Hatena::ブログ(Diary)

ぱっしょん このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-03-01

新章突入。『ソードアート・オンライン』からweb小説を見る。

 ブログを更新しようと思ったが、膝に矢を受けてな……

 というか2ヶ月近く放置していたのか。別に更新する義務はないけれどこういう時は慣例として謝っておくべきだってばっちゃが言ってた

 えー。そんなわけで『ソードアート・オンライン』の文庫のほうが「アリシゼーション編」に入りました。ネットで一番人気が高かった章とありますが、一番面白い章でもあります(断言)

 改めて読み直すと序盤のフックがイマイチだとか少々気になるところもありますが、その後に訪れる怒涛の展開を考えたら全く瑕疵にすらなりません。初めて読む人達が少々羨ましいとすら思います。できるなら、あの感動をもう一度!

 さて、web版読んでいる自慢はココらへんにしておきましょう。元々『ソードアート・オンライン』はweb小説としてスタートしたわけですが、web小説というものは基本的に玉石混交です。スタージョンによれば9割がクズですが、編集もなく、ロクに文章を書いたこともないような連中が書き散らしたような小説(ぼくとかですね)だらけのwebでは更にクズの割合が高いでしょう。

 

 ただ、素人が書気散らした小説だからといって価値が無いわけではなく、物語のアーキタイプみたいなものが見えることもあり、非常に興味深いものだと思います。また、クズみたいな小説があることで「下手糞な俺も書いていいんだ!」という気にさせることで参入障壁を下げる効果があります。

 上手くなければ作品を発表してはいけないというような価値観は創作の邪魔にしかならないので隅に寄せておきましょう。面白いものだけを読みたいなら金を出すか、自分の好みにあったレビューサイトでも見つければいいことです。

 さて、そんな玉石混交のweb小説ですが、他の大衆小説と同じように流行り廃りがあります。一時期「恋人が不治の病にかかって死ぬ話」が多かったように、物語性が薄めの、4コマやショートギャグのようなライトノベルが増えたように、現在web小説でもいわゆるVRMMOものと呼ばれるジャンルが流行っています。

 

 こんなふうに書くとVRMMOものしか流行っていないように見えますが、他にも流行りのジャンルはあります。異世界召喚もの、異世界転生ものなどが主流ですかね。基本ファンタジーがメイン。それらから亜種が発生したり、また別のジャンルと結合することで、日々全くもって奇妙な物語が生まれては忘れ去られていきます。

 それらの物語はいずれも主人公にチートと呼ばれるほど高い能力があり、バッサバッサと敵をなぎ倒していく爽快感がメインのことが多いです。まあ、正しく英雄譚なわけですが、そこから持てるものの苦悩を描いた作品や、異世界に来た意味(実存)を描いた物語が派生していくのは必然と言えるでしょう。

 えーと、VRMMOものの話でしたね。VRMMOとは、要はパッドやスティックではなく、まるで現実にいるみたいに自分の意思で動き回れるゲームのことです。VRは仮想現実の略ですね。当然現在では実用化されていませんが、まあ多分そこまで遠くない未来に開発される技術ではあります(それが『ソードアート・オンライン』で実用化されているような精度であるかどうかは別にして)。

 ゲームの世界に入り込んでしまった!なんて設定は昔からあるでしょうし、VRMMOものもその派生でしょうが、このジャンルが独立する理由として「デスゲーム」があげられると思います。

 普通の異世界召喚ものとの違いは、今いる世界はゲームであり、明確なクリア条件が設定されているというところでしょう。普通にファンタジーであれば、何故別の世界に来てしまったのか理由を探す、元の世界に帰る方法を探す、といった物語を牽引する理由は消え、代わりにどうやって攻略するのか、どうやって生き残るのか、といった部分が焦点になります。主人公に選ばれた少年少女は様々な身の振り方を選ぶでしょう。

 ところが、『ソードアート・オンライン』はwebでVRMMOものが流行する起源となったような作品ですが、先駆者ながらテーマ的にかなりの部分を食い尽くしているニクいやつでもあります。なのでこのジャンルを流用して遊ぼうと思っても中々階段を継ぎ足せない。「アリシゼーション」は新しい世界と人類を創造するという極めて壮大なスケールで描かれたSFなので、まあこれを越えるような作品がポンポン出られても困りますが(いや、嬉しいよ?)。

 そんな中で『ArcanaOnline』は中々に新鮮に映りました。そもそもデスゲームの意味は仮想世界がもう一つの現実となるためのキーと言えます。ファンタジー的な世界でありながらも、世界を縛るルールは現実と何ら変わらない、ということを説明するための非常に便利な設定です。「ここが現実である」と認識させる手段は『ログ・ホライズン』のように他にもありますが、ぼくは非常に手間がかかるように思います。ログホラの場合は、それがその後の展開にも必要だったから採用したのでしょうが、圧縮するところはきちっと圧縮したほうが濃い物語にしやすいですね。

 んで、『ArcanaOnline』のどこが新鮮だったかと言うと、主人公がゲームを楽しんでいるというところですね。他の作品の主人公は楽しんでいないのかと聞かれれば、それは楽しんでいると思いますが、どうにも悲壮感があると感じます。

 キリトもそうですが、VRMMOものの主人公たちは、新しい世界での別の生き方を楽しんでいるのであって、ゲームを楽しんでいるわけではないようなのです。

 本気になって取り組めばなんだって楽しめるとはよく言いますが、生命としての命を賭ける本気と、情熱としての命を賭ける本気では全然意味合いが違ってきます。死に面してなお、どうやればうまくいくんだろうなどと考えるジンの行く先にこのジャンルの1つの先があるんじゃないかと期待しています。書籍化だそうで更新が止まっていますが。ファンとしては嬉しい限りですし、ぼくは有名になっちゃって寂しい症候群もかからない体質なのですが、一時的にせよ続きが読めないのは少し悲しいですね。

 さて、生命と情熱を燃やすキリト、情熱だけを燃やす(それもゲームを楽しむという方向に)ジン、という比較で仮想現実ゲームを見ました。主人公の在り方の派生、ということとなると、今のところこの2人とその他大勢という視点しか持てないのですが、他のVRMMOものから派生する芽ということであれば『ヘブンズアンダーコンストラクション』あたりがかなり注目度が高いと思います。

 大成するかどうかはわかりませんが、いずれにせよ、これからも様々な芽を芽吹かせるであろう大本となるであろう超大作SFソードアート・オンライン』、今からでも読むに遅いことはないですよ。あ、そういえばアニメ化するんでしたね。いやでもやっぱ「アリシゼーション」ですよ奥さん。そこまでアニメが行くのに恐ろしい時間がかかりますよ。

しんぺーしんぺー 2012/06/15 22:40 VRMMOの初期はクリスクロスや.hackだと思う。

tanamitanami 2012/06/15 23:28 『.hack』はそういう話なのですか。情報ありがとうございます。

ななしななし 2012/08/18 13:03 私の知る範囲だとこの手の話で古いのはクラインの壷かな
.hackはソードアートと同時期
でこの手の話で面白いのはソードアートが一番好みかな

tanamitanami 2012/08/20 11:20 そゆ物語の積み上げがあったからSAOが生まれたんでしょうかね。

ああああああ 2012/08/26 23:33 .hackってコントローラー使ってたような気がするんだが
主人公だけ意識がゲームに行っちゃったんだっけ?

tanamitanami 2012/08/27 07:45 プレイしていないのでわかりかねます。

ハラハラ 2012/10/31 22:27 SAOはまりすぎてる!

早く11巻でないかなー(^∇^)

tanamitanami 2012/11/01 07:20 『プログレッシブ』を読んで待ちましょう。

itkiitki 2012/11/23 12:54 アリシゼーションの続き、早く読みたーい

tanamitanami 2012/12/04 15:47 今月続きでますよ!

なかやんなかやん 2013/01/05 01:30 SAOは購読してます、大好きですww
小説書いてみたいななんて思ってたので、興味深いお話でした。

tanamitanami 2013/01/05 10:52 楽しんでいただけようで何よりです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanami/20120301/1330591555
リンク元