街でみかけた書体 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-20

[][] ゴナか否か

東京近郊のJRで、駅周辺のサインに使われている書体はゴナです。ところが、駅名表示に大きく使われているかなは、部分的にちょっと違ったカタチをしています。

f:id:taquet:20060420202642j:image

「だ」「が」に注目。ゴナならば下のようになっているはず。

f:id:taquet:20060420204003j:image

サインとしての用途を考えると、一枚目の「だ」「が」のほうが、点画の重なりがなく、より判読性が高いのかもしれません。が、どういった経緯でこのカタチが生まれたのか、詳細は不明です。


全ての駅名がこのカタチに統一されているのかと思いきや、ゴナらしきものもあったりして。

f:id:taquet:20060420203932j:image f:id:taquet:20060420203931j:image

(掲載しませんが、近年、新ゴになってしまった駅もあります)


また、上記のゴナ似書体は、街中でもたまにみかけることがあります。

f:id:taquet:20060420203831j:image f:id:taquet:20060420203830j:image

これは下北沢にて。