tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-08-02 あなたは『ハヤテのごとく!』に何を求めていますか?

あぢ

一ついいことをしたかもしれない。

阿久悠さんが亡くなった話で朝のニュースは持ち切り。一番売れた作品がUFOとは…

表がびっくりするくらい暑くてびっくりした。朝の雨はなんだったんだ。このジメジメ感が日本の夏!

吉野屋で五十円の割引券3枚くれるキャンペーンしてた。

ちと凝ってみた濃いのを書いてみようかな。

網だなにナギがいる。助けたいけどそこまでいけない…


コメントをたくさんいただいてますが、返事は今日の記事を書いてからにします。構成はできている。というか頭の中では書き上がっているようなきがしている。なのに時間がかかるのはいつものこと。

でも、その前に記事をいくつか…。


2007/7/31分

| 22:13 | 2007/7/31分を含むブックマーク 2007/7/31分のブックマークコメント

ちょうど『蜘蛛の糸』の感想がありましたが、子供の読者も視聴者もいるのだから、あまり『大人』が漫画やアニメを寡占するのもどうなのかと最近思うようになってます。『少年誌』は誰のものなのか。

この間奈良の免許センターに行ってきたのでよかったら参考にしてください。駐車場だけですが(^^; 写真も一緒に添付しますが、駐車場は結構広いので全部で150台以上は入ると思いますよ。

私の判断で両方のコメントとも一部割愛させて頂きました。すいません。

まず、上の方。少年漫画は誰のものかという根本的な問いには、私の敬愛する高橋留美子先生が「子供のためのもの」と断言していらっしゃいます。

子供のためのものというのは決して子供だましのものではなく、大の大人が持っている能力を振り絞って子供のために懸命に書いたものって事なんだろうと思います。そして、それは多くの場合、大人の鑑賞に十分堪えられるどころか、多くの大人向け作品よりもクオリティが高い物になっているということ何じゃないかと思います。

大人はムードに流されて「これはいい」みたいなことを言いがちですが、子供はそういう物にだまされないんじゃないですかね。

感想を書くという作業は読むという作業とは別物だと思います。おそらくハヤテを読んでいる子供がここのサイトの記事を読んでも「なにいってるんだこのおじさんは」くらいにしか感じないと思います。もし、それがきっかけでその子が感想を書き始めたらとってもうれしいです。

蜘蛛の糸の感想を書いたのは誤爆が多いからです。検索して目的の記事が無くていらいらする気持ちはよくわかるので参考になるかどうかはわからないけれどとりあえず書いてみました。


続いて下の方。

写真…。免許センター記事で使いたいのですが…。そちらのサイトの名前を出してもよろしいでしょうか?名前出すのはまずくて写真使うのはOKでしたら、こちらにコピって使います。

せめて地元のところくらい写真付きにしたいのですよ。でもね、車で動くと道が狭くて写真取れない(笑)。


ツインシティ

| 22:18 | ツインシティを含むブックマーク ツインシティのブックマークコメント

<米橋崩落>50台が水中転落 死者9人、20人行方不明に

思考停止っぽくてだいっきらいなんですが、今回ばかりはこの言い回しを使いたいです。

原因の徹底糾明をお願いします。

印象論で言うと、地震のないアメリカ中西部だから起こった事故なのかなと思いますけれど、印象論で原因がわかるのなら誰も苦労しません。かなり切実です。だって、どこに行くにも大きな橋を渡らなければならない千葉県民だから…。


ミネアポリスセントポール。ツインシティを襲った悲劇…


トランプ来た

| 22:22 | トランプ来たを含むブックマーク トランプ来たのブックマークコメント

もったいなくて使えません(笑)。

今回は最終週に申し込みました。迷ってたって言うのもあるけれど、シリアルNoが打たれることがわかったので、何番で来るのか知りたかったから。

私の所は8,586でした。おそらく全部で10,000行くか行かないかでしょうね。やっぱりDVDの30,000は異常だったんだ…。

ふと思ったのですが、シリアルNo書くと、中の人には私がだれだかわかってしまうんですね(笑)。個人情報って、それに触れる人は確実にいるんですよ。それが拡散するかしないかの違いが大問題。


あなたは『ハヤテのごとく!』に何を求めていますか?

| 23:02 | あなたは『ハヤテのごとく!』に何を求めていますか?を含むブックマーク あなたは『ハヤテのごとく!』に何を求めていますか?のブックマークコメント

というタイトルのバックステージVol.142(8/8以降のリンクはたぶんこれ)感想です。

萌えを求めている人がいると思います。笑いを求めている人もいると思います。切ないラブストーリーを求めている人もいると思います。ただ一人の登場人物を求めている人もいると思います。自分だけにわかるんじゃないかと錯覚するような濃いパロディや伏せ字を求めている人もいると思います。

ハヤテのごとく!は人によって全く見え方が変わる作品です。ある角度から見ると他の角度からは見えなかった側面が見えてきます。求めている物が違う人たちが一同に会して読める漫画、それがハヤテのごとく!だと思います。


さて、そういうお前は何を求めているのかと…。

毎週感想を書いたりしているので、いろいろな角度から眺めてみようと努力はしていますし、なるべく偏らないようにしようなどと無駄なことに気を遣ったりもしています。

しかしそこであえて一つに絞るならばやっぱりこれしかない。


俺は、ハヤテのごとく!という漫画に「時の流れ」を求めています。


早く進んで欲しいとか言う意味ではないです。ゆっくりでもいいです。むしろゆっくりがいいです。確実に時間が進んで欲しいのです。そして、それはたぶん作者の望み、というかやりたいことでもあると想像しています。



かれこれ2年くらい前ですが、ハヤテのごとく!という漫画を読んでしまったがために、そもそも物語ってなんなのだろう?などという身の丈知らずの疑問を持ってしまいました。

何の結論も準備しないままつらつらと書き出して、あるとき唐突に結論が出てしまった。


自分が物語を読んで感動する時、そのほとんどが「時の流れ」に対して感動している。


時ってのは戻れないじゃないですか。だから、時の流れを描くとそれだけで切ない物語になっちゃうんですよね。タイムマシン物だって、ヒットした時をかける少女を引き合いに出せばやっぱりそうじゃないですか。戻れない物が戻れるようになってまた戻れなくなるのはさらに切ないんですよ。

ハヤテのごとく!を最初に読んだ時、「エンディングはものすごく切なくなるはず」と直感したのは、この作品に「時の流れ」を感じたから。そしてそれをなぜ感じることができたのかというと、この漫画が「スーパーハイブリッドコミック」だからといういつものような流れの文章になってしまいます(笑)。


ここで今週のバックステージにようやく戻ります。

屋敷とも学校とも違う、新しく積み重なっていく人間関係の中で

少年少女らがどうなって行くのか、時の流れが少しづつ何を変えていくのか、お楽しみにしておいてください。

これを読むと畑健二郎さんの意識と読者である俺の意識がずれていることがわかる。

作者は「時の流れの中で登場人物がどうなっていくか」ということを描こうとしているみたいです。私は逆に「登場人物が変わっていくことによって読者は否応なく時の流れを感じることになる」だと思っています。

結果は同じなんですよ。意識が違うだけ。だから、たぶん俺が騒いでいるよなことは作者は考えていないと思います。作者にとってはごく自然な創作が、俺にとっては「生まれて初めて読む種類の物語」なだけだと思います。


こういう意識を持っている以上、時系列を変えてしまっているアニメはオリジナルとは別物として見ています。2次創作ですよ。

もし、人気が出て2年目とかになったら、原作では絶対やらないであろう時系列巻き戻しをやるかもしれないですね。しかも、原作者のお墨付き付きで…。やりかねない、というかむしろ絶対にやりそうだ…。



時の流れはこの漫画の柱です。作者の言う「トゥルーエンド」を読むことができる幸運な読者は、たまらない切なさを感じるでしょう。物語が生まれた歳月はもう戻ってこないのだと…。


前にも何度も書いていますが、それを予感させる絵があります。この絵が物語が終わった後を指し示しているのか、まだまだこの絵の先に物語は続いているのか、あるいは物語終盤を迎えているのか、それはわかりません。

バックステージ Vol.62

ここに描かれているナギは、今よりも大人になっています。


f:id:tanabeebanat:20070802230034j:image



ハヤテのごとく!についてのこのサイト内主要関連記事

2007/3/25 『ハヤテのごとく!』が拓く物語の新千年紀 「スーパーハイブリッド構造」とは何か?

2007/2/21 「スーパーハイブリッドコミック『ハヤテのごとく!』」

2007/2/16 「ハヤテのごとく! マルチシナリオシングルエンディングというシステム」

2007/4/3 ハヤテのごとく!をこう読むとハマる!

2007/3/30 テレビアニメを見て『ハヤテのごとく!』に興味を持ったみなさまへ

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2007/4/23 桂ヒナギクに見る最強ヒロインの条件

2007/2/13 西沢歩 「普通少女」の存在意義

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく!

2007/2/6 ハヤテのごとく!リンク集のリンク集

2007/6/16 ハヤテのごとく! 資料系サイト・記事リンク集


ハヤテのごとく!テレビアニメ感想

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話


出崎出崎 2007/08/03 12:18 以前、このブログを知らない時期に友人達とハヤテはパロディメインの漫画ではなく、登場人物たちのちょっとした変化を愉しむ漫画だ。と語ったらあっという間に論破、一蹴されたんですよね…
あの時tanabeebanatさんのような論理的展開力があればと(ry

正直、今回のBSで心に残ってしまったのは本筋ではなく、冒頭の”ぶっ壊れてナデシコを一日中していた畑先生”という辺りなんですよ。つーか、今の自分の状況がそのものですよw
自分には小説を一行も書き出せなかった、漫画なぞ天地がひっくり返っても書けないという超え難い壁があるわけですが…
そういえば、自分が小説家を目指したのは高校時代、ライフセーバーズを立ち読みしてた頃でした…

SGKDSGKD 2007/08/03 21:12  お疲れ様です。
私は「少年(漫画)誌」って言葉は、単に売る側の都合だと思っています。ターゲットの世代を絞れば、内容を決めやすいとか確実に売る事が出来るとか、そういう算段。ただ、それによって作品の内容は少年向けに片寄ってくるでしょうけども。
 子供向け(コロコロとかそういうの)は、間違いなく子供のためのものです。だけど、現実として少年誌は子供の為の物ではない。かなり、読者層を広く取っていると感じています。
 それが現実だからしょうがないとは思いません。多少対象年齢を広く取っていることから、子供(少年含む)にとっては多少難しい内容もあると思いますが、子供は少し背伸びをして呼んでいると思うし、読んでみて欲しいとも感じます。そういったことが、漫画への興味をずっと持ったままで居てくれる事や、ちょっと大げさに言えば心身の成長にも繋がると思うから・・・。
 あと、「子供向け・少年向け」と言った言葉は作品を、いわゆる教育関係者が好むようないわゆる「きれいな内容」だけにしてしまう危険性も大きいと思います。
 無論、漫画を大人だけのものにしてしまうことは、良くないです。ただ、(少年漫画を)子供のものと言ってしまうのもまたどうかと思ったので、すこし書かせていただきました。

前半と中盤とで ちょっとまとめれなかった・・・
ゴメン、Tnabeebanatさん、あとは任せた。

tanabeebanattanabeebanat 2007/08/03 23:08 出崎様、SGKD様
私は一行たりとも架空の物語を書けないです。書こうと思ったことはありました。やっぱり高校生の頃。でもだめだった。そういう才能はないのだなと思い知って、心おきなく地理の道を選んだんだっけなぁと思うと懐かしいです(笑)。なのにプログラマーなんかになっちまったあげくにそっちからも道を踏み外してしまうとは人生不思議です。
友人にこの漫画を薦めることには成功していません。難しいんですよ。その人が何に興味を持つかによって話の持っていき方を工夫しなければならない。結局は一度読んでもらうしかないんです。私口べたですしね。基本的に飲みでは聞き役です。
漫画は子供のための物という考え方は有りだとは思いますが、実際面白い物は大人が読んでも面白いわけで…。私が漫画がすごいと思ったのは大学生のときだったし…。子供の頃はすごさがわからなかったです。
さらに誤解を招きそうな描き方をすると「子供ですら面白いと思える物が大人にとって面白くないわけがない」ってのはどうでしょうか?大人が推奨するような本は子供のころ読んでもちっとも面白くなかったですよ。むしろ、大人が「読むな!」と言うような本の方が面白くて、実際そういう作品の方が後世に残っているように思えてなりませんね。
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン