Hatena::ブログ(Diary)

tangkai-hatiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-06-13

「風味爽快ニシテ」


長岡でランチを食べに入った店のテーブルにこんなものがおいてありました。


f:id:tangkai-hati:20120615153249j:image


「新潟限定ビイル『風味爽快ニシテ(樽生)』」という銘柄です。

どんな味か?

そういう興味もありながら、長岡の誘惑に負けてこのビールではなくて朝日酒造の「悟乃越州」を飲んでしまいました(笑)


札幌麦酒会社を作った大倉さんは新発田の出身、そして開拓使麦酒製造所の初代技術者の中川さんは

長岡の与板の出身、もしこの二人がいなかったら....

今沢山の種類のビールが国内で販売されていますが、その様子が変わっていたかもしれませんね。


東京に帰ってきて早速「風味爽快ニシテ」のネーミング由来を調べたのですが、技術者中川清兵衛が発売当初につくったキャッチコピーが「風味爽快ニシテ健胃ノ効アリ」だったそうです。

さすがに今は「健胃ノ効アリ」とまで入れてしまうと薬事法だのなんだのに抵触するからでしょうか。


しかしどうもビールは胃に良いらしい?!

(そういえば、聞いた話ではイギリスでは鉄分補給に妊婦がギネスを飲むとか...

 ということは貧血緩和に良いのかも?)

terry2012terry2012 2012/11/19 12:19 ギネスが鉄分補給になるとは!朗報有り難うございます。

もし、お時間があれば越後湯沢の駅なかの「ていすてぃんぐGALLERY越の室」にお立ち寄り頂ければ、越後の蔵元97の代表的銘柄がすべて500円で利き酒できますよ。
そして、帰りは夢見心地で新幹線の旅があっという間です(笑)。

tangkai-hatitangkai-hati 2012/11/19 20:52 terry2012さん、コメントどうもありがとうございます。
ぽんしゅ館のことですね、今年夏にいった折は改装工事中でしたが、リニューアルされたよでうすね。
以前、湯沢にいった際には利き酒と日本酒風呂で、何度新幹線ののりそこなったことか...(笑)
でも、お酒好きにはとてもありがたい施設ですよね。

terry2012terry2012 2012/11/20 10:02 あは〜。。流石です。tangkai-hatiさんが見逃すわけないですよね^o^
越後湯沢は父親が転勤族のため、小4,5年の時、住んでいたことがあるんですよ。元の家は新幹線の駅の中に吸収さてしまいました。もしかしたら、日本酒風呂のあたりかも?。(*^o^*)
なんせ、官舎の共同温泉が自宅の庭の中にあり鍵も預かっていました。今考えると、なんて贅沢な暮らしだったのかなぁと思います。
その後、上越市(直江津)にも移りました。長岡は小学校の遠足で行くところでしたよ。
新潟の美味しいお米そしてお酒、日本海の魚、、、本当食いしん坊にはたまりません。
どうぞお仕事とセットで満喫してくださいね!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tangkai-hati/20120613/1339743548
Connection: close