tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2007-10-13 文章を公開する前に確認すべき10箇条

ハヤテを取り巻く気難しいヒロインたち

| 11:10 | ハヤテを取り巻く気難しいヒロインたちを含むブックマーク ハヤテを取り巻く気難しいヒロインたちのブックマークコメント

さくら日記 アンチ桂ヒナギク考察(ハヤテのごとく!)

Web拍手でネタを振られたのでちょっとだけ書いてみます。


ハヤテのごとく!』という漫画にはヒロインがたくさんいます。メインヒロインのナギとマリアさん。サブヒロインの代表格が西沢さんとヒナギクさん。他にもヒロイン候補はいます。伊澄もそのうちヒロイン属性を身にまとうようになるかもしれないです。咲夜も人気が出てきたのでヒロインになり得ます。さらに、ハヤテ中心という枠をはずせばサキさんやシスターもヒロイン候補になるでしょう。

この漫画でヒロインになる少女たちは、みんな扱いが難しいのですよ。一人を除いて…



まずは上の記事でやり玉に挙がっているヒナギクさんから考えてみます。

ヒナギクさんは確かに魅力的なキャラではあります。しかし、読者からの共感を得ることは難しい、もっというと共感を得てはいけないキャラなんですね。なぜなら、彼女が圧倒的な人気を持つヒロインになってしまうと物語の進め方が極端に難しくなるから。


次はナギです。ナギの難しさはもう言うまでもないでしょう。メインヒロインでありながら主人公から女として意識されていない。つまり彼女が真のヒロインになるためには作中である程度の時間が経過することが必要ということになります。


そして、マリアさん。難しいなんて言うレベルじゃないですよね。ネタキャラですよ、ネタキャラ。さらに一時期狂言回しを任されて、突っ込みも担当、長老的な立場も割り振られた上にメインヒロインまでこなそうっていうだから難しすぎます。また、ナギがメインヒロインとして振る舞うようにならないとマリアさんもメインヒロインになれないと読んでいますので、ナギ同様作中の時間経過が必須です。


余談ですが、この漫画には暫定最終回というシステムがありますよね。今のところ2つクリアしています。2つ目をクリアしたのは32話(4巻1話)です。その後最終回っぽいお話はいくつもあるけれど、作者公認の暫定最終回はありません。

その理由は簡単。強烈なヒロイン属性を持つヒナギクさんと西沢さんが出てきたから。16才組ふたりを押しのけてナギとマリアさん中心の暫定最終回を描くためには時間が必要でしょう。



さて、もう一人のヒロイン西沢さんに話を進めましょうか。彼女は今のところこの作品で最もわかりやすいヒロインです。

大金持ちのお嬢さまと、才色兼備の生徒会長という強力なライバルがふたりいるのにも関わらず、大好きな人と結ばれることをストレートに願っている少女です。

まさにヒロイン。私がイメージする少女漫画のヒロインです。

アニメで西沢さんが毎週出てくるという話を聞いた時に思ったんですよ。「これで女の子向けアニメになることは確定だ」と…。実際にはそうはならなかったのですが、この先そうなる可能性は高いと思っています。彼女は共感を受けやすい属性を与えられたキャラなんですね。


だから、ヒナギクさんに読者が共感するのはまずいのですよ。ヒナギクさんは西沢さんがヒロインの物語では敵役なんですよ。ナギとマリアさんにも同様のことが言えますが、あのふたりはまだヒロインになりきれていないので当面の障害はヒナギクさんです。

ヒナギクさんがこの漫画のヒロインにならないように工夫しなければいけないんです。



と書いてはみたものの…。難しいです。

西沢さんがこの漫画のメインヒロインなら話はこれで終わりなんですけどね。違うんですよね。

今は一番簡単なヒロイン西沢さんは、物語が進むと、一番気難しくて一番扱いに困る女の子になるのではないでしょうか?


にゃたりにゃたり 2007/10/13 16:46 はじめまして。
ヒナハムについて、
「ハヤテと結ばれる」という共通の目的があっても
現時点で、西沢さんはハヤテから自立する方向に
逆にヒナギクは依存する方向にあるんじゃないか
と読んでて思えるんです(理由は省きますが)。
ですから個人的にはヒナギクが西沢さんの敵役という印象は
薄いというか、ほとんどないです。

たかしわたかしわ 2007/10/14 06:52 アンチの記事は正直読んでも不快になるだけ。特定のキャラが嫌いだからと言ってキャラの性格、心理、背景を無視して頭ごなしに叩く。アンチがいるのは人気がある証拠だけど、ほとんどのキャラが好きな私にとってはやっぱり腹が立ちます。
この漫画のメインヒロインはナギとマリアですが、恋愛パートのメインヒロインはヒナギクだと思います。理由は恋愛描写が他のキャラに比べてやたら細かいから。ちなみに西沢さんはキャラ同士を繋ぐ掛橋だと思うのでちょっと違う。この漫画が普通のラブコメだったら間違いなくヒナギクがメイン(と思う)。でもこの漫画はラブコメがメインではありません。あくまで執事コメディーだからこそメインヒロインはナギとマリアさんであるんだと思います。

通りすがり通りすがり 2007/10/14 08:10 ヒナギクはもう一人の主人公だと考えられないでしょうか?
学園パートや恋愛パートの核となって別の世界を作ってます。
たとえハヤテが出なくてもいくらでも話を作れます。
出番の少ないワタル君も彼を中心とした世界があるので
ある場面では主人公と言えるかもしれません。

tanabeebanattanabeebanat 2007/10/14 12:32 にゃたり様、たかしわ様、通りすがり様
例によってまとめてで失礼します。
西沢さんがヒナギクさんの敵役的なポジションというのは、あくまでも西沢さんが主人公の少女漫画として見た場合の話です。ガラスの仮面の姫川亜弓的ポジションかな?高校生の頃読んだっきりでうろ覚えだったのでWikipedia見てみたんですがまさにそんな感じですね。他の少女漫画のはほとんど読んだことがないのでスタンダードではないのかも知れないですが…
恋愛パートのメインヒロインがヒナギクさんだとすると、冒頭の誤解はいったいなんだったのだろう?という疑念が湧きます。先のことはわからないですが、いずれは恋愛パートでもナギとマリアさんが中心になる日がやってくると思いますよ。伊澄の言葉によってそれは予言されていますしね…。
ヒナギクさんもワタルくんも自分自身の物語では主人公ですよね。ヒナギクさんの場合、ハヤテのごとく!が始まる遙か前から始まった物語が98話で一応完結しています。
アンチ問題にも関わってくると思うのですが、ハヤテのごとく!という漫画は、読者ほぼ全員が頭ではハヤテが主人公であることを理解しているけれど、多くの読者が感覚的に別の誰かを主人公として想定しているんじゃないかと思います。
私の場合は今はそれが西沢さんだったりしますが、この漫画の謎を解くために他の登場人物視点で読んでみたりすることもあります。当然読み始めた時にはまだ西沢さんはちょい役でしか出てきていなかったのでナギ視点で読もうとがんばっていました。
誰の視点で読むかによって、めちゃめちゃ印象が変わる漫画かも知れないです。普段と視点を変えて読んでみると新しい発見もありますよね。
みなさま、コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン