Hatena::ブログ(Diary)

備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

1294453
|ジロウノナンデモブック |『Globes -地球儀の世界-』(ダイヤモンド社)発売中!| |『原色ガチャガチャ生き物図鑑』(ダイヤモンド社)発売中!| |アルバム(Flickr)|

2016-08-21

ワンツーからの東弾!

|  ワンツーからの東弾!を含むブックマーク  ワンツーからの東弾!のブックマークコメント

2nd.9節、Fマリノス戦。雨がミストのように体にあたってなかなか気持ちよい状況のなか、1-0で勝利。ムリキとのワンツーでエリア内に進入した東がインサイドで右に蹴り込んだきれいなゴール! ナイス連携まさかの東。ムリキはゴールを決める感じはあまりしないし力強さもないし実際に決めないけどまわりをよく見て決定的チャンスをつくりだす力が秀逸! 前田のあれはなんとか枠内にとばしてほしかった。互いにしょっぱさが特徴のチームでありしか相手には俊輔もいなかったのでよくてスコアレスドローかなと思っていたが、こちらにはムリキがいたのだった。ストライカーとしては物足りないが10番タイプだと思うと納得。しかしたまにゴールを決めてくれないと敵になめられて周りを活かすこともできなくなるので、たまにはとってくれることを熱望。

自分としては、月曜からのど痛と乾いたセキがとまらない状態が続いていて病院に行って薬をもらっていたため、ゴール裏の端っこで声を出さない純粋観戦モードで座って臨んだが、けっこうただ見ているだけでもおもしろかった。気づいたのは、声を出さないでみていると、頭の中でのモノローグが増えることだ。自分との会話が増える。そしてそれが心地よいということ。これまでずっと、どうせスタジアムに行くのなら声を出して応援しないと意味がない、ゴール裏で声出さないやつはアホだ、と思っていたふしがあるのだが、案外そうでもないことに気づいた。歳をとったというだけかもしれない。

あと、飛田給駅の向こう側のラーメン屋がなくなったのかと思ったらまだ健在で、やっぱりうまかった。とんこつ全盛のいまでは札幌ラーメンは流行らないが、札幌育ちではっきりした醤油味が好きなおれにとってはベストに近いラーメンだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160821

2016-08-06

逆転はされるものじゃない。するものだ!

|  逆転はされるものじゃない。するものだ!を含むブックマーク  逆転はされるものじゃない。するものだ!のブックマークコメント

2nd.7節、ジュビロ戦。いつもやられてきた逆転をこっちがして勝つというレアな勝利…。3-2。久々に見たデカモリシブタモリシ?)にあっさりヘッドでやられたが、ムリキがPKイコーラーに。やり直しもほぼ同じところ蹴りこむというのは潔い。小林シュートは一瞬空気が切り裂かれたように感じてあっけにとられた。後から見たら、ディフェンスはちゃんとした位置に立っていたが、それをあざ笑うかのようにボールが外から弧を描いて入っていた。が、あんゴラッソなゴールをやられてもシノダ東京はあきらめなかった。走り込んだ徳永ダイレクトで入れたボールに東が頭で合わせてスペースにこぼれたところにムリキ。お見事。そしてインスの決勝点。持ってるとしかいいようがないゴール。J1デビュー戦での決勝ゴール。沈滞するクラブに息吹をあたえるゴール。インスもムリキもこぼれてくるボールを狙う準備があった。ムリキは、2点のほかにも、前田河野にすばらしいラストパスを送っていた。ジュビロ相手ということでできれば前田にもとってほしかったけど、勝てばOK。前田のヘッドがなければインスのゴールもなかった。逆転勝ち……久々だな。逆転というのはされるものであってするものではなかっただけに、感無量だった。中年としては淋しさもあるがやっぱ若いやつを使ったほうがいい気がする!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160806

2016-07-24

1988年のジロリン(10)

| 1988年のジロリン(10)を含むブックマーク 1988年のジロリン(10)のブックマークコメント

1988年8月2日 西安→烏魯木斉

初めての中国寝台*1。やっとかえてくれました。一緒の中国人はかえてもらえませんでした*2外国人からというえこひいきで、ちょっとうしろめたかった。けれども僕らは彼らの2倍金を払ってるってことで許してほしい*3。2倍くらいじゃぜんぜん足りないですけどね。申し訳ない。こんな経験をしても別に悲しくはない。中国に慣れてきたせいだろうか。いいことだ。センチメンタルは徳ではない。ここでは。いや、ここでも。

下雨了*4。外は雨だ。列車からみえ景色は、なんかこう圧巻だった。中国匂いは弱く、アルプスの少女ハイジが遊んでいそうな、といったらいいすぎか、そこまでのさわやかさはないわ。ゆっくりと動き出したよ、この火車が。そしてこの僕が。まっくらな外の世界。灯はほとんどみえない。しかしここでも人は食べ飲み語り恋を失恋をくりかえしているのだろう。それは別に不思議なことでもない。こんなところに僕がきているのも不思議じゃない。僕の人生の中にくみこまれたプログラムの一つにしかすぎないのか。まだ人生シナリオはできていない。演者自らが記していく台本、見事な演出が求められている。観客も自分。ここでも自己完結。みごとだ。神は観客ではなく通りがかりの異邦人だ。

それにしても中国人外国人格差はどうしたものだ。中国外人をこんなに受け入れてしまっていいのか。悪影響は必ず及んでいる。この国が外人をしめだしても僕は反対しない。幸せな奴をみたら誰だって……幸せ概念がちがうかもしれないってことで、いいのかな。

*1:硬座のチケットを買って乗ったが尻の痛さに耐えかねて車掌に硬臥への変更を打診していた。

*2:乗り合わせた中国人も尻の痛さに耐えかねて同じように硬臥への変更を打診していた

*3上海駅にいた中国人切符を買ってもらったので人民元での購入だったが、その礼に相手の言い値でチェンジマネーをして多めに払ったことを指している…はず。

*4中国にいるためところどころでせいいっぱいの中国語表現が使われている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160724

2016-07-23

1988年のジロリン(9)

| 1988年のジロリン(9)を含むブックマーク 1988年のジロリン(9)のブックマークコメント

1988年8月1日 西安、勝利飯店

よっぱらってますあんまり冷えてないビール飲みすぎましたかね。今日は大失敗。6:45に起きて観光ツアー解放飯店発)*1のはずだったのに、目が覚めると7:45。思わず寝てしまいました。

昨天、中国人のちんぽの悪口を書いたが、訂正。5〜6才のガキがひでえちんぽをしているのを発見*2。ショック。完璧なむけちん、僕のより太い。ショック。なんだいあれは? おかしいよ、ぜったいよ。こんなことを気にするのはおかしいけど、やっぱ気になる。どうでしょうか。

人生いかに生くべきか。それは生きてみなきゃ、or、生きてみてもわからないことかもしれないが、うーん、ここで考えるのは、いわゆる普通サラリーマン生活と、自由人と仮に呼ぼう、定職をもたないでorやめちゃって好きなところ、外国でも日本でも、を旅して回っている人の生活。どっちも一理どころが二理も三理もある。こっちをたてればあっちがたたない。かえって何も選ばない方がいいんじゃないかと思うくらいだ。でも、何も選ばないのは最低だと、これまでの自分生活がつぶやいている。叫んでいるのではない。だってね、人生80年だ。年をとってから生活だって若いときと同じかそれ以上に大事ものだろうて。もちろん、若さなんて相対的ものだが、それだけに、社会というやつが基準となるのだ。それを無視するほどの強烈な思いが欠けている。だってもうねむたいんだもの。そして、これまでの境遇=A ってやつが、僕の思考回路をふさごうとする。はて、Aはじゃまものなのでしょうか。では、経験はじゃまものしかないのでしょうか。それは「何事も自分でやってみなきゃわからない」主義に反しないでしょうか。=B むむむ、僕は経験をexpandするためにこんなところまできているんじゃなかったのかね。これ(B)も経験のうちに勿論入るけど。

心地よい酔い。しかきもちわるい口内。きっとアルコールが糖へと成長しているんだろう*3。おっとそりゃ成長とはいわないよ、君ーー君とは、蝿or蚊を示す、このやろう。また僕ばっかりねらいやがって。ぷっくりはれちゃって、かゆくって気分悪かったんだからへんな病気さしこんだんじゃないだろうな。=C もしそうなったら、Cは高井の容態を知っていてこの日記を読んだ人に涙を強要するだろう。そんなことはないかな。っていってるうちにも上まぶたは下がってきて、下まぶたは上がってくる。下まぶたは引力に逆らっているからこいつは自由な奴か? 逆らう奴が自由化。は、はは。

明日も硬座、ウルムチへ。さら西安。君は僕の好みだ。だからといって結婚する気はない。兵馬俑を味わいたかった。「〜したかった」も悪い奴の一つだね。

*1西安観光では必見のアイテムである兵馬俑を見に行くツアーに加わる予定だった。

*2ドミトリーの共用シャワー更衣室で見かけた子供だった。CGで合成したように違和感のあふれる極道ちんぽだった。ほかの西洋人男子たちもちらちら見ていたのを覚えている。本人も隠そうとせずに堂々と見せていたから、あれは彼の、おれたち外国人バックパッカーたちに対する中国人プライドの誇示だったのかもしれない。

*3:これはたぶん単なる勘違い。糖が発酵してアルコールになるはずw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160723

2016-07-16

1988年のジロリン(8)

| 1988年のジロリン(8)を含むブックマーク 1988年のジロリン(8)のブックマークコメント

1988年7月31日 西安 勝利飯店

西安上海よりも女の人がかわいいところです。上海では、数えるほど、というかほとんど数えられないほどの人数ーー1人ーーでした(上海雑技の人たちは除く)。ここは全然違います。もう50%以上の率でしょう。札幌よりも高率です。でも、Gちゃんにいわせると、疲れているからじゃない?となります。人それぞれですからね。

中国でも若者は多少なりとも英語のたしなみがあるみたいで、こちらとしてもはりあいがあります。思うに、アジア系の人々と英語で話すときには、欧米系の方々と話すときのようなプレッシャーはありません。それは、アジア系英語のnative speakerではないという意識が僕の心にあって、彼と僕では教育の受け方に差がある(こっちが上だと思っている)んだっていう優越感とともに相対するせいだと思います欧米人とも対等以上の立場で接することができるようになりたいものですね。それには、言葉(主に英語)のプレッシャー劣等感とともに、体(主にちんぽ)のプレッシャーを克服することが急務と考えます今日も淋浴で外人(勿論欧米人or豪人)と肌を並べる機会を得ましたが、改めて彼らの偉大さに感到いたしました。そう、彼らは偉大であります。長さ、張り、色、形、それぞれ申し分なし。ほれぼれするよないなせな野郎です。幸せな人々だと考えます。それに比べると我々アジア人は申し分なしというわけにはまいりませぬ。特に中国人は意外な展開をみせてくれました。あれだけのパワフルな生をこちらにみせつけておきながら、あのていたらく。同じ亜細亜人として恥ずかしいほどであります。勿論僕も亜細亜人です。どうやってたんれんすればいいのでしょうかね、火車服務員のおじさん。ねえ、飯店のきれいなお姉さんも、背の高い王貞治ライクな学生も、覇気のない鼻たれ10ハゲ孫子們も、チェンジマネーなんかにはげんでないで、少しは自分の体をたんれんしたらいかがでしょうか。そう、僕は中国人の体を持っています頭脳日本人。心は宇宙人。深く考えて書いているわけではありませぬ。硬座の旅で疲れているわけでもありませぬ。〜は〜ぬ、〜も〜ぬ、ときからといって、ただ〜だけが〜なのでございます、なんて展開するわけはないのです。ずっと直角の椅子の上ですごすのは、お尻との妥協ポイントがあると踏んでおりましたが、あれは体のポジションチェンジが可能であるかどうかが勝負の分かれ目なのでございます。その分かれ目の目くそとしてできたのが奶油香肉*1なのでしょうか。中国ドライフルーツ群は感心できるものではありませんね。西安の拉面はおいしいですね*2トマトベースでしょうか。ただのトマトじゃないですよねえ。どうも日本男子は閉鎖的であります。なんて意識して書いてしまうと、ますますそういう傾向を強めてしまものです。この匂いニンニクでしょうか。悠久という名前とともに漂っております。悪い匂いではありません。西瓜のくさった匂いでもありません。それは上海です。ここは西安です。

*1:何回か食べたドライフルーツのはずで日記には確かにこう書いてあるのだがぐぐっても出てこない。パッケージの文字を転記しまちがったかも。

*2漢民族とは明らかに違う顔立ちのウイグル人たちの屋台で何回か食った。あれはほんとうにうまかった。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160716

2016-07-15

1988年のジロリン(7)

| 1988年のジロリン(7)を含むブックマーク 1988年のジロリン(7)のブックマークコメント

1988年7月30日 上海西安 在火車

今、僕、汽車の中。周りに中国人たくさん。これがうわさの硬座*1なのだねえ。思ったよりも中国人のみんなは日本人に興味を示さないようにみえたが、だんだん本性を表してきたか、元気に質問をくれる(中国人のみんなとしたところに筆者の彼らに対する親しみが表れている)。僕、外国人自由に話ができるようになりたい。景色日本と大差がないようにみえる。ここでもAは正しい。勉強は大切である。あれえ何だか今日あんまり考えていないなあ。周りの話し声がどうも気になる。今日の失敗ーーGが忘れ物をとりにいったときに待ち合わせ場所いかないで〜〜〜〜〜めんどうだから書くの中止。中国人の人々は、やはり外人のしかも学生が遊びに来ているのを根ではよく思っていないようだ。「おまえの父母は授業料を払っているのか」「親に養われていることをどう思うか」ということを聞いてくる。とても悔しい。それはもう、昨日も雑技で泣かされたように、中国の人々が一所懸命生きているのはわかるし、もちろん感心している。しかし昨日とは違って、僕は僕のがんばりとともに生きているという思いが強い今日この日だ。「仕事は何をするのか」という問いには、ためらいはほんの少しに、小説家と書いた*2。このことは重要ではないがこれをこの日記に記していることは重要*3。あと16時間ここにいなければならなく、その後はもう日本人はGだけ。ホテルえらびからから自分らでやらねばならない状況になり、それはかねてからの僕らの目的であるのだ。金との、言葉との、自然との、人間との、他人との、たたかいーーではなくやはり僕は親しみあいと考えたい。自分とはたたかっていかねばならないのでしょうけれども。でも今は尻の痛さとのじゃれあいが一番きつい。あれえ、ほんとに出てこないなあ。なんでかなあ。隣のイカダ君*4を気にしているからかなあ。かわいいのは中国人の子供。今日は歯をみがけない。左上の奥に親知らずが出てきて気になっていた。とやっと書いた。この2〜3日書こう書こうと思ってたことだ。爪の間はまっくろけ。まっしろけなものは何? あるかいそんなもん。まっくろけもない。あーあせってきたよ。ほんと何も出てこないぞ。集中だ集中。もっとおそくなってから書けばよかったかな。ヘディンおもしろくないしな*5。昨日は夢みてないしな。中国人、いっぱい集まってさわいでる。僕たちはほんとーの傍観者。僕に向いている職業は、傍観者です。第三者です。そうか旅人が僕の職業か。昨日いたじゃん、フリーターでいっぱい旅してる人。あーいう人うらやましい。うらやましいけど自分でやるとなると、黙る。部屋のベッドはよだれがたれてこないのでさみしがっているだろうか。僕はやっぱり鼻濁音とサシスセソth音が嫌い。帰りのキップはとれました。心配するなよおっかさん。そうそう絵ハガキまだだっけ。きっと明日もかかないよ。不思議だあね。今日の僕が、ひと月後にはあの部屋で、ああおわっちまったこれから何しよう、なんてため息をついているんだろうよ。そしてまた何かつづっているだろうよ。どこから明日の僕?

*1:客席の種類。その名のとおりシートがただの木材で硬く、角度も直角のため長時間座るのは厳しい。金がある人は軟座、もっとある人は寝台の硬臥や軟臥を使う

*2中国語会話力が乏しいため中国人との会話は主に筆談によるものだった。

*3:いま思うとまったくそれは重要ではなかったようだ! そしてそれをいまパソコン入力し直していることもまったく重要ではない。。。

*4:駅で知り合った日本人バックパッカー。少し甥に似た感じ。

*5:当時、なんとなく砂漠に憧れていて『シルクロード』の文庫本を持参して読んでいた。この旅の目的地は砂漠だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160715

2016-07-10

苦勝と新星のデビュー

|  苦勝と新星のデビューを含むブックマーク  苦勝と新星のデビューのブックマークコメント

2nd.第2節、甲府戦。1-0の辛勝。苦勝。開始早々、CKから森重のドンピヘダー。久々な感じ。その後、けっこうすぐに連携からネットを揺らして(ハイタッチin vain...)こりゃ楽勝と思ったけど、その後はなにもなし(ムリキのヘッド外しを除く)。秋元ギリギリクリアがなかったらと思うとおそろしい。クリスティアーノがいなくなり、こういっちゃなんだがほとんど名の知れた選手がいない(もちろん畑尾を除く)甲府相手にCKの1点しかとれないというのは大いに不満。後半20分で1-0の状態から河野羽生は1-0で勝とうというメッセージ? ちょっと淋しくないか…? ここ数試合の逆転負けをなんとか断ち切ろうという思いの表れなんだろうけども…。羽生入ってからむしろ流れ悪くなってたし…。どうせなら中島じゃないの…? 試合前のシュート練習みてたらかなりやる気が漲っていたんだけどな…。ヤツは、強豪相手だとてんで歯が立ちそうな気がしないけど強豪以外が相手場合活躍できると思うんだ…。ただ、なんとか勝ったし、単に勝っただけじゃなく、期待の室屋の上々デビューという成果もあった。全体的に躍動感があふれていたし、エリア前まで進入して迷わずシュート打ったし、1対1で負けない感じあったし、試合後のインタビュー見ると本田的な質感があってけっこう気が強そうだし。…期待しちゃう! つーか、あれ? そういえばヒデトはどうした? つーか、アベは…?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taquai/20160710