Hatena::ブログ(Diary)

第2.5地区 RSSフィード

f:id:taramonera:20101126204352g:image
ブログ引っ越しました。→ http://taramonera.net/2.5/

2010-04-21

Postfix セカンダリメールサーバを構築

| 19:24 |

セカンダリメールサーバとは

セカンダリメールサーバとは、メインのメールサーバに障害が発生したときに、

かわりにメールを受信してくれます。

そして、メインのメールサーバに対して再送を試みます。


ここでは、Postfixインストールなど基本的な設定は省きます。

ドメインが「xxxx.jp」と「xxx.com」のセカンダリメールサーバを構築します。

main.cfに追記 or 編集。

> vi /etc/postfix/main.cf

#transport_mapsを指定
trasnport_maps = hash:/etc/postfix/transport

#「xxx.jp」と「xxx.com」宛てメールのリレーを許可
relay_domains = xxx.jp,xxx.com

/etc/postfix/transportを作成。

> vi /etc/postfix/transport

xxxx.jp  smtp:[mail.xxxx.jp]
xxx.com  smtp:[mail.xxx.com]

smtp:[ ]内にはxxxx.jp, xxx.comのメールサーバFQDNを記載します。


transportファイルを作成したら、postmapコマンドによってhash(.db)形式にします。

# postmap /etc/postfix/transport


設定を反映する。

# postfix reload


これでセカンダリメールサーバとして稼動します。



再送について

第一回目の配送に失敗した場合、miminal_backoff_timeので設定されている秒数(デフォルト1000秒)

経過すると再送します。


次回以降は再試行までの時間間隔を倍にしていき、

maximal_backoff_timeに設定されている秒数(デフォルト4000秒)に達すると

maxmal_queue_lifetime (デフォルト5d [5日間])経過するまで、maximal_backoff_timeの間隔で再送を試みます。


DNSサーバに登録

xxxx.jpとxxx.comのDNSサーバに、セカンダリメールサーバを登録します。

MX 10  mail.xxxx.jp   ←メイン
MX 20  mail2.secondary.jp ←セカンダリメールサーバ

セカンダリメールサーバの優先順位を20として、メインより低くします。

2010-03-07

iPhone3GS 月額利用料金のシミュレーション

| 17:35 |

ソフトバンクホームページにて

iPhoneを購入しようと思いまず、ソフトバンクホームページシミュレーション

f:id:taramonera:20100311173038j:image


その後、オンラインショップで購入を進めて月額利用料金を確認。

f:id:taramonera:20100311173033j:image


ソフトバンクWi-Fiスポット」ってのが付いて490円高くなってますけど。。。

これは「Wi-Fiバリュープラン」とあわせて必ず必要なので、シミュレーションに入れとくべきでしょう。


あとオンラインショップの購入手続きを "デフォルト設定" で何も考えずに進めていくと、

Wホワイト」と「基本オプションパック」も付いてしまう。


私は不要なのでこれらのオプションは外しました。

ソフトバンクのお店に行くと、この2つの契約を勧められてしまうようです。気をつけてください

http://iphone-tips.seesaa.net/article/124997606.html


たぶんお店に行ってたら、契約させられただろうな。。

オンラインショップでよかった。

本体届くまで、時間かかりますけどね。