タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2017-03-09 「ラ・ラ・ランド」(ディミアン・チャゼル監督)

「ラ・ラ・ランド」(ディミアン・チャゼル監督)

出演 ライアン・ゴズリングエマ・ストーン

ユナイテッド・シネマとしまえん

評点・・・☆☆☆★★

以下、facebookからそのまま転載


【時代の保守化ラ・ラ・ランド」を批判する】

最近あんまりネット見てなくて出遅れた感じがしますが、久しぶりにレビューする腕が鳴る映画が現れました。どっしり書きます。ここまで書くのは、昨年の「怒り」以来です。

まず、以下原文のママ引用

「内容が薄っぺらだと否定している奴は、ミュージカル映画をてんで理解していない」「感動しない人とは友だちにはなれない」(キネマ旬報での落語家立川志らく氏の連載より)

だとさ。映画に、理解が必要なんだって。たかが、娯楽なのに。で、何の?しかし、何を理解しないといけないのかについては、どこにも書いてない。

ところで本作は公開前から絶賛の嵐なのは誰もが知ってる。アカデミー賞はご存知の結果で、週刊文春クロスレビューでは洞口依子氏を除いて全員満点。批判してる人はオレが知る限り、柳下毅一郎さんと菊地成孔さんくらいだ。なのに、何でこの人は否定的な人に最初から頭ごなしなの?これが「同調圧力」って奴かと、今になって思った。オレは、理解できてないんだってさ。別に良いけど。

オレは別に、例えば「マッドマックスに感動しない人とは友だちになれない。アクションが理解できてない」なんて思わないんだけど。

まあ、もう言うまでもないけど、この映画は過去の名作ミュージカル映画へのオマージュ。だから、みんなしてそれを言っている。何だか、情報社会が発達したら、右に習えも進んだのかなあ、なんて思った。「昔の映画はよかったなあ(オレの大嫌いな論法)」と懐かしむ人もいる。知らない人は、「古き良き時代の雰囲気がする」とか。ここら辺は、時代が保守化してるんだな、と感じた。

ちなみに、その辺りのミュージカル知らなくても何の問題も無いですよ。「シェルブールの雨傘」くらいで十分じゃないですか?

今の時代、音楽映画を手がけてる人と言えば、ジョン・カーニーだったり、ミア・ハンセン=ラブだったり、日本だったら山戸結希監督が「おとぎ話みたい」というとんでもないもの作ってるのに、それら無視しても「ラ・ラ・ランド」である。

パソコン壊れてるのでスマホでこんなこと書いてんだけど、ここまでで長くなって本題に入れない。この映画について言おうものなら原稿用紙で5枚は必要だ。

じゃあ、本題に入ろう。

まず、オレの映画に対する評価基準を言おう。そのひとつは単純で、腕時計を見た回数。没頭したら、最後まで腕時計で残り時間を確認しない。

この映画は、まだ半分も立たないうち(ジョン・レジェンドがまだ出てこない段階)に腕時計を見た。まだ半分も残ってんのかよ!内容が無いよう、この映画。立川志らくさん、この映画スッカスカですよ。

で、そのジョン・レジェンドについて書いてみよう。

この映画はご存知のようにライアン・ゴズリングがザックリ言って「ジャズヲタ」みたいな設定で出てくるんですが、その対抗馬みたいな感じで(何だか申し訳程度に、味付けみたいな感じで)ジョン・レジェンドが出てくんだけど、結局さ、ジョン・レジェンドがやってる音楽を否定してんの?認めてるの?彼は良い奴だったの?悪役みたいにしてるの?彼がやってる音楽は良いの?ダメなの?どっちなの?

そのヒントになり得るのが、ジャズヲタのゴズリングがエマ・ストーンに対してジャズ論語るシーンなんだけど、アレは本当にイラついた。おいエマ・ストーン!オマエ話だけでジャズがわかっちゃったのかよ!映画なんだから描写でやれよ!

そもそも、ジャズヲタゴズリングが「古き良きジャズ」にこだわるというのは、ジャズ好きはカチンとくるかもしれないけど(菊地成孔さんは既に怒ってる)、まあ百歩譲って良しとしよう。

で、結局彼はジャズの何を手に入れたの?ネタバレになるから伏せるけど、アレで「古き良きジャズ」を夢として手に入れたってこと?じゃあジョン・レジェンドのアレはダメな音楽ってこと?

で、そこでデミアン・チャゼルに疑問が湧くんだけど、オマエもしかして「そういうジャズ」しか知らないの?

ジャズ普遍的なもんだと思ってんの?

わかりやすく説明すると、じゃあ例えば、ローリング・ストーンズオアシスアーケイド・ファイアが、変化してない変わらぬ普遍的なロックだと思いますか?

んなわけねー。時代と共に塗り変わるんだよ。映画も、音楽も。時代を引き継いで。

だから、保守的だと思うんだ。

深夜にスマホで書いてて、こんな長いの誰が読むんだと疲れてきた。

で、あと、デミアン・チャゼルって、今を全然知らないで音楽の映画作ってるんじゃないの?

だってこの映画、今の時代に音楽の夢を掴もうとする若者描いてるのに、今の音楽まるで出てこないじゃん。ちょいと、打ち込みに嫌悪感を示すくらい。

前半の、あのプールだっけ?ゴズリングがバンドで演奏してるところでエマ・ストーンがリクエストするシーン。

あそこで思いましたよ。チャゼル!今の時代を描くチャンスだよ!で、結局それかい!なんでオレより若い映画監督の脳が80年代で止まってんだ。

この映画観て「音楽映画として優れてる」と思った人、てか、チャゼルも、うちに来なさい。オレ、普段テクノとかハウスとか全然聴かないから。色んな音楽あるから。「え!そういうの聴いてるの?」って驚かれたこともあるんだけど、ベース・ミュージックとかも大好きだから。

ああ、ここまで書いてというかスマホで打って本当に疲れた。オチに入ろう。

ここまで書いて、でも別にヒドイとは思わない。娯楽映画としては良いんじゃないの?立川志らく氏みたいに、ムキになる理由もわからないし、こんなに絶賛されている理由もわからないから、観た映画をすぐに忘れるオレは来年の今頃には、この映画のように季節巡り、忘れてると思うけど。

ただ、この映画がヒットして、心配になったことがある。

それは、映画の上映中に途中から入ってきて、スクリーンの前に堂々と立つオンナが今後出てきたらどうしよう、ということ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20170309/p1