タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2009-07-02 2009年上半期タニプロ・アワード

2009年上半期タニプロ・アワード

この6ヶ月のお気に入りをまとめます。まず映画。悩みつつ10作品に厳選します。

1.グラン・トリノ(クリント・イーストウッド)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090427/

1.劔岳 点の記(木村大作/浅野忠信 香川照之)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090621/

1.愛のむきだし(園子温/西島隆弘 満島ひかり)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090327/

4.スラムドッグ$ミリオネア(ダニー・ボイル/デーヴ・パテル)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090419/

5.チェンジリング(クリント・イーストウッド/アンジェリーナ・ジョリー)

感想書いてません。

6.チョコレート・ファイター(プラッチャヤー・ピンゲーオ/ジージャー)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090528

7.チェイサー(ナ・ホンジン/キム・ユンソク ハ・ジョンウ)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090528

8.ディア・ドクター(西川美和/笑福亭鶴瓶)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090701/

9.チェ 39歳 別れの手紙(スティーブン・ソダーバーグ/ベニチオ・デル・トロ)

感想書いてません。

10.ウルトラミラクルラブストーリー(横浜聡子/松山ケンイチ)

観た当時の感想→http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20090609/

まず10本目の「ウルトラミラクル〜」。自分で見返しても完全に異色だと思います。

本当は「ミルク」「レスラー」「ベンジャミン・バトン」などアカデミー賞レースに絡んだ作品から選ぼうかと思いましたが、その中から一作にすると、「あ、こっちにすればよかった!」ってキリ無く悩むと思い、"あえて"全部外してこれを入れました。でも苦手な人は徹底的に苦手なはずで、そういう方に「どうして?」と言う気にもならない作品です。メジャーデビューがこんなので、これからどうすんだろ?

あとは偶然にも色んなジャンルの作品が並んだかなと思いつつ、ホラーとコメディが無いです。

「チェ 39歳 別れの手紙」は、「28歳」がしっくりこなかったんですが、後編は凄い良かったです。小耳に挟んだ話では、もともと後編が目的だったとか。

上から3つは、半年で一挙に観れてしまったのが幸福というほど、映画の奥深さのようなものを感じさせられた作品で、余計に映画を観ることに取りつかれるような大傑作でした。

加筆

監督賞   木村大作 クリント・イーストウッド まあこれはこんなところ。

主演男優賞 松山ケンイチ ベニチオ・デル・トロ 海外映画の主演男優の活躍が凄かったので悩みました。

主演女優賞 満島ひかり ジージャー 両者ともニューカマー。

助演男優賞 渡部篤郎 ジェームス・フランコ この人「スパイダーマン」のイメージしかなかったから。

助演女優賞 宮崎あおい エイミー・アダムス 他のサイトに出したベストのコメントでは八千草薫にしたけど、      やっぱりあおい

音楽賞   剱岳 点の記 ウェディング・ベルを鳴らせ!

更に追記

最近参加した某はてなリングつながりで、よく読ませていただいてる”MWAVEのずらずらら日記”さんの上半期を無許可で紹介します。結構我らが谷村美月に言及されてます!

MWAVEのずらずらら日記 2009年7月6日 月曜日の日記 2009年上半期映画のまとめ

http://d.hatena.ne.jp/MWAVE/20090706

こちらは去年末にベスト集計に参加させていただいた”まどぎわ通信”さんです。やっぱりナンバーワンはアレですね。

まどぎわ通信 2009年度上半期マイ・ベスト映画(覚え書き)

http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2/20090630

また年末になれば、”お楽しみは、ココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法”さんとか、”虚馬ダイアリー”さんとか、よく読んだり引用させてもらってるブログもベスト書くと思うんで、またその際に僕も作ると思います。


音楽部門・・・と書きたいところですが、今年もあまり聴かなかったです。

TigaとDJ Hellの新作は欲しいなあ、と思ってます。

一番聴いたのはこれです。

インヴェイダーズ・マスト・ダイ(期間限定盤)

インヴェイダーズ・マスト・ダイ(期間限定盤)

まあ、新しいことを導入しているように思わせて、変わらない人たちだなと。安心しました。

あとは最近たまたま見つけた、DAFT PUNK”DIGITAL DECKS”とかいうのを良く聴いてます。

B0019EI0F8
Xl Prodigy
クリック: 1回

2008-12-14 堤真一

堤真一

激動前夜2008年を総括第二回 堤真一

山のあなた〜徳市の恋〜、クライマーズ・ハイ容疑者xの献身と、話題作に多数出演してました。けど一本も観てないです。理由は特にないです。むしろ好きな俳優です。DVDで観ます。

2008-12-13 激動前夜2008年を総括(第一回)

激動前夜2008年を総括(第一回)

自分探しが止まらない (SB新書)

自分探しが止まらない (SB新書)

そろそろ本年を振り返っていきます。大袈裟なタイトルを付けましたが、極めて個人的なことばかり書いていきます。

簡単に言うと、「前進を目指したが、全くしなかった。」というところ。むしろ前進って何だろう?どんな状況下においても、自分探しが止まりません。

これからも思いやりを忘れないことを僕なりに心がけながらも、言いたいことをバシバシ言いたいと思います。

あと何か昔から勘違いされてしまうことがよくあります。最近は特に多い。簡単に言うと。

「オマエは反体制っぽいやつが特に好きだよな。文句ばかり言っている」

いや、そんなことはない。たまたまそうなだけだ。あと、反体制的だからという理由で好きというわけではない。あと、反体制的でないものも好きなものは好きだ。反体制か否かをあまり気にしていない。そうなのかそうでないのか良くわかってないことも多々ある。あと、できれば文句は言いたくない。

「そのくせ、おっぱいとかチンコとかウンコとかに喜ぶよな」

”そのくせ”とはどういうことだ。あと、おっぱいだから何でも好きなわけではない。好きなチンコは、僕のチンコだけだ。スポーツジムの更衣室でのムキムキな男達のチンコが好きなわけがない。ウンコが好きならトイレで流さない。ウンコという存在がかもし出す、何とも言えないおかしさが好きなのだ。小田嶋隆氏が新連載で、ウンコを例に文を書いているだけで大笑いだ。僕はそのレベルで喜ぶ。

あと、いっくら削除しても、ある悪質トラックバックが来ます。この人は僕の好きなおっぱいが理解できてないね!

好きか嫌いかについてイチイチ理由とか考えて答えるのも、こういう視点で語ると何かバカバカしいんだけど、でもやっぱり伝えたいし、相手の反応が知りたいからね。

どうでもいいことを書いた。じゃあまず音楽から。

去年末に自分のパーティやってから、DJを辞めてます。厳密に言うと、今年一回だけやってますが。

まあなんつーか、「また始める際には、自分でDJやるにしろ、またパーティ主催するにしろ、もっとはっきり形を決めてから」って思ってます。

早くて来年一月、DJはまた始める予定ですが、さて何やろう?色んなことに手を出し過ぎた。

あと今に始まったことじゃないですが、レコードDJ受難です。シスコって倒産したの?手にとって買うのが好きな僕は、オンラインになってからは全く御世話になってなかったんですが。

レコードでずっとやっていこうと心に決めていた僕は、そして聴くのにもターンテーブルを使う僕は、まあ確かに困ったもんです。とりあえず家には大量に愛するレコードたちがいるから、針だけ複数買っておくかな。針まで無くなったらもっと困るから。

何かで「レコードがなくなると、それはそれでなんちゃってDJがいなくなる」っていう意見を目にした事がありますが、果たしてそうなんでしょうか?10年レコードDJ続けても、僕は未だになんちゃってDJだし、普段使うテクニックスから、例えば現場がヴェスタクスだった時ですら一苦労。あとずっと僕とイベントやってきた友人は、むしろアナログのほうが難しいと言っていたけど。まあ人それぞれか。

その友人はやり方にはこだわらず、その時の状況に応じてレコード・CD・PC何でも対応できるようにしているから、僕もそうしようかと考えている。とにかく「様々なことにアンテナを張っている意識」が重要だそうだ。

ジェフ・ミルズが何かのイベントでプレイした時、パン!っと叩いてレコードを手に取った時、何とかっこよかったか。あれは何かの手品だったのか。

あとテクノ・エレクトロ系で言うと、XXX FLICKSとかGREAT STUFF RECORDINGのジャケはマジかっこいいです。厳密に言うと、一時期のXXX FLICKSはエロというか凄まじく下品でした。女性には決して見せられない代物ばかりでした。

音楽あんまり聴かなかったです。年末は毎年恒例カウントダウンジャパンフェス行って来ます。

次回から映画について書きます。