Studium 伊東啓太郎の風景ノート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-27-Tue

[]ウントンシュシャン 11:17 ウントンシュシャンを含むブックマーク

パリCDG。これから->NRT->FUK也。タクシーのウントンシュシャンとてもいい人だった。甘くて白い葡萄をくれた。そりゃあ、もちろんいろいろあるんだろうけど、とてものどが渇いていたので、僕はすごく嬉しかったよ。大きな都市は何処も渋滞。今回16.30にGBでて60分かかった。

■帰る直前、行けてよかった。ヨーロッパ写真美術館とMusée Guimet(ギメ東洋美術館)。時間を忘れてた。

各地の戦争のとてもショッキングな写真。心の底に訴える恐ろしい一瞬の光景。

ギメ美術館ではCGユング、赤の書展。ユング自らの絵。

曼荼羅白隠禅師。いくつかのシンクロニシティ

メール原稿二つ送信、ふぅ・・・なんとか間に合いました。ありがとうございます。先に時差ぼけになっていると時差ぼけしないかどうかの実験。ただのぼけになる可能性大。

学生の頃いけなかったプチトリアノンのアンジュレーションに感動。仏では、建築家植物学者が昔から一緒に仕事してるんだなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tapio/20110927