タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2014-03-08 「5つ数えれば君の夢」(山戸結希監督作品)

「5つ数えれば君の夢」(山戸結希監督作品)

主演 東京女子流

渋谷シネマライズ

舞台挨拶

座席位置 真ん中中央

2回目

渋谷シネマライズ

トークショー回

座席位置 真ん中左側


評点・・・☆☆☆☆ ダンゼン優秀!

山戸結希監督の映画を観るのは、前作「おとぎ話みたい」に続き2作品目である。「5つ数えれば君の夢」は、劇場に2度観に行ったが、まだ観たいと思っている。前作もそうだったが、山戸結希作品には不思議な「中毒性」のようなものがある。

前作と最新作で最も異なっているのは、前作が趣里という1人の美少女が主演だったのに対し、最新作は東京女子流という5人のアイドルグループが主演の群像劇になっていることだろう。

一度目に観た時に私はある思い違いをしていたことに気づかされた。「おとぎ話みたい」の聞き取り切れないほどの台詞量に、「愛のむきだし」を作っていた頃の園子温監督の影響下の世代なのではないかと感じていたのだ。それはまるで早合点だった。山戸結希監督は独学で映画を学んできた人間らしいが、本作品で新世代の個性派監督の一人として新境地を開いたと言える。

前作「おとぎ話みたい」と比べ静かなポエトリーのような言葉の応酬が映画全体にリズムを生みだし、独創的な映像美によって前述した「中毒性」をもたらしている。

文章が前後してしまったが、「5つ数えれば君の夢」は、女子校の学園祭までの日々を描いた、5人の少女が自意識と向き合う青春映画である。

「おとぎ話みたい」が1人の少女の葛藤を描いていたのに対し、最新作では5人の群像劇になったことが成功を生んだ。少女たちがぶつかり合うことでアクション性が誕生したのである。そして前作ではライヴシーンが弱いと感じたが、流石「過去作品は過去のもの」と発言する監督だけあり、この作品で「りこ」が突然ダンスをするシーンのスリルは観る者に驚きをもたらすだろう。

宙を舞うシャボン、降りしきる花びらが彼女達全てを肯定して止まない。東京女子流と同世代の女性が観たら価値観が変わるかもしれない作品である。

劇中で現代ポップカルチャー批評をしている点にも注目してほしい。

ふじき78ふじき78 2014/03/24 10:24 評価はするが、途中リアルじゃないセリフ回しが入るので、のめり込むのは躊躇した感じです。

顔的には委員長なんだけど、キャラ的には園芸部の子が一番普通でおいしい役でよかった。

taniprotanipro 2014/03/24 21:28 自分は新井ひとみちゃん(りこ役)推し!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証