Hatena::ブログ(Diary)

Economics Lovers Live このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-06

[]波頭亮・山崎元・村上尚己・田中秀臣・小幡績・吉本佳生・神谷秀樹『経済危機「100年に一度」の大嘘 CONUNDRUM 2009 Summer』 波頭亮・山崎元・村上尚己・田中秀臣・小幡績・吉本佳生・神谷秀樹『経済危機「100年に一度」の大嘘 CONUNDRUM 2009 Summer』を含むブックマーク

 手元に本日届きました。しかしこれはいろんな経済への見方がブレンドしてて面白い。山崎元さんの主張はわりと知っている方だと思うんだけど、波頭、小幡、吉本、神谷氏らがいまの世界同時不況をどんな観点でみているか、僕はこれではじめて知った。彼らの書いた単行本は、いつか『エコノミスト・ミシュランー帝国の逆襲』でも編者三人がやる気になったら(笑)、まとめて読もうと積読だったので。

 特に興味深かったのは、山崎さんと波頭氏との対談。これは不況になると官僚やインサイダーたちの既得権益が伸長するという世間知的な仮説があるが、それをいまの日本に全面展開して論じているもの。山崎さんの方が日本経済の先行きに楽天的で、他方で波頭氏の方が僕には支持が難しい財政の徳政令水準(猛烈な円高とハイパーインフレ懸念)に陥った現状みたいな認識の違いなんかがある。山崎さんの持論であるベーシックインカムについて議論している。僕はこの政策には判断保留中で、しかも懐疑的判断保留というやつ。そのうち考えようかと思う程度である。あと副題で、経産はいらない!とあるが、僕も同意で、いつも考えるんだけどなんでこの省庁が必要なのか皆目わからない。この省庁の新規採用はとりやめて、数年後には解体ではなく消滅させればいいのに。

[]が〜ん が〜んを含むブックマーク

 完全に失念してた。もう終わってるじゃないか。『ヴィニシウス 〜愛とボサノヴァの日々〜 』。長野静岡まではさすがにいけないなあ。

 しかし、ようやくつらい三週間が終わったあ。メビウス論も没になるかもわからないがw とりあえず第一稿終わり。いまはこんな時間(深夜三時半)に占領期の雑誌研究している。当時のGHQ様の検閲をみてみると、やはり当時(1946-49)の国際情勢(中国、米ソ)やマルクス経済学や労働問題関係に注意を払っているのがわかる。でもまあ、僕の見ている雑誌の検閲傾向はどちからというと金太郎飴的で大雑把な印象かなあ。検閲もどんな人員をどれだけのコストをかけてやっていたのか、まだ調査していないけれども、経済的には非効率だったんじゃないかなあ。なんといっても断簡零墨の類まで手を出しているからなあ。どんな人員を採用していたか妄想の域だけど、日本人スタッフが雇用されていたとするならば、かなり割のいい仕事だった気もする。

 なんてことを『イパネマの娘』(英語とポルトガル語交互に)とか聞きながら考えてた。しかしモライスって九回も結婚したのか。すごいなあ。結婚には驚かないけど離婚八回に驚く。体力が違う 笑。

D

[]同級生探し 同級生探しを含むブックマーク

 http://d.hatena.ne.jp/kunitatitamami/20090527#1243423048

 僕は「オタク」じゃないと思います。経済学と経済思想史が職業的専門。それにマンガとか韓流はあくまでも余暇の楽しみでしかなくほどほどの付き合い。

 ところで上の記事を拝読しいて同級生の面々をみてていろいろ思った。

61  大森望 豊崎由美 斎藤環 江川達也 島本和彦 長谷川裕一 大泉実成 ササキバラ・ゴウ ピーター・ジャクソン 大月俊倫 赤井孝美 岡本吉起 佐々木俊尚 いとうせいこう 田中秀臣

 なんか熱い奴と皮肉な奴がほどよくブレンドされている。熱血と皮肉、それに少々の社会的関心。そんな感じかな、この同級生(笑)の性格は。