Economics Lovers Live このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-16

[]上念司『デフレと円高の何が「悪」か』 上念司『デフレと円高の何が「悪」か』を含むブックマーク

 いよいよ、上念さんのデビュー作が店頭発売です。勝間和代さんが冒頭で書いているように、管大臣に「デフレ宣言」に至る道筋を示したいわゆる「勝間ショック」は、実は「勝間・上念ショック」でした。このことからもわかるように、上念さんは私たちの仲間の中でも、その行動力と企画力、そして誰にも直感的に理解することが可能な経済問題の解説を提起する能力などに優れ、まさに論壇の中核になる人だと思います。

 世の中にはさまざまな妄説や思い込みの類がいっぱいあります。たとえばいまでもデフレ(物価が下がること)がいいと信じている人も多いでしょうし、また景気回復など来てもそれは一時のバブルでありやがて経済は破滅するなどという悲観論があったりもします。そういう妄説の類を打ち砕く理性の声を本書は多く提供してくれるでしょう。

 処女作にはその著者の未来にむけての可能性が内包されていると思います。その意味で本書から読者は上念さんの無限ともいえる論じる力を予感し、また現にその中核部分を知ることができるでしょう。

 本書に書いてある経歴を拝見すると勝間さんと出会う前に僕は上念さんに初めて出会っていることになります。まだリフレ派の多くのメンバーが論壇に出て間もないころのことです。野口旭さんや若田部昌澄さんたちと一緒にやったセミナーで上念さんにお会いしました。いまもそうですが、非常に情熱的で、かつ知的で論理的な語りができる人でした。そのころから上念さんには「なぜ日本ではまともに経済問題が議論されていないのか なぜ日本銀行の政策のミスを多くの人が知らないのか なぜその政策を変えようと努力しないのか」という熱い問題意識に支えられているように見えました。

 それから何回かメールを交換したと思います。そのときは一セミナーの出席者あるいは読者とその講師(著者)の関係でしかなかったのです。上念さんから連絡がなくなって何年も経過したとき、人伝手で脱デフレを唱えてそれを実践に結びつけ始めていた勝間さんの軍師が上念さんであることを知り驚きました。あのときまだリフレについての議論を学び始めて間もなかった方が、いまや多くの点で私たちの先を走っている! それは心地いい衝撃でした。

 これから僕は多くのことを上念さんの活動や著作から学ぶでしょう。そして上念さんの行動力とひらめきの具体化に、僕だけではなく、きっと皆さんも驚いていくことになるでしょう。

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

11921192 2010/01/19 23:46 管大臣→菅大臣

のひのひ 2010/01/20 01:13 コメントさせてください。
デフレが悪だとか、いいとか言っている意味が理解できません。
私は、現在のデフレは経済の調整なのであっていいも悪いもないと理解しておりました。もちろんデフレの中で生きている人の生活にとっては苦しいものなのですが、何らかの形で調整は行われるのではないのでしょうか。

tanakahidetomitanakahidetomi 2010/01/20 06:48 あなたがどういう理論的な背景で話しているか開示してください。専門家ならちゃんと応対します。他方でただの素人の思いこみならばちゃんと教科書でも読まれることをすすめます。例えば「なんらかの形の調整」ということで議論を構成している人で池尾和人という人の議論がありますが、かれの議論ではその調整の過程はデフレではなくインフレになってしまいます。池尾議論では確かに善も悪もいえません。前提からしてただ間違えているので議論にならないからです。他方で総需要不足の失業を伴う議論で考えれば容易にそれが一種の「非効率性」を伴うものだと見なせますから厚生の水準からいえば「悪」でしょう。あなたがどんな議論を前提にしているかわからないでは何も議論できませんし、僕のいま書いた例示をもとに議論されるならば、ネットでよくみかける無限に議論したい人の特徴ともなります。そういう人につきあうつもりはもちろんないのです。あなたのコメントはその種の人の雰囲気を発散させているので書かせていただきます

のひのひ 2010/01/22 13:03 私のコメントがとても攻撃的であるとおもわれたのならごめんなさい。そんなつもりはないです。私は専門家ではありません。一般の人が上の文章を読んでわいてくる疑問の一つとしてコメントしたつもりです。つまり、田中さんのいっていることを理解したいと思う気持ちでコメントしています(そのようなコメントは、教科書読んでからしろというのなら無視してもらっても結構です)。田中さんの私に対するコメントをみて、逆に、経済を専門としている人と話をするのって大変なんだなーと感じました(素人とは、話しないみたいだし)。

tanakahidetomitanakahidetomi 2010/01/22 13:32 あなたが「一般の人」を代表する合理的な根拠はなんでしょうか? そして礼儀もなにもわきまえず他人の時間を奪うのはあたりまえと思う「素人」が迷惑なだけで、要するにあなただけのことですが、それを一般化するところがネットによくでてくる他人のブログでぐだぐだ「素人」をたてにして居直る人たちとまったく同じということです。他のところみてごらんなさい。ほとんど僕は専門も問わずに応答しているのですよ。自分の問題を一般化してはいけない
それと上の文章みてコメントするならば、まずはこの本を読みなさい。ネットで安上がりな行為ばかりして他人の時間を食い散らかすべきではない。