Economics Lovers Live このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-02

[]信仰薄き者たちへ 信仰薄き者たちへを含むブックマーク


 注文した本人もさっきメールみるまで忘却していた、かの激安クルーグマンMacroeconomicsしかもCDつきの本。ついに発送済みだそうです。価格も激安500円台のまんま。

情報発信源は下ですた


<諸君、クルーグマンマクロ経済学教科書が、信じがたいほどアグレッシブなお値段で絶賛予約販売中ですぞ!(2005/12/8, id)>http://cruel.org/other/rumors.html#item2005120801

これをうけて一時期、アマゾンランク洋書で14位まで急騰。それをうけて以下の懐疑的見解がでるw


http://reflation.bblog.jp/entry/255575/

さらにそれに対して

「↑ 上記の件について、信仰薄き者たちが揺らいでいるという。(2005/12/12, id)」http://cruel.org/other/rumors.html#item2005121202

揺らいだ者たちリスト(判明分)

ワシ田中

hicksianさん

econ-economeさん

さー、結果はどうなるのか。この続きは明日!

[] ブランチャードの悩み?  ブランチャードの悩み?を含むブックマーク

 モリタク先生vs大竹さん論争をまるでひとつのモデルに閉じ込めたような話。ブランチャードが最も関心を向けるユーロ圏をみれば労働市場の制度的硬直性の深刻さからこの種の問題意識が鮮明になるのは止むを得ないか?

http://econ-www.mit.edu/faculty/download_pdf.php?id=1331

[]学生の皆さんのおかげです 学生の皆さんのおかげです垢魎泙爛屮奪マーク

 講義のネタのために手塚治虫の研究書をいくつか読む。初期の四コマ漫画収録の『手塚治虫デビュー作品集』、ITOKさんおススメの『手塚治虫の奇妙な資料』、『手塚治虫昆虫図鑑』などを読む。最初期に近い『ロストワールド」私家版と『勝利する日まで』も読まないといけない。デビュー作品集収録の「ぐっちゃん」の姉弟の絵柄のもつ中性的な魅力が同時収録の「マアチヤンの日記帳」と比較すると際立つ。「手塚治虫ドイツ」まで道は遠し。

手塚治虫の奇妙な資料手塚治虫 昆虫図鑑 (講談社+α文庫)

[] SEAL OF APPROVAL と『シン・シティ:ビッグ・ファット・キル』  SEAL OF APPROVAL と『シン・シティ:ビッグ・ファット・キル』を含むブックマーク


SEAL OF APPROVAL はアメコミのコミックコードの歴史を詳細に検証したもの。60年代はやはりコードが効果をもっていてそのためにメインストリームアングラ市場が存在。アングラ市場の小売システムが80年代に専門書店の流通システムの先駆となったなど興味深い指摘あり。まだぺらぺらみている程度。


アングラ市場についてはやはりRoger SabinのADULT COMICSを読む必要がある。週末に図書館で手配しよう。読むのは原稿終わってから。遠い目。

Seal of Approval: The History of the Comics Code (Studies in Popular Culture)


○『シン・シティ:ビッグ・ファット・キル』は『ハード・グッパイ』の方が格段によかった。高いよ、アメコミ。☆☆1/2

シン・シティ:ビッグ・ファット・キル (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)


同時に高かったが(こればっか)Sin City: A Dame To Kill For を購入。寝る前に読んで悪夢にでもうなされるか (^^;) 今月は映画みにいけん、高い高いよ、アメコミ

アメコミがあまりにも高杉晋作なので、増田本の再検証のためにはアメコミで何を読むか狙い撃ちしないといけないと思います。で、バイアスがかからないようにあらゆるアメコミから乱数を発生させ任意抽出しました(嘘)。とりあえずキャラ別には、デアデビルスパイダーマンバットマン、作家別にアラン・ムーアスタン・リーフランク・ミラーを中心に読もうかなあと。もちろんいわゆるトミーネのような「オルタコミック」関係は積極的に読むとして。

 で、デアデビルなんですが、フランク・ミラーのDaredevil: The Man Without Fear は面白かった。映画よりいいんじゃないかしら。スタン・リーの方の元祖デアデビルは選集をちょっとだけ読んだけども古すぎてちょっと……orz

 アメリカのばかりだとリフレ派はやはりアメリカ帝国主義の手先 爆 といわれるのでMoebiusの作品でもそのうちまとめてやります。ドイツ関係はITOKさんと兄貴禿げについて考案中(謎)

Moebiusとは?

http://castera.net/Moeb/

econ-economeecon-econome 2006/06/03 00:11 半年程前のお話でしたのでうっかり忘れるところでしたw 来週には手元に届く見込みのようですが、何が届くのか楽しみです(まだ懐疑的)。

ITOKITOK 2006/06/03 00:56 ご存知でしょうが,一応紹介を

メビウス・ラビリンス
http://moebius.exblog.jp/
日本で一番メビウスに詳しいサイトです。

公式サイト
http://www.insidemoebius.com/

で,アメリカから逃れられるかというと(笑)
http://www.heavy-metal.net/
HEAVY METAL内のMOEBIUS検索結果
http://www.metaltv.com/searchresults.cfm?searchrecords=Moebius
HEAVY METALの誕生については
うぉっちゃー #021225
http://www.planetcomics.jp/news/watcher/5/

tanakahidetomitanakahidetomi 2006/06/03 01:48 >econ-economeさん
山形さんところのリンクはいま
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0716767678/
で、ペーパバックでなおかつsoftware版で価格も3000円台になってます。もし同じISBNコードであれば、そして本当に望んだものなのかで我々の信仰の揺らぎは反省して改宗する必要がありますねw 
どう反省しましょうか? 笑

>ITOKさん、いつも御世話になります。メビウスは日本で一番在庫がある高円寺の御店のHPをみて、あまりの高さにガタガタブルブルしてしまいますた。こうなったら渡りにドロ舟?でいけるとこまでいってみるかなあ、と。遠い目

kaikajikaikaji 2006/06/03 13:08 アメリカのアマゾンで調べてみましたが、
Macroeconomics And Cd-rom (Paperback) が109.35ドル、
http://www.amazon.com/gp/product/0716760975/qid=1149307318/sr=1-9/ref=sr_1_9/102-4808814-4131351?s=books&v=glance&n=283155

そしてMacroeconomics Student CD-ROM が25.95ドルですね。
http://www.amazon.com/gp/product/0716767678/qid=1149307177/sr=1-4/ref=sr_1_4/102-4808814-4131351?s=books&v=glance&n=283155

オリジナルの値段から判断するに、日本のアマゾンで3000円台で販売されているのはCD−ROMだけなのではないでしょうか?ちなみに、こちらではこの本は今までどの本屋でも見かけていません。謎です。

信者信者 2006/06/03 13:23 いま、箱が届きました。開けてみると中には...

「はずれ」

という紙が一枚入っていました、となったらおもしろいのですが。

tanakahidetomitanakahidetomi 2006/06/03 17:52 まだこないですね。信者が配送の妨害工作してんじゃないですかね 爆

kmori58kmori58 2006/06/04 03:53 Krugman/Wellsの一部がPDFで公開されてますね。↓のリンクからdownload可能です。
http://www.pkarchive.org/theory/13.html

tanakahidetomitanakahidetomi 2006/06/04 10:17 やはりフリーランチぽい話は存在しないとw