Hatena::ブログ(Diary)

備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

1151427
|ジロウノナンデモブック |『Globes -地球儀の世界-』(ダイヤモンド社)発売中!| |『原色ガチャガチャ生き物図鑑』(ダイヤモンド社)発売中!| |アルバム(Flickr)|

2014-04-20

応援部の地味な吹奏楽団ズが見逃せない

応援部の地味な吹奏楽団ズが見逃せないを含むブックマーク 応援部の地味な吹奏楽団ズが見逃せないのブックマークコメント

 東京六大学野球開幕戦明治戦に続いて慶應戦の応援に行ったが、2-13の大敗でリーグワーストタイの70連敗を記録。初回のチャンスを活かせていれば、と思うが、まあ活かせていても…とも思う。先発投手ががんばって抑えて中盤までは戦えるのだが、先発が力尽きてリリーフがでてくるともうジ・エンド。後半に四球と被安打の連続によりずるずる大量失点してあえなく負けるというのは、昨年からなにも変わらない。残念ながらしばらく勝利はお預けだろう。というか、おれが東大にいるうちに勝てるような気はあまりしない。

 それでも神宮にまた行きたいと思うのは、できれば歴史的瞬間にいたいからというスケベ心と、もう一つは応援部の姿を見たいから。あれだけ負け続けているチームを応援し続けるのはやはり美しいと思う。というか、彼らこそタフな東大生だと思う。もしFC東京が70連敗もしちゃったら……おれにはがんばって応援できる自信ないよ。。

 リーダーチアリーダーズを見ていて楽しいのはもちろんだが、もう一つ、最近見逃せないのは吹奏楽団だ。応援部を構成する3パートのうち、見た目的にも存在感的にももっとも地味なパートであることは間違いない。しかし、見逃せない。特に、守備のときの彼らを見ると心が洗われる思いがする。自らの応援道具である楽器を使えない守備時にも、彼ら吹奏楽団は応援をやめない。全般的に地味めな東大生の中でもとりわけ地味めな感じのする吹奏楽団の学生たちが、守備時には後ろを向いて不器用な感じで懸命に応援を煽ってくれるのだ。おれにとってはそれがかなりうれしい。不憫なことこのうえないこの子らのためにもヒットの一本くらい打たんかいという気持ちになる。リーダーチアリーダーズの場合はそれなりに華があるけど、この子らにはない。なんのためにやってるんだろうと葛藤することはあとの2パートよりも多いのではないか……なんて考えるともう目が離せない。彼ら吹奏楽団が泣きながら喜んでいるところがいつか見たい。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140420

2014-04-19

署名: Masashi Hara コレクション: Get

愉快痛快!青赤劇場!

|  愉快痛快!青赤劇場!を含むブックマーク  愉快痛快!青赤劇場!のブックマークコメント

 セレッソ戦。2-0。4万の大観衆の前で、完勝&快勝&喜勝&悦勝&感勝&佳勝&歓勝…! 

 太田の華麗な抜け出しからの高速クロス平山が迷いなくダイレクトで合わせて先制! そうだよそう! ダイレクトが一番入るんだ! 平山は足元に自信があるからついトラップして大事に狙うのが好きなんだけど、このときばかりはおそらく高速すぎて考えるより先に体が反応していたのだろうな〜。ああいうのは久しぶりに見た。平山ダイレクトで打つようになったら、相手DFがより飛び込んでくるようになって、トラップでかわして決めるようなシーンも増えるのではないか! 同じく左サイド武藤からボールに合わせたやつも入ったと思ったけどな〜。

 で2点目はその武藤! Jリーグ初ゴールはヒデトの意外性たっぷりヒールから持ち出して抜け出しての左足股間抜きシュート! これまた迷いなし! 爽やか一番星! やつのヒーローインタブーの爽やかさは図抜けているわ。ひと昔前の正統派好青年に今後5年の青赤アタックは一任してまかせたい気持ち! 前にいく姿勢が常にあるのがイイね! 

 100試合でかあちゃんの前で十二分の張り切りを見せた米本もグーだったし、吉本と権田のにやにや感にじみでるペアインタビューもよかったし、最後のユーストリオシャーもよかったし、フォルラン柿谷南野山口狙いのカメラマンじゃなく東京担当カメラマンにいい仕事が回ってきたのもうれしかったし、フォルラン柿谷南野山口狙いの大多数観衆に東京ここにありと見せつけられたのも痛快だったし、アーリアが挨拶にきてくれたのもよかったし、試合後にセレッソバスの横をとおったらフォルランランが見えたので手をふったら手をふりかえしてもらったのもよかった! 

 けどおれが一番うれしかったのは、試合終了直後、森重が何度もガッツポーズをして感情を爆発させていたのが見られたこと! OK牧場! 90分のタスクをやりきった男だけが放出する充実の歓喜オーラがみなぎっていた! おれは我が軍の選手たちに、ああい感情の爆発をもっともっと見せてほしい!(ただし感情爆発による退場は除く) そのシーンに立ち会うためにこそスタジアムに通いたい! 頼むぜ我が軍!頼むぜフィ将!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140419

2014-04-13

東大生活1年経過に際して

東大生活1年経過に際してを含むブックマーク 東大生活1年経過に際してのブックマークコメント

東大に勤め始めてもう1年がたってしまった。はやいもんだわ〜。

毎日会社通勤するだけでも久々で、さらに勤め先は役所テイストが強く残る巨大組織であるため、フリーランス感覚民間感覚が強くしみこんだおれにとっては、刺激的とまではいえないものの、思うところの多い1年間だった。思うところというのはつまりはまあ違和感なわけだけど、やはり人間には環境に慣れる能力があるようで、それはおれにも搭載されているようで、最近はそれを違和感とも感じないようになってきている気がする。環境適応するといえば聞こえはいいが、単に感覚麻痺してきているだけとも言えるし、そちらの方が現実を表しているように思う。

1年前を思い出してみると、おれが東大で働くようになったのは、誘ってもらう縁があったから経済的に安定するからネタがいっぱいありそうだから、というのがメイン理由だった。あとは、15年ほどフリーランスでやってきて、今後もずっとライターやるんだろうなと思っていたけど、最後の1年で嫌気がさす出来事が3つ4つ連続して起こっていやになった感じがあったことも重なる。なんのために生きてるのかわからなくなるよ、的ななげやり気分が支配的になっていたところに、なんとなくおいしそうな話をいただいたので、その気になったという感じ。それまで自分のやりたいことばかり(でもないけど総じていえばそう)をやってきたので、今度はちょっと他人のためとか組織のためとかに働くのもいいかなと思ったのだった。

だが、1年やってみて、その読みがあたっていたとはとてもいえないことがわかる。おれがいることがこの組織のためになるとはあまり思えない。あまりというかまったく思えない。なんのために生きてるのかわからなくなるよ、的ななげやり気分が再び支配的になりつつあるのを否定できない。ショボンショボンショボボボーン。。。

一方で、経済的な困窮から一時的にではあれ解放されているという非常に大きな事実は確実にあり、めし食って酒飲んで寝れば大丈夫という事実も確実にある。めでたしめでたし

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140413

2014-04-07

ポメラニアーン!

| ポメラニアーン!を含むブックマーク ポメラニアーン!のブックマークコメント

鳥栖戦。2-1で今季リーグ戦ホーム初勝利! 

河野は、1発目でもう入っていたと思うけど有無を言わさずだめ押しで蹴り込んでゴール。本人を含むダブルスルーからのエドゥーのシュートのはね返りを2回シュートという非常に手間のかかったゴール。次はヒーローインタビューのときに「エイドリアーン!」っぽく「ポメラニアーン!」って叫んでほしい。中盤でボール持ったときでもいつでも少しドリブルで進もうとする特性がいいほうに転がり始めている感じがする。

平山はやっと決めてくれた。。CKからの混戦ゴール。ほかにもシュート打ってたし。敵と競ったときにこらえ性なく簡単に転ぶ癖をおさえてくれたらもっと取れると思う。

これで五分に戻した。まだまだこれから。

雨降ってて寒くって遠方の鳥栖がゲストだとはいえ、キッズチア動員もあって観客数が1万4千とはちょっとというかだいぶ淋しい。我が軍は客が少ない方が勝ちやすいのかもしれないが。

応援は、メリッサが久々に歌えてよかった。サマーライオンが多用しすぎで一時の高揚感を味わえない感じになってきているせいもあり、このところは脳天気ものよりストレートなやつのほうが合っていると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140407

2014-04-06

なりきりフェイク大作戦、の巻

なりきりフェイク大作戦、の巻を含むブックマーク なりきりフェイク大作戦、の巻のブックマークコメント

f:id:taquai:20140406120303j:image:w300:left昔、たしか中3の頃、たけしのオールナイトニッポンで、「彼女と映画館に行ったときにポップコーンの容器の下をくりぬいておいてそこにちんちんを入れておいて彼女がポップコーンを食べ進めるうちに容器に入れる手がだんだんちんちんに近づいてきて……ムフフ♡」というネタを聞いて衝撃を受けたことがあるんだけど、それをふと思い出してアレンジしてみたという、自分の中ではけっこう感慨深い下ネタページ〜、のまっき! たぶん中3になる息子もそろそろこういうことを考え始めてるんじゃないかな〜と思うと、父親としてはよけいに感慨深いのであった。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140406

2014-04-05

taquai2014-04-05

4代目のおれサルシューがケルメに

| 4代目のおれサルシューがケルメにを含むブックマーク 4代目のおれサルシューがケルメにのブックマークコメント

週に1度のFC氷川台ではくサルシューとして、ケルメのSTAR360°JAPAN ブラウン 55287 という靴を購入!

これまではいていたホマ・サラマックスの左足爪先部分の縫い糸がいつのまにかなくなっていて、ソールとアッパーがはがれてきちゃったため、シューグーを買って補強してみたのだが、それでもはがれてくることが判明したため、やむなくショップめぐりを敢行。したのだが、おれがサルシューに求める4つの条件(本革を使用していること、トウガードがついていること、色が派手目であること、安いこと)をクリアした品がなかなか見つからず、実店舗はあきらめてネットで探していたところ、4条件をクリアした品として浮上したのが、ケルメのこのモデルだった。というか、実は3代目を探しているときにも実はこれには目をつけていて、店でホマに出会ったもんだからそっちを買ったという経緯もあって、2年越しのラブコールが実った形でもあるのだった。

おれの4条件をクリアしているのに加え、実はこのケルメには、ソールがあのミシュランとのコラボであり、ビバンダムの絵がついているというチャームポイントまである。

f:id:taquai:20140405164226j:image:w240:rightf:id:taquai:20140405164302j:image:w240:rightまあビバンダムはビバンダムだけど、ソールのパターンがやっぱりこうラジアルタイヤっぽくてグリップがよさげな感じがムンムンするのがグーなのだ。ただし、現在から見るとおそらく2代ほど前の個体であり、いくらミシュランとはいってもたぶんゴム質は多少劣化しているのではないかと思われるという現実もあるわけだが。

購入先はクレセントスポーツという佐賀の店。なんでわざわざそんな遠くから…?とも思うものの、このモデルで26cmというのはここにしかもう残っていなかったのだった。本当はカラーリングの第一希望はトロピカルという黄色&紺&オレンジのものだったのだが残っているのはブラウン&ピンクのこの個体だけだった。3800円+送料540円のお買い物(元価格は7800円ほど)。

ホマを買ったときには、何年くらい使うのかなー、なんて書いたけど、結局2年ももたなかった。2代目のヒュンメルは5年もったんだけど。。。それだけプレーがエネルギッシュで激しいってことかなw

で肝心のケルメのはき心地は……というと、2回やってみたけど、どうもいまいち……。なんか妙にふかふかしてやりにくく、疲れるのは気のせいだろうか。ソールのグリップは確かにいいのだけど……。色合いがチョコレート(ストロベリー風味)みたいだと言われてまんざらでもないのだけど……。まあ、せっかくわざわざ佐賀から来てもらったわけだし、こっちがアジャストしていかないといかんですたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140405

2014-03-19

かわいすぎる河野のうずたん

うずたんパワーで鹿島に勝利

| うずたんパワーで鹿島に勝利を含むブックマーク うずたんパワーで鹿島に勝利のブックマークコメント

ナビスコ初戦の鹿島戦は3-1で快勝。先取点、河野のトラップ、ちょっと前にいきすぎたと思ったけど、そこからの猛ダッシュでDFを振り切って見事に決めた。ヴェルディからやってきてあまり見せ場がなくこれまできてて、あまり期待をしなくなっていたけど、ツイッターで飼い犬のポメラニアンを見かけてからはなんとなく気になっていて、試合後の控えめなシャーのときには、予想外の感慨があった。試合に出られないときなどにあのトップクラスのかわいさを誇るポメたんであるうずたんに愚痴をこぼしている河野の姿が脳裏をよぎった。チャントがちゃんと用意されていてよかったね。。太田の2点目はよくわからないうちに入ってて、混戦から押し込んだ感じなのかと思っていたけど、リプレイをみたら河野のパスからきれいに入れてた。こっち側のゴールだったらよかったのに。三田のヘッドによる3点目にはストライカー特性の覚醒を見た。岡崎のような。スーペルタマゴールチャントがササのものであることを思い出すのにかなり時間を要したが、本来のテクニシャンぶりにササのようなゴールハンターっぽさが加わったら最高。武藤の左足高速クロスに飛び込んだやつなんか、くすぐられたわ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20140319