tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2009-07-08 ハヤテのごとく!231話「Beyond the Bounds」感想 ヒナギクとアテネ

帰ってきた。遅くなったけれど今週のハヤテ感想はさくさくかけるような気がします。23:00まではかからないと思われ……。22:30までかかるとも思えないな。


オースダイン(サンデーマガジンコラボ漫画)について

| 22:03 | オースダイン(サンデーマガジンコラボ漫画)についてを含むブックマーク オースダイン(サンデーマガジンコラボ漫画)についてのブックマークコメント

いちおう読んだんだよ。でもね。あらすじが追えないんだ。何でだと思う?時々出てくる絶望先生の印象が強すぎて話を追えないんだよ(笑)。

なんかもうめちゃくちゃです。マガジン版はどうなっているんだろう?興味を持ってしまったじゃないか。


高橋留美子著『境界のRINNE』11話「プールの歌姫」感想 な に 見 て ん の よ

| 21:58 | 高橋留美子著『境界のRINNE』11話「プールの歌姫」感想 な に 見 て ん の よを含むブックマーク 高橋留美子著『境界のRINNE』11話「プールの歌姫」感想 な に 見 て ん の よのブックマークコメント

プールです!水着です!女の子いっぱいです!!!

でも、色気を感じないのはおれだけか?(笑)。


高橋留美子の書く女の子ってこういう場面では色っぽさを感じないんですよねぇ。むしろ日常の何気ない姿に色気というか萌えを感じます。


仮想今週の一コマ

18ページ目(P128)最後のコマ。

何とも緊迫感に欠けた緊迫感がある場面です。


ポイント

リカちゃん

いつのまにやらやられ役です。かわいそうな役回りです。でも、そのうち人気出たりしてね。

ドレミ

緊迫感がありません。確かになんか間違えそうな気がするけど。

霊の声

そういうオチですか。

へのへのもへじ

その他大勢が不憫すぎる件

水着

昔っから思うんですが、高橋留美子の書く女の子って貧乳属性っていませんねぇ。いませんよねぇ。記憶を探る限りいない。胸のネタは、たとえば『うる星やつら』で竜之介に溜息をつく女のたちとか、『めぞん一刻』で八神いぶきに揶揄される音無響子さんとかありますが……。


まとめ

しょうもない……。人が死んでいるというのにしょうもないです。

扉絵の煽りで「新規読者様熱烈歓迎」と書いてありましたが、アンケートとかで古いファンの物が目立って多いのかなぁ。たしかにりんねの雰囲気は犬夜叉的な要素はあるけれどらんまとかうる星の空気を寄り色濃く感じますからね。この空気を最近の子供がどう受け止めるのかがわかりません。

この先の展開を左右するのはサブキャラだと思いますね。魅力的なサブキャラがどんどん出てきてレギュラー化すると相当ヒットするかも知れません。そうでなくても購買力がある層が主力読者になりそうなのでそこそこのヒットはするんじゃないかなぁ。

コミックス発売はいつだろう?来月はないらしいから9月くらいかな?



ハヤテのごとく!231話「Beyond the Bounds」感想 ヒナギクとアテネ

| 22:50 | ハヤテのごとく!231話「Beyond the Bounds」感想 ヒナギクとアテネを含むブックマーク ハヤテのごとく!231話「Beyond the Bounds」感想 ヒナギクとアテネのブックマークコメント

そっかー!ヒナかぁ!ヒナとは思わなかった!!!想像の遙か斜め上空だった!


いつの頃からかハヤテの感想は

  • 扉絵とか広告ページとかで何か有れば一言
  • (仮想)今週の一コマ
  • ポイント
  • まとめ

という流れで書くようになりました。初めてこのスタイルで書いたのはいつかなぁ。気になって調べ始めると時間がかかるんだよね。うーん……。

追えなかった。っていうか諦めた。

まぁ、いきなりこのスタイルになったわけではありません。いろいろとやってみてなんとなくこのスタイルに落ち着いた感じです。

人それぞれ同じ本を読んでも違う感想を持つように、人それぞれ書きやすい感想スタイルってのは違うと思います。最初は他の人の模倣から入っても書き続けるうちになんとなく独自のスタイルになってしまうんじゃなかろうかと思います。

俺が『ハヤテのごとく!』の感想を書く場合このスタイルが一番書きやすいんですよね。でも、このスタイルを他の作品に応用できるかというとそれほど簡単な話ではないです。今日はこういう話を書こうと思ったので『境界のRINNE』の感想をハヤテスタイルで書いてみました。今週はうまくいった。でもうまく行くとは限りません。『ハヤテのごとく!』だってこのスタイルがうまくはまるときとはまらない時があります。でも、はまる確率が高いからこのスタイルに落ち着いたんですねぇ。きっと。


今週の、231話「Beyond the Bounds」は、まさにこのスタイルにはまる話です。感想書きやすそうです。ええ。まだ書いてませんよ。これからです。書き始めたら詰まったりしてね(笑)。


では、以下長い枕よりも短くなったりするかも知れない『ハヤテのごとく!』231話感想です!。

ハヤテのごとく! 20 (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! 20 (少年サンデーコミックス)


コミックス20巻表紙

20巻かぁ。もうそこまできたんだなぁ。まだまだこれからでしょうけれど。巻きを入れない限り短く見積もっても50巻は越えるんでしょうね、この漫画は……。

今アマゾン貼って初めて知りました。表紙が出たんだ。ハムヒナっぽく見えるぞ。7/17(金)発売ですか。三連休の前日だな。ゆっくり感想が書けるけれどアニメの感想とかぶるな。さて、会社の昼休みにいそいそと買いに行こうか。でも、こういう日に限ってみんなから食事一緒に行こうって言われるんだよなぁ。それでも帰りにいそいそと本屋に行っちゃうけどね(笑)。


仮想今週の一コマ

15ページ目(P191)のヒナギクさん。

こんな表情で笑うんだぁ。ヒナギクさんも吹っ切れたのかな?116話以降の西沢さんみたいです。

あと16ページ目(P192)の1コマ目のヒナギクさんもだな。吹っ切れてるよねぇ。セリフさえ無視すればねぇ。


ポイント

王さまゲーム

美希が切ない。王さまゲーム関係ないけれど切ない。キスはしたのか?

旅の途中

そうなんだよねぇ。旅はまだまだこれからなんだよねぇ。年内いっぱいくらいまで作中のゴールデンウイークは続くのかも知れませんね。

旅先から立ち去る時って何とも言えぬ寂しさが残りますね。

ハヤテの逡巡

あれ?これは物語的な都合?それともキャラの成長?どっちなんでしょうか?

ハヤテのキャラは言ってはいけないことを言ってしまい地雷を踏むところに特徴があります。今回はそれをやらなかった。

女装

マリアさんと理沙の見立てですか。鬼だ。楽しそうなマリアさんはものすごい鬼だ。

飛行石

まとめで

アーたん、またはアテネ

この単語でハヤテはあの女の子のことを思い出す。あとはまとめで……。


まとめ

わかってるのよ。わかっているんだよ。この漫画の主人公はハヤテであって、メインヒロインはナギとマリアさんだって事はわかっている。作者も何度もくどいくらいに書いてますよね。理性ではわかっているんだよ。

でもね、でも、もーね……。


なにからいきましょうか。まずは美希の話かなぁ。

美希のヒナに対する感情は虎鉄のハヤテに対する感情とは微妙に違うように描かれているような気がします。同性への思いと言う点では一致していますが美希のヒナに対するそれにはより憧れ的な意味合いが強いように思えますね。

これはもしかすると作者の性別が影響しているのかも知れません。畑健二郎さんは様々な情報を総合するとどうやら美少女ではなく男性らしいので同じ男性には容赦がないのかもしれませんね。

サブヒロインとサブキャラの話なのでこの先もあまり深くは描かれないかも知れません。でも、可能性としてはこの2人の関係が物語のパラメータ調整に何らかの役割を持たされていることも考えられます。そればっかりは作者でないとわからないです。

ヒナと美希の話も、ハムとヒナの話と同様に『ハヤテのごとく!』を構成するストーリーの一つであることには間違いないでしょう。


次に飛行石(王玉)の話です。

ここまでの話を総合して思うのは、王玉というのは1種類しかないけれど、人それぞれ、この石の持つ意味合いは違うのではないかと言うことです。同じ漫画やら小説やらを読んでも人それぞれ持つ感想は違うのと似ているっちゃ似ている話。もし仮に同じ効果をもたらすとしても、その効果の結果まで評価をすると人によって全く違う意味を持つアイテムになるって事はありますよね。

まだまだ情報が少ないのですがそんな印象を持っています。

マリアさんだけではなくてナギも石のことは知っていました。ナギは母からこの石のことを聞いていた。ゆっきゅん(三千院紫子)は王玉を「絆の石」として捉えていました。ナギはあくまでもそう教えられただけです。



さて、いよいよ本題、と言ってもいいでしょうね。アテネ。つまりアーたんです。

まず細かいところから行きます。

ハヤテが「ここが…アテネ…」と言った時にナギが反応しています。俺はこれ別に伏線的な反応ではないと見たのですがどうでしょうかね?


話は前後しますが……。扉絵です。


うーん……。わかんねぇ……。

ここだけ見るとまるでヒロイン交代の現場を見ているような錯覚を覚える。

遅れてきたヒロイン。そんな印象を持ちました。

まとめ冒頭でも書いたように、俺自身理性ではナギとマリアさんがメインヒロインであることは理解しています。たまーにハムスターがメインヒロインではなかろうか?とか、いやいやヒナギクがとか思うこともありますけど、この漫画にはまってからはそのことは理解している。まだサンデーだけで読んでいた時代にはヒナ登場で「メインヒロイン交代だな」と勝手に理解したりしましたけれどね(笑)。


なんなんだろうねぇ。このアテネっていうキャラは……。まだ全貌が見えていないから魅力的に見えるのか、何かを直感しているから魅力を感じるのか俺にもわからん。とにかく、ヒロインの匂いがするんですよ。でもヒロインではないと言うことがわかっているこの難しさ!


そして、冒頭の話に要約戻ります。


そっかー!ヒナかぁ!ヒナとは思わなかった!!!想像の遙か斜め上空だった!


天王州(アテネ)。その人の名前が『ハヤテのごとく!』の物語が進行している時空でその登場人物が口にするのは初めてです。しかし、それがヒナギクさんだとは夢にも思いませんでした。てっきりゴールデンウイークのすったもんだの後、2人は正義の味方と悪の女王という役回りを演じる物だと思っていた。細かい設定については近々、下手すると今週のBSで明かされる事になると思うのですが、アーたんはもともと白皇の生徒で一時的に休学していたみたいな話なのかなぁと……。


しっかしまぁヒナだとはなぁ。びっくりですよ。



ゴールデンウイークも佳境。っていうかまだ佳境。ようやくアテネ(地名)編。暫定最終回までどういう感じで物語が進むのでしょうか?


も り あ が っ て ま い り ま し た !



などと書くと実は醒めてしまう俺がいるわけだけれどね(笑)。

今週はこの辺で……。意外と時間かかっちゃったな。予想よりも長かったからしょうがないな。



ハヤテのごとく!についてのこのサイト内主要関連記事

私がこの漫画にこれほどまでこだわっている理由とその説明です。




小池小池 2009/07/08 23:08  こんにちは
 今週は非常に素晴しかったです。最後のページを読んだとき、数秒ほど混乱した後、得心がいきました。「ああ、ヒナギクはこの為に出てきたのか」と。
 初登場時の「ヒナが正義の味方ならば悪の女王もいる」発言や、17巻の特典などでアテネと絡むのは読んでいたのですけれども、まさか「既に知っている」と来るとは読んでいませんでした。借金返済に関っていたりするのか、白皇の生徒だったりするのか、想像の尽きないところですね。
>ゆっきゅん(三千院紫子)は王玉を「絆の石」として捉えていました。
 これは14巻80ページと構図が似ているので、ナギの前の執事じゃないかなあと思いました。

 何れにしろ、続きが楽しみです。それと同時にこの漫画で続きが楽しみになるのは初めてだなと思いました。

釘宮病患者D釘宮病患者D 2009/07/08 23:51 いやぁ、ホントにびっくりしました。最後のページを見た瞬間、ハヤテとは逆に時間が止まったかと思いましたよ〜。
まあ、前からアテネと白皇は関わりありそうなかんじ出してましたけど、まさかヒナが知っているとはねぇ・・・。
それになんか、ヒナの言い方が、ハヤテも当然知っているような言葉だったのが引っ掛かります。考えられるのは白皇の生徒か、理事長か、生徒会か。前生徒会長とかもありえますね。
あれ?でもアテネって歳いくつだっけか?

「絆の石」の件ですが、回想がお墓の前なので教えたのはゆっきゅんでは無いにしろ、姫神とも言い切れません。可能性がある人は何人かいるんで。

なんにしても、これでヒナギクも王玉のことでかやの外ってわけにもならなくなりましたね。

そろばんそろばん 2009/07/09 00:21 ヒーナさ――×128ん!
意味もなくシャウト。キャラ固定が無い。
ヒナギクとアテネ。作者いわく、正義の味方と悪の女王。即ち、相反する二人。
来週、ハヤテがそれをヒナギクに問い詰める→手がかりを得る→ 奔走(この間、ナギをまいたり他の人に心配を掛けられる)→再会、みたいな感じです。233話は巻頭カラーらしいので、この線が強いと思っています。ヒナギクとの約束をほったらかしにする予感あり。

以下どうでもいいこと。
アテネのポニテが初登場に比べて長くなっている気がする。
アテネという地名に反応するのは予想通り。しかし、ヒナギクのは予想不可。
別荘が城にしか見えない。

何はともあれ、来週からハヤテとナギの関係を揺るがすような事件が幕を開ける気がします。
仲直りしてイチャイチャするアテネとハヤテが見える……。

tanabeebanattanabeebanat 2009/07/09 21:01 小池様、釘宮病患者D様、そろばん様
今週の話にはいろいろ思うところあります。下世話な話の部分で言うと「数字は正直だな」と……(笑)。こういうのは感想サイトをやっていなかったら経験できませんでしたねぇ。
ナギと石の話、ゆっきゅんと決めつけましたがそうですね。可能性はいろいろありますね。
ちょっと面倒なことを今日の記事で書いてみようかなぁと思ってみたりしています。元気が続かなかったら書かないかも知れませんけど。
この話を読んだら、ダブルヒロインはダブルヒロインでもナギとマリアさんではなく、ヒナギクとアテネがヒロインのように思えてきちゃいます。
コメントありがとうございました!

たとたと 2009/07/12 13:13 もしかして、ヒナギクはロイヤル・ガールデンに、いったんじゃないですか。ハヤテと同じ心痛み(親にすてられた)を持つ者だから、まー僕の仮説ですが。

tanabeebanattanabeebanat 2009/07/12 17:11 たと様
バックステージだったかどうか忘れましたがアーたんはハヤテが去った後時を置かずにロイヤルガーデンから出て行っているらしいので、もしヒナが行ったことがあるとしたらハヤテより前って事になります。でもアーたんはずっと一人だったような描写だったので10年前にロイヤルガーデンで出会ったって事はないんじゃないかなぁと思いますが……。見落としはあるかもしれませんし作者のさじ加減でいかようにも、それこそアーたんがロイヤルガーデンを出るきっかけになったのがヒナギクさんだったとかいうのも有りだとは思いますけれど私は無いような気がしています。
あたるかなぁ。自信はありません。
コメントありがとうございました!

blogram投票ボタン