タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2014-04-06 「アデル、ブルーは熱い色」(アブデラティフ・ケシシュ監督作品)

「アデル、ブルーは熱い色」(アブデラティフ・ケシシュ監督作品)

出演 アデル・エグザルコプロスレア・セドゥ

T−JOY大泉

座席位置 前方左側

評点・・・☆☆☆★★★ 上出来の部類

以下、FACEBOOKより転載

アブデラティフ・ケシシュ監督『アデル、ブルーは熱い色』観ました。カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作。素晴らしかった。これは、とても悲しい映画です。

人生のふとした一瞬に、決断することによって、全てが変わるかもしれない。まるで知ることが無かった世界を知るかもしれない。

これは多感な時期を生きる1人の女性が、決断したことによって、世界が変わった、知ることが無かったはずの世界を知ったことを描いた映画。

その決断により、彼女は幸福な時間を手に入れる。

しかし、幸福とはえてして残酷なもの。知らずに幸福の絶頂を生きていた彼女は、時として訪れる孤独に残酷なほど耐えられない。

ある種一線を超えた恋愛映画でありながら、普遍的な恋愛映画としての形を残しているのも素晴らしい。

終盤、人目をはばからず愛を求めあうアデルとエマのシーンは美しい。

アデルとエマの職業による背景の違いが際立ってくる展開も良い。

キネマ旬報の特集読んで驚きました。これ、色々物議を醸した問題作らしいです。まあ、気にせず観たほうが良いです。

3時間はちょっと長い気はしましたが、あどけなさを残すアデルを演じた主演女優は、今年のマイ主演女優賞候補。

滝本誠先生の評論が凄い!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証