tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2015-11-15 読書感想文 松永猛裕著『火薬のはなし』

読書感想文 松永猛裕著『火薬のはなし』

| 13:28 | 読書感想文 松永猛裕著『火薬のはなし』を含むブックマーク 読書感想文 松永猛裕著『火薬のはなし』のブックマークコメント

火薬のはなし (ブルーバックス)

火薬のはなし (ブルーバックス)

帯のあおり文句は「同じ重さのTNT火薬とチョコチップクッキー、エネルギーが多いのはどっち?」です。どういう質問の答えは想定するのとは違うのが正解というのは常道です。



明確なコンセプトに基づいて著された非常に興味深い本です。そのコンセプトとは「軍事分野に言及せずに火薬、爆薬について解説する」というものです。産業用の発破、ロケット、そして花火、さらには医療。軍事分野以外にも火薬が活躍するところはたくさんあります。

火薬、爆薬は軍事需要がその発展の後押しになってきたことが容易に想像されます。しかしながら、少なくともこの本で言及されている分野では、火薬爆薬というのはすでに完成の域に達した技術であり新しいブレークスルーは生まれづらいということをこの本で知ることができました。

通常触れることがある火薬には燃えたときに独特の臭いがあります。その臭いは実は火薬の中でも黒色火薬特有のものであり、その黒色火薬は8世紀に発明されてから現代に至るまで大きな改良を施されておらず、かつ今なおそれに変わる火薬は存在しないというにわかには信じがたいことが書いてあります。

たとえば花火の発射。コストを考えなければTNTとか他の火薬爆薬でもいいのではないかと素人は考えます。しかしそうではなく黒色火薬ではないと花火が打ち上がらなかったり筒が爆発したりしてものにならないということです。

また、爆発物の代名詞として誰もが知っているダイナマイト。ダイナマイトはノーベル賞との絡みもあって知名度が最も高い爆薬だと思います。そのダイナマイトは今はもうすでに存在していない。ダイナマイトを名乗る爆薬であってもその主要な成分はニトログリセリンではないという衝撃の事実もこの本で知ることができました。


そしてなによりも衝撃的だったのは強力な火薬/爆薬=よい火薬/爆薬ではないという考え方です。どんなに強力であっても扱いやすくないと用をなさないという考えてみれば当たり前の事実です。通常は爆発せずに爆発してほしいときにしっかり爆発するという性能が重要であると。中には結晶化するときにその結晶同士がふれあうだけで爆発する物質もあるというのは怖い話です。また私も子供の頃にやった理科の化学実験で意図せずにできてしまう爆発物もあるというのもまた怖い話です。そういう物質ができないように工夫をする、その工夫をするだけの知識を持つというのが非常に重要なことだなと思い知らされます。

現在産業用に使用されている爆発物の主流は、性能はそこそこだが破壊力は十分、かつ比較的扱いやすいという特徴を持っているとのことですが、その物質に爆発性があるということが知られたのは不幸にして肥料の原料が爆発するという事故が起こったからだというのがなんとも皮肉な話でもあります。


読んでみて損はない一冊だと私は思います。

本が好き!運営担当本が好き!運営担当 2017/01/28 16:21 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。レビューをご投稿の上ご連絡いただけましたら、通常は審査を通過した方のみ申し込み可能な献本に、すぐご応募いただけるようにいたします。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanabeebanat/20151115
blogram投票ボタン