タニプロダクション このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

tanipro

tanipro

映画感想ブログだったんですが更新停滞中。記録のみになってきてます。

///
たまに記録に使ってるだけで、ほとんど見てません。
//////
キネマ旬報東京友の会会員。 モノノフ=ももいろクローバーZのファン。ファンクラブ会員。 前のtwitterアカウント(tanipro)が使えなくなりました。新しいアカウントは(newtanipro)です。
//////
//////
◎◎2010年から双葉十三郎先生が使用していた映画採点方式を下敷きにしたものを使っています◎◎
採点例・・・100点満点は無い。☆☆☆★★以上がオススメ作品。
☆☆☆☆★以上(ダンゼン優秀・超ゴイスー)・・・「息もできない」「エリックを探して」「ヘヴンズ ストーリー」「パーマネント野ばら」「悪人」「青いソラ白い雲」「この空の花 長岡花火物語」「横道世之介」「恋の渦」「ゼロ・グラビティ」・・・など
☆☆☆☆(ダンゼン優秀・ゴイスー)・・・「冬の小鳥」「ヒックとドラゴン」「彼とわたしの漂流日記」「イエローキッド」「ヒミズ」「ロボジー」「ダークナイト ライジング」「レ・ミゼラブル」「ジャンゴ 繋がれざる者」「華麗なるギャツビー」・・・など
☆☆☆★★★(上出来の部類)・・・「キック・アス」「信さん 炭坑町のセレナーデ」「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」「夢売るふたり」「リンカーン」「テッド」「オズ はじまりの戦い」「ザ・マスター」「舟を編む」「中学生円山」「そして父になる」・・・など
☆☆☆★★・・・「酔いがさめたら、うちに帰ろう」「ヒーローショー」「闇の列車、光の旅」「世界にひとつのプレイブック」「共喰い」・・・など
☆☆☆★・・・「エクスペンダブルズ」「ゴールデンスランバー」「莫逆家族 バクギャクファミーリア」・・・など
☆☆☆(水準程度)・・・「北のカナリアたち」・・・など
☆☆★★★(水準以下だが多少の興味あり)
☆☆★★以下(篤志家だけどうぞ)

2013-12-30 日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票

日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票

[作品賞投票ルール(抄)]

◾選出作品は3作品以上10作品まで

◾持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする

◾1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート

作品賞】(3本以上10本まで)

  「恋の渦」4点

  「横道世之介」4点

  「甘い鞭」3点

  「凶悪」3点

  「かぐや姫の物語」3点

  「風立ちぬ」3点

  「ペコロスの母に会いに行く」3点

  「フィギュアなあなた」3点

  「フラッシュバックメモリーズ 3D」3点

  「はじまりのみち」1点

【コメント】

-----------------------------------------------------------------

監督賞】              作品名

   [石井隆] (「甘い鞭」「フィギュアなあなた」)

【コメント】

主演男優賞

   [高良健吾] (「横道世之介」)

【コメント】

主演女優賞

   [堀北真希] (「麦子さんと」)

【コメント】

本来なら「おとぎ話みたい」の趣里であるが、「おとぎ話みたい」はロードショー作品では無いためか、映画.com等のサイトにも出てこない、キネマ旬報でも対象外の作品であるためここでは外した。

助演男優賞

   [ピエール瀧] (「凶悪」)

【コメント】

助演女優賞

   [木南晴夏] (「百年の時計」)

【コメント】

本来なら主演に該当なのかもしれないが、他に該当者が思いつかなかった。

ニューフェイスブレイク賞】

   [間宮夕貴] (「甘い鞭」)

【コメント】

【音楽賞】

  「フラッシュバックメモリーズ 3D」

【コメント】

   何せ自分は、「フラッシュバックメモリーズ4D-完全再現ライブ@立川シネマシティ2DAYS」と題された、『フラッシュバックメモリーズ3D』を上映しつつ、スクリーン前で GOMA & The Jungle Rhythm Section が劇中の演奏部分をミュートにして生演奏。観客が映画館でスタンディングでダンスしながら3Dメガネをかけて映画を観るという限定企画で観ている。 

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ特別賞】

   [山戸結希監督] (「おとぎ話みたい」)

【コメント】

   この作品がもしキネマ旬報ベスト・テン該当作品だったり、映画サイトで表示される作品であったならば、今年の日本映画ベスト3には入る。 

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

2013-12-29 日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票

日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票

今年も投票します。

[作品賞投票ルール(抄)]

◾選出作品は3作品以上10作品まで

◾持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする

◾1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート

作品賞】(3本以上10本まで)

  「ゼロ・グラビティ」    8点

  「ジャンゴ 繋がれざる者」    3点

  「パシフィック・リム 」    3点

  「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 」    3点

  「華麗なるギャツビー」    3点

  「ウォールフラワー」    2点

  「パッション」    2点

  「悪いやつら」    2点

  「イノセント・ガーデン」    2点

  「ザ・マスター」    2点

【コメント】

-----------------------------------------------------------------

監督賞】              作品名

   [アルフォンソ・キュアロン] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】

主演男優賞

   [チェ・ミンシク] (「悪いやつら」)

【コメント】

主演女優賞

   [サンドラ・ブロック] (「ゼロ・グラビティ」)

【コメント】

助演男優賞

   [レオナルド・ディカプリオ] (「ジャンゴ 繋がれざる者」)

【コメント】

助演女優賞

   [ニコール・キッドマン] (「ペーパーボーイ 真夏の引力」「イノセント・ガーデン」)

【コメント】

ニューフェイスブレイク賞】

   [クヮヴェンジャネ・ウォレス] (「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜」)

【コメント】

【音楽賞】

  「華麗なるギャツビー

【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶベスト映画館賞】

   [オーディトリウム渋谷] (「カリフォルニア・ドールズ」)

  

【コメント】

 

  配給権が切れ国内で上映できなくなり、音楽著作権上の理由でソフト化もされていないこの映画を日本最終上映したことを評価。

  日本映画で口コミで広がった「恋の渦」を真っ先に上映した映画館でもあり、東京で最もアツい映画館である。

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

-----------------------------------------------------------------

2013-12-28 今年のMY外国映画ベスト15、日本映画ベスト15

今年のMY外国映画ベスト15、日本映画ベスト15

f:id:tanipro:20131228004651j:image:mediumf:id:tanipro:20131228004650j:image:medium

以下、facebookより転載

今年のMY外国映画ベスト15、日本映画ベスト15、ほか勝手に個人賞です。

毎年ブログに書いてるんですが、今年はfacebook始めたので、facebookにも載せます。

まずは日本映画ベスト15

1.恋の渦(大根仁監督作品)

2.横道世之介(沖田修一監督作品)

3.甘い鞭(石井隆監督作品)

4.凶悪(白石和彌監督作品)

5.かぐや姫の物語高畑勲監督作品)

6.風立ちぬ宮崎駿監督作品)

7.ペコロスの母に会いに行く(森崎東監督作品)

8.フィギュアなあなた(石井隆監督作品)

9.フラッシュバックメモリーズ 3D(松江哲明監督作品)

10. はじまりのみち原恵一監督作品)

11. 地獄でなぜ悪い園子温監督作品)

12. 百年の時計(金子修介監督作品)

13. ばしゃ馬さんとビッグマウス吉田恵輔監督作品)

14. 麦子さんと吉田恵輔監督作品)

15. もらとりあむタマ子山下敦弘監督作品)

特別賞.おとぎ話みたい(山戸結希監督作品)

ワースト.R100(松本人志監督作品)

監督賞:石井隆(甘い鞭、フィギュアなあなた)

主演女優賞趣里(おとぎ話みたい)

主演男優賞高良健吾横道世之介

助演女優賞木南晴夏(百年の時計)

助演男優賞ピエール瀧(凶悪)

新人賞間宮夕貴(甘い鞭)

毎年出してるキネマ旬報ベストテン投票はコメント欄が狭いんですが、ブログfacebookだと文字数気にせずに、感想をいくらでも書けるのでたくさん書きます。あと10本じゃなくて15本にしました。

基本的に、「記憶に鮮明に残った」映画を挙げました。

今年は、小難しい社会派映画系の類は極力外すという条件で選びました。

日本映画ベストテンは、ジブリが2本、石井隆作品が2本、特別賞を入れると、キネマ旬報東京友の会にいてキネ旬購読者なのにSPOTTED絡みで観た映画が3本とかなり偏った結果に。

「恋の渦」が最も「2013年」な日本映画だった気がします。二度も劇場で観て、挙句出演者がいる店にまで行き、パンフにサインしてもらいました。

一度目で「何だこれスゲェ!」と思い、二度目には視点が変わって、今年の日本映画ベストワンだと思いました。

映画史に名を刻まなくても良いと思います。今だからこそ観る映画でした。この映画が大好きと絶賛する松尾スズキ糸井重里鈴木敏夫(以上敬称略)といった中高年著名人はその歳にして「現役」なんでしょう。自分もそういう人になりたい。

「おとぎ話みたい」で主人公が髪留めを外して長い髪の毛を振り乱し、階段を駆け上がる美しいショットが今年のベストショット。これも、監督にサインしてもらいました。山戸結希監督の名は覚えておいてほしいです。

石井隆監督の傑作が2本も観れたのも忘れ難いです。「フィギュアなあなた」のスワンが舞うショットは涙が出るほど美しく、「甘い鞭」の作劇はまさに神技と言いたいです。物語と伏線を集約しきったようなラストのカタルシスは圧巻です。ポルノを侮るなかれ。

加えて最後の機会であろう、宮崎駿高畑勲両監督の傑作を同じ年に観れたことの幸福。

テクノのDJを始めて約15年になるので電気グル―ヴには影響を受けていますが、まさかピエール瀧が俳優としてこうなるとは予想もしませんでした。何せ「あまちゃん」と「凶悪」だからなあ、と。

期待の新人監督賞として「ジ、エクストリーム、スキヤキ」の前田司郎監督を挙げておきます。新人監督ゆえか巧い映画とは言い難く、全体的にまとまってないものの、センスを感じるので今後も映画を撮ってほしいです。

ワースト・R100を観た時の空しさは一生忘れないかも・・・1000人以上入る新宿ミラノ座で、10人くらいしかいなかったです。観終わった瞬間にここ5年くらい観た中でワーストワンだと思いました。

追記:今年は一時期忙しかった時期にあまり映画館行かなかったです。なので観たかった作品に観逃したのもあります。それでも外国映画よりは優先して観に行きました。あくまで映画館で観た映画から選びました。

DVD等で気になったらチェックしてください。映画館で観る機会がまだある作品もあります。


先日の日本映画に続いて、外国映画ベスト15

1.ゼロ・グラビティアルフォンソ・キュアロン監督作品)

2.ジャンゴ 繋がれざる者クエンティン・タランティーノ監督作品)

3.パシフィック・リムギレルモ・デル・トロ監督作品)

4.ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (ベン・ザイトリン監督作品)

5.華麗なるギャツビーバズ・ラーマン監督作品)

6.ウォールフラワー(スティーブン・チョボスキー監督作品)

7.パッションブライアン・デ・パルマ監督作品)

8.悪いやつら(ユン・ジョンビン監督作品)

9.イノセント・ガーデンパク・チャヌク監督作品)

10. ザ・マスターポール・トーマス・アンダーソン監督作品)

11. リンカーンスティーヴン・スピルバーグ監督作品)

12. 悪の法則(リドリー・スコット監督作品)

13. 愛、アムールミヒャエル・ハネケ監督作品)

14. 名探偵ゴッド・アイ(ジョニー・トー監督作品)

15. オズ はじまりの戦い(サム・ライミ監督作品)

監督賞:アルフォンソ・キュアロンゼロ・グラビティ

主演女優賞サンドラ・ブロックゼロ・グラビティ

主演男優賞チェ・ミンシク(悪いやつら)

助演女優賞ニコール・キッドマンペーパーボーイ 真夏の引力イノセント・ガーデン

助演男優賞レオナルド・ディカプリオジャンゴ 繋がれざる者

新人賞クヮヴェンジャネ・ウォレス(ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜)

日本映画同様基本的に、「記憶に鮮明に残った」映画を挙げました。

こちらも小難しい社会派映画系の類は極力外すという条件で選びました。

外国映画は、「ゼロ・グラビティ」に尽きます。観終わった瞬間にオールタイム外国映画ベストテン級だと思いました。絶対3Dで観てください。2DやDVD、TVで観ても、3Dで観た人に「何で3Dで観なかったの?」と言われますよ。

ジャンゴ」と「パシフィック・リム」は、シンプルでもそこに作家性や映画愛が足されると新しい傑作が生まれるというお手本な気がしました。

「ウォールフラワー」はもっと褒めておいても良かった、というくらい好きな映画。「ウォールフラワー」のラストシーンは一見に値します。クチコミで広がったそうなんで、何より。

主演男優賞は「リンカーン」のダニエル・デイ=ルイス、「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスか、「悪いやつら」のチェ・ミンシクで悩みました。一番変なヤツを選びました。

助演女優賞は文句なしにニコール・キッドマン。見事な汚れぶり。

音楽好きとしては、劇中音楽が素晴らしかったのが「ウォールフラワー」と「華麗なるギャツビー」です。「華麗なるギャツビー」で文芸題材なのにダンスシーンにジェイ・Z & カニエ・ウェストのヒット曲使うあたりは現代観客への配慮だと思います。

追記:外国映画も今年は一時期忙しかった時期にあまり映画館行かなかったです。なので観たかった作品に観逃したのもあります。でもあくまで映画館で観た映画から選びました。

DVD等で気になったらチェックしてください。映画館で観る機会がまだある作品もあります。