タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2015-01-08 2014年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票

2014年度日本インターネット映画大賞日本映画部門投票

[作品賞投票ルール(抄)]

◾選出作品は3作品以上10作品まで

◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品

◾持ち点合計は30点

◾1作品に投票できる最大点数は10点まで

◾各部門賞に投票できるのは個人のみ

ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ

◾音楽賞は作品名で投票

◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート

作品賞】(3本以上10本まで)

  「劇場版テレクラキャノンボール2013」    10点

  「野のなななのか」    3点

  「5つ数えれば君の夢」    3点

  「FORMA」    3点

  「ニシノユキヒコの恋と冒険」    3点

  「そこのみにて光輝く」    3点

  「るろうに剣心 伝説の最期編」    2点

  「るろうに剣心 京都大火編」    1点

  「百円の恋」    1点

  「Seventh Code セブンス・コード」    1点

【コメント】

  衝撃の映画館共有体験。映画の常識すら超えちゃったような「劇場版テレクラキャノンボール2013」が1位。

-----------------------------------------------------------------

監督賞】              作品名

   [カンパニー松尾] (「劇場版テレクラキャノンボール2013」)

【コメント】

   

主演男優賞

   [竹野内豊] (「ニシノユキヒコの恋と冒険」)

【コメント】

   私はキネマ旬報東京友の会にいて、そこのベストテン投票時の個人賞は主演と助演で分かれてないが、ここでは主演のみで輝いた役者を選ぶ。

主演女優賞

   [安藤サクラ] (「0.5ミリ」「百円の恋」)

【コメント】

   私はキネマ旬報東京友の会にいて、そこのベストテン投票時の個人賞は主演と助演で分かれてないから別の役者にしたが、ここではまた視点を変えて選ぶ。

助演男優賞

   [該当者なし] (「        」)

【コメント】

助演女優賞

   [趣里] (「水の声を聞く」)

【コメント】

   今日発表されたキネマ旬報ベストテンに「水の声を聞く」が入ってた。だから2013年の「おとぎ話みたい」の時に続いてこの女優を選ぶことにした。

ニューフェイスブレイク賞】

   [上白石萌音] (「舞妓はレディ」)

【コメント】

【音楽賞】

  「該当なし」

【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】

   [私が選ぶ最高の映画館賞] (「劇場版テレクラキャノンボール2013」)

  「オーディトリウム渋谷

【コメント】

   この部門は集計対象外のはずなので、好き勝手に書かせてもらう。都内だけでなく別地域にも及んだ超ロングランヒット、なんとまだ上映機会があるテレクラキャノンボール満席伝説は2月にここから始まった。

この映画に限らず驚きを何度も与えてくれたこの映画館も、もう無くなってしまった。この映画館のことは一生忘れない。

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証