは!!。

この漫画絶対おかしいって!!


出社前にコーヒー飲みながら読んで呆然とした。だって、ネギま!言ったらナギが出てくるところにあたるような話だよ。盛り上がるところじゃん。えーい、どっちもナギでややこしいな!サウザンドマスターって長くて打ちづらいからそれもやだし。とにかく、ギャグで流すとはみじんも思ってなかったですよ!


本編以外にもいろいろあるので通常感想もたぶん長め。結局バックステージも他のサイトも見ずに書く俺。


サンデー表紙

ようやく放送局と時間帯正式発表です。予想は外しました。さてどのくらい原作をいじるのか?私的には結線は日曜日です。<誤植ではない。


巻末コメント

作者は疲れてしまったのでしょうか??


イベント

こないだ行ってきた東京アニメセンターでイベントがあるそうです。150人でかつペアで入場とは敷居が高い(笑)。こういうことを書くと不評を買いそうですが、声優さんには興味がないのでたぶん応募はしない。むしろ絡め手から攻めて…。なんてね(笑)。


執事検定回答

スタッフ遊んでいます。いいことだと思います(笑)。


扉絵(カラー見開き)

見開きってこれかよ。煽りとサブタイトルを見て「ああ、今週は泣き系なんだろうな。」と勝手に合点したんだけどなぁ…。


アニメ告知

2007/4/1開始で毎週日曜日朝10:00テレビ東京系列でスタートです。エイプリルフールです。まだ安心できません(笑)。嘘嘘。さすがにそんな手の混んだネタはやらないでしょう。

2007/3/4に書きましたが、東京アニメセンターでの展示を見る限り、思った以上に原作テイストが残った絵でした。今週の告知の絵もがっかりするということはなかった。

第1話のサブタイトル、バレを目にして知っていたのですが…。本当にやる気なのか?原作通りに行くのか?それはいろいろな意味で暴挙だぞ。ヒナギクが秋まで出てこないけれどいいのか?

ところで、声優陣に西沢さんの中の人が出ていないのはなぜ??プロモに出て、東京アニメセンターにも絵があったから安心していたのに…。牧村さん好きの《K-Note》Kei様も同じような不安を感じていらっしゃるのかな?(笑)

たぶん、アニメは相当長いこと放送されることになると思います。今からDVDの購入費用を積み立てておいた方が良いと思います。


地学は大好きで得意だった。でも天文関係はからっきしダメだった。それを補ってあまりある地形、地球物理系の知識があったから受験で勝負できたわけで…。星の話はさっぱりわからんということですよ。天文サイトも持っている360度の方針転換コイン様が突っ込んでいるでしょうか?


8年

8年か…。長いのか短いのか…。ナギちゃんはそれを事実として受け止めている。そして軽いギャグで流す。妙に切ない場面です。ナギちゃん泣いてないんだよねぇ。むしろ枕を濡らす場面が描かれるよりも切ないかも。でも驚いた。さらっと流しやがったよ畑健二郎


ちょっとした自然な仕草

服を着たまま寝てしまったから汗が気になるナギちゃん。こういうのは女性作家の専売特許だと思っていたんだけど男性作家の妄想ってのもありだな(笑)。こういう場面がこの漫画本当に多い。絶対意識的に書いているはず。高橋留美子コンプレックスなんじゃないかなぁ。


『フロ力』

ええ。確かに実在する。温泉はいる前に普通のフロ我慢したりする。それ以上に重要な力もある。『ビール力』。どんなにのどが渇いていてどんなに一杯飲みたい気分でも温泉から出るまで我慢する。そうすることによって『ビール力』は極限までその力を発揮するわけです。統計的に証明されています<嘘


ぼったくり温泉

箱根小涌園のユネッサンと森の湯両方に入れるパスポートと同額なのは偶然か?あそこには行ったことがないので批評はできません。誰もこの記事に温泉の評価は求めていないと思う…。


ゲームネタ

こっそりと魂の叫びを入れるのはいつものことか。おれもやったらたぶんはまるんだろうな。育成ゲームはわりと好き。


男と女

ハヤテ…。いくら子供だからといって全裸のお嬢さまを抱き上げるのはまずいだろう(笑)。ナギちゃんが母を思い出すせっかくのいい場面なのに…。

とはいえ、裸を見られても2回目だから前みたいなショックはうけないんですね(笑)。



お母さんを「母」と呼ぶナギ。いよいよ来週ですかね。お墓参りは。ワタルくんは来ないのかなぁ。なーんかナギがすっかり割り切っているのをみて拍子抜けした。でも、よく考えると切ない。受け入れているんだな、受け入れるまでには葛藤があったんだろうなと想像ができてしまう。ただのわがままお嬢さまではない。今週も繰り返し読んでから初めて切なくなる話。ドラマチックに描ける場面はさらりとながし、日常的な場面をドラマチックに描くということを作者はやりたいのかもしれません。

今週で様相が一変するということにはなりませんでしたね。この話ってコミックス読んでいるから知っているけれど、連載だけ読んでいる人にとっては初めて触れる情報なんですよね。これが描かれればアニメ化されてもいいかな?普通の漫画じゃないことがあわかる人ははここまで読めば十分な数いるでしょうから。

ナギの母親が亡くなってから8年。ナギが5歳の時という計算になります。その時マリアさんは29才9才。9巻扉絵より前なのか後なのかが気になる。たぶん前なんだろうなぁ。ナギの両親の死によってマリアさんが置かれた状況は変わり、それをマリアさんは前向きに受け止めたんだろうなぁ。


西沢さんは当然知らないはずですがヒナギクさんはこの事情を知っているのかな?あの二人も伊豆に来ているわけで、このまま東京まで出番がないとは思えない。

そうだ。伊澄ちゃん家族もだ。あの家は墓参りにも参加するんだろうな。


まったく、この伊豆の旅は俺に対する嫌がらせか?結局前と変わらないかそれ以上の分量書いているじゃないか?まじで忙しい時期は徹夜になるぞ、こりゃ…。


くたびれたのでバックステージとかを読んでからの記事は明日に回します。結局前と変わらなくなるのか…。だめだこりゃ。


追記:昨日も書いた『ハヤテのごとく!』アニメ公式サイトがオープンしてます。

コメントにもあるとおりキャスト漏れしていたりしますけれど(笑)。

ハヤテのごとく公式サイト

めんどいけれどいずれリンクに追加しようかなぁ。めんどいなぁ。

なんか携帯のメルアド入れるとメール来るみたいですよ。よくわからんけど。


さらに。

バックステージでDVDの話が書いてあった。まだ発送していないらしい。予想の12倍ってことは、おそらく6万枚くらいだと思われ…。すげーな…。リアルの友人も一人申し込んだって言っていた。



ハヤテのごとく!主要関連記事

2007/2/21 「スーパーハイブリッドコミック『ハヤテのごとく!』」

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2006/7/31 物語性についてのメモ(その1)2006/7/31版 1対1の作中人間関係

2006/10/5 第98話 伏線だらけの最終回 ヒナギク物語最終回

2006/12/25 ハヤテのごとく!結末予想とその根拠、まとめ(2006年版)

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく!

2007/2/6 ハヤテのごとく!リンク集のリンク集

SGKDSGKD 2007/03/07 21:57  こんばんは。

 今週の感想は、本編については特にありません。「マリアさん 子持ちだったのか!?」とか、「8年前のナギお嬢様 あまり変わってない」とか、「ハヤテ・・・」とか、特に無いですよ(笑)。ちょっと今回の話をどう捉えて良いのか悩んでいますので、もう一度コメントさ
せていただくかもしれませんが、とりあえずは来週の展開次第ということで。

 むしろ、大きな問題はアニメ化に関する情報(BSを含む)です。原作の1話から順に放送するそうで、自分の予想が外れたのは別に良い
んです。それなりの話数で放送される証ですから。問題は、キャストの発表の欄です。西沢さんの名前が無いではありませんか!!!最初
は西沢さんへの愛が足りないので見えないんだと思い、改めて見直しても無い・・・。
 これについては、畑先生とサンデー編集部の両者が、BSでかなり力を入れてフォローしようとされています。しかし、公式HPにもま
だ掲載されておらず編集部がBSに書き添えるという形でのキャスト紹介となりました。
 これは即ち、漫画サイドとアニメサイドとでの西沢さんへの捉え方の温度差を如実に表していると考えられないでしょうか?キャストの
決定が遅れても、主要なキャラクターなら「キャスト未定」といった表記をされるのが普通です。ここでキャラクターの名前すらないとい
うことは、アニメでは西沢さんは、出てきて振られるだけの役といった程度の捉え方しかされていないという事でしょう。
 今まで畑先生は、アニメ化に際して原作者とアニメ製作者側の間に充分な意思の疎通が図られているといった言葉を繰り返し述べてこら
れました。しかし今回の件で、両者の間の温度差が露見したといった所でしょうか。放送直前にして、アニメに対する不安がさらに高まっ
た感じです。

 春も近いし、アニメの放送開始も近いのに、憂鬱な気持ちです・・・。

 では、失礼します。

tanabeebanattanabeebanat 2007/03/07 22:46 こちらも一カ所だけ。
かつてとある企業サイトの中の人の近くで仕事をしていました。なので、こういうことはよくあることと思ってしまう(笑)。Web作る部署は別で、そこからさらに外注していたりすることがよくあるんでまぁしょうがないです。昔の話ですけれど、いろいろと恐ろしいことが起こっていましたよ。アニメ制作の話というよりも純粋に企業内での意思疎通の話だと思いますよ。
まぁキャスティングがぎりぎりまで固まらなかったんでしょうね。なかなか難しい世界という話は聞いたことがあります。

tanabeebanattanabeebanat 2007/03/07 23:11 やっぱり明日にすると忘れそうなので…。
この話をこういう形で流すとは思いもしませんでした。肩すかしというかなんというか…。バックステージ読んだら来週は隕石温泉の話らしいしどうなってしまうのやら。これで墓参りイベントがなかったらびっくりですよ。
コメントありがとうございました

XOXO 2007/03/08 21:23 はじめまして。いつも楽しく見させてもらってます。
今回の話なのですが、どうも次回の前振りみたいに思えます。
116話の感動をその後二話続けて落ち着いたところでもう一度深い話を持って来るというように・・・。
次回が11巻の最後の話になりますし。

どうも作者が何か企んでるような気がしてなりません・・・
どうなることやら・・・

mahalmahal 2007/03/08 21:51 基本的に、今週の段階ではまだ「日常」にすぎないのですよね。
読者から見ればはじめてナギ母(紫子さん?)の情報が出た訳ですけれど、ナギとしては時折思い出すものではあるだろうし、ハヤテにはその情報は行き渡ってない訳で、結局ハヤテとしたらいつも通りにお嬢様を助けたら怒られた、ナギからすれば全裸でお姫様抱っこされた、以上の意味はストーリー的には存在しないってことで。

tanabeebanattanabeebanat 2007/03/09 22:08 まとめてで失礼いたします。遅くてすいません。
XO様
これだけ引っ張ってナギの両親がらみの話では無かったら腰を抜かすかも知れません(笑)。116話に続く2話は98話直後の99話100話の流れと似た感じに見えます。来週が11巻最終話か。となるとうまいことまとめるのかな?あるいはアニメ化もされて売らなきゃならないから地獄の引きでもやるのかな?
mahal様
おっしゃるとおり日常のなかでナギの母にまつわる話がでてきたから肩すかし食らったような感じを受けたのかも知れません(私が)。確かにナギにとっては母を思い出すことは一大イベントではないんですよね。それをまだ知らない人に伝わるのが一大イベントなんですよね。ということは…。西沢さんは出てくるのかな<結局そこに行き着く(笑)。
お二人ともコメントありがとうございました。

犬神犬神 2007/03/10 00:13 ▼tanabeebanatさん

TBありがとうございます。

実は私も何回も送ってるんですが1回も届いてないみたいなんですよね…。
その後言及TBの存在を知るもリンクを貼ってもダメ。

でもそのリンクが記事のリンクでないといけない事に気付き再送信。。。
今度は届いたでしょうか?
今までトップページのリンク貼ってたもので>ォィォィ

tanabeebanattanabeebanat 2007/03/10 09:06 犬神様
トラックバック届きました。コンピュータのやることだから多少の漏れや不具合はしょうがない(笑)。私も飛ばしても受け付けてくれないことが多々あります。その場で気づけば再度やってみますが気づかずにスルーしていることも多いと思います。
ここはトラックバックに制限は一切かけてないです。スパムチックな物は適当に消しています。このやり方だとそのうち大事なのも消しそうで怖いですが…。言及して下さっていると「あっ、届いていないんだな」ということがわかるのでそれを見てそっちにトラックバックを送り込むようにしています。気づけばですけれど。
今後ともよろしくお願いいたします

blogram投票ボタン