Hatena::ブログ(Diary)

tanabeebanatの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード










無断リンク、トラックバック、コメントは歓迎します。
ハヤテのごとく! Webリング 2.0


CJ Club USER RING

[登録サイト一覧] [RING参加登録]
[次の登録サイト] [次のサイト5コ]
[前の登録サイト] [前のサイト5コ]
[ランダム] [リング元]

ハヤテのごとく!感想リング at はてな
    ↓

Google
 


2017-04-12 ハヤテのごとく! 最終回感想

ハヤテのごとく! 最終回感想

| 22:05 | ハヤテのごとく! 最終回感想を含むブックマーク ハヤテのごとく! 最終回感想のブックマークコメント



今日、2017年4月12日、ハヤテのごとく!が終わりました。









思うことはたくさんあります。放置しておくと一晩中だらだら書いてここの文字数制限にひっかかったりするかもしれません。

かつての長文に比べればずいぶん短いですが感想を書きます。





桜の花びらが舞い落ちる季節にこの漫画が終わりました。

最終話、想像はしていましたが、読む前は読みたくてたまらなかったのに、読み終わると、読むんじゃなかったという感覚に襲われました。せめて有給はとっておくべきだったかななどと状況的には絶対無理なことを考えたりもしました。

そして、こうなることはこの漫画を初めてまじめに読んだときに予感はしていました。

いつかは終わる。それはあらかじめ決まっている。その時、登場人物たちは今と違う顔を見せている。この漫画はきっとそういう漫画だ。


この漫画を読んでいた時間は濃密でした。

特に、この漫画がなぜおもしろいのか、その根本的な疑問への答えに思い当たるまでの1年半は、これまで、そしておそらくこれからも私の人生の中で最も濃密な時間だったでしょう。この漫画がなぜおもしろいのか自分が納得する答えを見つけるために、付帯的にいろいろなところにたどりつき、迷走し、袋小路にはまり、そしてその答えが見つかる瞬間はあっけなく訪れ、永遠にも感じる時間という普通に生活している人には一生立ち会えないかもしれない時を経験することもできました。


おもえば、この漫画を読み始めるきっかけはただの偶然です。たまたまサンデーだけは何となく読んでいた、たまたまごにょごにょなことがあった。そういう偶然が重なってこの漫画を読むことができました。

そして何よりも、自分が生きているタイミングでこの漫画が世に出たという偶然。最後まで読むことができたという偶然。この偶然には感謝してもしきれません。


この漫画を入り口にして、ほかの漫画やラノベなども読むようになり、世の中は進化しているんだなぁなどとおやじくさい感想を持ったりしていましたが、私にとってはこの漫画はやっぱり特別です。過去の知識ややり方を総動員してやりきるという経験をさせてもらい、かつ、その結果ものすごい結論に到達することができるなんてことは、この先絶対一生無いと断言できますね。

もう一回あったら逆に体と心が持ちません。


私自身はこの漫画今後もたらすことについて確信はしていますが、それが実際にそうなる確率は二割程度かなとも思っています。確信といいながら二割というのはどういうことよと思われるでしょうが、ことがことだけに第三者的に見れば小数点以下0がいくつかついてから数字が出るくらいの確率なので、この二割っていう数字は恐ろしく高いです。信じるってすごいですね。


しかし、昨日まではまだそれは半信半疑でした。



この漫画にはまだ最大最後の関門が残されていました。

それは、完結することです。



この漫画が今後のサンプルというかリファレンスになるためには完結しなければならないと思っていました。流れの速い、浮き沈みの激しい週刊少年誌連載というメディアを使っている以上、途中で終わる可能性は最後の最後まで否定はできませんでした。

最終話も作者が望んでいた形なのかという確信は昨日まで持てませんでした。


実際にどうかはわかりませんが、今日、最終話を読み、私は思いました。

これ以外のエンディングはないよな……

自分の感覚を信じるのならこれがあらかじめ決められていたこの漫画の結末なのです。



この漫画がこの先もたらすことを夢想すると、多くの才能が触発され、改良し、今までとは違う世界がやってくることを夢想すると、今日のこの日をもってようやくスタートラインに立ったという思いが芽生えます。







今日、2017年4月12日、ハヤテのごとく!が始まりました。

けんけん 2017/04/13 02:49 最終回には必ずコメントされていると思い、久しぶりにのぞかせてもらいました。
まさしく、このエンディングなんですよね。13年間で、いろいろ予定変更はあったのでしょうけれど、このエンディングだけは、おそらく当初から考えておられて、確固として動かなかったのでしょう。
自分は「超」がつくアテネファンなので、いろいろ思いはありますが(アパートを去るときとか、ラスト近く西沢さんに任せちゃうところとか、何であんなに「引いて」しまうんだろうと…)、でも、エンディングはあれですよね。
何か、思いつくことを書くときりがなくなってしまいますので、このへんにしますが(ヒスイの顔の傷も設定があったんだろうな、とか…おっと、また、きりが…)、ほんとうに、おっさんの40代から50代にかけて、いい作品に出会えて幸せでした。
しばらくハヤテロスが続きそうです。
tanabeebanatさんも、お疲れさまでした。

Trumpeter-ATrumpeter-A 2017/04/13 20:04 ちょくちょく見には来ているのですが、コメントは昨夏以来でご無沙汰しておりました。
ついに終わってしまいました。
最後までハヤテとナギの話として進んだ結果があのように結実したのでしょうね。
13年、自分が連載の第1話から読み始めて最終話を迎えた作品の中では、かなり長期に渡った作品になりました。
来週のサンデーからはもう載っていないのかと、早くも感じています。
こちらへ来て毎週の感想を読むのも面白かったですし、劇場版の公開初日に新宿へ行ったのに満員で当日見られなかったのも懐かしく思えます。
あちこちに向かって「ありがとうございます」の感謝でいっぱいです。

SunnyRaySunnyRay 2017/04/16 02:21 ここ数週間、久し振りに更新され続けていたWEBサンデーのバックステージに綴られる完結への思いを読んでいる内にどうにも我慢が効かなくなり、本棚から全巻を引っ張り出して読み返してからtanabeebnatさんのHPを訪ねました。

自分は漫画を読む方だと思っていますし
好きな漫画を列挙してゆけばきりがなくなるだろうとも思います。
ただ、『ハヤテのごとく!』の最終話に対して抱いた読後感は他の漫画から感じた「面白さ」に比べられませんでした。「面白かった」という言葉では括ることが出来ない。ベクトルが違う。そして忘れられない。

既刊を読み返しながら、物語そのものを味わい直すと同時に、
10年前、8年前、6年前、……の自分が抱いた感想にも出会い直しました。
当時の自分が何を考えていたか、過ごして来た時間の流れそのものを追体験させられるような読書体験は初めてでした。
その読後感に、西沢さんの最後の台詞や、マリアさんが封筒に残した一文、最終話で主人公とメインヒロインが交わした言葉一つ一つがとけ合い、さながら「スーパーハイブリッド」の構造の一番端っこに「読者」というキャラクターとしての自分の物語もひそやかに絡まってくれていたような心持ちがして。胸に湧き上がって来たのは静かな感謝でした。

tanabeebanatさんが書いて来られたような影響力を、
この漫画が後世に長く与え続けることになるかどうか、私は正直懐疑的です。
私は連載中にこの漫画に出会えたことを嬉しく思います。アニメを初めとする様々なメディアミックスにリアルタイムで接することが出来たことも得難い体験でした。
ですが後世の読者は、このワクワクを味わえません。
最終話に向けた伏線が物語の内外にどうちりばめられているか、頭を懸命に絞る機会が有りません。
全52巻の単行本をさらさら一読し、どこかしら他作には無いものを感じたとしても、その感覚について深く考えることなしに次のコンテンツに手を伸ばしておしまいにしてしまうのではないかと思うのです。

だからこそ、毎週毎週水曜日を待って頁を繰り続けた日々の幸せを今になって噛み締めてもいます。
私はこの漫画を味わえて幸福でした。
その幸福をもたらしてくれた因子の一つは、間違い無くtanabeebanatさんが物して下さった批評、分析、考察記事の数々でした。
何度読み返したか分かりません。寄稿されていた同人誌は、私が生まれて初めて購入した同人誌でもあり、今でも大切に保管しています。
この漫画と、このブログのお陰で間違い無く私の人生は変わりました。

有難う御座いました。

『ハヤテのごとく!』に関する記述はこの先もう余り増えては行かないかも知れませんが、こちらはちょくちょくのぞかせて戴くことと思います。
願わくばこの先の人生においても、tanabeebanatさんに予期なさっている以上の幸せと楽しみが沢山ありますように。
お仕事のお忙しさもさぞやと案じられますが、心身のご健康が損なわれることなきようお祈りしております。

長々大変失礼致しました。

tanabeebanattanabeebanat 2017/04/23 11:13 けん様、Trumpeter-A様、SunnyRay様
コメントありがとうございます。
途中から毎週の感想は書かなくなり、訪れて読んでくださる読者も少なくなりましたが、最終回はやっぱりさすがに何か書かなきゃなとというか書きたくなる衝動に駆られました。
そういう思い入れをしているせいだとは思いますが今までにない読後感でした。物語が終わるのは寂しいのですが、寂しさよりもなんというかこれからの期待感が強くて…、それであんな感想を書いてみました。
バックステージは後で読みましたが、作者の言葉をどこまで信じるかは別としてやっぱりこの漫画のラストはこれしかなくて、これとは別のラストシーンはそれはそれであるんでしょうがそれはまた別の話になるんだろうなと思います。
いろいろと想像はしていましたがこんな感じで終わる話だったんだなぁと最後まで読んでもまだ驚いてみたり。
朝、出勤する前に読んでしまいその日一日は大変でしたが(笑)。
単行本で読むとまた別の感想を持つかもしれませんが、週刊連載でのハヤテ感想は2017/4/12が最後ということで、読んでくださってありがとうございました。
正直、これを機会に更新をやめようかとも思いましたが、そもそもが日記として始めただけなのでそれはそれで本末転倒かなと思います。
漫画の話を書くことは減ると思いますがどうでもいいネタや妄想記事をつらつら書いていこうとは思っています。
ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanabeebanat/20170412
blogram投票ボタン