tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2009-05-24 『さよなら絶望先生』17巻『魔法先生ネギま!』26巻感想

おきた。


新型インフルエンザの影響というか恩恵

| 08:43 | 新型インフルエンザの影響というか恩恵を含むブックマーク 新型インフルエンザの影響というか恩恵のブックマークコメント

恩恵とかのんきなことを言っている場合ではないのだが……。

昨日も普通に都心に飲みに行きました。その店はいつ行っても混んでいる店なんですが、昨日は異様に空いていた。9時になっても席が埋まらなかった。いや、土曜日のその時間帯席が埋まっている居酒屋ってほとんどないんですけれどね。その店は普段異様に混んでいるんですよ。

そこが空いていたって事は同じビルにある呼び込みしないと客が入らないようなお店は壊滅的だったんだろうなぁと……。

客としてはさくっと入れてありがたいですが店が無くなっちゃったりすると困るので微妙ではあります。普段行かない店だって無くなったらいつも行っている店に客がなだれ込んだりするじゃないですか。困る。


んで、帰りの電車。

それなりに混んではいましたが普段よりは空いていた。明らかに空いてた。東京でも外出を控えたりしているのかなぁ。俺は何にも考えていないのですがこんなことじゃいかんのかなぁと思いつつたぶん来週も飲みに行きます……。



読書感想文 久米田康治著『さよなら絶望先生』17巻

| 10:01 | 読書感想文 久米田康治著『さよなら絶望先生』17巻を含むブックマーク 読書感想文 久米田康治著『さよなら絶望先生』17巻のブックマークコメント

さよなら絶望先生(17) (講談社コミックス)

さよなら絶望先生(17) (講談社コミックス)

例によって感想らしい感想は書けないのですが……


17巻で取り上げたいのは168話「削られた恋占い」ですね。

おそらくは『さよなら絶望先生』を可愛い女の子がたくさん出ているから人気あるみたいに評している人もいるんだろうなぁと思うんですよ。だからこういう女の子が一人も出てこない話をやったんだろうなぁと。


何らかの方向性ができたらその方向性をぶちこわそうとするみたいな意図を感じたんですけれどねぇ。どうなんでしょう?



相変わらず弟子いじりは激しいです(笑)。弟子からの反撃?もあったし、出版社の壁を超えた公開交換日記状態になっていますねぇ……



『魔法先生ネギま!』26巻感想 契約=生殖? 読者の期待と作品の方向性

| 12:10 | 『魔法先生ネギま!』26巻感想 契約=生殖? 読者の期待と作品の方向性を含むブックマーク 『魔法先生ネギま!』26巻感想 契約=生殖? 読者の期待と作品の方向性のブックマークコメント

魔法先生ネギま!(26) (講談社コミックス)

魔法先生ネギま!(26) (講談社コミックス)

こちらもだいぶ遅れ気味ですが、感想は比較的書きやすいんですよねぇ。今日は2点に絞って書きます。


1.契約=生殖?

いや、エッチな意味ではなくですね。そういう印象を持った。

魔法使いが別の魔法使いのパートナーとなること自体は前に呈示されていたので驚きはありませんでした。でもまぁ実際にそうなってみて思ったのは、魔法使いのパートナー(従者)になる契約ってのは生殖をモチーフにしているのかなぁと言うことです。

仮契約をしてパートナーとなった人は魔法使いであるかないかに関わらずその人がもともと持っていた属性や能力をベースとしたアーティファクトが与えられるみたいです。


作者がそこまで考えているのかというと全く自信はなく妄想かもしれませんが、二人の持つ力をマージして新しい力を持たせるっていうのは遺伝の仕組みに似ているかなぁと思いました。似ているだけで全く同一ではありませんけれどね。



2.読者の期待と作品の方向性

ハヤテ感想サイトで話題になっているんですよねぇ。まさかネギまの感想からリンクを貼られるとは思っていないでしょうが遠慮をしてもしょうがないので……。だってこの流れがこのことを書くきっかけになっているので……。



読者と作者との関係って、特に連載されている作品の場合難しいことだろうなと思うんですよ。『魔法先生ネギま!』もそういう作品の一つです。

ネギまの作品としての特徴は大きく見て2つあると思っています。

  • 女の子がたくさんでてきて、そのほとんどが冒頭で登場していること
  • 物語自体は見た目からは想像できないほどオーソドックス

ってことです。


前者については言うまでもないことでしょう。で、それが後者とつながっていると思うのですよ。おそらく前者の試みって言うのは今まで誰も、あるいはほとんどやられていなかったのではないかと思います。言い換えると作品としてのチャレンジだと思うんですよね。だから、だからこそ、その背後にある物語はオーソドックスである必要があったのではないかと私は思うのですよ。

新しいことをやるということはリスクを伴います。冒頭の設定でそのリスクを侵しているのだから、物語も奇をてらった物にしてしまうとリスクが大きくなりすぎるという判断があったのではなかろうか?と思っています。


そういう考え方を持ったベースには作者が今までヒット作を連発していたということがありますね。作者と作品は分けるべきだと常々思っているのでそれとは反する考え方なのですが……。

かつてヒット作を産み出した作者は次も当然ヒット作を期待されます。しかし、創作者としての作者はおそらく冒険をしてみたい部分があると思うのですよ。冒険の方向性にはいろいろあって、A.読者の意見とは関係なく自分が思うままに描いてみたいという欲望を実現するというのもあるだろうし、B.逆に読者の意見に最大限従った話を進めてみたいというのもある。C.さらに、商業的な成功を度外視した作品を世に問いたいと思うこともあるだろうし、D.逆に外した場合には痛手を受けるけれど商業的に最大限の成功が期待できるような作品を初期コストをかけてでも生み出してみたいという欲望もあるでしょう。

漫画の場合、商業的な成功は宿命付けられているのでCのケースはめったにないと思いますが……。

ハヤテ感想サイトで話題になっているのはAとBとのかねあいだと思います。そこでハヤテとネギまとの間での違いが問題になってきます。っていうか、赤松健さんと畑健二郎さんの違いです。赤松健さんは前にも描いたようにヒットメーカーとしての役割を期待されていて、畑健二郎さんは新人漫画家でそれほど大きな期待をされていたわけでもなく、本人が描いたことを信じるのなら、作者自身も連載が維持できることが目標だったしと言うことです。


もしかすると、皆さんとは異なる意見かも知れませんが、私はネギまはBよりに話を進めていて、ハヤテはAよりに舵を取ることが多いように思えています。ただ、ネギまも人気投票の結果によって出番を増やすなどA寄りの作り方をしていますし、ハヤテは作者があらかじめ決めているエンディングを目指しているという点ではBの要素が強いという見方もできるでしょう。

AとBを完璧に取り違えていました。文脈から想像つくでしょうが……。書き換えます。

私はネギまはAよりに話を進めていて、ハヤテはBよりに舵を取ることが多いように思えています。ただ、ネギまも人気投票の結果によって出番を増やすなB寄りの作り方をしていますし、ハヤテは作者があらかじめ決めているエンディングを目指しているという点ではAの要素が強いという見方もできるでしょう。


ネギまは26巻、ハヤテは19巻と物語の進み方が違うので単純に比較することはできないのですが、ネギまはもう物語の筋立てを変えることができないところまで来ていると思うんですよね。その筋立てで出てくる登場人物を変えることはできるかもしれないけれど大きな流れを変えることはできない。

それに対してハヤテはむろん大きな流れは作者自身が描きたいと願っているので変わることはないですが、読者にとって目立つのは実は小さな流れの方であり、そちらはいかようにもいじることができるという印象を持っています。

ネギまもハヤテも登場人物それぞれが背後に物語を持っているってことに変わりはありません。しかし、描き方の比重には大きな差があります。ネギまはあくまでも王道。本筋を主体に描いています。そして、登場人物それぞれの目的が一致していることが多いです。今の流れだってみんなで元の世界に変えるという目的を共有しているわけでして……。対するハヤテは未だ本筋がイマイチよく見えません。そして、登場人物それぞれは別の目的のために動いていたり目的自体を見いだしていなかったりします。あらかじめ作者が決めていることはあるでしょうが、本筋に影響がない範囲でそれを変えることはネギまに比べれば容易なのでは無かろうかと感じています。



魔法世界編は30巻くらいまで続くんですかねぇ。ここ何巻かでおそらくはこの作品の根幹となる設定が明かされているので、エンディングに向けて話が加速していくのでは無かろうかと予想しています。

ナギの去就が明らかになれば、その時にエンディングを迎えるか、エンディングの準備が整うのではないでしょうか?



ふにふにふにふに 2009/05/24 21:41 読者との対話という話題になるとどうしても最近ネットに貼られているこれを見て考えてしまうんですよ。
ハヤテの読者層の平均は?男女比は?って。
そして畑先生がたどり着かせたい到着点とは別に商業的に取り込んでいきたい読者層はどの辺りなのか。
たぶん、編集部または小プロ辺りには情報があるのでしょうが作者の元にはどう届いているのだろうかって。
それにしても高橋先生が2006年時点ですでに72%が女性読者ってのはうる星読者としては見事に読者層のチェンジをしたなぁと感慨深いですが。
そして藤子先生の平均読者が25歳ってのは凄すぎと。

ファミ通ゲーム白書2006より    
全国6千人を層化二段抽出のランダムサンプリングで抽出し社会性を確保した郵送留置法による調査(単位:千人)

平均年齢/人数/男女比   
25.9 2134 70%:30% 男子小中学生向けマンガ
28.8 *742 61%:39% 男子中高生向けマンガ
31.3 *335 11%:89% 女子幼小学生向けマンガ
27.7 *377 *7%:93% 女子中学生以上向けマンガ
30.0 1220 87%:13% ガンダム
17.0 *253 67%:33% BLEACH
19.5 *184 41%:60% デスノート
20.3 *241 42%:58% 鋼の錬金術師
18.2 *333 62%:38% NARUTO
31.2 *134 91%:*9% 北斗の拳
24.4 *378 48%:52% ワンピース
25.2 *182 66%:35% エヴァンゲリオン
30.0 *237 48%:52% ジブリアニメ
30.6 *121 62%:38% あだち充
25.1 *297 75%:25% 藤子不二雄
26.0 *886 79%:21% 鳥山明
25.5 *393 59%:41% 井上雄彦
38.6 *249 52%:48% 手塚治虫
21.3 *240 57%:43% 冨樫義博
30.3 *126 28%:72% 高橋留美子

こまとこまと 2009/05/25 04:20 >人気投票の結果によって出番を増やすなどA寄りの作り方
>作者があらかじめ決めているエンディングを目指しているという点ではBの要素が強い
これ、AとBが逆のような気がするんですけど、私の誤読でしょうか?

tanabeebanattanabeebanat 2009/05/25 21:26 ふにふに様、こまと様
まず、記述の件。
逆ですねぇ……。何度か読み返して初めて気づきました……。思いこみって怖いですねぇ。AとBを取り違えていました。もしかすると全部?読み直してみます。
つづいてハヤテ及び漫画全般の件です。
おそらくハヤテの場合編集部/出版社は大きなお友達(か女子)をターゲットとしていたのだろうなぁと思います。根拠はバックステージのVol.1です。
http://websunday.net/backstage/hata01.html
それを作者も感じて意図的にそっちよりに振ったのではなかろうかと……。
ずいぶん前に書いたと思いますが、犬夜叉全盛期に同僚の女の子から犬夜叉のすばらしさを語ってもらったことがありました。うる星やつらファンとしては微妙なんですが、全く違う属性を持つ人をそれぞれ夢中にさせる漫画家さんってすげーなーと思いましたねぇ。
コメントありがとうございました!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanabeebanat/20090524
blogram投票ボタン