tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-09-12 ハヤテのごとく! 143話感想 変な漫画…

143話感想 変な漫画…

| 21:12 | 143話感想 変な漫画…を含むブックマーク 143話感想 変な漫画…のブックマークコメント

すっかり慣れたはずなのに相変わらず慣れない構成ですけれど感想は書きやすい143話です。今回は標準構成にします。大きなポイントが3つある。


仮想今週の一コマ

9ページ目(サンデーP137)最初のコマ。サクの妹。登場人物の書き分けができないと某所とかで言われていますが一目でわかったよ。いや、出てくるだろうなぁと思っていたからかもしれないけどね…。


扉絵・サブタイトル

うわ…

煽りが強烈だろう。

この漫画の場合とある登場人物の選択が他の登場人物の未来に影響を与えますからねぇ…。「自分だけのものではない」って言葉をそう捉えましたがあっているでしょうか??

理沙役の声優さんが童話の賞を取ったとのこと。才能は偏在する…(笑)。


ポイント

ハヤテは空気が読めるのか読めないのか

不思議な主人公。

空気を読んで突然立ったステージで爆笑を取ったかと思えば、空気を読まずに隠し子の話を持ち出してしまう。

ハヤテ君は家族って物に対する意識が希薄なんだろうなぁ。

咲夜の妹弟

長かった…。コミックス読んでない人にとっては突然の登場なんだけれど、2巻で存在は既に明かされていた妹と弟。咲夜はお金持ちの13才グループの中で唯一普通に両親を含む家族みんなと一緒に暮らしている少女です。普通はさぁ、「妹いたんだ」とかいう話で盛り上がるんだろうけれどファンはいること知っているからどうなんだろう…。

ハムヒナラブコメ

もうね。ここでこれを持ってくるとはね。あーあ。



まとめ

喫茶どんぐり&咲夜誕生日会編を復習してみます。あえて記憶だけでたどってみます。間違っていたらごめんなさい。

  • 1.ナギお嬢さまがハヤテの誕生日プレゼントをバイトして買うことに決める。
  • 2.ナギとハヤテがヒナギクさんも働いている喫茶どんぐりでバイトすることになる。ナギとハヤテはヒナギクが働いていることを知っている(ナギはしらないかも)
  • 3.喫茶どんぐりで偶然ハムスターこと西沢さんがバイトすることになる。西沢さんはヒナギクが働いていることは知らないしナギとハヤテが同じ店でバイトするとは思ってなかった。
  • 4.喫茶店のマスター北斗がおそらく咲夜の誕生日に呼ばれて店を開ける。
  • 5.マリアさんが喫茶どんぐりに様子を見にくる。
  • 6.西沢さんがマリアさんに対するハヤテの雰囲気がおかしいことに気づく。
  • 7.ワタルくんが咲夜、伊澄と軽くラブコメ。
  • 8.ハヤテとナギが咲夜の誕生日会に行く。
  • 9.ハルさんの正体が愛歌さんにばれる。
  • 10.ハヤテが咲夜の妹弟、そして父親と出会う
  • 11.喫茶どんぐりで西沢さんとヒナギクさんがばったり。←いまここ
  • 12.夜桜は血に染まるのか…

カオスだ…。めちゃくちゃだ…。西沢さんブラもろパンチラ祭りとか、マリアさんコスプレ祭りとか、咲夜とワタルラブコメ祭りとか、ハルさん祭りとかもう遠い昔のようだ…。

とりあえず、来週予想されるハムヒナラブコメ展開に向けてどういう伏線というか流れになっているかたどりましょうか?

同じ店でバイトをすることになったってのは偶然。そこにハヤテとナギがいたってのも偶然。そこまではよしとしよう。

いきなり3人だけで店を切り盛りすることになったのは4/3という日付を考えれば必然といってもいい。マリアさんが様子を見に来たのも必然といってもいい。マリアさんがプロポーズされたのは偶然、かな?そこでハヤテがいらんことやってマリアさんに小言をもらうのはたぶん必然。ハヤテとナギがバイトを先に上がるのは4/3なので必然。一人で掃除しているところにヒナがやってくるのはある意味必然。

偶然性がとぼしいような印象を受けるんですよね。自然に時が流れていってハムヒナ対決になったように思えます。

実際には来週にならないと実行に移せるかわからんのですが、ヒナはハムに自分の思いを伝えてしまおうとしています。いえ、決して「あなたが好き」とか言い出すわけではなく(笑)。でね、もしそうなったとします。意味を持ってくるイベントがあるんですよ。

  • 6.西沢さんがマリアさんに対するハヤテの雰囲気がおかしいことに気づく。

これ。

これがあると無いとでは大違い。西沢さんの女の勘では仮想敵国はナギ、そしてマリアさんです。ナギは子供だから今はいいとしよう。問題はマリアさん。ヒナギクさんファンには申し訳ないけれど今のヒナギクさんはマリアさんには多分勝てない。

ヒナがハムに思いを伝えても、敵が多いですねぇくらいな感想しか持たないかも知れないです。ついさっき強力な敵がいることを感じ取ったばっかりですから…。西沢さんは負けてもあきらめない女ですから(笑)。

で、二人でマリアさんの話になって、主人公もメインヒロインもいないところでヒナギクさんの口からマリアさんの秘密が明かされちゃったりして…。まっ、妄想です。


ハムヒナの話は作中のゴールデンウィークまでには進むんだろうけれど来週やると思わせておいて咲夜の家族の話になることだって十分あり得るしナギとマリアさんの話になることも考えられる。わけわかんね。こういう話はアニメにしずらいだろうなぁ。


変な漫画…。




ハヤテのごとく!についてのこのサイト内主要関連記事

2007/3/25 『ハヤテのごとく!』が拓く物語の新千年紀 「スーパーハイブリッド構造」とは何か?

2007/2/21 「スーパーハイブリッドコミック『ハヤテのごとく!』」

2007/2/16 「ハヤテのごとく! マルチシナリオシングルエンディングというシステム」

2007/4/3 ハヤテのごとく!をこう読むとハマる!

2007/3/30 テレビアニメを見て『ハヤテのごとく!』に興味を持ったみなさまへ

2006/9/17 初めて読む方への推薦状

2005/11/27 「トゥルーエンド」

2007/4/23 桂ヒナギクに見る最強ヒロインの条件

2007/2/13 西沢歩 「普通少女」の存在意義

目次サイト 最強の物語 ハヤテのごとく!

2007/2/6 ハヤテのごとく!リンク集のリンク集

2007/6/16 ハヤテのごとく! 資料系サイト・記事リンク集


ハヤテのごとく!テレビアニメ感想

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

21話 22話 23話 24話


ハヤテのごとく! 03 【初回限定版】 [DVD]

ハヤテのごとく! 03 【初回限定版】 [DVD]

ハヤテのごとく! 12 (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! 12 (少年サンデーコミックス)

たかしわたかしわ 2007/09/12 21:58 さすがに今回でヒナはハムにハヤテが好きだと言うでしょう。それで正式にライバルになって終わりだと思います。もしかしたらパーティー帰りのハヤテ達も出くわすかも。何にせよ、ヒナが諦めたりハムが怒ったりはほぼ無いと思えるのでライバルという形で締めるのが自然…というかそれしか思い付かないのですが…。できれば来週で。

tanabeebanattanabeebanat 2007/09/12 22:09 たかしわ様
BS読みました。決着付けるっぽいですね。気になるのはマリアさんの出方…。俺、もしかするとマリアさんのこと好きなのかもしれません。だって気になるんだもん(笑)
コメントありがとうございました!

IuthIuth 2007/09/12 22:19 >ヒナハム
ヘンと言えば、このちょうど1ヶ月後には二人(+三人娘)で仲良く海外旅行に行くことが既に明かされているんですよね…ほんとにヘンな漫画ではあります。このペースだと、1ヶ月後が描かれる頃には鬼が笑ってますが。
愛沢家の一族>
さて、ハヤテが踏んだのは地雷なんでしょうか。なんとなく揃って「ええじゃないか気質」っぽい一家なので、だとしてもそう大きな爆発はしなさそうですけれども。

今回は、次回に向けてあっちとこっちで下準備をしました、てな回だったので、あんまり感想らしい感想がなかったのですが。なるほど、マリアさんじゅうななさいが絡んでくる、ですか…それは思いつかなかったなあ。

ところで、(阿部総理ではなく)安倍総理の辞職、うち帰って家人に聞くまで全然知りませんでした。号外とか配られる駅では降りないからなーってそういう問題でもないかも知れませんが。
なんというか、咲夜が力の限り突っ込み倒しそうな辞め方でしたね…。

fielど×?fielど×? 2007/09/12 23:35 こんばんは。お邪魔します。

サクの妹は僕も一発でわかりましたよ。
サクの登場シーンのようななんともいえない、暑苦しさを感じてしまい…その後、本当にサクは変わっていきました。

ヒナギクさんファンである僕ですが、ヒナちゃんがマリアさんに勝てないというのはわかる気がします、いろいろな意味で。
ただ、それでも、マリアさんってやっぱり置いてけぼりが似合うと思うのですよね…しばらくの間は。
後、くろさ…。

やっぱりヒナちゃん西沢さんペアの話って色々期待してしまうな…と思うのですが、今週のキャラクタ紹介にヒナギクさんがないのがちょっと…。
せっかくwメイン張っている話なのだから紹介してほしかったです…置いてけぼり二人組みなんて1コマしか出ていなかったし…。
ん…まぁ、でも、表紙だったからいいかなと思って納得します。

ところで、”ん…まぁ、”も西沢さんの口癖なのかな?
どう思います?

tanabeebanattanabeebanat 2007/09/13 20:48 Iuth様、fielど×?様
まずは総理の名前ですが…わざとか天然かは秘密にしておきます。わざとだとしてもコメントにはちゃんとした幹事で書いてあるし天然だとしてもうまい受けが思いつかないし…w
マリアさんが絡んでくるってのは妄想で、実際どうなるのかはわからないですねぇ。この二人の話はとりあえずは二人だけで完結するのかもしれないです。
今週のキャラクター紹介というと、むしろナギとマリアさんの紹介があることに違和感を感じました(笑)。今週の話では完璧に傍観者です。ナギがバイトを始めた理由をこの感想記事書くまで忘れていた自分がいましたからねぇ。
西沢さんの口癖はまだなんとも言えないですねぇ。まぁなにをどうしゃべってもかわいいものはかわいんですがね(笑)
コメントありがとうございました!

nonenone 2007/09/13 21:05 >西沢さんは負けてもあきらめない女ですから
西沢さんはわざと負けてるんですよ。いわゆるトレーズ・クシュリナーダの理論です。(わからない場合は調べてください。)
だからこそ、ハヤテは西沢さんを気にしているんですよ。

SGKDSGKD 2007/09/14 21:03 え〜、殆ど皆様の書かれている通りなのですが、次回で気になるのは、内容ではなくて方法です。どのような表現が出てくるのかが楽しみです。
強いて言えば、次の3つの関係が明らかになるのかな?
?ヒナギクさん → ハヤテ
?ナギ     → ハヤテ
?ハヤテ    →?マリアさん

一部の人(私含む)にとっては、ここからが本題なんですよね。まあ、最後が一番印象深くなるのは、しょうがないのでしょうが。
とりあえず、単行本の裏のBADENDは、西沢さんに刺されてEND(By Sch○○l Days)で決まりでしょう。

ということで、おしまい。

tanabeebanattanabeebanat 2007/09/14 22:21 none様、SGKD様
西沢さんがわざと負けているとしたらどこかのメイドさんよりも黒いですねぇ。悪女ですよ(笑)。トレーズ・クシュリナーダは検索してみました。Wikipediaに書いてあるエピソードがそれでしょうか?なんとなくですねぇ、ちょっと前に呼んだ「ひとめあなたに」の中でのグロい話を思い出してしまった。殺された人が勝者ってのもなぁ…。
西沢さんとヒナギクさんの関係が確立することによって、他の人間関係も浮き出してくるのかも知れないです。もう話はできているはずなのでどういう感じになっているのか楽しみですね。
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン