365 Days of R&B/SOUL

July 25


本館サイト「R&B/SOUL CLASSICS ONLINE」も更新しました。



ヴァーダイン・ホワイト

ヴァーダイン・ホワイト

Verdine WHITE

1951年7月25日イリノイ州シカゴ生まれ。

アース・ウインド&ファイアーEarth, Wind & Fire)のベーシスト。結成当初から現在に至るまで、不動のメンバーとしてEW&Fサウンドを支え続けている。シングル・ヒット50曲(1位8曲)、チャートイン・アルバム25作(1位6作)。兄はリーダーモーリス・ホワイト(Maurice White)。

紹介したCDは、2005年の「Illumination」。ヒット曲 "Pure Gold" を収録。リードヴォーカルは、フィリップ・ベイリー(Phillip Bailey)。プロデューサーは、ジミー・ジャムテリー・ルイスジャム&ルイス)、ウィル・アイアム、ラファエル・サディークオーガナイズド・ノイズ、ダレン・ハンソンブライアン・マックナイトBrian McKnight)、ウォルター・アフェナシェフなど。旬のトラック・メイカーたちを迎えた、新世紀型のEW&Fサウンド。アマゾン→

R&Bファンク

[ アース・ウインド&ファイアーであと7枚 ]

Promise」。2003年作。ヒット曲 "All In The Way" を収録。プロデューサーは、モーリス・ホワイト、ウェイン・ヴォーン、グレゴリー・カーティス、プレストン・グラス、ポール・キングバーグ、ティム・ケリー&ボブ・ロビンソンフィリップ・ベイリー、ラルフ・ジョンソン。外部のスタッフも導入しているが、サウンドは往年の EW&F を彷彿させるスタイル。アマゾン→

(R&B/ファンク)

【NEW】「Raise!」。1981年作。ナンバー1ヒット "Let's Groove" を収録。他に、"Wanna Be With You" もシングル・ヒットを記録した。プロデューサーは、モーリス・ホワイト。原点回帰のファンク・アルバム。80年代アース・ウインド&ファイアーの傑作。アマゾン→

(ファンク)

Faces」。1980年作。ヒット曲 "Let Me Talk" を収録。オリジナルのアナログ盤では、2枚組の大作。リード・シンガーは、フィリップ・ベイリーとモーリス・ホワイト。ファンクを中心に、ミディアム・テンポソウル・ナンバーとファルセット・リードのバラードを織り交ぜた構成。全15曲を一気に聞き通せる、見事なクオリティ。アマゾン→

(ファンク)

「I Am」。1979年作。ヒット曲 "After The Love Has Gone" を収録。エモーションズ(The Emotions)と共演した "Boogie Wonderland" もある。アルバムは1位を獲得、2百万枚を売り上げた。70年代EW&Fの集大成とも言うべき名盤♪試聴→

(ファンク)

「All'N All」。1977年作。ナンバー1ヒット "Serpentine Fire" を収録。アルバム・チャートでも、9週間で1位。3百万枚を売り上げた。プロデューサーは、モーリス・ホワイト。名曲 "Fantasy" が存在感を放つ、70年代 EW&F の歴史的傑作。アマゾン→

(ファンク)

Spirit」。1976年作。ナンバー1ヒット "Getaway" を収録。アルバム・チャートの1位は惜しくも逃したが、8週間に渡って2位。2百万枚を売り上げた。プロデューサーは、モーリス・ホワイトと、チャールズ・ステップニー。"On Your Face"、"Saturday Night" など、明快なファンク・ナンバーが充実の作品。アマゾン→

(ファンク)

「That's The Way Of The World」。1975年作。ナンバー1ヒット "Shining Star" を収録。アルバムも5週間に渡って1位を獲得、2百万枚を売り上げた。なお、本作は同名映画サウンドトラック。アース・ウインド&ファイアーのメンバーも出演している。日本では未公開だったが、2007年にDVDが発売された。映画DVD→サントラCD→

(ファンク)

●本館サイトの関連記事→アース・ウインド&ファイアー



コメントを読む(10)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tanoux/20150725